Hatena::ブログ(Diary)

大人の子供部屋

2015-03-23

なまえをよんで2(Головоноги2)

f:id:aaabcccd:20150323001733j:image

f:id:aaabcccd:20150222140042j:image

ロシア発のカードゲーム。

日本語タイトルのとおり、何か変な生き物の名前を間違えずに呼んであげた人が勝つ記憶ゲームです。

やることは簡単。
山札から1枚カードをめくり、まだ名前の付いてない「ヘンナノ」※ねんそさん訳では「ナンダロ」ですが、うちでは子供達が名付けた「ヘンナノ」と呼んでます。

に名前を付けてやります。
別にイラストにちなんだ名前じゃなくてもOK。
子供は可愛らしくボールちゃんとか、スポンジくんとか名付けるけど、ひねくれた大人は丸いピンクのやつに「ガンダム」とか、ヒゲのやつに「堀内孝雄」とか名付けてました。

まあ、そんな感じで未確定のやつに名前を付けて共通のカード置き場に置く。

ゲームを進めていくと、すでに名前を付けたやつが出てくるんじゃけど、それをめくったら全員一斉に名前を呼ぶ。
1番早く名前を呼べた人は、カード置き場に置いてあるカードを全部もらって、ヘンナノが表になるように重ねて全員が見えるところに置いとく。

山札が全部無くなったときに、持ってるカードが1番多い人の勝ち。っていう簡単ルールの記憶ゲーム。

1つ、名前を呼ぶときに厄介な追加ルールがあって、
めくったカードと、誰かが獲得したカードの一番上のカードが一致した場合は「ヘンナノ」って呼ばないといけない。
1番早く「ヘンナノ」って呼べた人は、一致していたカードの持ち主のカード束を全部取って自分のものに出来る。
このルールのおかげで、後半までぶっちぎりで勝ってても逆転されることがよくある。
理不尽に感じることもあるけど、それも楽しい。

このゲームの真価は、続けて2ゲーム目、3ゲーム目をやることにある。

新しく名前を変えて付けたら、前のゲームで付けた名前を引きずって頭がパンクすること間違いなし。


独特な不気味可愛いイラストが魅力的で、大人と子供が一緒に楽しめるイチ押しのパーティーゲームです。が、残念ながら2015年3月現在、日本で取り扱ってる店が無いんです。

どこかのゲームショップさん、人気出るのは間違いないので輸入販売してもらえませんかね?
出来れば『Головоноги1』を。
でも、ロシアでも1はもう売ってないのかな?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証