o-musubi

June 21(Thu), 2018 Quatour Chimère Imaginaire CONCERT in SHIZUOKA

2018年7月28日 土曜日 July 28th saturday
f:id:abst-si:20180708052305j:image:w520

Quatour Chimère Imaginaire

CONCERT in SHIZUOKA

シメール・イマジネール・カルテット
ジョイントコンサート 静岡


f:id:abst-si:20180708234732j:image:w350
Harutaka Mochizuki + Daiki Itō DUO
望月 治孝 + 伊藤 大樹 デュオ
■ Harutaka Mochizuki 望月 治孝 alto sax
 http://www.geocities.jp/fuzainoisu/
■ Daiki Itō 伊藤 大樹 guitar

        +

f:id:abst-si:20180708235206j:image:w520
Quatour Chimère Imaginaire
シメール・イマジネール・カルテット
■ Hugues Vincent ユーグ ヴァンサン cello
■ Kumi Iwase 岩瀬 久美 sax, clarinet
■ Naoyo Yakushi 薬子 尚代 piano
■ Shin'ichi Isohata 磯端 伸一 guitar

charge 1500yen

あざれあ(地下音楽室) 静岡 AZAREA (BF music room) Shizuoka
〒422-8063 静岡県静岡市駿河区 馬淵1丁目17−1
054-255-8440


    f:id:abst-si:20160317225351g:image:w150

Quatuor Chimère Imaginaire

JAPAN TOUR 2018

f:id:abst-si:20150223223712j:image:w520
Hugues Vincent   cello
Kumi Iwase     sax, clarinet
Naoyo Yakushi   piano
Shin'ichi Isohata  guitar
This quartet mixes elements of composition and improvisation, and seeking the form of music using improvisation, compositional method using accidentality not bound by traditional music notation, etc. We are doing performances activities centering on Tokyo and Kansai.
シメール イマジネール カルテット
メンバーはユーグヴァンサン(cello)、岩瀬久美(sax/cla)、磯端伸一(guitare)、薬子尚代(piano)、で2014年から日本で活動をはじめる。作曲と即興の要素をミックスしÍ、即興を使った音楽の形式の追求、従来の音楽の記譜法にとらわれない偶然性を使った作曲法などを模索しつつ、東京や関西を中心に演奏活動を行っている。


    f:id:abst-si:20160317225351g:image:w150

Hugues VINCENT
f:id:abst-si:20180709004929j:image:w200
Hugues Vincent works as a solo artist and acts on stage in contemporary dance contexts.
Over the years he collaborated with: Tilbol, Celluloïd (with Franck Smith), Joelle Léandre "String project", Otomo Yoshihide "New jazz ensemble", David S Ware's "ensemble à cordes", Bobun (with viola player Frantz Loriot), the Ska band "Le pélican frisé", the acousmatic trio Bolitz (with Polo and Vincent Laubeuf)... He writes music for Four Roses For Lucienne (based on texts by Roland Topor), the free rock trio Ganjin... Improvisations with: Vincent Courtois, Claude Tchamitchian, Jean François Pauvros, Luc Ex, Jean Luc Cappozzo, Itaru Oki... also works in choreographic fields (with Chia Yin Ling, Imre Thormann, Ima Tenko...).
Hugues toured in different countries (Germany, Switzerland, Belgium, Holland, Italia, Spain, United-States, Morocco, Egypt, Algeria, Russia, Japan, Taïwan)...
Hugues studied classical cello with Denise Cherret and jazz at Edim and Conservatory of Montreuil (France)... He is a holder of a diploma in musicology... Master classes with Sofia Domancich, Didier Levalet, Régis Huby, Vincent Courtois, Ernst Reisjeger, Barre Phillips, Joëlle Léandre...

ユーグ・ヴァンサン
クラシックチェロをデニス・チェレ(Denise Cherret)に師事、ジャズを l'edim 音楽学校(パリ)とモントルイユコンセルバトワールで学び、音楽理論の学位と、中学高等学校音楽教員資格をパリ第 8 大学で取得。インプロヴィゼーションを研修やマスタークラス(とりわけソフィア・ドマンシッシ(Sophia Domanchich), ディディエ・ルヴァレ(DidierLevallet),レジス・ユビー( Régis Huby), ヴァンサン・クルトワ( VincentCourtois), バール・フィリップ( Barrephillips), アーネスト・ライジンガー( Ernst Reisjeger)などと)で学ぶ。グループ参加として Bolitz のほかに、トリオ 「チルボル(Tilbol)」 、デュオ 「セルロイド(CelluloÏde)」(フランク・スミス(Frank Smith)エレクトロニックと。オディオロルネット(Odiolorgnette)レーベルから CD をリリース) 、ジョエル・レオンドル(Joël Leandre)率いる「ストリング・プロジェクト(String Project)」、大友良英の 「ニュージャズアンサンブル」、デヴィッド・S・ウェア(David S Ware)の「弦楽アンサンブル 」、デゥオ「ボウブン(Bobun)」フランツ・ロリオ(ヴィオラ)) 、チェロ奏者森重靖宗とデュオ、盆ノ窪セプテット(フランス/日本人の即興アンサンブル)、スカグループ 「ペリカンフリゼ(Le Pélican Frisé)」(ディスク 3 枚リリース)など。ほかにも ローランド・トッポー(Roland Topor)作「ルシアンに四本のバラを(Four Roses For Lucienne)」のための音楽制作、ジャンリューク・カポッゾ(Jean Luc Cappozzo)、ヴァンサン・クルトワー(Vincent Courtois)、クロウド・チャンミッチャ(Claude Tchamitchian)、ジャンフランソワー・プーブロワ(Jean François Pauvros)、ルークエックス(Luc Ex)、佐藤真、沖至 他との即興演奏共演、コンテンポラリーダンスカンパニー( 「アンアンスタン・カンパニー(Compagnie« Un Instant »)、チア・イン・リン(Chia Yin Ling)、ベルナルド・モンテ(Bernardo Montet))や、舞踏ダンサー(今貂子,イメル・テルマン(Imre Thormann のための作曲、即興。ソロではアコースティックまたはエレクトロアコースティックでの即興、 CD« Phonoscope &Fabulettes », « Tales ofNoboru », «Onkyo no Hako »)制作、様々な舞台クリエーションなどで、世界各国(ドイツ、スイス、ベルギー、オランダ、イタリア、アメリカ、モロッコ、エジプト、日本など)で活躍。
http://www.myspace.com/huguesvincent
http://soundcloud.com/huguesvincent

    f:id:abst-si:20160317225351g:image:w150

f:id:abst-si:20180709005446j:image:w200
Kumi IWASE 岩瀬 久美
After starting the saxophone in Japan, Kumi Iwase came to France to study clarinet, jazz, composition and electroacoustic music in Evry's CRD and with Guillaume Roy, Isabelle Duthoit, Jacques Di Donato, Nicolas Cylinder. She trained to free improvisation in master class with Dominique Piffarely, Joelle Leandre and Benat Achiary.

She performed in different projects : saxophone duo and quartet, trio Iki No Ato (saxophone / electroacoustic / painting), duet with vocalist Judith Kahn duo with cellist Hugues Vincent, electronic project, voice works with Japanese literature, improvised or written pieces for saxophone solo or saxophone and electronics, moovies-concert ....
Her music is played and performed mainly in France and Japan.

https://soundcloud.com/kumi-iwase
http://iwase-vincent.wixsite.com/iwase-vincent/home
https://soundcloud.com/iwase-vincent

2000 年に渡仏しエヴリーコンセルヴァトワールにてサックスフォーン科(2004 年)、ジャズ科(2008 年)、作曲科(2011 年)、エレクトロアコースティック科(2013 年)を卒業。ギョームロワ氏、イザベルデュトワ氏、ジャックディドナート氏、ニコラヴェラン氏、フィリップポルトジュア氏などの影響を受け、作曲とインプロヴィゼーションの関係、アコースティックとエレクトロニックの関係などについて興味を持つ。画家とエレクトロニックとサックスのグループ『Iki no ato』やチェロとドラムとサックスのトリオ『Yasai』や、コメディアン、ダンサー、映画、文学や詩、数多くのミュージシャンと即興やコラボレーションを経験し、主にフランスや日本で演奏活動を行っている。


    f:id:abst-si:20160317225351g:image:w150

f:id:abst-si:20171021185415j:image:w200
Naoyo Yakushi 薬子尚代
She graduated from the Osaka Music University (piano department). After college, she has played some concerts, and coached her juniors. Then, she studied of chamber music and solo at the Mozarteum Academy of Music summer course in Salzburg.
After returning home, she regarded a musical expression as a psychological perspective like "open and healing of the mind", and studied art therapy and music therapy, and has become the professional pianist or therapist. After that, she studied the basics of jazz piano from Yoko Aoyagi.
大阪音楽大学ピアノ科卒業。卒業後はコンサート活動や後進の指導にあたる。 ザルツブルグのモーツァルテウム音楽院夏季講習にソロ及び 室内楽の研鑽を積む。帰国後、音楽表現を「心の癒しや開放」という心理的な視点からミュージックセラピー、アートセラピー を学び、セラピストとピアニストを職業にする。 その後、ジャズピアノの基本を青柳洋子氏に師事。


    f:id:abst-si:20160317225351g:image:w150

f:id:abst-si:20161014015356j:image:w200
Shin’ichi Isohata 磯端伸一
https://soundcloud.com/shinichi-isohata
born in 1962 in Osaka, He studied modern jazz theory and fretless guitar technique
under Tim Donahue during 1982-'85. After that He studied under Masayuki Takayanagi during 1985-'91.His guitar music consists of Images that are created from the perception, andhis original theoretical structure. His music has so delicate calm sound, clear tone, and a Japan beauty. In 2014, he composed the soundtrack for documentary film “Legacy of Frida Kahlo...Miyako Ishiuchi, as weaving" (Director : Tadasuke Kotani).
1982年から'85年まで東京でティム・ドナヒューにフレットレス・ギターとジャズ理論を学ぶ。1985年から高柳昌行氏に師事、感覚イメージと独自の理論から構成されるギター・ミュージックはデリケートで静謐な響き、透明な音色、日本的な「間・余白」などに勤しむ。2014年ドキュメンタリー映画『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』(監督 : 小谷忠典)の音楽を担当。





  f:id:abst-si:20160317225347j:image:w360