Hatena::ブログ(Diary)

future scrap

2016-09-27

流氷ツアー2016【3日目】

<2016/02/19>

 朝起きて、ここ最近恒例になった流氷情報のチェックをしていると、衝撃の事実が。
なんと今朝のガリンコ号は流氷帯を航行したらしい。
今日紋別にいたら流氷が見れたかもしれないのに… ただ流氷帯を航行したのは朝の便だけだったらしいけど。
ホテルで外国人に囲まれながら朝食を済ませチェックアウトし、網走駅へ。
今日は流氷ノロッコ号網走の流氷観光船に乗ります。


極寒体験


車内には海側を向いた席とストーブがある

流氷ノロッコ号は、網走から知床の玄関口、知床斜里まで走る列車で、名前の通り速度が遅いから景色をゆっくり楽しめる列車。
極寒体験をウリにしてるけど、この日は比較的気温が高く、しかも私の席はストーブの真後ろ。コート脱ぎたいくらいの暑さだった…
ちなみに流氷ノロッコ号運転は今年で最後。ということもあってか、車内はほぼ満席でした。


車内販売のスルメを焼く。あとプリン


途中海が見えたけど、やっぱり流氷は無い

 1時間ほどかけて列車は知床斜里駅へ。
ここで私は快速列車で折り返して北浜駅へ。
流氷と流氷ノロッコ号を一緒に撮れるという画力ある場所へ向かったけど、流氷が無いのでただ列車を撮ってるだけに…


北浜駅快速列車とオホーツク海


流氷が来ていれば…


北の大地と大空と

この場所は川だけど、線路のすぐ奥は海なので、流氷が来ていれば川にも流氷が流れ込むらしい。
川に流れ込んだ流氷と一緒に撮るのはかなわず…
そして北浜駅での長い停車時間を利用し走って列車を追い越し、もう一つのポイントへ。


知床連山とオホーツク海

流氷が来ていたら画力あっただろうな…
そしてこの後の列車で網走へ戻り、流氷砕氷船乗り場へ向かいます。
ちなみに、流氷が来ていたら流氷が見れるヘリコプターにも乗ろうと思ってたんだけど、断念。空からの流氷見たかった…


喫茶店とオホーツク海を一望できる展望台のある北浜駅。駅舎内に名刺を貼ると出世するとかしないとか… なんかデジャヴ


流氷砕氷船おーろら号

 網走駅からバスに乗り、流氷砕氷船乗り場へ。バスはまるで都会のラッシュのような混雑でした。
砕氷船乗り場に着いて航行状況を確認すると、やはり流氷はないとのこと…
ちなみに流氷がないクルーズの場合、値段が少し安くなります(ガリンコ号もそうだった)。
ガリンコ号はドリルで流氷を砕くけど、この船は流氷にのしかかって、船の重みで流氷を割りながら進む方式。今日はその必要もないけど…
乗り場はツアーか何かの観光客がすごくて、2隻ある流氷砕氷船はフル稼働でした。


餌目当てか、船にかもめがついてくる

しばらく青海を航行していると、流氷と思われる薄い氷が漂ってきた。
そして船は薄い氷が密集しているエリアへ…


薄いけど流氷!

冷凍庫で10分くらい凍らせた氷って感じの薄さだけど、ここに来て流氷を見れてよかった…
約1時間のクルーズを終えて、船は港へ。
とりあえずご飯でも食べよーっと思って、砕氷船乗り場にあったレストランへ。
そこにはなんと、北見にあるインド料理クリシュナに行かなきゃ食べられないと思われていた流氷カレーが!


食欲をそぎ落とす青いカレー

東京でも食べられるらしいけどせっかくなら本場北海道で…
見た目とは裏腹にスパイシーで美味しいけど、見た目がコレなだけに視覚的に美味しく感じない…
味は美味しいはずなのに、食べ終わった後にこれほど満たされた気にならない食べ物は初めてでした…
流氷ソフトってのもあったけど、こっちはラムネ味で美味しかったよ。
そしてこの日の宿がある知床ウトロ温泉へ行くため列車で知床斜里へ。


普通列車知床斜里

暖房の効いた列車に乗って知床斜里駅へ。
ここからバスでウトロ温泉へ向かうけど、バスまで1時間ほどあるので駅の辺りを散策することに。
しかし17時を過ぎ辺りは暗くなってきて、特にお店もなく…
少し歩いたところにある道の駅に、数日前にこの付近に流れ着いた流氷が展示してありました。


海で見たかった

駅へ戻り、バスに乗りウトロ温泉を目指す。
車内ではほぼ寝ていて、起きた頃にはウトロ温泉バスターミナルに着く直前。
寝ぼけながらバスを降りると、バスターミナルの周りは真っ暗で少し住宅があるくらい…
人もほぼいなくて、ホテルにたどり着けるのか不安になりつつGoogle Mapを頼りにホテルを目指す。
マジでスマホがなければ遭難するんじゃないかと思った…

無事にホテルにチェックインして、カメラのバッテリーを充電。
少し休憩して、ホテルを出てオーロラファンタジーの会場を目指す。
ホテルを出る時、フロントの人に「雪道の運転は大丈夫ですか?」って聞かれた。あぁ車で来てると思われてる…
しばらく歩いて街の中心部の方へ行くと、何か犬みたいなのがいる…
よく見ると尻尾が太くて、さてはキタキツネ…!


この写真が限界でした…

動画も撮ったけど、この後道路の反対側へ行ってしまいました。
ちなみに野生のキタキツネは、エキノコックスという病気を持っているので触ってはいけないらしい…

そしていよいよオーロラファンタジーの会場へ。
ウトロの冬の名物として行われているイベントで、1958年に実際に知床に現れたオーロラを再現したイベント。
スモークを焚いて、そこにプロジェクターで映像を投影し、オーロラを再現します。
残念なことに今年が最終回。ただ来年からは何かしら別のイベントを考えているとのこと。
この会場には氷でできた流氷神社があります。本物?の流氷も祀られている!


流氷神社の人だかりよ






神秘的な音楽とともに冬の夜空に映るオーロラは感動モノ!

感動の余韻に浸りながら、暗い雪道を歩きながらホテルへ。
明日はいよいよ最終日!果たして流氷は見られるのか…

2016-09-25

流氷ツアー2016【2日目】

<2016/02/18>

 昨日に引き続き今日も流氷が来る見込みがないので、ホテルで朝食を食べて部屋へ戻り、チェックアウトギリギリまでまったり。
とりあえず紋別市内を適当に観光することに。
まずはホテル近くの漁港へ。流氷ではないけど、寒さで港内が凍っていました。


波の無い港内は、寒さで海水が凍ってしまうらしい


流氷が来る期間は漁に出ないから、漁船が陸揚げされている

まるでアイススケート場のよう… 氷の厚みが無いからまず落ちたら大変なことになるけど。
雪が積もる漁港周辺などをぷらぷらして、内陸側をぶらついてると神社が。雪がめちゃくちゃ積もってる。


紋別の厳島神社狛犬が寒そう

特にあてもなく、イオンはまなす通りという夜に咲く繁華街を歩く。
その後、ガリヤ号というバスでガリンコ号乗り場の方へ。
ガリンコ号乗り場の前では氷の彫刻の展示が行われていました。
その向かいにはオホーツクとっかりセンターというアザラシ水族館が。ここら辺で時間つぶしをします。


手前からR2D2,ダースベイダーなど


"とっかり"とはアイヌ語アザラシという意味らしい。餌やりの時間でした。


餌の時間が終わりプールへ戻るアザラシ


戻らない子もいる

とっかりセンターを後にし、再び雪道をぶらぶら。
海のそばにカニ爪のランドマークがありました。


I'll be back

そしてカニ爪のそばにあるオホーツク流氷科学センターへ。
流氷の仕組みを学べたり、-20℃の気温を体感できたりします。


オホーツク流氷科学センター


飛行機から見えた薄い流氷が来ている海。水平線には流氷帯が。もう少し北風が吹けば…

再びガリヤ号でホテルがある方へ。
泊まっていたホテルから東北海道エクスプレスバスで網走へ向かうのですが、バスまで時間があるから近くのかまぼこ工場を見学。


かまぼこ工場。ちょうど休憩時間だったみたいで稼働していない

そういえば昼飯を食べてなかったから、かまぼこを買いあさってました。
そして出発時刻の16:10になり、東北海道エクスプレスバス(と言っても客が少なくてバンでの運転だった)で網走へ。
車内では移動時間の2時間ほぼ寝てて、起きると網走駅に着くすぐ直前。もう真っ暗になってました。
網走駅につき、駅前のホテルにチェックイン。
近くのバーにでも行こうと思ったけど、気力がなくて部屋でお酒を飲みながら流氷予報をチェック。
今日は収穫が全くない日になっしまいました…
明日は少しでも流氷が来るといいな…

2016-09-22

流氷ツアー2016【1日目】

 ものすごく今更ですが、今年の初めに北海道旅行した時の記事です。

<2016/02/17>

 この日、北風が吹いてくれるのを期待しつつ羽田空港へ。
今年はなかなか北風が吹かず、流氷の接岸が例年にないほど遅れているとのこと。
神秘的な光景を見られることを祈りつつ飛行機へ

 羽田空港を離陸して1時間で北海道の上空へ。ものすごく早い。
オホーツク紋別空港に向けて降下が始まると、飛行機は厚い雲の中へ。
雲の中から微かに地上が見える。一面の雪景色。
さらに降下すると、雲を抜けて眼下にオホーツク海が。


水面が泡立っているように見えるけど、よく見ると薄い流氷が!

薄いとはいえ初めて見る流氷にテン上げしつつシャッタをー切りまくってると、サロマ湖手前で旋回してオホーツク紋別空港へ。


オホーツク紋別空港。こんなタラップから初めて降りた。

 タラップを降りたら外は極寒!
って思ってたけど、案外そんなことはなくターミナルビルへ。
ここから無料のシャトルバスに乗って紋別市内にあるホテルにチェックイン。
次の予定まで時間があるので適当にゴロゴロ。
窓の外からは紋別港が見えるけど、水平線に微かに流氷帯が見えるくらいで、接岸にはまだ遠い状況…

 紋別港から出る流氷砕氷船に乗るためホテルを出る。
バスもあるけど、時間が余ってるからホテルから歩いてガリンコ号乗り場へ。
歩いて約30分の距離。途中吹雪いたり止んだりを繰り返していた。


ガリンコ号

ひたすら雪道を歩き乗り場へ。海には流氷が全く見えないけど、船に乗ればきっと流氷が見えるはず…







全く流氷がない!
どこを航行しても流氷は見えず、さっきホテルで見た水平線の流氷帯も見えず…
ただのオホーツククルーズになってしまいました。
ちなみにこの船の先端にはドリルが二つ付いていて、それで流氷をガリガリ削りながら進むけど、全くそんな必要もなく…
 クルーズを終え、ガリンコ号乗り場の近くにあるオホーツクタワーへ。
海底からそびえ立つタワーで、オホーツク海の海中を見ることもできます。
ガリンコ号乗り場からオホーツクタワーは目と鼻の先の距離ですが、無料の電気自動車で送迎してくれます。
電気自動車と言っても運転席のある屋根付きトロッコって感じですが…


オホーツクタワー

海底部

流氷が来ていれば、窓から流氷の下を見ることができるとかできないとか…
窓から見る海中は濁って何も見えないけど、それは魚の餌になるプランクトンが豊富だということらしい。


水槽の中の美味しそうなカニや

シワくちゃな魚も見れる


オホーツクタワー前の海は凍っていたけど、これは流氷じゃなくてここでできた結氷。

 オホーツクタワーを後にして、また電気自動車の送迎でガリンコ号乗り場へ。
ここにある食堂でご飯を食べてからホテルへ戻ることに。
帰りはもう暗くなってさすがにバスで帰ることにしたけど、バスまでの時間が迫っていて、7分で完食。全然味がわからんかった…


本物の流氷を使用した(!)流氷ドラフト

カニ爪丸ごとオホーツクラーメン

無事にバスへ乗り込み、セイコーマートで買い出しをして、残り3日間の天気と流氷予報を眺めながら翌日に備えました。

2014-05-02

九州旅行記【最終日】

<2013年3月30日>

 いよいよ九州旅行最終日!
7日間という長期にわたった旅行なので最終日の寂しさもひとしおでした。
まずは鹿児島中央駅へ向かい、周回バスに乗って桜島鹿児島市内を一望できる城山展望台へ。



が、霞んでいて肝心の桜島は全然見えませんでした…
本当は昨日ここに来るはずでしたが、熊本からの特急に乗れなかったので来る時間が無くなったのです。昨日なら見えたんだろうな…
徒歩で展望台から下山しました。


このあたりは猫が多いです



城山展望台から下ると西郷隆盛の銅像が。
このあたりで写真を撮ってたらちかくにいたおじちゃんに話しかけられました。
どっから来たの?から始まりこのあたりでおすすめのお店はあるか聞いたら、黒豚とんかつのお店で あぢもり というお店を紹介されて行ってみることに。
しかしお昼時ということもありめちゃくちゃ混んでいて諦めることに… おじちゃんごめん
市電に乗って鹿児島中央駅へ向かい、駅前の大階段でまったりしていました。
暖かく心地よい春の風が吹いていて、ずっとここにいたい気分でした。


南の風が吹いている

まだお昼過ぎたくらいですが、鹿児島を後にしこないだ会えなかったフォロワーさんに会うべく新幹線博多に移動!


キオスクで白くま買った

博多駅フォロワーさんと合流して、駅前のバスセンタービル内にあるゲーマーズへ。
ダンジガチャを回しまくるけどまだ全種類コンプ出来ず…
その後地下鉄天神へ移動し、アニメイトへ行きまたダンジガチャる。
何回回したか覚えてないけど、ここでようやく全種類コンプ出来ましたw
その後一蘭ラーメンを食らいました。


ここのは釜で出てきます

その後徒歩でキャナルシティへ。買い物する訳じゃないけど行ったこと無かったから行ってみたかったのです。


川流れておる

タピオカジュース買ってキャナルシティ内を彷徨いながら徒歩で博多駅へ。
だらだら話しながら歩いてるの楽しかったなぁー
博多駅ではまたしても駅ビルの屋上へ。
最後の夜景を堪能しました。
その後地下鉄の改札へ行き、フォロワーさんと博多の街との別れを惜しみつつ空港へ向かいました。


行きに乗った飛行機かな?

羽田空港に着き最寄り駅へ向かうバスに乗り込み長い九州の旅を終えましたとさ。
一週間は長かったけど、まだまだ行けてない場所が九州にはいっぱいあるので、また是非九州を訪れたいですね!!


ダンジガチャの戦利品

九州旅行記【6日目】

<2013年3月29日>

 交通センターのホテルを出て、どうやら近くに清正公の銅像があるらしいのでそれを見てから熊本駅に向かおうと思ったのですが、探しても探しても見つからない…
川沿いを歩いてもそれらしきものがない…
携帯で地図を見たらとっくに通り過ぎていた模様…
憶測で動くモンじゃないね… 地図を見たら銅像の前を通ってきたのに気づかなかったという…
そしてこれが原因で、熊本駅からの特急くまがわを逃してしまうという事態になりました_ノ乙(、ン、)_


これを探していたが故に

しょうがないのでその後の特急に予約変更することに。
その特急の前にSL人吉があったけど、満席で残念ながら乗れませんでした…
熊本駅周辺をあてもなくぶらぶらして2時間くらい暇つぶしした後、人吉駅まで九州横断特急で移動。
結局今日乗るなら昨日新水前寺まで乗る必要なかったねっていう…


球磨川沿いに走る九州横断特急


人吉駅のホームにはきじ馬が

人吉駅で観光列車のいさぶろう号に乗り換えます。
このあと吉松駅でも観光特急に乗り換えて鹿児島中央駅を目指すのですが、熊本から鹿児島中央までは新幹線で行けば1時間程度。私のルートで行くと4時間ほどかかります。
熊本鹿児島中央間にはあえて時間のかかるローカル線で行くルートがあり、今回はこちらを使います。
いさぶろう号は最初の停車駅の大畑駅へ。5分ほど停車します。




大畑駅は桜の名所とのこと


駅の壁に名刺を貼ると出世するとか… 少しコワイ

いさぶろう号は終点の吉松駅まですべての途中駅で5分程度の停車時間があり、その間駅を見学できるというバスツアーのような観光列車なのです。
次の矢岳駅にはSLが展示してあり、停車時間の間に見学できます。地元のおじちゃんが案内してくれました。


矢岳駅のSL展示館

矢岳駅を出てしばらく走ると、列車は一旦停止します。
ここは日本三大車窓と呼ばれている場所のようで、しばらくの間景色を堪能することが出来ます


日本三大車窓

3両ある列車に乗ってるすべての乗客が絶景ポイントで景色を見れるように、1両分動くのを2回繰り返していました。
そして次の真幸駅へ。



ホームには幸福の鐘があり、みんな鳴らしまくってました。


思い思いに動き回る乗客

幸駅を出ていさぶろう号は終点の吉松駅へ。ここで観光特急はやとの風号に乗り換えです。
この列車もすべての駅ではないですが、一部の駅で停車時間が設けてあります。


大隅横川駅には機関銃の跡が


嘉例川駅


嘉例川駅にあったポスター。コピーがすごい

そしてここにてようやくスタンプラリーのすべてのポイントを回り終えました!長かったぜ…


九州をくまなく回りました

列車は肥薩線から日豊線に入り、車窓にはついに桜島が…!!


桜島だ!!!

(お酒が入ってたのもあり)興奮してカメラのシャッターを押しまくっていましたw
程なくして列車は終点の鹿児島中央駅へ。
ホテルに向かいチェックインして、少しまったりしてました。
その後夜の鹿児島の街へ繰り出しとりあえずアニメイトでダンジガチャを回した後、鹿児島ラーメンを食らいました!


豚とろ天文館本店のラーメン

それほどこってりしてなく食べやすかったです!豚骨最高ですね!!
そしてデザートに有名な天文館むじゃきの白くまを!


ソフトクリームのせ

思った以上に大きくて、隣でメニューを眺めてた外国人カップルにあんなでかいのが来るのか!って感じに笑われましたw
練乳がかかったふわふわな氷がおいしくてあっという間に食べきってしまいました。
前回の九州旅行の時に鹿児島中央駅キオスクでむじゃきのお土産用白くま買って食べましたが、このふわふわな氷はお店でしか味わえませんね!!
お腹を満たしホテルへ戻り、コインランドリーで洗濯しながらこの旅行最後の夜を惜しみつつ明日に備えました。

九州旅行記【5日目】

<2013年3月28日>

 今日は予定を詰めずにまったりしてるので、ホテルを出たのも11時くらいでした。
熊本ハーゲンダッツの店舗に熊本限定のアイスがあると聞いてお店を探したのですが、ある場所のはずにない…
ネットで調べたらどうやら閉店してしまったそう…
残念に思いながら熊本城へ向かいました。


快晴!!


金ぴか〜

青空と桜のコントラストが綺麗でした。
桜と荘厳な熊本城に惹かれて気づいたら200枚近く写真を撮っていましたw
熊本城を後にし交通センターにある こむらさき という熊本ラーメンのお店へ。
お昼過ぎだからか空いていました。


とんこつ!!

そして水前寺成就園へ向かうため一旦熊本駅へ行き、九州横断特急に少し乗って新水前寺駅からまた市電に乗り換え。
市電だけでも水前寺成就園へ行けますが、JR九州スタンプラリー九州横断特急にあるスタンプを押さなきゃなのであえて九州横断特急をつかうという…







ここでも天気が良くてのんびりした時間を過ごしました…


エサに群がる鯉たち。もはや水面から出てる


鴨は別の場所でエサがまかれてるのを見つけて移動

私も小腹が空いたので、エサを食べるため今度は市電に乗って熊本駅前のミスドに行きました。
しかし予想以上に時間が余ってしまってどうしようと思いながら、市電フリーパスを持ってたので通町筋の方へ行ってアーケードをぶらぶら。
そのあとまたしても熊本駅へ戻りフレスタにある中華料理屋で太平燕を食らいました。おいしかった〜


ちゃんぽん風春雨です

そしてまた市電に乗り込み上田兄餃子楼へ。
上田晋也のお兄さんがやってる中華料理屋で、旅行の前にたまたまテレビでやっていて、行ってみたいなと思っていたのですw


上田兄


めちゃうまでした!!

とりあえず餃子をテイクアウト。今思えば店内で食えば良かったなぁ
めっちゃ美味しくてまた行きたいのですが、どうやら現在は閉店してしまったようです… 残念。
ファミマブラックモンブランを買って、ホテルへ戻りまったりして、明日は早いので早めに就寝しました。

九州旅行記【4日目】

<2013年3月27日>

 大分のホテルを出ると外は土砂降り。
傘を買うため近くのコンビニへ走り、駅へ向かいました。
大分駅から特急ソニック小倉駅へ。
駅ではICカード全国相互利用記念のSUGOCAが売っていて、思わず買いましたw
そして普通列車門司港を目指します。



前回の旅行で関門人道を歩いたとき、観光案内所が閉まっててもらえなかった関門人道を歩いた証明書をもらいました!
証明書は写真入りとかいくつか種類があったのですが、一番証明書っぽいこれを選びました。





その後は駅のすぐそばにある九州鉄道記念館へ。
かつて九州を走った列車がそのままの姿で展示してあります。
車内にも入れるのですよ!





車両の展示コーナーの上には旧九州鉄道本社をリニューアルした屋内展示コーナーと鉄道模型レイアウトがあります。

門司港を後にし、ツイッターフォロワーさんと会うべく博多に向かったのですが、急遽会えなくなったので佐賀の方へ向かうことに。


SAGA

本当は吉野ヶ里遺跡を見たかったのですが、時間があまりとれなかったので断念…
九州アニメイトを制覇するために佐賀メイトへ向かうためバスに乗り込みました。
メイトで少し買い物して買ったソフトクリーム食べながら帰りのバス停へ。
佐賀駅から博多駅特急で帰るというアニメイトのためだけに佐賀に来るというあまり意味のない行程になりました…w


かもめに乗ったらバタどらとコーヒーははずせない


博多駅ビル屋上の鉄道神社

博多駅へ戻り、駅ビルの屋上で夜景を見納めて、新幹線熊本へ!
車内で佐賀ファミマで買った白玉饅頭食べてました。おいしかった!!



熊本駅に着き市電に乗り換えホテルの最寄り電停へ。
エレベーターホールでくまモンの床マットがお出迎えしてくれましたw
交通センターにあるホテルで、部屋は広々していて、ゆっくりくつろげました〜
明日はあまり予定が詰まってないので、遅い時間までお酒を飲みつつテレビを見て就寝しました。

2014-05-01

九州旅行記【3日目】

<2013年3月26日>

 2日間お世話になったホテルから荷物をまとめて出発して博多駅へ。
駅のコンビニで朝食を買って特急ゆふ由布院へ!


真っ赤な特急由布院

久大本線に入ったあたりからうとうとしだして、起きたら由布院駅に着く寸前でした。
駅を出ると目の前に由布岳が!
荷物をコインロッカーに入れようとしたけど、駅のもお土産屋さんのロッカーも全部埋まっていて仕方なくキャリーを転がしながら金鱗湖へ。


金鱗湖へ向かう湯の坪街道と由布岳


金鱗湖

金鱗湖周辺を散策して、久々にゆったりした時間を過ごしました。
時間の都合で行けませんでしたが、洒落乙なカフェもいっぱいあるらしいので次回来たときに行きたいな!


馬車もある

湯の坪街道のお店で由布院コロッケととり天を買い、駅の売店でソフトクリーム食べてゆふいんの森号で別府へ!


ゆふいんの森


とり天と由布院コロッケ。とり天はふわふわ、コロッケは甘くて美味しかった!


車内で買った ゆふいんわっぱ と Pロール。どっちもめちゃうま!

車内でいろいろ食べあさってるうちに別府に到着!
バスに乗って地獄巡りをしました。


まずは海地獄から


海地獄からすぐの鬼石坊主地獄


山地獄


山地獄動物園が併設されてました


かまど地獄


鬼山地獄

鬼山地獄は地獄の熱を利用してワニを飼育しているそうです。
ただ、ホントに生きてるのか分からないくらい動かなくて、背中が乾いてました。


白池地獄

ここまでの地獄は徒歩圏内ですが、ここからバスに乗って残り二つの地獄を巡ります。


血の池地獄


そして最後に竜巻地獄。間欠泉です

なんとか日が暮れる前に地獄組合加盟の地獄を回りきりました!
バスに乗って別府駅へ。駅のロッテリアで時間をつぶしてたんですが、ゆっくりしすぎて列車に間に合わず… そ後の列車を待って大分駅へ向かいました。


ピカピカのおじさん


一駅だけど特急を使うという

大分のアニメイトに寄りたかったけど、もう閉店時間で残念ながら寄れませんでした…
そのままホテルへ向かい、翌日に備えました。

九州旅行記【2日目】

<2013年3月25日

朝予定通りの時間に起きてホテルを出て、駅に向かったのですがホームを間違えていて地下鉄に乗れず…
その次の地下鉄に乗るも時間的に危うくて博多駅から特急に乗るため急いで乗り換えたのですが、なんと間に合わず_ノ乙(、ン、)_
次の特急は1時間後… 博多駅つばめカフェで時間をつぶしていました。
そして特急かもめに乗りいざ長崎へ!!


長崎!!



市電に乗り新地中華街へ。
特急の車内で駅弁を食べてたのであんまりお腹が減って無くて、とりあえず角煮まんだけ食べました。
近くのアニメイトに行ってダンジガチャをまわしてグラバー園へ。



あったか陽気の中園内をぶらぶら散策していました。
長崎に来たら是非行きたい観光スポットですね!
1時間くらい散策して、その下にある大浦天主堂へ。



堂内の撮影はできませんでしたが、ステンドグラスから日差しが漏れていてとても綺麗でした。



オランダ坂を通って住宅街を抜けて東山手の洋風住宅群を見ながら出島の方へ向かいました。
出島の中には入らなかったのですが、当時の町並みが再現されていて興味深いスポットでした。
そして市電に乗って平和公園へ。


平和祈念像。思ったよりでかくてびっくりした

平和公園の近くには爆心地公園があり、この上空500mで原子爆弾が爆発したとのこと。
すぐ横の川の護岸工事で発見された被爆当時の地層も見ることが出来ます。


原子爆弾落下中心地

そして長崎駅に移動して、ロイホトルコライス食べて出島ワーフの方へ向かったのですが、市電を乗り間違えてタイムロス…。
出島ワーフに着くも時間があまり無くてお店には入れませんでした。
そのあと急いで稲佐山ロープウェイ乗り場へ!



新 世界三大夜景に認定された長崎の夜景!!
もっと暗くなれば綺麗に見えるんですが、帰りの特急の時間が迫っていたので、ゆっくり見る時間はありませんでした。


ロープウェイ乗り場は神社の横という。桜が綺麗でした


往復お世話になった特急かもめ

車内ではもう爆睡で、起きたら博多駅に着く寸前でした。
そして博多駅から中洲川端まで地下鉄に沿って歩いて、一蘭の総本店でラーメンを食らいちょうちんルーレットをまわしました!
2回やったけど残念ながらはずれました… タイミングがむずい…
そしてホテルへ帰りお酒を飲みつつ次の日に備え眠りにつきました。