Hatena::ブログ(Diary)

よもやも日記

2016-10-08

ミシュランに掲載された理由は?

3日前くらいから天気予報で雨だったため、雨天中止プラン相談したけど決まらず、小雨の予報なら〜、とミシュランのガイドブックに掲載された高尾山へ行ってきた。

京王線で降りたところで、ケーブルカー乗り場の案内がなく、ケーブルカーを降りたら今度は登山道が分からず、案内が不親切だ。

ケーブルカーを降りたところで土砂降り。天狗焼きを食べて、しばらくお休み

天狗焼きは、甘すぎず皮が焼き立てだからかパリッとしていて、美味しかった。

一時的停電運転見合わせ、とかアナウンスされて、大丈夫だろうか。


高尾山駅から薬王院は15分とあったので、とりあえずそこまで行くことにする。

男坂手前あたりでまたも雨脚が強くなって、階段が滝のよう…。薬王院に到着してしばらくしたら少し収まった。

御朱印をいただく。

朱印帳を持っていなかったので、小さいサイズの御朱印帳(桜・梅・紫陽花・牡丹・椿)の1つで梅を購入。紅葉柄の大きいサイズの御朱印帳や高尾山健康登山手帳もあった。

デコラティブなあの文字が手書きなのだから、スゴイよな〜。

表が空欄なのだけど、頼んだら「御朱印帳」と入れてもらえたのかな?

四季の御朱印帳には寺院名がなく、同柄の袋に名前が入っている。


薬王院から山頂までは20分らしいけれど、時々日差しが出てきて、暑い…。

頂上はそれほどの混雑はなく、たまーに雲が切れて、景色も見えなくはない。

f:id:a_mia:20161008233734j:image

f:id:a_mia:20161008233751j:image


帰路で薬王院の門前にあった「もみじや」というお店で、名物とろろそばを食べた。


雨のおかげか、11時頃高尾山口に着いたのにケーブルカーにすぐに乗ることができ、天狗焼きも並ばず、写真を撮る際に困ることもないくらいの人で、景色は見えなかったけれど気温も高すぎず、結果的には良かったかも。

出発はあと1時間遅らせても良かったかもしれないが。

2016-10-06

Agatha Christie Special Stamps

ロンドンでAgatha Christie Stamp Setを購入したけれど、記念スタンプの押されたものもやはり欲しい。

帰国してからロイヤル・メールサイトを確認したら、窓口にはなかったAgatha Christie Stamp Souvenirの取り扱いがあったものから、早速注文。

封筒に貼ってある切手は同じなのだけどA^^;


注文時に送料が表示されず後から確認できるようになるのかなとのんびりしていて、到着まで5〜7日かかるとあったのにそんなこともすっかり忘れ、10日を過ぎる頃やっと「さすがにロイヤル・メールでも遅くない?」と思い始めた。

が、無事に届きました。送料込の値段だったのか。

f:id:a_mia:20161017230317j:image

Murder on the Orient Expressオリエント急行殺人

The Mysterious Affair at Styles(スタイルズ荘の怪事件

The Body in the Library(書斎の死体

And Then There Were None(そして誰もいなくなった

The Murder of Roger Ackroyd(アクロイド殺し)

A Murder is Announced(予告殺人


ロンドンにいる間に、エイダンの出演している「そして誰もいなくなった」の日本放送が決定して、楽しみ〜。

2016-10-01

The Tavistock Hotelの朝ごはんとお部屋

今回のホテルは、最寄駅がおなじみのRussell Square駅で、昨年諸事情で急遽キャンセルしたThe Royal National Hotelの系列、The Tavistock Hotel。

f:id:a_mia:20161001203546j:image

Russell Square駅から徒歩5分

Euston駅から徒歩8分

Euston Square駅から徒歩9分

と3駅使えるので、便利。


初めて旅行代理店でフリープランを申し込んだため、ツインでバスタブ付きをリクエストしておいた。

f:id:a_mia:20161001203600j:image

f:id:a_mia:20161001203620j:image

・ツインではあったけれどベッドは狭くて、でもクローゼットは2つ。

・バスタオルと半端なサイズの用途の分からないタオル、バスマットはある。フェイスタオル、ハンドタオルはなく、バスローブは当然ない。

・アメニティは石鹸はあるけれど、歯ブラシはなし。

・部屋の照明は明るめ。

・ドライヤーとポットが部屋にあり、コンセントは2口。

・冷蔵庫、金庫はない。

よく「冷蔵庫がない〜」とか「シャワーが固定で使いづらい〜」とか書き込みを見るのだけど、いままで使った4ホテル全て冷蔵庫はなく、ヒルトン以外は固定だったけどなぁ。


朝食がコンチネンタルだったので、のんびりできた1日だけイングリッシュ・ブレックファストにしたけれど、種類は少ない。トーストはまあまあだけど、丸いパンはパサついていて飲み物がないとつらかった。

f:id:a_mia:20161001203640j:image

ホテルによっては窓辺に置かないとダメなレンタルWi-Fiも繋がったので不便ではなかったけれど、ネットで見るとエントランスのみフリーWi-FiとあるホテルWi-Fiが、アドレス登録は必須だけれどお部屋で時間無制限で使えた。


ロンドンから来たもの2016

f:id:a_mia:20160929232419j:image

TWININGS

・Queen’s 90th Birthday Tea

・Rose Garden

・Calming Camomile

・Morocan Mint

Rose Gardenは以前のものがそのままシリーズを変えたのではなく、ブレンドが違うようで、バラの風味が弱くなった。

このシリーズが4個で£20とかでお安くなっていた(たしか1箱£6)のだけど、飲みたいものがなくてCalming CamomileとMorocan Mintに入れ替えたのだけど、よくよく考えるといらなかったかも(笑)

Fortnum & Masonでも90年記念のお茶がないかと探したけれど、今回は出ていなかった。


Taylors of Harrogate Yorkshire Tea

160パックとか240パックを初めて見かけたかも。トランクに幅があったら、買ってきたかった…。


Dorset Tea

ここの琺瑯のカップが可愛いのだけど、見かけない。


Neal's Yard Remedies Essential Oils

・Cypress

・Juniper

・Mandarin

・Neroli

・Rose Absolute

・Ylang Ylang

f:id:a_mia:20160929232516j:image

何故箱なしのものがあるのかは、謎。


ファッジ2種。

f:id:a_mia:20160929232534j:image

Fortnum & Masonのラム・レーズンと、Selfridgesに売っていたFudge Kitchen。

Fudge Kitchenはサイトだとロンドン市内に店舗がなくて諦めていたので、嬉しい(^^)

Scotney城とLeeds城にもファッジが売っていて、Scotney城でお土産用の詰め合わせを買ったのだけど、あれを家用にも買えばよかった。


paul.a.youngのチョコレート♪

f:id:a_mia:20160929232601j:image

・Sea Salted Caramel(塩キャラメル)

・Passion Fruit Curd(パッション・フルーツ・カード)

・Pimm's Cocktail(ピムス・カクテル)

・Kalamasi Citrus Truffle(カラマンシー・シトラス・トリフ)

チョコレート・ウィークの番組で紹介されていて、受賞歴のある2種、試してみたかったピムスとお店の方おススメのシトラス。

マーマイト味を置いていることもあるらしいけど、行ったときはなかったし、あっても買わないかな(笑)

紅茶とチョコはビミョーに合わないと思うのだけど、シトラス食べて紅茶を飲んだら、合っていた!

シー・ソルトはイマイチだったなぁ。


向うのデザインのピアスが欲しいと思うのだけど、「Specter」で使われていたDavid Deyongは、オリンピック・パークの方とか遠いところばかりで、市内で見つかるLINKS

of LONDON。

f:id:a_mia:20160929232625j:image

David Deyongといい、LINKS of LONDONといい、お手軽ジュエリーはシルバーなのか?

店員さんが楕円のケースに綺麗にリボンをかけてくれたのに、写真を撮るため外したら、元通りにならなくなった…。


職場用に使用している革鞄が、色が落ちてシャツが染まってしまうので、雨に強いナイロン製でA4入って口がジッパーで閉まるもの、と探してこれに目星をつけた。

Longchamp Le Pliage Néo

f:id:a_mia:20160929232738j:image

国内で買っても高くないけど、ロンドンで免税にしなくても安い。

ポケットが少なくて結局バッグ・イン・バッグを買ってしまったから、目星をつけていたLe Pliageでも良かったかも。


お友達がミュージカルCDを探している間、Take Thatを見つけたのでお買い上げ。

安っすいっ!!

f:id:a_mia:20160929233333j:image

ロンドンはフリーWi-Fiが多くて、Warner Bros.、Liberty、大英博物館等が問題なく使えたのだけど(ノートンWiFiプライバシー入れておいて良かった)、HMVはなかったようで咄嗟だったのでスマホをネットに繋げることができず、ディスコグラフィーがチェックできなくて、記憶にあった2枚のみ。

残りは、

・Take That & Party (1992)

・Everything Changes (1993)

・Nobody Else (1995)

のあと3ま〜い。

2016-09-30

アガサ・クリスティー生誕100年のロンドン・5日目

最終日は夜の便だったので、免税手続きをするとしても空港には夕方前に移動できれば良かったので、ホテルから徒歩で行けるしせっかくなので大英博物館。

f:id:a_mia:20160929225208j:image

2012年には荷物チェックはなかったのに、すごくざっくりとしたチェックがあった。


前回はオーディオガイド付きで回ったのだけど、ガイド内容をうろ覚えで意味がない。

ルイス島のチェスを前回見た記憶がないのだけど、貸し出ししていて展示されていなかったのか、疲れ切っていて見ていなかったのか。

ここで休憩していたな〜、というのは凄く覚えている(爆)


f:id:a_mia:20160929231635j:image

King's Libraryにあった、歴代君主の肖像コイン。細かいので、奥の方は見えづらい。


Room 38-39 Clocks and watchesギャラリーの隣にあるカフェでランチ。

f:id:a_mia:20160929230441j:image

f:id:a_mia:20160929230450j:image

鮭&ズッキーニ

チキン&とうがらし

ナス&アーティチョーク

のデニッシュと

カポナータ

ニース風

パンザネッラ

サラダから1品ずつチョイス。

自分が選んだサラダは4種類のトマトが入っていたのだけど、3品のどれなのか分からない…。

隣のギャラリーの時計が時間差でなるので、結構うるさい(笑)


f:id:a_mia:20160929225133j:imagef:id:a_mia:20160929225122j:image

バステトとアヌビス。可愛いし触り心地が良いのだけど、各£15.99也。結構お高め。


空港のVAT Refundは、ちょうどそういう時間なのかアジア系ばかり。

列が長かったけれど、団体様で並んでいるとか、荷物が多くてカートのため場所を

取っているので、思ったよりは早く終わった。


いつも往路は10kgに収まるのに、今回は何故か12kg。

帰りに大丈夫かな〜と思ったけれど、16kgだった。

前回は預け入れ荷物許容量1個あたりの最大重量は23kgに近い21kgだったのだけど、2kgの本と1kgの瓶が入っていたからな。


f:id:a_mia:20160929225322j:image

旅行日程:2016年9月18日(日)〜9月23日(金)

航空会社:全日本空輸

 NH211 東京(羽田)11:50発→ロンドン(ヒースロー)16:20着

 NH212 ロンドン(ヒースロー)19:15発→東京(羽田)14:55(翌日)着

宿泊先:タヴィストック・ホテル

2016-09-29

アガサ・クリスティー生誕100年のロンドン・4日目

Oxford Streetでお買い物したのだが、中国系の人もいなくはないけれどアラブ系の人が多かった。

ファストファッションの店での買い物する量は、中国系アラブ系も変わらない感じ…。


SelfridgesやLibertyはサイトにフロアマップがなくて困るのだけど、店舗にあるガイドアクセサリーとか服とかざっくりとした分類があるだけでブランド名がないので、インフォメーションで尋ねることになる。

ブランドサイトでもどこの店舗で扱いがあるのか分からないこともあるし、みなさんどうやってお目当てのものを見つけるのか。


2016年1〜3月クールドラマ「火村英夫の推理」で有栖川有栖役の窪田正孝さんの使用していたショルダーバッグが気になって、ずっと探していたのだけど、帰宅してから円盤を改めて確認したら…持ち道具協力の企業さんにはなかったけれど、これっぽいと思って控えていたもので、ほぼ確実と思われる。


WANT Les EssentielsのOHARE II。

f:id:a_mia:20160929222710j:image

引用https://www.wantlesessentiels.com/


在庫確認したら、あんなに滞在していたSelfridgesとLibertyに取り扱いがあると知ったΣ(|||▽|||)

日本でも扱いがあるので見に行ったのだけど、高いっ!

£だと少しお安く、免税手続きしたらさらに少し安くなったのにな〜(ノ_-;)ハア…


ネップの部分がアリス使用していたものとは違うウール地だったのだけど、シーズン毎に生地を買えているらしいので、昨年モノか、ご本人の私物ならもっとのものか。

ウールとキャンバス地って、雨に弱そうだ。


前週15日に発売になったアガサ・クリスティー生誕100年の記念セットを買おうとHolbornの郵便局に行ったら、担当してくれた窓口の人がそもそも存在を知らず。

今回のロンドンあるあるか?

別の人に聞いてくれた後「トラファルガー広場の郵便局にある」と言われ、在庫があるかは別だろうなと思う。

この日はアフターヌーン・ティーをする予定だったのだけど買い物に予想以上に時間がかかってすでに夕方だったため、郵便局のクローズの時間も分からないので友達と別れTrafalgar Squareに移動。

初日カバーは当然なかったけれど、Agatha Christie Presentation Packを無事に入手。

f:id:a_mia:20160929223048j:image

Piccadilly CircusのWarterstonesのショーウィンドウは、昨年は007で飾り付けられていたのに、今年はアガサ・クリスティー関係ではなかった。

St. Martin's Theatreを見に行かなかったけれど、何か飾っていたのかなあ。


夜はAdelphi Theatreで『Kinky Boots』。

ロンドンで、ブロードウェイミュージカルを見るのは初めて。

ブロードウェイらしいミュージカル…途中で寝た(爆)

劇場キュウリのちゃんと入ったピムスが売っていたので、試す。

f:id:a_mia:20160929223110j:image

飲み物の方にもキュウリの味がほんのりして、サイダーで割っているし、さわやかな味。