Hatena::ブログ(Diary)

One Etoy Per Child

2010-05-25

abee22010-05-25

少年写真新聞「学校コンピュータ

少年写真新聞社の壁新聞「学校コンピュータ」の2010年6月号の付録「情報教育ブックレット」に「スクラッチで簡単教材づくり 〜与える教材から先生と児童生徒がつくり上げる教材へ〜」という記事を書きました。

パソコン教室だけでなく、すべての児童が自分のパソコンを持ち、スクラッチのような言語の習得を前提にすると、授業の形が大きく変わるかもしれません。教材も先生がつくって提示するものから、先生と児童が共同でつくり上げるものに変化するでしょう。これはプログラミングを情報教育の枠内で考えるのではなく、漢字の読み書きや九九などと同等の基礎リテラシーととらえるものです。これは協働学習や自発的学習者養成などとも相性がよく、デジタル教科書の導入などと合わせて今後の教育のあり方を考える上でも注目に値すると思われます。

一般の書店では販売していないようなので入手は難しいかもしれませんが、機会があればぜひ御覧ください。

2010-05-11

abee22010-05-11

MTM05でScratchのワークショップなどを行います。

私もお手伝いしている「こどもプログラミングサークル‘スクラッチ」が5月22日、23日に東京工業大学大岡山キャンパスで開催されるMake: Tokyo Meeting 05において、Scratchの展示、プレゼンテーションワークショップを行います。ワークショップには子供に限らずどなたでもご参加いただけます。今回はArduinoを使って目(光センサー)を作り、それを使った生き物の生態をScratchでシミュレートします。人数に限りがありますので、こちらの要領で事前にお申し込みください。
展示は会場で随時行っています。その場で遊んでもらえるような説明カードを用意するほか、LEGOのWeDoやセンサーのPicoBoardとつないだデモも予定しています。プレゼンテーションの日時は未定です。5/22の16:30-16:55になりました。

なお、私も個人的に「大人のSqueak&Scratch」として展示を行います。

とかく子供のものと思われがちなSqueakとScratchですが、その中にはかつて数百万円の専用マシンで動いていたPARC直系のSmalltalkが仕込まれています。今回はネズミやネコの皮をはぎ、様々なセンサやロボットをつないだり、TwitterなどのWeb APIを叩いたりして、その秘められたポテンシャルをお見せします。また、Arduinoベースの韓国製PicoBoard互換機 HelloBoardを使ったWeDoのシミュレーションも行います。

こちらもどうぞよろしくお願いします。

2010-03-17

STEM エデュケーションとテクノロジー教育カンファレンス 2010

3/27(土)に東京のJRサピアタワーで開催される「STEM エデュケーションとテクノロジー教育カンファレンス 2010」でScratchの講演とワークショップを行います。

講演1「子供の遊びを学びにつなげるスクラッチ(仮)」

サイバー大学客員教授 阿部和広

<講演概要>今日、コンピュータで子供たちの学習を支援する環境は多数存在します。しかし、それらの多くは頑張って勉強した報酬として、予め用意されたアニメやアイテムなどを与えるだけです。MITで開発されたスクラッチは、ものを作りたいという子供たちのより根源的な欲求に働きかけることで自発的な学習を促します。ここでは、その理念や事例などをご紹介します。

ワークショップ1: 子供の遊びを学びにつなげるスクラッチ(仮)

内容:「子供の遊びを学びにつなげるスクラッチ(仮)」でご紹介したスクラッチの環境と作品作りを実際に体験していただきます。

他にも、タフツ大学の電子テキスト作成ソフトウェア ROBOBOOKのプレゼンテーションなど、興味深い講演やワークショップが多数予定されています。参加費は無料ですので、ご興味のある方はどうぞご参加ください。

2009-11-13

abee22009-11-13

MTM04でScratchのワークショップなどを行います。

私もお手伝いしている「こどもプログラミングサークル‘スクラッチ」が11月22日、23日に東京工業大学大岡山キャンパスで開催されるMake: Tokyo Meeting 04において、Scratchの展示、プレゼンテーションワークショップを行います。ワークショップは無料で、子供に限らずどなたでもご参加いただけます。人数に限りがありますので、こちらの要領で事前にお申し込みください。
展示は会場で随時行っています。その場で遊んでもらえるような説明カードを用意するほか、LEGOのWeDoやセンサーのPicoBoardとつないだデモも予定しています。プレゼンテーションは11月23日 16:00-16:30の予定です。

なお、私も個人的に「大人のSqueak&Scratch」として展示を行います。

とかく子供のものと思われがちなSqueakとScratchですが、その中にはかつて数百万円の専用マシンで動いていたPARC直系のSmalltalkが仕込まれています。今回はネズミやネコの皮をはぎ、様々なセンサやロボットをつないだり、TwitterなどのWeb APIを叩いたりして、その秘められたポテンシャルをお見せします。また、前回好評だった世界聴診器の展示即売も行います。

こちらもどうぞよろしくお願いします。

2009-03-17

abee22009-03-17

レズニック教授講演会

3/28(土)に新宿のジュンク堂書店において、レズニック教授の講演会が開催されるとのことです。

レズニック教授講演会開催

「クリエイティブマインドを育てる種をまく」

−MIT発新コンピューティングツール「スクラッチ」の世界−

■2009年3月28日(土) 19:00開演(18:30開場)

講演者プロフィール:

マサチューセッツ工科大学メディアラボ ライフロング・キンダーガーテン

ミッチェル・レズニック 教授

レズニック教授はMITメディアラボライフロング・キンダーガーテングループ代表。同グループはテクノロジーがどのように学習支援をすることができるかについての様々な研究を続けている。これまでの研究成果からはレゴマインドストームロボットキットなど世界中に普及した学習支援ツールが開発されている。同グループの最新のプロジェクトである「スクラッチ」は世界中ですでに30万人を越えるユーザを獲得し急速に普及が進んでいる。

入場料:1,000円(1ドリンクつき)

会場 :ジュンク堂新宿店8F喫茶にて

定員:40名(定員になり次第締め切りとさせて頂きます。)

ご予約は、ジュンク堂書店新宿店7階レジカウンター、または、お電話にて承ります。(03-5363-1300)