o-musubi

May 13(Sat), 2017 3 GUITARS 3 DAYS - FINAL - 4 GUITARS

May 13th sat 2017   5月13日 土曜日
f:id:abst-si:20170515134540j:image:w520

3 GUITARS 3 DAYS

FINAL
@ chef-d'oeuvre Osaka

         4 GUITARS

f:id:abst-si:20170515140113j:image:w520


It was so wonderful performances suitable for the final concert, and it will remain a very happy my memory to play together with these three great guitarists this time.
マニュエル・アドノの来日ツアー、どの演奏も最終日にふさわしい素晴らしいパフォーマンスでした。
Thank you very much for coming and listening to our guitar music, and many thanks to Seino san, Ogino san, and the staff of chef-d'oeuvre.
お越しいただいた皆さま、清野さん、荻野さん、そしてシェ・ドゥーブルのスタッフの方に心から感謝申し上げます。


f:id:abst-si:20170515135829j:image:w520



f:id:abst-si:20170515134940j:image:w520



f:id:abst-si:20170515183230j:image:w520



f:id:abst-si:20170515133848j:image:w520

The solo of Manuel was heared like a song of fresh wind in the beautiful scene of France. It makes me feel like I'm walking in the beautiful Nantes town of his hometown I have visited some years ago. And that was the sound of his honest, bright and warm heart.
マニュエルのソロは、フランスの美しい情景をそよぐ爽やかな風のようでした。それは僕が何年か前に訪れた彼の故郷である美しいナントの町を歩いているような息吹きを感じさせてくれます。そしてそれは彼の正直で明るく温かい心そのものの響きでした。


f:id:abst-si:20170515194614j:image:w520




f:id:abst-si:20170515133438j:image:w520

I have been fascinating and receiving big stimulus every time from the great solo of Takumi Seino who creates poetful music beauty in his own world with intersect of mathematical logical intelligence and passion. I recommend strongly every audiences or player not only guitarist to listen to his solo project which is hold at BIGAPPLKE Kobe every month.
数学的ロジカルな知性、パッションが交差して、シリアスな中に詩情あふれる音楽美を創造していく清野さんのソロに僕はいつも魅了され、多大な刺激を受けています。その演奏は神戸ビッグアップルで毎月されている彼のソロプロジェクトでも聴くことができます、多くのリスナー、そしてギタリストだけではなく様々なプレイヤーの方にもぜひ体験していただきたいです。


f:id:abst-si:20170513202534j:image:w350




f:id:abst-si:20170515133638j:image:w520

It was very surprised the high level performance of Yasuyoshi Ogino with beautiful touch, a skills from traditional to abstract, and various musicality. I was fascinated all the way by his beautiful guitar solo which create them like a kaleidoscope. He is also flexible for improvisation, I greatly expect him to be the leader of the next generation of free music.
今回初めて荻野さんの演奏を実際に聴くことができました。彼の技術力の高さ、美しいタッチ、そして何よりトラディショナルからアブストラクトまで、多様な音楽性を持ち合わせたその引き出しの豊富さには大変驚きました。それらを万華鏡のようにちりばめて創る独特の音楽に僕は最後まで魅き込まれました。荻野さんは即興にも柔軟に臨まれていて、清野さんと同じく誠実で真摯な姿勢は次世代の高次なフリーミュージックのリーダーとして期待大です。


f:id:abst-si:20170515195250j:image:w400




f:id:abst-si:20170515140739j:image:w400

Sorry for our sound of mosquito volume. It was funny starting.
ソロとしてのデュオ。蚊の鳴くような滑稽なスタートで失礼いたしました。


f:id:abst-si:20170515133135j:image:w520




What amazing collaboration despite the first encounter !
初めての出会いにもかかわらず驚くべきコラボレーション !

f:id:abst-si:20170515134029j:image:w520




f:id:abst-si:20170515135053j:image:w520



Duo with Takumi Seino is always My bliss time.
至福の時間…

f:id:abst-si:20170515193328j:image:w520




f:id:abst-si:20170515190732j:image:w520



It's my happiness that our qartet became the beauty of music interaction, it's never guitar battle.
カルテットも決してありがちなギター合戦にはならず各人の音楽美の合作となったことが嬉しい。

f:id:abst-si:20170515230350j:image:w520



f:id:abst-si:20170515134709j:image:w520




f:id:abst-si:20170515140646j:image:w520




f:id:abst-si:20170515135527j:image:w520



Mr, Manuel, thanks a lot for your beautiful sound and coming to Japan and co-staring with me ! See you again !
マニュエル、美しい音楽と共演に感謝、またお会いしましょう !

f:id:abst-si:20170514204553j:image:w520






f:id:abst-si:20160317225347j:image:w360





May 13th sat 2017   5月13日 土曜日
f:id:abst-si:20170505012217j:image:w520

3 GUITARS 3 DAYS

FINAL
@ chef-d'oeuvre Osaka

             4 GUITARS
              f:id:abst-si:20170510225028j:image:w200
Manuel Adno マニュエル・アドノ from France
http://www.manueladnot.me/#_

Takumi Seino 清野 拓巳
http://www.takumiseino.com/

Shin'ichi Isohata 磯端 伸一
http://d.hatena.ne.jp/abst-si/

SPECIAL GUEST
Yasuyoshi Ogino 荻野 やすよし
http://yasuyoshiogino.com/

Surely the final our concert will be a gorgeous and beautiful sonorities by mix of each different guitar sounds adding also excellent guitarist Yasuyoshi Ogino who has versatile musical talent as guest !!
マニュエル・アドノ、清野拓巳、お二人の素晴らしいギタリストとの最終公演は大阪・シェ・ドゥーブルにて、ゲストにこちらも多彩な才能を持ち多方面で活躍されている俊逸ギタリスト、荻野やすよし氏を迎え、それぞれのギターサウンドが美しく響き渡る豪華な夜となります、どうぞお見逃しなく!!


19 : 30  start
2,000 yen + order


Chef−d’oeuvre  シェ・ドゥーヴル  Osaka
f:id:abst-si:20110319181346j:image:w300
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27004360/
http://www.facebook.com/chefdoeuvres
open : monday - saturday 12:00 - 22:30
close : Sunday & holiday
〒550-0011大阪市西区阿波座1-9-12
Postal No, 550-0011 Awaza 1-9-12 Nishiku Osaka city
TEL/FAX : 06-6533-0770
地下鉄四ツ橋線本町駅22番出口から四ツ橋筋を南へ、3つめの筋を西へ、ファミリーマートを通り過ぎて50mほど歩いた 右側です 。
Walk to south from exit 22 of "Honmachi" stn of Subway Yotsubashi-line. Turn right(west) at the third street(the first signal). You can see the cafe to the right after walked past the "Family Mart" about 50m.




   f:id:abst-si:20160317225349g:image:w300



Profile プロフィール
f:id:abst-si:20170315164722j:image:w520
">マヌエル・アドノ:
http://www.manueladnot.me/#_
アヴァンギャルド・ギタリスト、インプロヴァイザー、コンポーザー。主にアコースティック・ナイロンギター、エレクトリック8弦ギターによるオルタネイティブなアプローチに取り組んでいる。また、即興、ポップ、フリージャズのプロジェクト、''April Fishes'', ''Power Jazz trio Sidony Box''、そしてプログレッシブ・メタル・バンド ''Aeris'' のリーダー・共同制作者として活動している。彼の垣根を超えたジャンルでの取り組みは、それぞれの分野における多くのミュージシャンとの共演を果たす。(ポップ )・・american artist Me'Shell N'Degeocello, Pino Palladino, (ジャズ)・・french musicians Emile Parisien, Médéric Collignon, Sylvain Darrifourcq, François Corneloup, Hélène Labarrière, François Ripoche, Sébastien Boisseau, Jean "Popov" Chevalier, italians musicians Gianluca Petrella and Luca Aquino,
(即興・コンテンポラリー・オルタナ) ・・american musicians Mike Reed and Fred Londberg-Holm, french musicians Richard Pinhas (Heldon), Noël Akchoté, Will Guthrie, Toma Gouband, Yann Joussein, Hasse Poulsen, Hugues Vincent and japanese musician Takumi Seino, 彼のプロジェクトは ''Magma'' (Magmaのレーベルでは ''Sidony Box'' の3枚目のアルバムをリリース)、ピアニストの Tigran Hamasyan、サックス奏者の Guillaume Perret、コントラバスの Dave Holland、アメリカのジャズ・トリオ ''The Bad Plus'' らとステージをともにしている。Naïve records, Ex-tension/Seventh records or Yolk records など数多くの著名なレーベルで作品がレコーディングされ、 "Choc" and "Révélation" Jazz Magazine, "Découverte" Jazz News, "élu" Citizen Jazz, All about Jazz, Boston Globe, Guitar player、など国内外のメディアから数々の作品賞を受賞。 ヨーロッパ最大規模のフェスティバルにも出演している。-フランス: Jazz à la Villette, Jazz à la Défense, le Sunset, le Triton, La Dynamo, Jazz à Vienne or Europa Jazz, also national scenes as le Lieu Unique (Nantes) or Le Théâtre de Saint-Nazaire, as generalist and actual music scenes: Stéréolux (Nantes), L'Astrolabe (Orléans), Le Vip (Saint Nazaire) or La Sirène (La Rochelle).-ドイツ: Jazzahead (Bremen), Unterfacht (Munich), festival Jazzdor (Berlin),-イタリア: Una Stricia de Terra Feconda (Rome), Bari Jazz festival, Torino Jazz festival, Roccella festival,-ベルギー: Glimps festival (Gent), Switzerland: Jazzonze + (Lausanne), Bee-flat (Bern), Netherlands: Bimhuis (Amsterdam), Czech Republic: Jazzdock (Prague), Scotland, Norway, Slovenia or Ireland.  バンド以外にはフランスの写真家 Denis Rouvre の写真展にてコンサート、''Ozuma'' としてダブリンとノルウェイで12回のフェスティバルに参加。その他の試みとして、バンド''Ozma'' と Sergueï Eisenstein 監督 "Cuirassé Potemkine(戦艦ポチョムキン)" や、コントラバスの Sébastien Boisseau、ドラムスのJean "Popov" Chevalier と共に Jean Epstein監督 "Le Lion des Mongols(蒙古の獅子)" のシネマ・コンサートにも取り組み、写真家の Michael Parque や画家のClémence Bourdaud とも仕事をしている。マヌエル・アドノはまた、アコースティック・ギター・ソロによる「Ueno Park」と名付けられた日本と繋がりの強いプロジェクトにも取り組み、''Tropare'' レーベルから Amaury Cornut (Moondogの伝記作家) プロデュースによるファーストアルバムをリリースしている。
Manuel Adnot :
Avant-garde guitarist, improviser, composer, Manuel Adnot works on an alternative approach of the instrument as on nylon acoustic guitar as 8 string electric guitar. As leader and co-leader, he created projects linking improvised music, Pop music and Free-Jazz, with such bands as April Fishes, Power Jazz trio Sidony Box or Progressive Metal band Aeris. His career allowed him to play with great musicians from all sides: -from Pop (american artist Me'Shell N'Degeocello, Pino Palladino), -from Jazz (french musicians Emile Parisien, Médéric Collignon, Sylvain Darrifourcq, François Corneloup, Hélène Labarrière, François Ripoche, Sébastien Boisseau, Jean "Popov" Chevalier, italians musicians Gianluca Petrella and Luca Aquino) -from improvised, contemporary or alternative musics (american musicians Mike Reed and Fred Londberg-Holm, french musicians Richard Pinhas (Heldon), Noël Akchoté, Will Guthrie, Toma Gouband, Yann Joussein, Hasse Poulsen, Hugues Vincent and japanese musician Takumi Seino) With his projects he shared stage with great names as Magma (Magma's label also produced Sidony Box third album), pianist Tigran Hamasyan, saxophonist Guillaume Perret, double bassist Dave Holland or american power trio The Bad Plus.Numerous recordings are produced and awarded on prestigious labels as Naïve records, Ex-tension/Seventh records or Yolk records. National and international press awarded the work: "Choc" and "Révélation" Jazz Magazine, "Découverte" Jazz News, "élu" Citizen Jazz, All about Jazz, Boston Globe, Guitar player. Projects are played all over europe, in biggest venues and festivals: -in France: Jazz à la Villette, Jazz à la Défense, le Sunset, le Triton, La Dynamo, Jazz à Vienne or Europa Jazz, also national scenes as le Lieu Unique (Nantes) or Le Théâtre de Saint-Nazaire, as generalist and actual music scenes: Stéréolux (Nantes), L'Astrolabe (Orléans), Le Vip (Saint Nazaire) or La Sirène (La Rochelle). -in Germany: Jazzahead (Bremen), Unterfacht (Munich), festival Jazzdor (Berlin), -in Italy: Una Stricia de Terra Feconda (Rome), Bari Jazz festival, Torino Jazz festival, Roccella festival, -in Belgium: Glimps festival (Gent), Switzerland: Jazzonze + (Lausanne), Bee-flat (Bern), Netherlands: Bimhuis (Amsterdam), Czech Republic: Jazzdock (Prague), Scotland, Norway, Slovenia or Ireland. Sidony Box got the Rezzo-Focal Price from Jazz à Vienne Festival, is also selected for Jazz Migration tour and was part of Anteprima Production roaster (Reno Di Matteo). Three concerts are filmed for Arte Live Web Tv. Manuel Adnot is regulary part of creation projects: -1Band4aCrew residency, with 8 musicians from the frech artist collective 1Name4aCrew with also live drawing by Clemence Bourdaud, -Orchestra Nazionale de Giovanni Talenti creation guets Manuel Adnot with 27 musicians at jazz festival Les Rendez-vous de l'Erdre (Nantes), -creation residency in Pannonica (Nantes) for project April Fishes reunion of important musicians from the french scene (Sylvain Darrifourcq, Romain Dugelay and Adrien Dennefeld) playing Manuel Adnot and Adrien Dennefeld compositions, -creation residency in Le Lieu Unique (national scene in Nantes) with japanese musician Tetuzi Akiyama, Yann Joussein and Simon Henocq. He also made replacements in bands as We are all Americans (concert/photo with french photograph Denis Rouvre) and Ozma (12 points festival in Dublin, Norway tour). Regulary he works with other disciplines as cinema/concert on Sergueï Eisenstein's "Cuirassé Potemkine" with band Ozma, or on Jean Epstein's "Le Lion des Mongols" with Sébastien Boisseau and Jean "Popov" Chevalier, work also regulary with photograh Michael Parque and drawer Clémence Bourdaud. Manuel Adnot also works on a acoustic solo project called Ueno Park as a strong link with Japan, with a first album produced by Amaury Cornut (Moondog biographer) on Tropare label.




f:id:abst-si:20120117131746j:image:w430
清野 拓巳 / TAKUMI SEINO(electric & acoustic guitars)
http://www.takumiseino.com/
Takumi Seino, guitarist, composer, has performed and recorded with diverse acts including his own works on VOS records (Japan), Priority - Musea records (France), Next Order - LoLo Records (USA), Six North - Musea records (France), Ryo Hashizume Group - Hao records (USA), PRAED and TAKUMI SEINO - GPS Records (Japan). As improvising musician He has been working with many talented artists all over the world. Also, acted a lot of improvised solo performances. His unique expression is so colorful that people often says "pictorial". He has appeared on over 50 CD releases on the labels in the U.S.A., Europe and Japan.
Takumi graduated from the Berklee College of Music in 1996. He was selected as a guitarist for the Berklee College of Music All Star Band and performed at the 23rd Annual IAJE International Conference in January 1996 in Atlanta, Georgia. At that time, he was awarded by IAJE a Special Citation for Outstanding Musicianship. He was also named best guitarist at the YAMAHA competition in Osaka, Japan 1985.
 13歳でギターを手にし、15歳頃からライブハウス等での活動を始める。1993年渡米。バークリー音楽大学演奏科入学。1996年同校を最優等で卒業。在学中より自らのグループを率いて、ボストン、及びその近郊にて演奏活動を重ねる。また、さまざまなセッション、レコーディング、コンサート等にも数多く参加。1996年8月帰国。以来、自己のグループ、ソロ演奏での活動と平行して、精力的に国内外のミュージシャンとの共演を重ねている。多くのリーダーアルバムをはじめ、日本、アメリカ、ヨーロッパ等のレーベルから50枚以上のCDを発表。ジャンルという枠にとらわれないボーダレスな姿勢、独自の世界観をもつ音楽は海外からの評価も高い。
1996年1月、アトランタで開催されたIAJE(International Association of Jazz Educators)主催による第23回ジャズフェスティバルに、バークリー・オールスター・アンサンブルの一員として選出され出演。その際、個人賞(Outstanding Musicianship)を、IAJEより授与される。
1997年7月、ボストン在住のベーシストJane wang,ドラマーScott Gouldingらに招かれ、ボストンにて演奏活動、レコーディング等を行なった。その活動は地元新聞、雑誌等でとりあげられる。また、WHRB,WERS等のJAZZ専門FM局に日本人ミュージシャンとして招かれ、ゲスト出演する。
1998年5月、HAO RECORDS(USA) MUSICIANとともに日本ツアーを行う
2000年6月、CD "Light is decomposed into fragments" を発表
2000年7月、CD "DROPS" を発表
2001年6月、PRIORITY のアルバム"Light is decomposed into fragments" が、フランスのレーベル MUSEA から、再発売される
2002年10月、CD "FLOW" (DROPS TRIO)を発表
2004年5月、CD "Untied Strings" (SOLO Guitar)を発表
2004年11月、CD "Crab Apple" (DROPS TRIO)を発表
2005年12月、CD "Blue Willow" (w/浜村昌子、Jeremy Stratton)を発表
2006年1月、CD "ARC - beneath the surface" (w/ Antoine Berthiaume)を発表
2007年2月、二枚のソロ・アルバム "Dark Shape" "Ripple" を同時発表
2008年6月、CD "Trees"(Blue Willow Trio)を発表
2009年4月、CD " Needful Things" を発表
2009年9月、シンガポール・ツアー
2009年12月、CD " Mood for Red "を発表
2010年4月、CD "Faded Diary" を発表
2011年3月、CD "Frozen Dust" を発表
2012年3月、CD "Room to Move" を発表
2012年4-5月、スイス、イタリア、レバノンでのフェスティバル等に出演
2012年10月、CD "Old Red Chair On The Porch" を発表
2013年9月、CD "Flower Flows"を発表
2014年12月、CD "Book Apple"を発表
2015年12月、CD "Last Tree" を発表
2016年5月、造形作家、新宮晋氏演出の舞台「いちごエクスプレス」の音楽監督を務める
2016年5月、CD "Strawberry Express"を発表

Discographyディスコグラフィー

as a leader/co-leader
Strawberry Express / Takumi Seino (2016)
Last Tree / Takumi Seino, Hugues Vincent (2015)
Book Apple / Takumi Seino solo (2014)
Flower Flows / Takumi Seino, Yasutaka Yorozu, Larry Marshall (2013)
Old Red Chair On The Porch / Takumi Seino, Yasutaka Yorozu, Larry Marshall (2012)
Room to Move / Takumi Seino, Masahiro Yamamoto, Nobumasa Tanaka, Hiroki Chiba (2012)
Frozen Dust / Takumi Seino and Motohiko Ichino duo(2011)
Faded Diary / PRAED and Takumi Seino(2010)
Mood for Red / Takumi Seino - DROPS TRIO (2009)
Needful Things / 橋爪亮督・清野拓巳・浜村昌子・萬恭隆(2009)
Trees / Blue Willow Trio (2008)
Dark Shape / Takumi Seino solo (2007)
Ripple / Takumi Seino solo (2007)
ARC - beneath the surface / Takumi Seino with Antoine Berthiaume (2006)
Blue Willow / Takumi - Masako - Jeremy (2005)
Crab Apple / Takumi Seino - DROPS TRIO (2004)
Untied Strings / Takumi Seino (2004)
FLOW / Takumi Seino - DROPS TRIO (2002)
UN VOYAGE EN PROGRESSIF / Priority - MUSEA (2001)
DROPS / Takumi Seino (2000)
Light is decomposed into fragments / Priority (2000)
Birds From The Sea / Takumi Seino (1996)
Sunny Land / The Third Impression (1992)

with NEXT ORDER
CHRONOSYSTEM / NEXT ORDER (2014)
THE END OF BIGINNING / NEXT ORDER (2013)
LIVE-INTENSIFIED / NEXT ORDER (2011)
LIVE-REFINED / NEXT ORDER (2009)
LIVE-ROARING COLORS / NEXT ORDER (2007)
LIVE-POWERED NEXUS / NEXT ORDER (2005)
LIVE-2003 / NEXT ORDER (2003)

with other artists
Over Sky..... / Mitsuhiro Furuya Takumi Seino, featuring Takashi Furuya (2016)
S.S.W / Seto + Seino + Watanbe (2015)
MIMICRY / Yuki Saga, Takumi Seino (2014)
Meets the composers - stablemates / Tomomi Azuma (2014)
Horoscope / Words Of Forest (2014)
EXODUS from JAZZYLAND / Seiki Yukimoto & SOULBLEED (2014)
ECHO / Atsushi Shimada Quartet (2013)
Fifth interaction / HYDRATION (2013)
Suu Suu Haar / KUMI NAGAO (2013)
falls From View / Unit (2011)
Aru Haruno Koibito / Minuano (2010)
Oumasan ga yattekuru 2 / Kumiko Suyama (2009)
Human Wacher / Words of Forest (2009)
KESHIKISS / KUMI (2009)
Silent in Smile / Tadahiro Fusahara Group (2008)
Your Story / Masato Hirai (2007)
It's raining over there / Words of Forest (2006)
Introducing / Eiichiroh Arasaki BIG BAND (2006)
Ayauki ni Asobu / Goutte - 001 (2005)
Ayauki ni Asobu / Goutte - 002 (2005)
SUNSET STREET / EBA (2004)
PRAYER / SIX NORTH (2003)
Hanapi-Love / Kumi (2003)
Budderfly / Budderfly (2003)
Ma Plus Belle Histoire d'amour / Reiko Fujii (2002)
Pure Love / Takashi Kamide (2001)
君は雲海を見たか / 金谷こうすけGroup (2000)
SIX NORTH / SIXNORTH (2000)
Somewhere In The Universe / Takeshi Asai Group (1998)
Khamsin / Khamsin (1998)
In A Stranger's Hand / Ryo Hashizume Quintet (1997)
And Then You Heard Tales (1996)
Blake Newman Trio (1996)
Let The World In / Thomas Lichtenstein (1992)
他。





f:id:abst-si:20170504234222j:image:w430
May 13th sat GUEST / 5月13日(土) ゲスト
Yasuyoshi Ogino 荻野 やすよし :
Gut & electric guitar player, composer / ガットギター&エレクトリックギター奏者/ソングライター

1978年奈良県出身

コンテンポラリーJAZZ/Rock〜即興シーン及びワールドミュージックの分野で活動し、なかでもコンテンポラリーフォルクローレ、アラブ音楽、クラシックギターに傾倒しているが、作品づくりにおいては日本人たるギターを創っていこうというアートスタイルで、前衛からPOPまで、様々なプロジェクトや劇団に参加している。
2005年よりコメディとジャズパンクの融合Trio、知恵蔵知恵蔵(松竹芸能ナオユキ氏/スタンダップコメディ、栗田洋輔/sax)で本格的なプロキャリアをスタートさせ、同時期より即興演劇の音楽担当、即興音楽の定期セッションをスタートし、2006年より自身の主宰グループ、音・人・旅【oto na tabi】を始動させ、2010年1stアルバム「Tinga Tinga Japonism」で全国流通デビューを果たす。
特にWorld Music×JAZZのインストゥルメンタル、フリーインプロヴィゼーションでは関西のシーンをリードする一人であり、即興演劇の音楽奏者としてはパイオニアである
甲陽音楽学院卒、バークリー音楽院大学奨学金資格取得後5weeksプログラム修了。クラシックギターを中川誠氏に、エレクトリックギターを土野裕司氏、岡本博文氏、Mike Stern氏に、コンテンポラリーフォルクローレを塚本浩哉氏に、 ジャズギターを塩本彰氏にそれぞれ師事。
作曲家・編曲家としての活動もある。自主レーベル「Oggi Records」主宰

◇ Biography ◇

1992年音楽に感動したのをきっかけに音楽家になることを決め、独学で作曲をはじめ、1994年にロックギターを手にする。
1999年甲陽音楽学院コンテンポラリーミュージック科卒業。
2001年バークリー音楽大学奨学金資格取得後、翌年短期留学、2002年5weeksプログラム修了。
帰国後手指の神経麻痺で2005年まで活動休止。

2005年頃スタンダップコメディと即興演奏の融合トリオ「史上最強のジャズパンクコミック 知恵蔵知恵蔵」(ちえくらちえぞう:松竹芸能スタンダップ・ナオユキ氏、ジャズサックス奏者栗田洋輔氏とのトリオ)でプロ活動スタート。
同時期より即興演劇の音楽担当,JAZZ,ワールドミュージックの分野で活動を続ける。
2006年自己名義のグループ音・人・旅【oto na tabi】を結成、
2007年より即興音楽のセッションを定期的に開催、ごろっぴあ主宰での水曜接音倶楽部、自己主宰でのインプロヴァイズドセッションを伊丹&梅田ALWAYSにて現在も継続中。
2010年にアルバム Tinga Tinga Japonismで全国デビュー。日本をモチーフにしたワールド&コンテンポラリーJAZZを展開。完売する。
2012年上京
2013年ギャラリーミュージックというコンセプトを提唱し、場所本来の響きを活かした生演奏の普及に努めるなかで、
特に子育て世代に向けた「子ども歓迎大人向けアーティストLIVEプロジェクト」の必要性を感じ始動
2014年帰阪
2016年音・人・旅【oto na tabi】2nd Albumリリース!

【教鞭】
セレンディーラボ淀屋橋(2015〜現在)
ジークレフポピュラーミュージックスクール(2015〜現在)
東京音楽学院(2013〜2014)
ミヤザキアトリエ音楽科講師(2010〜現在)
キャットミュージックカレッジ専門学校ギター科講師(2007〜2012)
天理音楽院ギター講師(2006〜2007)
C-Zoneミュージック音楽講師(2001〜2003)

◇共演させていただいたアーティスト (リーダー作品等出版されている)方々
(敬称略)
・天球ぴんぽんず(演芸ロック)・ナオユキ(松竹芸能/コメディアン)・栗田洋輔(sax) ・関谷友加里(pf)
・Kyosuke(現Do to Re Mi Si )
・渡邉崇(作曲家) ・仲野麻紀(sax)from paris・ユーグヴァンサン(cello)from paris・ジェロームフーケ(tp)from paris
・MBS毎日放送アナウンサーの方々(おはなし夢ひろば21)
・サンコンJr(ウルフルズ) ・ジョンB(ウルフルズ)・根岸孝旨(cocco/Pornograffitti他) ・河島アナム(アナム&マキ)・mai(BAGDAD CREATIONS)
・堀越彰 (dr)・Andy Bevan(sax,flute,ディジュリドゥetc))・杉山千絵(vo)・関谷友貴(b)・谷殿明良(tp)
・赤穂美紀(vo/dance)・上野賢治(flute)・千光士誠(画家)・谷口翔有子(tap)・清野拓巳(gt)・常味裕司(oud)・宮野弘紀(gt)・中西圭三(歌手)

◇雑誌etc
・JAZZ LIFE 2010 8月号
・ミュージックマガジン
・CDジャーナル 2010 9月号
・JAZZ GUITAR BOOK vol.27
・日本のジャズフュージョンギタリスト100人名鑑





f:id:abst-si:20160316200525j:image:w370
Shin'ichi Isohata 磯端 伸一 :
He was born in 1962 in Osaka, began to play a guitar from 12 years old, and soon got interested in the harmony and ad-lib of jazz, then began to study them and guitar technique by self-education.
He studied modern jazz theory and fretless guitar technique under Tim Donahue during 1982-'85. After that He studied under Masayuki Takayanagi during 1985-'91, He corrected the foundation of the technique of a guitar thoroughly in Takayanagi's private school, and learned his aesthetics and philosophy of music a lot . Isohata was one of Takayanagi's last few students. He lives in Hyogo since 1994. His musical activities have many variations, and he has a lot of experiences as costarring with many wonderful musicians. His guitar music consists of Images that are created from the perception, and his original theoretical structure. His music has so delicate calm sound, clear tone, and a Japan beauty. His lifework, series"EXISTENCE" was started from 1996. It aims at sharing of esthetic space with artists of other fields, also it will be continued throughout his life.He has played with so many co-star artists at home and abroad. In 2014, he composed the soundtrack for documentary film “Legacy of Frida Kahlo - Miyako Ishiuchi, as weaving" (Director : Tadasuke Kotani).
1962年大阪府出身。12歳の頃よりギターを弾き始める。同時期にジャズのハーモニーやアドリヴに魅かれて、ギターの技術とベーシックな音楽理論を独学で習得。1982年から'85年まで東京でティム・ドナヒューにフレットレス・ギターとジャズ理論を学ぶ。1985年から高柳昌行氏に師事、高柳氏の私塾にて氏の亡くなる1991年まで楽器の基礎技術を矯正習得し、高柳氏の音楽美学と哲学を学ぶ。1994年より兵庫県在住。
感覚イメージと独自の理論から構成されるギター・ミュージックは、デリケートで静謐な響き、透明な音色、日本的な「間・余白」などに勤しむ。1996年から始めたseries "EXISTENCE" は、他分野のアーティストとのコラボレーションを含むライフワークであり、時空の美的共有を目指し現在も継続されている。共演者は音楽だけにとどまらず国内外に多数。
2014年、ドキュメンタリー映画『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』(監督 : 小谷忠典)の音楽を担当。

http://d.hatena.ne.jp/abst-si/about
https://soundcloud.com/shinichi-isohata





f:id:abst-si:20160317225347j:image:w360