o-musubi

May 11(Wed), 2016 ”Cupis” Japan tour 2016 / CUPIS meets HAYASHI Eiich

May 11 wed 2016   5月11日水曜日
"Cupis" Japan tour 2016 @ chef-d'oeuvre Osaka
CUPIS  meets  HAYASHI Eiichi
f:id:abst-si:20160512185650j:image:w520

f:id:abst-si:20160512185559j:image:w350

f:id:abst-si:20160512185549j:image:w520

Thank you very much last night for coming to our event "CUPIS meets HAYASHI Eiichi", we had so wonderful and thrilling time, it was really nice concert !! The new unit of Gianni Gebbia and Giovanni Verga created deep mysterious world by unique electronics and acoustic device player Giovanni, and virtuoso Gianni. Cupis also welcomed Masafumi Ezaki(tp) as special guest. Ezaki's sound was mixed very well to Cupis.
昨夜はo-musubi企画"CUPIS meets HAYASHI Eiichi" にご来場いただき、皆さまには心から感謝申し上げます。どの組み合わせも非常スリリングで素晴らしいイベントとなりました。ジアンニ氏とジョヴァンニ氏のCupisはユニークなエレクトロ・アコースティック奏者のジョヴァンニとヴィルティオーゾのジアンニの絶妙なコンビネーションによって深く神秘的な音楽で会場を満たしてくれました。この夜は特別ゲストとして江崎将史氏(tp)にもCupisに参加していただきトリオ演奏となりましたが、まるでオリジナルメンバーかと見紛うほど彼のあの独特の音がCupisに溶け込み、とても面白い響きでユニットのカラーを変幻させていました。
f:id:abst-si:20160512185602j:image:w350

f:id:abst-si:20160512185609j:image:w350

Other virtuoso genuine musician Eiichi Hayashi created superb blowing that was bring up from his jazz theory. Every audiences was surprised and excited very much to listen to his powerful and energetic sound explodes.
そしてもう一人のヴィルティオーゾ、林栄一氏は唯一無二の強烈なサックスの音がギャラリーに響き渡り、ジャズに去来する多彩な語彙と、パワフルでエネルギーに満ち溢れた音塊にリスナーは魅了されました。

f:id:abst-si:20160512185630j:image:w520

f:id:abst-si:20160512185625j:image:w350

f:id:abst-si:20160512185613j:image:w520

f:id:abst-si:20160512185633j:image:w520


the session by all was like screaming beast !!
後半の全員によるセッションは野獣の雄叫びのようで非常にアグレッシブ

f:id:abst-si:20160512185637j:image:w520

And finally duo by Gianna and Hayashi further increase the exciting taste but its bottom was succession of thrilling intelligence as their musical history.
そして最後のジアンニ氏と林氏のデュオはさらに空間が捻じ曲がるような感じでしたが、そのプリミティブな咆哮の底にはお二人が歩み洗練してこられたルーツ音楽が脈々と流れ続けていました。

f:id:abst-si:20160512185643j:image:w520


We are so happy and honored to have been able to experience such great rare performances.
f:id:abst-si:20160512185653j:image:w520

f:id:abst-si:20160512185551j:image:w520

f:id:abst-si:20160317225351g:image:w500


May 11 wed 2016   5月11日水曜日

"Cupis" Japan tour 2016 @ chef-d'oeuvre Osaka
CUPIS  meets  HAYASHI Eiichi
f:id:abst-si:20160316235525j:image:w350
Soon the Italian great sax player Gianni Gebbia will come in Osaka. He will play this time as his new unit "Cupis" with Giovanni Verga who is electronics player from Berlin. And Japanese eminent jazz sax player Eiichi Hayashi will play at "chef-d'oeuvre" Osaka for the first time. He will play by duo with Shin'ichi Isohata(guitar), also will play with Gianni. Please come & enjoy two strange duos, and two great sax communication. Don't miss this very rare chance !!
イタリアの偉大なサックス奏者ジアンニ・ジェビア氏がもうすぐ来阪されます。今回はベルリンの若きエレクトロニクス奏者ジョヴァンニ・ベルガ氏との"Cupis" という新しいユニットで新たなサウンドを披露してくれる予定です。 そしてさらにもう一つ、日本のジャズ界の重鎮・林栄一氏がシェ・ドゥーヴルに初出演、おむすび社の磯端伸一がデュオで共演します。 林氏とジアンニ・ジェビア氏の共演も予定しております。二つの興味深いデュオと、両サックス巨匠の邂逅、大変貴重なこの機会をどうぞお見逃しなく!!


Cupis
Gianni Gebbia                soprano saxophone & electronics
https://sites.google.com/site/giannigebbia/
Giovanni Verga               electronics & selfconstructed instruments


duo
Eiichi Hayashi林 栄一             sax
     +
Shin'ichi Isohata磯端 伸一          guitar
http://d.hatena.ne.jp/abst-si/?of=0
https://soundcloud.com/shinichi-isohata



20 : 00  start
3,000 yen + order



Chef−d’oeuvre  シェ・ドゥーヴル   Osaka
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27004360/
http://www.facebook.com/chefdoeuvres
open : monday - saturday 12:00 - 22:30
close : Sunday & holiday
〒550-0011大阪市西区阿波座1-9-12
Postal No, 550-0011 Awaza 1-9-12 Nishiku Osaka city
TEL/FAX : 06-6533-0770
地下鉄四ツ橋線本町駅22番出口から四ツ橋筋を南へ、3つめの筋を西へ、ファミリーマートを通り過ぎて50mほど歩いた 右側です 。
Walk to south from exit 22 of "Honmachi" stn of Subway Yotsubashi-line. Turn right(west) at the third street(the first signal). You can see the cafe to the right after walked past the "Family Mart" about 50m.


profile

Cupis is a duo formed 2010 by the italian improvisor Gianni Gebbia and the electronic musician Giovanni Verga . In some of their performances it becomes also a trio adding the live video manipulations of Sara Picco. After recording in 2013 a first album for objet-a label entitled “ Prological Institutions “ they published a new one entitled “ Avoiding the Sun “ recorded in Berlin in 2015.
The project CUPIS is based on organic/ repetitive musical images and a reflection overthe electroacoustic possibilities of instruments with the aim of creating a sort “ fata morgana “ or mirages where the sound sources would often be difficultly individuated.
in 2014 Cupis has created the music of the live performance “ Contro l’architettura “ , “ Against Architecture “ created and based on the same book by the italian anthropologist Franco La Cecla. On the same year they composed the soundtrack for the documentary “ Palermo/ Tunis a/r “ by Rosario Riginella and also presented many performances mostly in Berlin ( Sameheads, Bauchund,Loophole, Sowieso ) adding some guests as the mexican vibraphonist Emilio Gordoa, the irish songwriter Kevyn Ryan and many others.in
February 2016 they will present a live performance at Spektrum in Berlin based on the
last recording plus the video manipulations by Sara Picco.

Music & Video samples:
https://objet-a.bandcamp.com/album/avoiding-the-sun

Gianni Gebbia
f:id:abst-si:20150927233915j:image:w250
born in 1961 in Palermo ( Italy ) is considered as one of the most interesting solo saxophone improvisors and also a specialist of circular breathing tecnique.He has collaborating and recording with many artists as: Fred Frith, Heiner Goebbels, Gino Robair, Lukas ligeti, Elliott Sharp, Carl Stone, Lee ranaldo, Jim O’Rourke,Otomo Yshihide, Motoharu Yoshizawa, Tadashi Endo, Motoharu Yoshizawa, Eiko Ishibashi, Audrey Chen, Pina Bausch, Raul Ruiz and many others. He’s currently directing the recording label objet-a. He’s been playing worldwide in the major festivals of experimental or contemporary jazz as Saalfelden ( Austria ) Northesea ( Holland), Banlieues Bleues ( France) Yokohama ( japan ). He’s also giving lectures and masterclasses in outstanding specialized schools as Cal Arts ( Los Angeles), Mill’S College (Oakland), Vancouver Jazz Festival ( Canada), University of Palermo ( Italy ), Conservatory of Messina ( Italy ). He’s also composing many soundtracks for movies and documentaries and also directing his own video works.

Giovanni Verga
f:id:abst-si:20160317003928j:image:w250
He is a multinstrumentalist born in Palermo (Italy) after graduating in D.A.M.S. (disciplines of Arts and Music) at the University of Palermo, he started his musical career as a dj playing around Europe and switched mostly to live music and improvisation. In 2013 moved to Berlin where he has been collaborating with many improvisors from the german scene and composing many soundtracks for documentaries, theatre pieces or video exhibitions. He has played in many festivals around Europe. He has his own experimental label called Fieldoscope recordings and he’s also a musical producer. Verga has been collaborating with many artists as: Kevyn Ryan, Sam Rouanet, Spleen, Emilio Gordoa,Gianni Gebbia, Francesco Cusa, Marika Pugliatti.
Booking contacts: objet.a4@gmail.com



Eiichi Hayashi / 林 栄一
f:id:abst-si:20120201222149j:image:w230
高校時代からアルト・サックスの腕前が評判となり、山下洋輔のバンドに飛び入り演奏して、以後交友を深める[1]。1980年代に山下と再会し、山下のバンドのメンバーとしてデビュー。1990年、初の自己名義作品『MAZURU』発表。収録曲「ナーダム」は、後に渋さ知らズのレパートリーとなった。1990年代中期には、片山広明との双頭バンド、デ・ガ・ショーで活動。なお、デ・ガ・ショーのセカンド・アルバムのライナーノーツを寄稿した忌野清志郎は、「俺も参加させろ!」と書き、後日、本当に共演する。その後、関島岳郎らとフォトンを結成し、篠田昌已へのトリビュート・アルバムを制作。アルバム『森の人』(2001年)では吉田達也と共演。『birds and bees』(2006年)は、サックスの多重録音を中心とした意欲作となった。




f:id:abst-si:20160317225349g:image:w300



New CD!!"Legacy of Frida Kahlo" (Director / Tadasuke Kotani)
ドキュメンタリー映画『フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように』
サントラCD発売中!! details 詳細
f:id:abst-si:20150701025156j:image:w250

“Legacy of Frida Kahlo - Miyako Ishiuchi, as weaving"
           screening schedule

『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』 上映スケジュール

2016年5月7日(土)〜13日(金) 鹿児島県    鹿児島ガーデンズシネマ
May 7, (sat) - May 13 (fri), Kagoshima Pref, "Kagoshima Gardens' Cinema"


公開終了 東京都 シアター・イメージフォーラム
finished Tokyo, "Theater Image forum" Aug 8, (sat) - Sep11 (fri),
公開終了 大阪府 シネ・リーブル梅田
finished Osaka "Cine-libre_umeda" Sep 12, (sat) - Sep25 (fri),
公開終了 愛知県 名古屋シネマテーク
finished Nagoya "Cinematheque" Sep 12, (sat) - Oct2 (fri), 
公開終了 宮城県 桜井薬局セントラルホール
finished Miyagi Pref, "Sakurai pharmacy Central Hall" Sep 20, (sun) - Oct 3 (sat)
公開終了 兵庫県 神戸アートビレッジセンター
finished Hyogo Pref, "Kobe Art Village Center" Sep 26, (sat) - Oct 9th (fri)
公開終了 神奈川県 横浜シネマリン
finished Kanagawa Pref, "Yokohama Cine-marin" Oct 3, (sat) - 16, (fri)
公開終了 大分県 シネマ5
finished Oita Pref, "Cinema 5" Oct 10, (sat) - 16 (fri)
公開終了 佐賀県 シアターシエマ
finished Saga Pref, "Theater Ciema" Oct 17, (sat) - 23 (fri)
公開終了 熊本県 デンキカン
finished Saga Pref, "Theater Ciema" Oct 24, (sat) - 30 (fri)
公開終了 神奈川県 シネマアミーゴ
finished Kanagawa Pref, "Cinema Amigo"Oct 18, (sun) - 31 (sat)
公開終了 東京都 下高井戸シネマ
finished Tokyo, "Shimotakaido Cinema"Nov 7, (sat) - 13 (fri)
公開終了 広島県 横川シネマ
finished Hiroshima Pref, "Yokogawa Cinema"Nov 4, (wed) - 24 (fri)
公開終了 山口県 山口情報芸術センター(YCAM)
finished Yamaguchi Pref,"Yamaguchi Center for Arts and Media (YCAM)"Nov 14, (sat) - 23 (mon)
公開終了 神奈川県 アミューあつぎ映画.comシネマ
finished Kanagawa Pref, "Amuse Atsugi Eiga.com Cinema"Nov 21, (sat) - 27 (fri)
公開終了 京都府 京都シネマ
finished Kyoto, "Kyoto Cinema"Nov 21, (sat) - Dec 4 (fri)
公開終了 福岡県 中洲大洋
finished Fukuoka Pref, "Nakasu-Taiyo"Jan 9, (sat) - 22 (fri),
公開終了 長野県 松本シネマセレクト
finished Nagano Pref, "Matsumoto Cinema-Select"Jan 10, (sun),
公開終了 北海道 シアターキノ
finished Hokkaido, "Theater-Kino"Feb 12, frit) & 26 (fri),
公開終了 静岡県 シネマイーラ
finished Shizuoka Pref, "Shinema-e-ra"Feb 27, (sat) - Mar 4 (fri),
公開終了 新潟県 シネ・ウインド
finished Niigata Pref, "Cine-Wind"Mar 19, (sat) - Mar 25 (fri),
公開終了 群馬県 シネマテークたかさき
finished Gunma Pref, "Cinémathèque Takasaki "April 3, (sun) & 4 (mon),
公開終了 大分県 日田シネマテークリベルテ
finished Oita Pref, "Hita-Cinémathèque-LIBERTE"April 16, (sat) - 22 (fri),



f:id:abst-si:20160317225347j:image:w360

April 14(Thu), 2016 concert information

concert information  please click each "details"
コンサート情報  それぞれの"詳細"ボタンをクリックしてご覧くださいませ

2016年5月11日水曜日 May 11 wed 2016 details 詳細
"Cupis" Japan tour 2016
■ Gianni Gebbia ジアンニ・ジェビアsoprano saxophone, electronics
■ Giovanni Verga ジョバンニ・ヴェルガelect ronics, selfconstructed instruments
■ Eiichi Hayashi 林栄一sax
■ Shin'ichi Isohata 磯端伸一guitar
@ chef-d'oevre Osaka シェ・ドゥーヴル 大阪



f:id:abst-si:20160317225349g:image:w300

Hot Docs Canadian International Documentary Festival
f:id:abst-si:20160502220827j:image:w550
ホットドックス カナダ国際ドキュメンタリー映画祭にて『フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように』が上映されました。あと1回のみ、ラスト上映は5月6日19:00〜です。カナダの皆さま、ぜひお越しくださいませ!!
Last Screenings is Fri, May 6 (pm 7:00)only ! Click on the link above link !
I hope that many people in Canada come and enjoy this great movie.
"Legacy of Frida Kahlo" (Director / Tadasuke Kotani) is now in theaters at Hot Docs Canadian International Documentary Festival !! It is North America’s largest documentary festival, conference and market. Each year, the Festival presents a selection of approximately 200 cutting-edge documentaries from Canada and around the globe.



New CD!!"Legacy of Frida Kahlo" (Director / Tadasuke Kotani)
ドキュメンタリー映画『フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように』
サントラCD発売中!! details 詳細
f:id:abst-si:20150701025156j:image:w250

“Legacy of Frida Kahlo - Miyako Ishiuchi, as weaving"
           screening schedule

『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』 上映スケジュール


2016年5月7日(土)〜13日(金) 鹿児島県    鹿児島ガーデンズシネマ
May 7, (sat) - May 13 (fri), Kagoshima Pref, "Kagoshima Gardens' Cinema"


公開終了 東京都 シアター・イメージフォーラム
finished Tokyo, "Theater Image forum" Aug 8, (sat) - Sep11 (fri),
公開終了 大阪府 シネ・リーブル梅田
finished Osaka "Cine-libre_umeda" Sep 12, (sat) - Sep25 (fri),
公開終了 愛知県 名古屋シネマテーク
finished Nagoya "Cinematheque" Sep 12, (sat) - Oct2 (fri), 
公開終了 宮城県 桜井薬局セントラルホール
finished Miyagi Pref, "Sakurai pharmacy Central Hall" Sep 20, (sun) - Oct 3 (sat)
公開終了 兵庫県 神戸アートビレッジセンター
finished Hyogo Pref, "Kobe Art Village Center" Sep 26, (sat) - Oct 9th (fri)
公開終了 神奈川県 横浜シネマリン
finished Kanagawa Pref, "Yokohama Cine-marin" Oct 3, (sat) - 16, (fri)
公開終了 大分県 シネマ5
finished Oita Pref, "Cinema 5" Oct 10, (sat) - 16 (fri)
公開終了 佐賀県 シアターシエマ
finished Saga Pref, "Theater Ciema" Oct 17, (sat) - 23 (fri)
公開終了 熊本県 デンキカン
finished Saga Pref, "Theater Ciema" Oct 24, (sat) - 30 (fri)
公開終了 神奈川県 シネマアミーゴ
finished Kanagawa Pref, "Cinema Amigo"Oct 18, (sun) - 31 (sat)
公開終了 東京都 下高井戸シネマ
finished Tokyo, "Shimotakaido Cinema"Nov 7, (sat) - 13 (fri)
公開終了 広島県 横川シネマ
finished Hiroshima Pref, "Yokogawa Cinema"Nov 4, (wed) - 24 (fri)
公開終了 山口県 山口情報芸術センター(YCAM)
finished Yamaguchi Pref,"Yamaguchi Center for Arts and Media (YCAM)"Nov 14, (sat) - 23 (mon)
公開終了 神奈川県 アミューあつぎ映画.comシネマ
finished Kanagawa Pref, "Amuse Atsugi Eiga.com Cinema"Nov 21, (sat) - 27 (fri)
公開終了 京都府 京都シネマ
finished Kyoto, "Kyoto Cinema"Nov 21, (sat) - Dec 4 (fri)
公開終了 福岡県 中洲大洋
finished Fukuoka Pref, "Nakasu-Taiyo"Jan 9, (sat) - 22 (fri),
公開終了 長野県 松本シネマセレクト
finished Nagano Pref, "Matsumoto Cinema-Select"Jan 10, (sun),
公開終了 北海道 シアターキノ
finished Hokkaido, "Theater-Kino"Feb 12, frit) & 26 (fri),
公開終了 静岡県 シネマイーラ
finished Shizuoka Pref, "Shinema-e-ra"Feb 27, (sat) - Mar 4 (fri),
公開終了 新潟県 シネ・ウインド
finished Niigata Pref, "Cine-Wind"Mar 19, (sat) - Mar 25 (fri),
公開終了 群馬県 シネマテークたかさき
finished Gunma Pref, "Cinémathèque Takasaki "April 3, (sun) & 4 (mon),
公開終了 大分県 日田シネマテークリベルテ
finished Oita Pref, "Hita-Cinémathèque-LIBERTE" April 16, (sat) - 22 (fri),




f:id:abst-si:20160317225347j:image:w360

April 13(Wed), 2016 USVA Japan tour April 2016 @ chef-d’oeuvre

April 13 wed 2016   4月13日水曜日

Naoto Yamagishi presents @ chef-d'oeuvre Osaka
USVA Japan tour April 2016
https://soundcloud.com/jone-lauri-naoto
f:id:abst-si:20160414233703j:image:w550
I got very happy time to play with "USVA" this night at "chef-d'oeuvre" Osaka. Thank you so much for coming to concert in rainy day. USVA was really amazing improvised trio. The two Finns and one Japanese succeeded to creat mysterious atmosphere that like so abstract or Orient. I was so suprised and impressed that they operated the instrument as a housing tool of sound using a variety of acoustic materials without electronics. it was the process that the innovative sound was continued to change as a kaleidoscope. Thirty years ago, my teacher Takayanagi said that improvisation is a great potential that has been hidden in the music but it's very difficult to become master because we must study all music and also other all fields as possible as we can. Now a lot of benefits as evolution of modern technology and the Internet will be advanced that possibility although they have also big risk for human. I have gotten the luck to play with Lan and Gregor last month, and could play with USVA this month. Their each music is different at all but both have sometimes same something. Now these huge amount of information and cultural exchange around the world might be the moment of the transition period that something is born.

"USVA"との共演、とても素晴らしい時間を共有させていただきました。雨の中お越しいただいた皆さまとシェ・ドゥーヴルの小谷さま、そして参加させてくださった山㟁さんヨネさんロリさんに心から感謝申し上げます。今回フィンランド人2人、日本人一人という珍しいこのトリオの演奏は実に新鮮な響きを持って私の耳に届きました。出音としてエレクトロニクスを用いることなく(操作としてアコギに用いたe-bowがありましたが)、木切れや水など様々なアコースティックな素材で斬新な音を作り、三者の(バイオ)リズムが複雑に絡み合うその美しいサウンドにオーディエンスの皆さんが驚き、その流れを堪能されたことと思います。管楽器のJone Takamäkiさん(ヨネ・タカマキさんと発音するそうで、タカマキ・ヨネさんという昔の日本女性のようなお名前ですね)が尺八などで東洋的なムードを出したり、ギターのLauri Hyvärinenさんの面白いプリペアド奏法による抽象性が、あの山㟁氏のユニークなパーカッションサウンドと融け合うプロセスが素晴らしくて、演奏者としてもリスナーとしても非常に楽しめました。
30年前に、私の先生である高柳さんは「インプロヴィゼーションは音楽(という未だ未確定な何か)に秘められた多大な可能性である、しかし我々は常に汎音楽の姿勢かつ音楽以外のあらゆる分野を網羅し続けていかなければならないので、それをマスターすることはとんでもなく難しい。」と言われていました。時代が下った現在、私のような者が先月はLanさんとGregorさんという素晴らしいミュージシャンと、今日はこれまた素晴らしいUSVAのトリオと共演できる幸せを得ています。彼らは全く別の音楽ですがある共通性も持ち合わせています。ベトナム、オーストリア、フィンランド、そして来月はイタリアのGianni Gebbiaと再会します。 現代のテクノロジーとインターネットの恩恵が、それ自体が人間にとっての大変な危険性をはらんでいるにせよ、膨大な量の情報流通と様々な文化交流など、今は何かが生まれつつある過渡期の一瞬なのかもしれません。


f:id:abst-si:20160414233853j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233304j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233036j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233728j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233107j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233349j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233140j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233441j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233155j:image:w400

f:id:abst-si:20160414233356j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233826j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233334j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233916j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233536j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233228j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233434j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233503j:image:w400

f:id:abst-si:20160414233717j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233519j:image:w400

f:id:abst-si:20160414233615j:image:w400

f:id:abst-si:20160414233629j:image:w400

f:id:abst-si:20160414233753j:image:w550

f:id:abst-si:20160414233923j:image:w400

f:id:abst-si:20160414233931j:image:w550


f:id:abst-si:20160317225351g:image:w640


フィンランドフリージャズシーンのパイオニアであるJone Takamäki、ヘルシンキにて若手として最前線でフィンランドの音楽シーンを切り拓いているLauri Hyvärinenと、日本とヨーロッパで研鑽を重ね独自の道を行く山㟁直人からなるトリオ。2015年4月結成。フィンランドのヘルシンキとトゥルクにて共演を重ね手応えを得たこのトリオで2016年4月にファーストアルバム発売記念を兼ねての日本ツアーを敢行。
f:id:abst-si:20160316201829j:image:w200


Jone Takamäkiヨネ・タカマキ        sax, shakuhachi / Finland
https://myspace.com/jonetakamaki/music/song/great-river-the-flutes-45304857-48412013
f:id:abst-si:20160316200524j:image:w200



Lauri Hyvärinenラウリ・フバリネン               guitar / Finland
http://laurihyvarinen.com/
f:id:abst-si:20160316200522j:image:w200



Naoto Yamagishi山㟁 直人         percussion / Japan
http://www.naotoyamagishi.com
http://naotoyamagishi.bandcamp.com/
http://soundcloud.com/naoto-yamagishi
http://vimeo.com/user7663944/videos
http://naotoyamagishi.tumblr.com/
f:id:abst-si:20141126183736j:image:w200



with
Shin'ichi Isohata磯端 伸一             guitar
http://d.hatena.ne.jp/abst-si/?of=0
https://soundcloud.com/shinichi-isohata

f:id:abst-si:20160316200525j:image:w200


20 : 00  start
1,500 yen + order



Chef−d’oeuvre  シェ・ドゥーヴル   Osaka
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27004360/
http://www.facebook.com/chefdoeuvres
open : monday - saturday 12:00 - 22:30
close : Sunday & holiday
〒550-0011大阪市西区阿波座1-9-12
Postal No, 550-0011 Awaza 1-9-12 Nishiku Osaka city
TEL/FAX : 06-6533-0770
地下鉄四ツ橋線本町駅22番出口から四ツ橋筋を南へ、3つめの筋を西へ、ファミリーマートを通り過ぎて50mほど歩いた 右側です 。
Walk to south from exit 22 of "Honmachi" stn of Subway Yotsubashi-line. Turn right(west) at the third street(the first signal). You can see the cafe to the right after walked past the "Family Mart" about 50m.


f:id:abst-si:20160317225353p:image:w300

profile
Jone Takamäkiヨネ・タカマキ
サックス/フルート/尺八/法竹/管楽器
1970 年代後半より、フィンランドにおける即興音楽、フリージャズシーンに重要な役割を果たしてきた。
1981 年、「Pekka Pöyry アワード」受賞、その後北欧圏で自身のバンドを結成、トリオ名義のアルバム『Jone Takamaki』を
リリース。この作品により活動が広く評価されることとなった。国内、北欧圏の音楽メディアは、タカマキ、Antti Hytti(ベース)、SamppaSalmi(ドラム)のメンバー個々の楽曲制作の力量と、パフォーマンスの精度の高さを高く評価。また、次作『UniversalMind』(1982 年)では、彼らの独自の解釈によるインド音楽をモチーフとした作品を発表し、音楽的志向の多様
性を証明した。1983 年から1989 年、ドラマーで作曲家のEdwardVesala が組織するワークショップ「Sound and
Fury」に参加。1991 年Raoul Björkenheim により創設された、フィンランドでもっとも刺激的なジャズ/ロック/即興音楽集団「Krakatau」に加わる。同グループ名義で92 年と94 年にECM より2枚のアルバムをリリース。その後97 年よりAntti Hytti、Tom Nekljudowとともに結成した「Otná Eahket」を中心に活動を展開。また近年は、尺八や尺八を簡素化し地漆などの調整を行っていない竹製の管楽器「法竹(ほっちく)」に傾倒、ソロやデュオ編成でパフォーマンスを行っている。2006 年に結成した日本の舞踊家とフィンランド人ドラマーOtzir Godot とのトリオ「KAN」などで精力的に活動を行う。フィンランド・ナショナル・シアターでの舞台出演や、アカデミーでの後進の指導のほか、映像作品、劇場音楽、ダンス公演への楽曲提供なども続けて
おり、その活動は音楽を基点に多岐に渡る。
www.myspace.com/jonetakamaki.
----------
Lauri Hyvärinenラウリ・フバリネン
1986 年、フィンランド・ヘルシンキ出身。アコーステックギター、エレキギターを駆使し、主に即興音楽、ノイズ、実験音楽の分野で活動を行う。これまでにIliaBelorukov、Léo Dupleix、Alan Wilkinson、Jack Wright、森重靖宗、その他多数の音楽家と共演し、ヨーロッパ、日本などでツアーを行う。レコードレーベル"Rypistellyt Levyt"を運営。ヘルシンキ大学では音楽学を学び、またサウンドアート集団Charm of Soundのメンバーでもある。
laurihyvarinen.com
laurihyvarinen.bandcamp.com
soundcloud.com/laurihyvarinen
----------
Naoto Yamagishiやまぎしなおと
ドラマー、パーカッショニスト。音楽以前の音楽を探求し、日常や自然からの音や流れから生じる“リズム・響き・間”を大きなうねりにのせ、あらゆる空間を音と共に旅をする。1 3 才頃からドラムを始める。ドラムを阿部拓也氏に師事。国内外、ジャンルを問わず様々なアーティスト(ミュージシャン、ダンサー、詩人、写真家、書道家、華道家、画家、メディアアーティストなど)と共演し、現在はソロやグループ、またサポートドラマーとしてヨーロッパや日本で活動中。主なグループやプロジェクトに松樹千年翠(書道家白石雪妃、華道家塚越応駿とのプロジェクト)、En Route(画家上田暁子とのプロジェクト)、La Dent du Chat En Dormir(Laurent Rodz /France とのデュオ)、Bongochi(Lauri Hyvärinen/Finland, とのデュオ)など他にも多数。
http://www.naotoyamagishi.com/
https://soundcloud.com/naoto-yamagishi



f:id:abst-si:20160317225353p:image:w300

March 27(Sun), 2016 Miniatures vol. 44 @ MIIT House Osaka

Jerry Gordon presents
Miniatures vol. 44

f:id:abst-si:20160328090250j:image:w520
"Parallel Asteroid" made great sound again as each solo player at MIIT House. I played with Lan and excelent dancer Chikako Bando for the first time. It created very strange mood but surely beautiful mix. Gregor and Jerry, two sax and vorious sound material, they were created by each sensibirities that gushed out from two different field. It was so interesting for me(especially rhythm). Strange and funny dance of Chikako Bando, and Jerry's poetic and philosophical performance gave me a very strong stimulus. Overall it was very mysterious night. Maybe you will understand it by looking at below photo. After concert, Lan chan finally fulfilled her dream of eating Japanese ramen.
前日に素晴らしいパフォーマンスを繰り広げた"Parallel Asteroid" のランさんとグレゴール、MIIT Houseではセパレートとしてもその実力を遺憾無く発揮しました。僕はランさんとダンサーの伴戸千雅子さんとのトリオで初共演させていただきました。それは音もヴィジュアルも何とも言えない奇妙なものでしたが、たくさんの美しい瞬間も形作ることができたと思います。グレゴールさんとジェリーは、二人ともサックスと他の素材でサウンドを作っていくのですが、お互いのまったく違うフィールドから繰り出される世界(特にリズム)に興味をそそられました。全体として演劇性も取り入れた予測不可能な動きをされる伴戸さんと、いつも朴訥として詩的哲学的な音楽表現をされるジェリーさんの二人にも大いに刺激を受けたミステリアスな一夜でした。それは下の写真でもお解りになることでしょう。
終演後、日本のラーメンを食べたいというランちゃんの希望がようやく叶いました。






f:id:abst-si:20160328085558j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085632j:image:w500

f:id:abst-si:20160329205759j:image:w500

f:id:abst-si:20160329205758j:image:w500

f:id:abst-si:20160329205755j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085604j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085638j:image:w360

f:id:abst-si:20160328085727j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085831j:image:w500

f:id:abst-si:20160329205757j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085736j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085814j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085840j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085912j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085921j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085937j:image:w500

f:id:abst-si:20160328090028j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085945j:image:w500

f:id:abst-si:20160329205756j:image:w500

f:id:abst-si:20160328085953j:image:w500

f:id:abst-si:20160328090134j:image:w500

f:id:abst-si:20160328090150j:image:w500

f:id:abst-si:20160328090227j:image:w500

f:id:abst-si:20160328090306j:image:w500

f:id:abst-si:20160328090314j:image:w500

f:id:abst-si:20160328090322j:image:w500




f:id:abst-si:20160307220425j:image:w230



March 27 sun 2016   3月27日日曜日

Jerry Gordon presents
Miniatures vol. 44


Lan Cao                    synthesizer, electronics
http://caothanhlan.com/
f:id:abst-si:20160307231132j:image:w340



Gregor Siedl                                 sax
http://parallelasteroid.com/

http://gregorsiedl.com/
f:id:abst-si:20160317092923j:image:w360



Chikako Bando伴戸千雅子               dance
http://chikakobando.jimdo.com/
f:id:abst-si:20160317092922j:image:w280



Jerry Gordon                        sax,etc..
http://moontriangle.blogspot.com/
https://www.youtube.com/profile?user=moontriangle
f:id:abst-si:20160317092925j:image:w290



Shin'ichi Isohata磯端 伸一                guitar
http://d.hatena.ne.jp/abst-si/?of=0
https://soundcloud.com/shinichi-isohata
f:id:abst-si:20160317092924j:image:w280


open            17 : 00
play        18 : 00 - 20 : 00
charge         1,000 yen


MIIT House
http://miit-house.blogspot.jp/
〒554-0014 大阪市此花区四貫島2-6-13

http://maps.google.com/maps?q=34.684158%2C135.454712+%28MIIT+House%29&t=m&z=14&vpsrc=0


f:id:abst-si:20160307220425j:image:w230



f:id:abst-si:20160317225351g:image:w360

March 26(Sat), 2016 Live event @ @ Gallery Nomart Osaka

金村仁|Hitoshi Kanamura
Shadow Dance 2 ART×SOUND×MOVIE
f:id:abst-si:20160327043200j:image:w360
It was a nice night that was expressed the motif of the "rotation" by three units which collaborated with the video and abstract art works and màde the móst of each sound personality.
Two mixed art of Hitoshi Kanamura's abstract works and Takeshi Nagata's video that one female dancer metamorphosed slowly or rapidly(and other pattern of light) were really wonderful, they were fused fantastically with Kanamura's spcial brilliant colors and Nagata's monochrome.
The music of "Parallel Asteroid" was more amazing that I had imagined. The synthesiser of Lan Cao was very simple but sound was incredibly beautiful and poweful. The protean sounds that be played by Gregor Siedl was really interesting performance that were used various materials not only saxophone. Two sounds was like an aggressive abstract picture, it was mixed very well to background video art and reminded me of a further mysterious image.
『回転』をモチーフに、抽象絵画と映像のミックス、そして3組それぞれのサウンドキャラクターとのコラボレーションというとても有意義な一夜でした。
通常光のもとで真っ白なキャンバス上にペースト状の色鮮やかなマテリアルが点在する金村氏の作品は、一人の女性ダンサーがゆっくりと、あるいは急速に回転変容していくモノクロームの映像と実に美しく重なり、それはフレームの枠を超えた深淵で幻想的な奥行き感を感じました。
"パラレルアステロイド"のお二人の音楽は、実際に聴くとやはり想像以上に素晴らしい。ランさんのシンセは小さくシンプルなものでしたが、出て来たのはエレクトリック・サウンドのクリアさとバイオレンスが渾然一体となった生き物のような音でした。これらは多くの優れた現代作品を弾いてこられた経験による音楽センスと操作のテクニックも感じられました。グレゴールさんのサックスと他のマテリアルを駆使したアコースティックなサウンドも変幻自在で、二人のアンサンブルは彼の生音とエレクトリックなシンセの音が全く違和感なく融合された、アグレッシブな抽象絵画のように驚くべき表現世界でした。その刻々と移ろう音楽と映像&絵画のミックスは観ていると、さらなるイメージを喚起触発させられずにはいられません。


f:id:abst-si:20160327043410j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043118j:image:w500

f:id:abst-si:20150327184132j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043426j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043101j:image:w500

f:id:abst-si:20160327042911j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043510j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043009j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043136j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043109j:image:w360

f:id:abst-si:20160327043215j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043305j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043231j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043314j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043340j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043331j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043429j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043458j:image:w500

f:id:abst-si:20160327043504j:image:w500




f:id:abst-si:20160317225350g:image:w320




金村仁|Hitoshi Kanamura

Shadow Dance

f:id:abst-si:20160205144632j:image:w180

f:id:abst-si:20160205144631j:image:w120

f:id:abst-si:20160205144628j:image:w180

http://www.nomart.co.jp/gallery/exhibition/2016_kanamura.php

2016.3.19 sat - 2016.4.16 sat
13:00 - 19:00 日曜・祝日休廊  closed on Sundays and National Holiday

コラボレーション・イベント第1弾:2016.3.19 sat 18:00 - 無料
Live: “Shadow Dance 1” ーART×SOUND×DANCE
出演:山路敦司 (作曲, ラップトップ) + 川瀬亜衣 (ダンス) + .es [ドットエス: 橋本孝之 (sax) & sara (piano)]
*イベント終了後、オープニングパーティー


コラボレーション・イベント第2弾:2016.3.26 sat
19:00 start
料金 2,000円
Live: “Shadow Dance 2” ー ART×SOUND×MOVIE
演奏:"Parallel Asteroid" パラレル・アステロイド
   Gregor Siedl (sax) + Lan Cao (piano)]- from Singapore
   ".es" ドットエス 橋本孝之 (sax) & sara (piano)]
   磯端伸一 (guitar) + 薬子尚代 (piano)
映像:ナガタ タケシ(トーチカ)

facebook
https://www.facebook.com/events/1747366832149370/

実像から解放されたイメージの変容 −
金村仁、ニューヨーク帰国後の初個展

回転/反射などの操作によって現れる「新たな存在」
ある操作を加えることによって生みだされるイメージの変容に興味を抱き、作品制作・発表を続ける現代美術作家 金村仁。
近年では身体をモチーフに、回転や反射といったごく単純な働きかけを行うことで実像と虚像の境を曖昧にし、空間に「新たな存在」を出現させる作品を展開しています。
今展では、金村が2015年のニューヨークでの海外研修時に発表したプロジェクトをさらに発展させる形で新作を発表。3Dプリントを含む立体作品や、タブロー、ドローイングといった平面作品など、多様な表現をもって物体/空間の非日常化を試みます。

イベントも巻き込み展開! 金村仁、ギャラリーノマルでのデビュー展
会期中は、現代音楽家の山路敦司氏やダンサーの川瀬亜衣氏ほか、異ジャンルで活躍するゲストを招いてのコラボレーション・イベントを開催。
展覧会タイトルを冠した各イベントでは、音響と空間を効果的に使用しながら作品世界にリンクした演出を企画。この場でしか体感することの出来ない実験的なパフォーマンスを展開いたします。

以前から金村に注目していたディレクター林聡のアプローチにより実現したギャラリーノマルでの初個展。幾度にわたる密な打ち合わせを経て、まもなく開催を迎えます。
ぜひともご高覧の程くださいませ。

f:id:abst-si:20160205145840j:image:w200
作家ステートメント / Artist Statement
固定化した、自己(制作者/鑑賞者)、物(作品)、空間の関係を、単純な公式のようなものをある素材に当てはめることで、変形させ脱することを目指しています。

その公式は出来るだけシンプルで当たり前であることが重要です。
回転させる、反射させる等のような簡潔さが私たちの感覚を超えた何かを作り出すことではないかと考えています。

今回のプロジェクトでは「回転」と「反射」を作品を立ち上げる為の公式としています。

「回転」では身体の形を回転させることでできた3DCGのデータを3Dプリンタで出力しています。
回転することは「過去にいた自分」の虚像を延々と追い続ける行為です。
それは虚像と一体化する行為で自己を消滅させることのように私には感じられます。

「反射」することも回転と同じく、映った自身の虚像、映し出す媒体、そしてその媒体がある空間の中で、自分の虚像を追い続ける行為です。

反射を使ったプロジェクトでは現実と虚像の境を曖昧にするためにその媒体を用いてきました。
写真を素材に現実の建材であるタイルと類似した表面を作り「そこに映り込む鑑賞者の虚像」と今までにその空間に存在したであろうと思われる人物の「虚像」が等価値に映るインスタレーションによりそれは作品化されてきました。
それもまた回転と同じように虚像と一体化し自己を消滅させることであると感じています。

それらは単純ですが、人間にとってもっとも日常的である身体を、非日常へと解放する手段なのではないかと考えます。
身体を『人間像/もの』であることから解放するために、新たな物体へと変質させる抽象化システムを作る。そのシステムにより自動的に立ち現れたそのような物体を量産し、そしてあらゆる質を許容すること。

そこに空間と我々の関係を問い直す何かがあるかもしれません。

ー 金村仁


3月26日土曜日 出演者PROFILE

f:id:abst-si:20160205145950j:image:w180
■ ナガタ タケシ(トーチカ)Takeshi Nagata
  映像作家/CGクリエーター

1978年生まれ。熊本県出身。京都芸術短期大学の在学中から、モンノカヅエと共に多数の作品を発表。MTVの STATION ID コンテストに入選、1999 年マルチメディアグランプリCG部門ベストジングル賞を受賞するなど、高い評価を得る。卒業後、映像制作会社ユーフォーテーブルに入社し、機動戦士ガンダムSEEDのCGディレクターなどを担当。2004年退社。2007年よら、モンノカヅエと共に多数の作品を発表。MTV の STATION ID コンテストに入選、1999 年マルチメディアグランプリCG部門ベストジングル賞を受賞するなど、高い評価を得る。卒業後、映像制作会社ユーフォーテーブルに入社し、機動戦士ガンダムSEEDのCGディレクターなどを担当。2004年退社。2007年より、大阪電気通信大学 総合情報学部 デジタルアート・アニメーション学科において准教授を務めている。
http://tochka.jp/about/

f:id:abst-si:20160205143705j:image:w180
■ Parallel Asteroid パラレル・アステロイド from Singapore, Berlin
Lan Cao ラン・カオ (piano) + Gregor Siedlグレゴアー・ジードル(sax)
二人の音楽家、二つのスタイル、一つのヴィジョン。このデュオは実験的な電子音とアコースティックな響きを融合させる。ピアノ、シンセサイザーのラン・カオはベトナム出身、クラシック及び現代音楽にバックグラウンドを持つ。一方、サクソフォンとゲームコールを演奏するグレゴアー・ジードルはジャズミュージシャンである。二人の共通項は、特殊奏法と新しい表現形式を多用したフリーインプロヴィゼーションだ。

http://parallelasteroid.com/
Parallel Asteroid – two musicians, one from a classical music background, the other a jazz musician. Contemporary music and Improvisation is where they converged and found their common interest. Trained in different schools of music, they both want to explore new sounds, new combinations of textures, styles and means of expression.
They draw inspiration for their free and conceptual improvisations from many sources, as diverse as electro-acoustic music, free jazz, classical contemporary music – aleatoric music, minimalism, experimental music as well as visual arts and contemporary performing arts. Their points of focus range from the very subtlety of sound from sensitive and attentive listening to wild energetic music gestures.


f:id:abst-si:20140117013756j:image:w150
■ ドットエス:橋本孝之 & sara|.es:Takayuki Hashimoto & sara
2009年、大阪の現代美術画廊「Gallery Nomart (ギャラリーノマル)」をホームに結成。橋本孝之 (alto sax, guitar)+ sara (piano, others)の二人によるコンテンポラリー・ミュージック・ユニット。 現代美術ディレクター林聡がプロデュース。
結成当初より美術作家、前衛音楽家、ダンサー、映像作家、デザイナー、詩人等、他ジャンルとのコラボレーションを展開。東京と大阪を中心に演奏を行っている。
音楽領域においては、即興、ノイズ、電子音楽、ジャズ、ロック、クラシックなど国内外のミュージシャン達とのコラボレーションによって生まれるボーダレスな世界ー“音”と“音楽”の間(ま)で交錯する感覚を表現する。

http://www.nomart.co.jp/dotes/



f:id:abst-si:20150927224743j:image:w150
■ 磯端 伸一 :
1962年大阪府出身。12歳の頃よりギターを弾き始める。同時期にジャズのハーモニーやアドリヴに魅かれて、ギターの技術とベーシックな音楽理論を独学で習得。1982年から'85年まで東京でティム・ドナヒューにフレットレス・ギターとジャズ理論を学ぶ。1985年から高柳昌行氏に師事、高柳氏の私塾にて氏の亡くなる1991年まで楽器の基礎技術を矯正習得し、高柳氏の音楽美学と哲学を学ぶ。1994年より兵庫県在住。感覚イメージと独自の理論から構成されるギター・ミュージックは、デリケートで静謐な響き、透明な音色、日本的な「間・余白」などに勤しむ。1996年から始めた主に他分野のアーティストとのコラボレーションでもあるライフワーク、series "EXISTENCE" は美的共有を目指し継続されている。
http://d.hatena.ne.jp/abst-si/about
https://soundcloud.com/shinichi-isohata
Shin'ichi Isohata :
He was born in 1962 in Osaka, began to play a guitar from 12 years old, and soon got interested in the harmony and ad-lib of jazz, then began to study them and guitar technique by self-education. He studied modern jazz theory and fretless guitar technique under Tim Donahue during 1982-'85. After that He studied under Masayuki Takayanagi during 1985-'91, He corrected the foundation of the technique of a guitar thoroughly in Takayanagi's private school, and learned his aesthetics and philosophy of music a lot . Isohata was one of Takayanagi's last few students. He lives in Hyogo since 1994. His musical activities have many variations, and he has a lot of experiences as costarring with many wonderful musicians. His guitar music consists of Images that are created from the perception, and his original theoretical structure. His music has so delicate calm sound, clear tone, and a Japan beauty. His lifework, series"EXISTENCE" was started from 1996. It aims at sharing of esthetic space with artists of other fields, also it will be continued throughout his life.


f:id:abst-si:20150927225429j:image:w150
■ 薬子 尚代 :
大阪音楽大学ピアノ科卒業。
卒業後はコンサート活動や後進の指導にあたる。 ザルツブルグのモーツァルテウム音楽院夏季講習にてソロ及び 室内楽の研鑽を積む。帰国後、音楽表現を「心の癒しや開放」という心理的な視点からミュージックセラピー、アートセラピー を学び、セラピストとピアニストを職業にする。 その後、ジャズピアノの基本を青柳洋子氏に師事。 現在 は即興的な表現媒体を通して、音楽表現のみならず日々の生活のシーンで人としての表現をも模索つつ現在に至る。
Naoyo Yakushi :
She graduated from the Osaka Music University (piano department). After college, she has played some concerts, and coached her juniors. Then, she studied of chamber music and solo at the Mozarteum Academy of Music summer course in Salzburg. After returning home, she regarded a musical expression as a psychological perspective like "open and healing of the mind", and studied art therapy and music therapy, and has become the professional pianist or therapist. After that, she studied the basics of jazz piano from Yoko Aoyagi. Currently, She is continued to explore the representation of the human as well as musical expression through the medium of expression improvised in the scene of daily life.




f:id:abst-si:20160317225350g:image:w320