ABOVE DA WORLD NEWS

2005-03-27 G-1グランプリ結果速報

3/26にLIVEGATE東京で行なわれたG-1グランプリ2005の結果は以下の通り。

優勝:魔龍

準優勝:JOE TESSY

第三位:Q太郎

第四位:マーク・ランデブー

闘いの軌跡

■一回戦第一試合:○魔龍 VS ヤン×

戦前の予想を覆しブランクの長いヤンが大健闘。課題曲「Grandprix」が往年得意としていたネオクラ系のメタルだったこともあり激しいフルピッキングで魔龍に猛攻を仕掛けるが魔龍の流麗なフレーズの前に惜敗。

■一回戦第二試合:○Q太郎 VS タナブ×

正体不明の覆面ギタリスト、タナブが全国区で活躍する現役ロックギタリストQ太郎に反則無しの真っ向勝負を挑み潔く玉砕。試合後「止めてくれ」と懇願するタナブのマスクを無慈悲にもQ太郎が引き剥がした。

■一回戦第三試合:×パンスターズ煮号 VS マーク・ランデブー×

会場に感動の渦を巻き起こした今大会ベストバウトの一つがこれ。ネオクラ系課題曲「Grandprix」をバックに両者のハイテク系フレーズが交錯する。この激戦を制したのはマーク・ランデブーだった。だが、楽屋ではパンスターズ煮号最速説も根強く「無冠の帝王」としての脅威を印象づけた。

■一回戦第四試合:○JOE TESSY VS シン×

本試合はJOE TESSYの不戦勝。

■準決勝第一試合:○魔龍 VS Q太郎×

一回戦とはうって変わってスローな課題曲「Fast one」をバックに両者のメロディアスギターソロがはじまるが中盤から魔龍が猛烈な加速を見せ決勝戦に名乗りをあげた。

■準決勝第二試合:○JOE TESSY VS マーク・ランデブー×

一回戦を不戦勝で勝ち上がったJOE TESSYだが叙情的な展開の中ではギターを「唄わせる」力の違いを見せつけた。音数を繰り出すランデブーだがTESSYの瞬間的な高速フレーズの前に散った。

■決勝戦:○魔龍 VS JOE TESSY×

大会唯一生バンドをバックに行なわれた決勝戦。テーマは「Aのメジャーブルース」。初っ端から全開の両雄のプレイにスタンディングオベーションの嵐が巻き起こった。まさにギターファンにとって至福とも言える60小節は瞬く間に終わってしまった。「もっと聴いていたい...」誰もがそう思った決勝戦。今大会に賭ける魔龍の執念が土壇場のしのぎ合いで勝利を呼び込んだ。激戦を静止初代王者の座を勝ち取ったのは「歌舞伎町ギタードラゴン」、魔龍だった。

2005-03-05 G1グランプリ2005

第一回ギター最速決定戦、G1グランプリ2005の開催がいよいよ3週間後に迫った。

現時点で参加が確定している6名の選手のコメントを以下に掲載する。

■マーク・ランデブー

得意技:レガート&ライトハンド奏法

コメントギターを弾くのに速すぎるという言葉は無い。

巷では私は終わったギタリストとも言われているらしいが

逆にそれが私のモチベーションになった。

■魔龍

得意技:レガート&スキッピング

プロフィール:Choco Baby,Loud Minority,YAN(guest),BORZ等に参加。

コメント

truth?笑っちまうぜ・・・。

速いってことの本当の意味を教えてやるよ亀ども。

■パン☆スターズ煮号

プロフィール:通称、北区土下座王子

得意技:ボリューム奏法

コメント:「音デカかったら下げますんで・・・。」

■JOE TESSY

得意技:フルピッキング

コメント:(未)

■Q太郎

得意技:不明

コメント:(未)

■ヤン

得意技:マシンガン奏法

コメントリズム?スケール?関係ねえ...

ただ全開で弾きまくるだけよ。

2005-02-18 Dance Of Eternity

Dance Of Eternity 2

日時:2005年3月5日(土) 20:00〜22:00

会場:渋谷道玄坂 CLUB MARUYAMA 59

(http://www.club-maruyama.com/)

住所:東京都渋谷区円山町7番9号プリオール円山地下1F

会費:\6,500

◆会費  \6,500 free drink , free food ※豪華商品あり

DJ   DEN+UME  MC:YAN

◆詳細HP http://sejimax.at.infoseek.co.jp/59.html

◆申込先:fullcontact@abovedaworld.com

概要:

 2004年末、プログレッシブハードな音楽BGMにした画期的ダンスパーティーとして発進したADW Dance Of Eternityが早くも第二弾を迎える。今回は前回DJ担当したランデブー(ADW Sentinel代表)が総合プロデュースを務める。会場も前回からワンサイズアップした地下のメインホールに移動しイベントとしてスケールアップしたものになりそうだ。この日のメインDJには現在英国音楽修行中のDENが招聘されており、なんとこのイベントの為だけにわざわざ一時帰国するという。

 DENは昨年のDance Of Eternityで最も人気の高かったWaterblonde/#001の製作者でもある。当日はVJに元Waterblondeの富安健一郎(AboveDaWorld会長)、YAN(AboveDaWorldスタッフ)が集合。奇しくもWaterblondeのメンバーが3人も集まる。何か特別なイベントが期待されるのは当然と言っても良いだろう。

 

2005-02-01

[]G-1グランプリ2005 開催情報

第1回 最速ギタリスト決定戦 光より速く弾け

G-1 Grand Prix 2005

Date:2005.3.26(Sat)12:30-15:30

Place:LiveGate Tokyo(http://www.livegate.jp)

Ticket:\2,500(前売\2,000)

出場選手:"旋律の錬金術師"Mark Rendezvous/"歌舞伎町の蒼き稲妻"魔龍(他)

審査委員長:Co-hey(from Rock'O Motive)

リングアナ:Yuki(from Loud Minority)

大会実行委員長:児玉英志(Above Da World Record)

オンライン予約:fullcontact@abovedaworld.com

[]G-1とは?

「G-1」の「G」はギターの「G」、そして「1」ナンバーワンを示します。

つまりG-1とはギター速弾き最速を決定するトーナメント戦なのです。

昨今、日本年末視聴率合戦では音楽番組の低迷が著しく、格闘技番組

シェアを奪われつつあるのが現状です。このような状況下において格闘技にも

勝るとも劣らない迫力有るエンターテインメントとしての音楽の復権を果たさん

という大儀の下にG-1グランプリは始動しました。一切妥協の無い迫真の真剣勝負、

それが全く新しい音楽エンターテインメント、G-1なのです。

[]G-1公式ルール

第1条 選手は規定内のピック、又は指でギターを弾くこと。ドリル等の使用は禁止とする。

第2条 試合形式

(a)試合はイントロを除くインテンポ48小節の伴奏をバックに行なわれる。

(b)第一ラウンド(先攻8小節、後攻8小節)

 第二ラウンド(先攻4小節、後攻4小節、先攻4小節、後攻4小節)

 第三ラウンド(先攻、後攻2小節づつ交互に16小節)

第3条 採点基準

(a)ピッキング、タッピングにより正確かつ有効な演奏が行なわれていること。

(b)採点の優先順位は、1.演奏速度(NPS=note per second)2.正確性、3.演奏難易度の順に採点し、

優勢の選手を常に10点として劣勢の選手から減点していく採点方式を取る。

(c)勝敗は3Rに対するジャッジ2名の判定+観客審判の3つの判定をとり演奏終了後に2つ以上の判定

の一致によって勝者を決定する。

補足:尚、片方の選手が途中で腱鞘炎・筋繊維断裂などの理由で演奏不能となった場合にはノックアウトとなり演奏可能な選手の勝ちとなる。

[]G-1グランプリ2005年 選手募集要項

出場資格

(1)フルピッキングBPM=120で6連符/又はBPM=180で16分音符を正確に弾けること。(=12NPS)

(2)特定のレーベル事務所と契約をしていない方。

レーベルなどと契約が存在する場合は、演奏音源の使用を許諾できる方。

出場費:2,000円

申込先:fullcontact@abovedaworld.com

2005年G1グランプリ参戦/詳細希望」というタイトルメールを送付下さい。

2005-01-09

[]

2005年3月にギター最速決定グランプリを開催することが決定した。

世の中に同様な企画は幾つかある中で今大会では「ギターマニア以外にもアピールするエンターテインメント」としての演出に力を入れていく。対戦方法はトーナメント形式でくじ引きで割り当てられたコード進行をバックに2名のギタリストが交互にギターソロを弾き、技を競い合う。勝敗は純粋にギターテクニックのみを採点する審査員と演奏、ルックス、キャラクター等総合的に判断するリスナー票の合計で判定され勝者が次の試合へと進む。

 トーナメント出場枠は8名で優勝者には有償トロフィーと賞金3万円、或いはAboveDaWorldレコードからのCDリリース権が与えられる。