a.sueの日記 はてな版 RSSフィード Twitter

2014-12-07(日)

2014年12月07日のツイート

[][][]『ワイルド7 3巻 [Kindle版]』 望月三起也 Benjanet

現在無料の第3巻。
バイク騎士事件の前編ってことで、イコちゃんがやられちゃうシーンあり。
この時の設定が、魔像の十字路あたりにつながってるので、ある意味キーになる話かも。
って、普通に作品語ってどうする。
ヒットコミックス第3巻相当なのだけど、ページ数が愛蔵版から持ってきたままになってます。

ワイルド7 3巻

ワイルド7 3巻

[][][]『ワイルド7 2巻 [Kindle版]』 望月三起也 Benjanet

というわけで、2巻も読了。
まあ当然おまけはありませんでしたね。
普通にヒットコミックス第2巻の本編分だけってことで。

ワイルド7 2巻

ワイルド7 2巻

[][][]『ワイルド7 1巻 [Kindle版]』 望月三起也 Benjanet

無料だったので、中身確認の意味でポチッと。
実業之日本社愛蔵版を分冊化したものだそうで、元の愛蔵版がヒットコミックスを4冊分まとめたやつだったので、本来の姿に戻ると言うとこだろうか。表紙のイラストもヒットコミックス版のものだし。
せっかく決定盤と言えるぶんか社コミック文庫版が出たのだから、そっちを底本にして欲しかったが、オリジナルに近いという意味ではこれもありか。
最初の方でキャラの名前に関するセリフをいじってあって、謎のトラさんがヘボピーに直されてたり。
まあこんなもんか。

ワイルド7 1巻

ワイルド7 1巻

ワイルド7 [愛蔵版] 1

ワイルド7 [愛蔵版] 1

ワイルド7 1 野生の7人編 (ぶんか社コミック文庫)

ワイルド7 1 野生の7人編 (ぶんか社コミック文庫)

これを書きながらあらためてKindle版を見たら、2巻と3巻も0円だった。2巻のおまけが入ってるかどうかチェックするかな。

ワイルド7 2巻

ワイルド7 2巻

ワイルド7 3巻

ワイルド7 3巻

[][][]『夕凪の街 桜の国 Action comics (アクションコミックス) [Kindle版]』 こうの史代 双葉社

初出

夕凪の街WEEKLY漫画アクション2003年9月30日号
桜の国(一)漫画アクション2004年8月6日
桜の国(二)描き下ろし

ふと見ると99円だったのでポチッと。
大分前に話題になったとき、読んでみたいとは思ったが買う程でもないかなということでずっと保留にしてた本。当時、ショッピングセンターに入ってる本屋さんでお年を召したご婦人がこの本のことを聞いていて、マンガしかないってことで買わずに去って行かれたのを見て、いやこれ元からマンガですからと追いかけて言いたくなったりしたもんだった。

意外に短くて、そういや本も薄かったなと思ったが、中が「夕凪の街」と「桜の国」にわかれてて、別々の作品を1冊にまとめただけかと思ったら、共通の登場人物が出てきたりして、つながってる話だった。
夕凪の街」の舞台は昭和30年の広島被曝後10年たって原爆症を発症して亡くなっていく女性。原爆から生き残ったことを心の傷として抱えている。一度自分にむけられた悪意が忘れられないってあるよね。なんの心配もなくのほほんと暮らしてたのが、突然NGを突きつけられて、その後いつもそういう不安を抱えて生きていくとか。それが原爆投下ってのは、自分に何の非もないのに、自分を殺そうとした人がいて、周囲のみんなが死んだ中で自分は生き残ってしまったという罪悪感。
そんな哀しい心を淡々と描いてて、悲しい話だった。
「桜の国(一)」は昭和62年東京都中野区を舞台にしてる。この段階では「夕凪の街」とのつながりは見えないのだけど、平成16年を舞台にした「桜の国(二)」で、お父さんの話が出てきた時に「夕凪の街」とのつながりに気付く。
お父さんの思い出とか、今も広島の人たちがどこかに抱えていることとか。

僕らの年代だと広島に行ったことがなくても小学生のころ原爆展が来たりして、いろいろ知る機会があった。それこそ「はだしのゲン」がリアルタイムだし。今の若い人だと、「はだしのゲン」の騒動があって初めて知るぐらいかもしれないな。
そういう意味で、こういう静かな物語の中で淡々と描かれる被曝というのは知る機会を与えるという意味で良いのかも。

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)