Hatena::ブログ(Diary)

自転車雑日記

2017-06-18 尽力 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

昨日は静岡自転車イベントに協力してきました。

しずチャリカップというイベント名で、競輪場を利用した自転車イベントです。

自転車の種類を特定しないことで敷居は非常に低く、初歩的なジムカーナスピード競争を組み合わせることで、脚力や体力だけではない自転車本来の楽しみを体験しながら「競技」というレベルまでを見渡せる初心者に優しいイベントでした。

以下レポート

ーーーーーー

プログラムは午前中のサイクルジムカーナと、午後のチームパーシュート

何度も書くが自転車の車種は基本的に問わない。途中変更は不可なので全種目を同じ自転車で行う必要がある。

サイクルジムカーナテクニック重視だし、パーシュートスピード競技なので体力面重視だが先頭交代というチーム力も試される。

自転車レースの基本中の基本を自然経験できる。

まずサイクルジムカーナはこんな感じ

f:id:abeyoshi1969:20170617111305j:image:w360

これは試走練習中の画像

ご覧のようにそれほどタイトではなく、ロードレーサーでも問題なく熟せる内容だ。

ただ本番はタイムトライアルになるので狭く感じる。

まあ私は本番ではミスコースして敢え無く失格(爆)でしたが。

前後の重心移動とどれだけ自転車自分のコントロール下に置いているかが試されます。

自転車はトモダチ!と毎日自転車と遊んでる方は間違いなくうまい。

大空翼サッカーボールがトモダチだった。

最近の私はトモダチ付き合いが悪いので自転車が言うことを聞いてくれなかったと言い訳しておこう。

さて白熱のサイクルジムカーナのあとは少々お昼休みを取って昼食タイム。

今回はMAIARさんの鷹匠バーガーを食べてみました。

ティバンズ手作り!というボリューミーな逸品で、ハラワタに染み渡り非常に美味しゅうございました。

f:id:abeyoshi1969:20170617130124j:image:w360

ところで静岡ロード選手といえば、もうベテランになっている佐野淳哉選手

彼もこのイベントは気にかけていたようで全日本選手権直前だというのに会場に来てました。

最近の調子やレース界などの話も伺えて楽しかった。

f:id:abeyoshi1969:20170618114020j:image:w360

左は今大会を牽引するバランスアップ代表吉田氏。

それにしても佐野選手、、、筋肉ゴツかったwアスリートや。

私も若い頃は脚太かったんやで〜!というのも憚られるほどでした。

他にも自動車販売店やグッズの販売も!

f:id:abeyoshi1969:20170617111117j:image:w360

f:id:abeyoshi1969:20170617111001j:image:w360

自動車はラゲッジの大きさの確認がサイクリストの場合大事なので、こういう場所での確認がありがたいですね。

サイクルストレージの試作も展示。

f:id:abeyoshi1969:20170617111130j:image:w360

近々販売が決定しているそうで、モノもコンパクトかつエレガントに収納でき、連結などの将来性も考慮されて作られていました。

このマーケット自転車有効利用の増加に伴い、今後自治体なんかの要望自転車以外の販売店の要望も増えるので、良いタイミングだなと感じた。

製造は理研軽金属さん。

個人的には他の製品になるが家屋用のアルミ庇「アイラッシュ」も気になる(爆)


さて午後は静岡競輪場の協力の下、競輪選手も参加しチームパーシュートです。

競輪選手バンクのことを間違いなく一番良く知っているので「バンクの掟」も優しく教えてくれますし、

どうすれば速く走れるようになるか?なんて疑問にも自身の経験から即答してくれます。

エキシビジョンで見せてもらった本物の走りのスピードはやはり凄かったですね。

本番の競争になったら、もっと緊張の糸も張りつめた中での走りになるんだろうな。

岸和田競輪場に行きたくなってきたw

このイベントはチーム参加が基本なのですが個人参加の方はくじ引きでチーム編成し、競輪選手や私みたいなゲストライダーもその中に組み込まれます。

なので強力な競輪選手オニ牽きも後ろからつついたりすれば経験できますです、ハイ。まあ私はツキ切れ間違いなしですので、つつきようがありませんが。

結構ハードだったのは、距離は短いもののこのチームパーシュートは予選、準々、準決順位決定戦、決勝と走らせてくれるは走らせてくれることだ。参加者目線で見ると、安い参加費で年三回プラス練習会、おまけに一回一回の内容も充実しているのでお腹いっぱいになります。繰り返し練習にもなりますので自分の走りを反省して次の走りに即活かせる。今回もみるみる参加者の方々がうまくなっていました。

また指導者目線で言わせてもらえば、ロードレースは近年気軽に参加できるイベントにはなりつつありますが、こういった練習イベントの開催は急務です。もちろん9月オープン予定の私の運営する「アベノバ」でもそういったイベントは開催予定です。ご自身の参加しやすい地域でのイベントにどんどん参加し、自転車の基本をマスターした上でのレース参加がベストです。

いきなり大集団になるイベントへの参加は自身と他の参加者安全性という視点からも「ご法度」といっても良いくらいです。

是非、身近なイベントを見つけて、ある程度の勘を養ってからレースには参加しましょう!

はてさて途中まで一緒に走っていたチームは残念ながら敗退したのであ〜良かったと思っていたのだが、違うチームに欠員が出てそこで走ることに。

結局、そのチームが午前中の好成績が手伝い優勝したので、総合ポイントで優勝チームを決めるルールにより、なんと第一回目の優勝Tシャツをゲットしてしまった!

ゲストライダーにはあるまじき以下略

f:id:abeyoshi1969:20170618134912j:image:w360


イベント後はシマノ時代からの友人の方も参加し懇親会。

当時の思い出を語りながらの二次会も。

そこで出てきた画像がこれ。

f:id:abeyoshi1969:20170618125608j:image:w360

なぜか寝転んで行きずりの子供を写真に収めるの図。

後ろに入れなければならない「何か」があったのでしょうか、、、今となってはよく憶えてない。

ところで、このイベント地元のバランスアップ鍼灸整骨院no titleが中心となって開催されています。

直接は自転車には関係の無いこういった方々が自転車イベントを開催するというのは、自転車競技スポーツとして普及してきたんだなと思える一日でした。そして競輪界もスポーツとして自転車地位を高めたり、より身近に感じてもらうためにガンガン「前」に出てきているんだなと感じた。そもそもスポーツ自転車界全体がそうでなくちゃね〜。

2017-06-04 活力 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:abeyoshi1969:20170604193740j:image:w360

昨日友人とライドに出かけたのは良かったのだが、久々のライドで体に負担が大きかったようで、ライドの途中から少々体調に異変が。

それでも何とか帰宅し翌日の今日も出かけようと同じ友人と約束したものの今朝も回復できずに結局断念。

行ったは良いが体調悪かったら相手迷惑かけますからね〜。

ということで今日は予定外だった子供ピアノコンテスト練習会へ。

本番では最後にミスをしたもののそこそこの演奏だったと思うのですが

講評では厳しいお言葉を頂いたようです。

その後の質問会で何故か会場でボケッとしていた私を指名していただきました。

質問に窮したマイクを渡された私は仕方ないので、スポーツしていることを伝えた上で、ピアノを続ける上で辛かったことがあったかと尋ねました。

三人の先生のうちの一番年上の先生饒舌で、楽しく答えてくれました。

可能性の高い子供たちがその可能性を潰さないように、「摂理理解した上で指導する」ということを指導頂きました。

野球の投げる行為テニスの打つ行為、他にも子供たちに辛いだけの行為強要してしまうことが多い指導は避け、

そもそも「何をしているか?」「どういう行為なのか?」というところを指導者理解し、指導することが肝要です。

自転車でも「回転力」と言って速く回すことばかりに目がいってしまったり、

ただステムを上げれば初心者向けのポジションという風潮になってきているような気もします。

考えなければならないことは多岐に及びます。

機材やデータだけが速く上手く自転車に乗れる為の要素ではないんですよね。

そこんとこの話を詳しく聞ける場所作りをしたいと思ってます。

さてさて今日はそういうことでライドは休んで明日からの活力を養いました。

昨日のライドはイメージと実際がかけ離れていたので身体には負担の大きいものだったようです。

店ができたら体力アップが目標になりそうですね。

2017-06-03 推力 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ここのところ仕事(アベノバというスポーツバイク店舗の準備です)が良く進む。

メンバーに加わってもらってる力が非常に大きい。

一緒にやるメンバーによって仕事の内容・進捗は大きく変わる。

今から考えればその数ヶ月は大きな勉強をさせてもらった勉強代だと思って諦めるしか無い。

それでもその間に一人でも積み重ねた努力は上手く拾い上げてもらってる。

本当にヒトで決まるんですよね。

まあそれより自分の推進力をもっと付けなければね。

ペダルを漕ぐだけじゃ駄目なんですよ、今の自分はw

それでも今日時間を作って健康ストレス発散の為にライドへ!

https://connect.garmin.com/modern/activity/1774619186

日に日に落ちてきている体力に歯止めをかけるべく行ってまいりました。

f:id:abeyoshi1969:20170603124313j:image:w360

待ち合わせから少しアップがてら犬鳴にまず南下。

いきなり鍋谷ではきつすぎるという判断です。

それにしても自転車に乗られている方々が増えました。

そしてノーヘルの方々も(T_T)

まあ義務じゃないのですがもし何か有った時にね、ほら、アレなんで。

皆さんヘルメットはかぶりましょう!

その友人から聴いたのですが、アメリカには160キロ総グラベル非公式ライドイベントがあるらしい。

先日その大会(?)に参加してきた話が壮絶すぎてグラベルライドは辞めておこうと思う今日此の頃。