a.sueの日記 はてな版 RSSフィード Twitter

2009-10-25(日)

[][][]基板が壊れたLinkStation HD-HG250LANのHDDの中身をKNOPPIXで吸い出す

今月頭にブレーカーが落ちたせいか、古い方のLinkStation HD-HG250LANがDIAGランプが7回点滅状態で応答しなくなった。
DIAGランプが点滅します(HD-HGLAN、HD-HLAN、HD-LAN、HS-DGLシリーズ)
修理に出したのが10/11。
基板交換で7,000円ぐらいを覚悟したのだけど、返ってきた答えは、

データの状態:
 ドライブユニットはデータアクセス可能。
 (ただしアクセスには専用部品が必要となります)
確認症状:
 認識不可、DIAGが7回点滅する事を確認致しました。
故障箇所
 基板の故障。
修理方法:
 交換部材消化の為、後継の「LS-CH500L」に交換致します。
 (データは初期状態。後継機の仕様は弊社ホームページを参照願います。)

修理金額(税別):\15,600-
修理金額(税込):\16,380-

500GBの新品に有償交換でどう?という回答。
HDDの中身が必要なので新品交換はあり得ない。また、普通に店頭で買った方が安いので、その点でもちょっと嫌。
修理しないことにして返送してもらった。その時点でお金がかからないのはありがたい。


中身を救い出すために、HDDを取り出してKNOPPIXでマウントするという方法を教わったので挑戦。
分解方法は、ウェブ上に写真入りで説明があった。
Buffalo LinkStation HD-HG250LANを分解する:yogi:So-net blog
ありがとうございます。助かりました。
取り出したHDDは普通のIDE 3.5" 250GBなので、子どもPCにつないで、KNOPPIX6.0.1CD日本語版で立ち上げる。あっさり中身が見えて、一安心。
しかし、日本語ファイル名が化けている。6.0.1のファイルマネージャ文字コードUTF-8からShiftJISに変更したら読めた。その状態でコピーしたい先は、もう1台のLinkStationにつないだUSB HDD。しかしsmbmountが使えない。smbclientのmputはうまくいかない。
しかたなく空きのあるWindowsの起動ドライブにコピーしようとしたが、マルチバイト文字でエラーになって失敗。
やり方をググったら、いろんな方法があるようだけど、一番楽そうなのが外からWinSCPで吸い出すもの。
【インフォシーク】Infoseek : 楽天が運営するポータルサイト
ところがsshdがない。最小構成にしたCD版なのがいかんのだろうと思い、あらためてKNOPPIX5.3.1DVD日本語版を落としてそれで起動。
5.3.1だとデスクトップ環境がまったく違い、sambaで生きてるLinkStationも見えるのだけど、やっぱり文字コードの問題でコピーはうまくいかない。
素直にsshdを動かしたらWindows PCからWinSCPでつなぐことができ、ちゃんと日本語ファイル名も見える。そこから普通にドラッグ&ドロップでターゲットのLinkStationの外付けUSBにコピーできてる。
子どもPCの不調で100Mbpsでつながってるので、10時間以上かかる見込みだが、とりあえずすでに7時間近く経過してて、コピー先の日本語ファイル名もちゃんと見えているので問題なく終了する見込み。
KNOPPIXって、今回初めて使ったけど偉大だ。
追記:コピーは、206GBに36時間かかりました。やれやれ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

リンク元