Shinya’s Daily Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011/03/01(火)

[]第3回 DevLOVE 社内勉強会×勉強会に参加してきた 02:16 第3回 DevLOVE 社内勉強会×勉強会に参加してきたを含むブックマーク 第3回 DevLOVE 社内勉強会×勉強会に参加してきたのブックマークコメント

f:id:absj31:20110302000002j:image

今日参加してきた勉強会は、『勉強会勉強会』という、これまで参加してきたものとは若干毛色の違った(?)タイプの勉強会。個人・チーム(所属課)のスキルアップは勿論ですが、それプラス自分の場合は社内活性化(縦にも横にも)に何か役立てられれば、と思い今回のイベントに参加してきました。

会場となったのはNHN Japan Corporation大崎。社内カフェ(下記URLの『よりよいサービス提供のための環境整備 2』に画像有り)にてかなりオープンなムードの中勉強会が開始。


Taku Yajima (quindim)さんによる勉強会の趣旨説明の後、まずは講演1『これからの社会勉強会の話をしよう(仮)』というタイトルでとみやま ゆうじ (ujtommy)さんのセッション開始。

…の予定だったのですが、冒頭タイトル変更のお知らせ。『社内勉強会のきっかけ』というタイトルで進めて行くとのアナウンス。2009年から勉強会に関して考え始め、動き出していたそうで、そこから今に至るまでの様々なお話を展開。

  • 4つの流れ:目的と設立(集める)→第1期(体感する)→第2期(作る)→これから(出力する)
  • (1)集める
    • 現場を変える/会社を変える目的で設立した。良くなるはず/活性化出来るはず。
    • 背中を押してくれたのは『コミュニティの存在』と『1人の協力者』。
    • 社内に技術向上・維持を目標とした社内学習コミュニティが存在しており(結構しっかりしたもののようです)、目的や支援内容もきちんとしていた(ように見えた)。各種予算確保もサポート(1コミュニティ辺り10万円前後)。
    • 社員としての設立準備…『人が集まらない』というネック。集まれば何とかなるのだが…。
    • 集まらない原因
      • (A)イメージが悪い…会の名前付け重要!コンセプトを考えよう。諸々の理由から→『KeyLOVE』と命名。ロゴも作った(美大生に依頼)。人を集めるためには『JDD(女子駆動開発)』も大切!
      • (B)誘われていると思ってない…自分宛のメールと思っていない節もある→1人1人宛に『ラブレター』として熱い思いをメール。
      • (C)参加する理由がわからない…教育課として全社員に配布文書を送った(=会社としての通知的意味合い?)。また理由等もそれらしく添える。『あなたの会社のために現場をもっと活性化させよう』『お客様のために満足して頂けるように努めよう』など。
  • (2)体感する
    • 経験の伴わない、知識のみの取得は効果がない。
    • ■Online:GoogleGroup等で情報共有/OffLife:講義+ワークショップや体験ゲームなど…Agileなど開発プロセス的なもの多し。技術的なものに偏って無いテーマで開催(特定技術に興味ある人達の集まりではない)
    • └→(8ヶ月後)
      • [Keep:振り返り]面白かった/会後の飲みが楽しい/共有しよう。
      • [Problem:問題点]ネタが追いつかない/現場に持って帰るのが難しい/クラッシュ&ビルドが困難
      • [Try]プレゼンターが参加者となる/プロセスでは無く、技術か/ビルド&ワープ(=新入社員を多く誘おう)
  • (3)作る
    • 動くソフトウェアを作ろう。という事でRailsの勉強を始める。(※所属会社は汎用系)
    • 学び方を学び、明日の現場に役に立つように。
    • ■Online:Google系ツール、RedmineTwitter/OffLine:勉強会開催(於:貸し会議室)、本で学んだ事をスピーチプログラミングでわからないことをQ&A…新人8人併せて計10人参加。小さくやるのは良い。『想い』は伝わる。(新人だとより伝わりやすいかも)
      • [Problem:問題点]ついてこれない者が出てくる/集まりにくい(現場から帰りにくい)/結果出ている?という不安感/持続可能?という不安感
      • [Try]LTにしてみようか→LT大会へ/重要事項を優先しよう/『重要で緊急な事に時間を費やさず…(名言だったのだがメモ取り切れず。後で補完…)』
      • LTを行う事で達成感が得られた。社長が活動に好意的で、諸々サポートにも乗ってくれた。
  • (4)出力する
    • アウトプットすべき。KeyLOVEとしてソフトを提供しよう。
    • 社内において、極秘プロジェクトを進行中。


お次はdaisuke nakagome (broccolimustdie)さんによるセッション社内勉強会のための社内の盛り上げ方』。

  • きっかけ
    • 2009年頃は現場も忙しく嫌気も差す。併せて不況の波も。暇ではあるが金は無い。
    • Android勉強会に参加してみよう…参加してみたら良い思い出となり、以降勉強会に目覚める。モーレツな勢いで勉強会に参加するようになり。ATND使いまくり(笑)(←この辺は超共感!) 都合2010年は計39回もの勉強会(&懇親会)参加となる。
    • すぐに社内にフィードバック。ランチミーティングなどを行い、参加者も多かった。
    • 仕事を前向きに取り組めるようになり、社内の問題が見えるようになってきた。
    • 社内の雰囲気を変えたい!色々模索してみるが問題も多く見えてきた。
  • 教訓
    • 1.不定期開催は熱が醒めやすい。(勉強会への)連れだし作戦…思ったほど効果無し。
    • 2.投げっぱなしで反応してくれるほど甘くはない。→『勉強会勉強会』を実施(探し方、見つけ方、参加方法等)
      • 『興味を持てない』の声に挫折も。
    • 3.外に出掛けるのは敷居が高い。
    • 4.1人で頑張るのは辛い。
  • 改善点
    • 定期的に開催
    • 期待しすぎない
    • 負担が大きくならないようにする
    • 周りを巻き込む事

何よりも続けることが大事!

  • 再起へ
    • 技術トピックミーティングの開催…事前にリストアップした技術キーワード(クラウドなど新しめの)をネタに、持ち回りで30分程度実施。
      • (狙い)新技術に目を向ける/プレゼン能力向上/横の繋がり強化
      • ネーミングはカジュアルな雰囲気を/事件(上述)のトラウマを打ち消すものを。
      • 発表準備:挙がっているトピックの中から任意で選んで内容を決定/発表内容は5日前までに周知/準備期間は2週間
      • 発表:毎週水曜19時から1時間程度/15分〜30分程度を発表の時間に、残りは振り返り、質疑応答など/2週間後の発表者を立候補者から決定/有志が残って振り返り(KPT)
      • (成果)過去5回実施、平均参加者は3.8人(分母は20人)。
      • プレゼンの良い練習になった/楽しかった/自分の勉強になった、等。
  • 運営で気を付ける点
    • 楽しさ重視。
    • 日常業務と違う雰囲気作り。
    • 柔軟な運営で。
    • 気軽に参加。

続けることが大事!(再度強調)、肩の力は緩く、期待し過ぎずに。疲れたら社外勉強会へGO!


小休止を挟んでLTタイム。この会のLTは時間が来たら途中でもバッツンぶった切るようで…(^^;)

  • ちゃちゃき(その他小麦由来原材料を含む) (chachaki)さん
    • コンセプトが重要ではない、というお話。
    • また、社内勉強会が唯一解ではない。
    • 書籍プレゼン形式で会を進める。
      • 本の特性もあり、『広く浅く』vs『狭く深く』という意見の対立が。
    • ぶっちゃけ、1人でやった方が身に付く(これはこれで正しい)。しかし、知らない事を知るのも大事。
    • なぜやるか(why)/何をやるか(what)/どうやるか(how)。
    • 社内勉強会 as Experience、社内勉強会 as Product…(ここで時間切れ)
  • そーり (yshigeru) さん
    • 自己紹介でちょっとしたインパクト。何で『そーり』さんなのかなと思ったけど成る程そういう事か。すごい。( ̄o ̄ )
    • 勉強会文化の無い中で勉強会を立ち上げたお話。
    • 社内勉強会とは何か?
    • やること:社内(組織)が成果を上げること。
    • 3年続けてみた。知識獲得や自己啓発の部分よりも、コミュニケーションが増えた事が大きい。(…ここで時間切れ)
  • やまこ (ywindish) さん
    • 『社内LTへの道』というタイトル。客先常駐の体制の中でどのように活動を進めて行ったか。
    • @broccolimustdieさんと同じように、Android関連の勉強会に参加するようになり、勉強会にハマる。
    • 帰社日を(勉強会の時間に)当てようと考えるが、使える時間はせいぜい20分。どうする?→LTなら出来そう?
    • かじ (kaji_3)さんの勉強会発表ネタに共感…同じ部分で悩んでいる人が!


LTの後は『ワールドカフェ』(World Cafe)という形式で時間を区切ってグループ(今回は4人)を入れ替え、議論をしていく時間に。

ワールドカフェについては以下の記事を参考に。

テーマとしては"社内勉強会は出来る!(しかも5月に)という前提で、

  • あなたの現場の社内勉強会、加速させるものは何?
  • 何をすればそれ(加速させるもの)を得られる?

といったトピックで話し合い、

話の前後には軽い自己紹介やtwitter-idの交換等も行ったりしました。『ワールドカフェ』自体初の経験でしたが、この形式の話し合いは『参加してるな』感が強く感じられて良かったですね。同じグループになられた皆さん、ありがとうございました。


…とまぁ、都合19:00〜21:45までと3時間近くとなった今回のイベントですが、皆さん同様に『勉強会をしたい/続けて行きたい/広めたい、がしかし…』という同じ方向の思いや悩みを共有しているだけあって、話し合いにも熱を帯びたものとなっていました。そういった意味では今回自分も共感するところ・参考になるところもも多々あり、参加して非常に意義のあるものとなりました。

まぁ、ここから先、実施していく/展開していく/継続していくのが大変なのではありますが…。今回は会社の同僚も一緒に引き連れて参加、同じ熱を持つことの出来るメンツを増やしつつ、無理し過ぎず進めて行こうかなと思います。


その他参考: