Hatena::ブログ(Diary)

自転車雑日記

2017-01-17 22年 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

題名ももうお判りでしょうが阪神淡路大震災からもう22年が過ぎました。

あの時は今でも忘れません。

このブログでも書いた記憶はありますが、「風の勇者」という賞を頂いて、東京表彰式に向かう日でした。

もちろん当日移動でしたので朝早く起きることになってはいたのですが、

誰かが私を起こすんです。

でも待てよ縦に揺れてないか?

目覚めて地震と気付き静止。

再度寝ようとするが寝付けないのでTVを点けてみた。

地震の速報が流れる。

ああ地震か、それにしてもやたら大きかったな。

神戸か、、、

すぐにTVは消して東京行きの用意をする。

着替えて駅に徒歩で向かう街は早朝でいつもと何ら変わりなかったように感じる。

というかそんな時間に行動するのは選手生活ではあまりない事なので違うかどうかも判らない静かな朝だった。

ところが駅ではすでに不通のニュースが流れており、しばらく待ってはみたが動きそうもなく、

それどころか駅の情報では神戸火災が起こっているという知らせが流れていた。

取って返して自宅に戻るとTVでは火災の模様が上空からの映像で流れる。

忘却の彼方へ行ってしまいそうで、我ながらそれが怖いので今日も書いてみます。

2017-01-16 シートハイトアジャスター(SACRA)取付 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

さてまだ乗ってませんが、噂のSACRAシートハイトアジャスターを自転車に取り付けてみました。

SACRAホームページはこちら↓

sacra-cycling.com

現在の家乗りバイクTREKエモンダALRに取り付けるとこんな感じです。

f:id:abeyoshi1969:20170116214306j:image:w360:right

ダンシングで少々バイクを左右に振った感じは重さを感じ取れるものの大した違和感はありません。

肝心の調整は非常に行いやすいものでした。

以下詳細

今回のバイクは昨年まで使用していたTREKエモンダALR。

アルミの超高性能バイクで、プロ時代最後のアルミバイクKOGAスカンジウムに比べると天国のような乗り心地です。

価格の割りに重量もそこそこ軽く、ロードバイクエントリーから中級レーサーまで非常に幅広い層のサイクリストをターゲットにしております。

乗り心地も全くもってニュートラル

しかしながらこのフレームは少々仕上げに手荒さがあり、今回取り付けのシートハイトアジャスターもその作り込みの高さから非常に精度の高いパーツだったため、取り付けの際には少々塗装面の調整をしてあげないとシートパイプの仕上げ公差と塗装ダレのためにポン付けとはいかない状態でした。

誤解のないように付け加えますが、アルミフレームですので精度の修正等は非常に行いやすいのもアルミフレームの特徴でもあります。

まあ、鉄ほどではないでしょうが…。

画像から判りますか?シートハイトアジャスターの下部が少し白っぽくなってます。

少々広めに作業してしまいましたが、これがペーパーでヤスリがけした痕です。

さてALRの懐の深さも手伝ったのか、見た目以上に重量感は感じませんでした。

ダンシングの際に素早く切り替えして左右に振るとその存在感は際立つのだが、通常のサイクリングなどでは意識せずに乗れることは間違いありません。

さて取り付けた後は乗りながらの調整にチャレンジしてみました。

調整は容易で、乗りながらボトルをゲージから取り出して飲めるくらいの技術があれば大丈夫でしょう。

サドル高さの設定は一番低くした状態で膝が痛くならない程度。

難しいですよね?この表現

自分サドル高が低いか高いかを悩んでいる方は沢山いると思います。

そんな時にもこのパーツは役立ちます。

一番低い状態で今のサドル高より5ミリ程度低くなるようにして取り付け、通常の高さに戻す。

乗り始めて高くしたり低くしたりを登り、平坦、下りで確かめます。

基本下りは低めが下りやすいですし、上りは高い方が力が入る気がする。

それを繰り返すことで自分サドル高の最適解が導き出せます。

いつもこいつと一緒に行動できるならもっと話は単純で、下りは少し低め、登りは少し高め。

アタックする時は低め、高速巡航は高め、集団走行は低めなど、、、自分能力感覚で少しづつ変化させることで余計なストレスを軽減させて自分能力をフルに活用することが出来るはずです。

気をつけなければならないのはトレーニング時。

せっかくストレスを与えるためにトレーニングをしているのに、こいつを活用しまくって身体に負荷がかけられなくなること…。

そうなることは避けたいですね笑

最後にサドル高を固定することから開放されればサドルのの角度も少々変わってしまうかもしれませんね。

次回は100キロほどは乗ってレポートしてみたいと思います。

2017-01-15 気分の上下 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

昨日は久々のエクササイズから一転、午後は篭っての仕事へ。

篭って考えをめぐらすと、要らないことも考えてしまう。

責任やったり家族やったり好きなことやったり友人やったり。

単純な仕事に没頭していれば何も考えることもないかもしれないが、仕事責任を伴うと色々悩んでしまう。

責任という言葉に非常に弱いので考えはじめるとどんどん気分が下降し、昨日みたいにネガティブ発言SNS披露してしまう。

ご覧になってる方は見難いかもしれませんが、そんな時はスルーしてくださいm(_ _)m単なる愚痴が出てるだけですので。

さて打って変わって今日は極寒の中目覚め、昨日の影響の筋肉痛に苛まれながら一日籠もり仕事

それでもなぜか気分は晴れやか〜

運動による抑うつ効果ってやっぱり絶大なのかな。

選手時代でこんなに気分の上下動って無かったのにな。

皆さん定期的に適度な運動しましょうね!

回りにも何人かこんなに簡単にはいかない気分の上下動に悩まされている方々もいらっしゃいます。

そう考えると自分は全く問題にならないし、それなのにSNSで愚痴なんて、、、

俺やっぱり弱いわ(T_T)頑張ろう!

f:id:abeyoshi1969:20170113101439j:image:w360

あ、そうそう、尊敬するM船さんが車を寄せてるのを観ました。

そこでここまでやる必要は全くなかったのですがチャレンジしてみました。

軽自動車簡単ですが急いでたので斜めになってしまってました。

昔はアルバイトしてた自転車店で良くやってたな〜。