a.sueの日記 はてな版 RSSフィード Twitter

2008-02-03(日)

[]『アニメックの頃…』というコラム

氷川竜介氏のブログで、『アニメックの頃…』の鼎談の話を見た。メンバーは小牧雅伸×出渕裕×氷川竜介
アニメックの頃: 氷川竜介ブログ
そこからたどっていったら、鼎談はコラムの終了記念ということで、全12回のコラムがあるのだった。これは読むしかないだろう。というわけで、午後はずっとこれを読んでいた。
BANDAI VISUAL CLUB
BANDAI VISUAL CLUB
やっと第6回まで。本になるようなことを途中で書いてあったが、これ本1冊ぶん確かにあるわな。その半分ぐらい読んだということか。
アニメック」は、5号から買ってるのは間違いないが、「マニフィック」の3・4合併号を持っていたかどうか。何しろ地方在住者だったのもので。とはいえ、西鉄の高宮駅前の本屋で見たと思うのだが、当時すでに大学生で、なぜ高校の頃の最寄り駅である高宮に行ってるのか記憶があやふや。紙の日記を掘り出さないとわからない。なんにしても、5号以降の圧倒的な情報量は感動だった。
アニメックのショップについては、就職試験で上京した1980年秋に新宿の外れの、まだラポートピアビルになる前のどこぞの1階にあった頃に行って、岩崎賀都彰の画集を買ったのが最初。1981年秋にお出かけのベースが新宿になって以降、毎週の出撃のたびによってたような気がする。
雑誌としての「アニメック」は、末期に見捨てるまではずっと買って読んでいた。こっちに出てきてからの分は全部処分してしまったはずだけど。
今回のコラムも、当時の一読者がうかがい知ることもできなかったような裏話がたくさんあっておもしろいことはおもしろいが、末期に見捨てるに至ったのと同じ雰囲気がちょっとあれだな。
ともあれ残り半分も読みます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証