ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自転車雑日記

2015-04-15 ご馳走 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

一週間のレース期間を終えて少し休憩の今週です。

これからのことや家のことを考えてます。

残念ながらこの春は雨が多く考え事をしたりするのに外には行けないことが多いのですが、雨のおかげか筍が育ってきているようで初物をいただきました。

モノが良いのかヨメが腕を上げたのかは判りませんが、とても柔らかく瑞々しく美味しかった。

f:id:abeyoshi1969:20150415081235j:image:medium

翌日の昨日はこれまたこれからのことを相談に店の近くの日本食をいただきに。

f:id:abeyoshi1969:20150415081237j:image:medium

f:id:abeyoshi1969:20150415081236j:image:medium

手を加えたお造り日本酒は最高でした。

日本酒に弱い私は今朝は少しお酒が残っていましたが。

さて、また新しい朝がきました。

頑張りましょう。

2015-04-12 合戦は関ヶ原で このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今日の戦いは関ヶ原にほど近い伊吹山にて開催。

いやそれにしても同じクラスに参加する選手たちが、当時ヨーロッパに渡った時のプロ選手たちのように面白いように登りをかっ飛んでいく。

日本のレベルが上がってるのか自分のレベルが下がってるのかは置いといて、

今の自分にとっては自分が参加しているレースはそのレベルであり、とても刺激的だ。

当時やったように、ヤバイと思えば前には出ず、最大限に他の選手を利用して自分の限界を引き出すように走った。

殆どの場合は、より虐めてくれる選手にくっついて走っても結果はその集団からはこぼれてまた後方に下がってしまう。

それでも何もしないよりは早く強くなれるのは間違いない。

当時競技を良く知った人たちから言われたセリフを思い出す。

「練習は決して一人でするな」

強かろうが弱かろうが一人で練習している限り、強くなるには大きな壁が現れる。

それは計測機器が安く手に入るようになった今でも同じだ。

結局レースで勝負するのは人同士であって数字と勝負するのではない。

誰よりも強くなって初めて機械を相手にする必要性が出てくるのだ。

人を尊敬し時には畏敬し、また時には情とともに接する。

独りで行うトレーニングも重要だが、もしロードレースをしたいなら良きトレーニングパートナーを見つけるべきだ。

今日の決戦の場では周りに走っていた人たちにトレーニングパートナーになって頂いた。

また少しづつ強くなりたいと思うようになってきている自分も発見できた。

レースは面白い。

f:id:abeyoshi1969:20150412215445j:image:medium:left

ちょっと先日の集まりで飲み過ぎたのもありますかね。

2015-04-07 思いがけず このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

一昨日の舞洲でのレースは前日のタイムトライアルの日と違い雨の一日になりました。

1周850メートルの周回を重ねる周回レースで雨になれば、自転車レースならアクシデントは多くなるのは必然だ。

まさにコースの脇を毎週のように周回する地元チームとしては思い入れのあるレースで、参加することで大阪にアヴェルありという事もアピールできるし、結果は伴わなくても正々堂々レースをすることで参加する自分達も満足できる。

しかしご多分に漏れず雨の中必死に走ればリスクはどんどん高くなる。

アヴェルメンバーはリスクを省みず非常に積極的にレースを作れたと思うし、経験が浅い割に結果も上々だったのではないかと思う。

 

f:id:abeyoshi1969:20150407080405j:plain

PHOTO by ISHII

かくいう私自身は昨年の秋田に続き半年ぶりのレースでした。

訳あってシクロクロス車を長く乗り続けたので、久々のロードレーサーはとても良く進む自転車でした(笑)

これを契機にポジションの変更にもチャレンジしているので画像は違う人みたいですね。後は練習ですね。

今回のレースで思いがけず驚かされたことはそれでも「酷い」落車はなかったのではないかとうことです。

昨年に比べると天候も悪かったこともあるでしょうが集団内での横の動きが少なくなっており、とても紳士的な集団内でしたね。

少しずつですが我チームも他のチームも進化しているんですね。

f:id:abeyoshi1969:20150402132117j:plain

あ〜それにしてもこんな天候でレースしたかったな。