アブラウリdiary このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009.07.30.木

アブラウリ読書会

今回の読書会トム・ウルフ (著)『現代美術コテンパン』を読みました。

「芸術はつねに芸術について語っている」これは逆に言うと芸術を知らないと芸術が分からない事を意味していて、それが一部の人にしか理解されていない狭い世界になってしまっている。といったような内容でした。

f:id:aburauri:20090726195331j:image

話した内容は、演劇をしている友達が来てくれたので、演劇の話をしたり、アイドルの話をしたり、映像と演劇の違いなどを話していました。本の内容と絡んだり絡まなかったり、、、。そんな読書会でした。


という訳で、この読書会を最後にアブラウリは夏休みに入ります。皆様良い夏をお過ごし下さい。

野方祭 IN アブラウリ

野方祭 IN アブラウリ、今月も開きました。今回は野方ふれいあい広場が都合により使う事がでず、アブラウリでの開催となりました。

f:id:aburauri:20090725122713j:image

f:id:aburauri:20090725142249j:image

f:id:aburauri:20090725154150j:image

f:id:aburauri:20090725170438j:image

文化マーケットには人が沢山。

ボサノバブルース、などいろいろな音楽が鳴り響き、まるで異国の街角ような雰囲気でした。

f:id:aburauri:20090725193503j:image

f:id:aburauri:20090725204413j:image

ライブ終了後、野方盆踊りにお酒を飲みながら参加、皆で炭坑節や東京音頭野方音頭をデタラメに踊ってハッピーな気分になりながら、2009年の夏を迎えましたとさ。


野方は〜良い町〜良い子が育つ町〜」

シブヤミライ堂

今月もシブヤミライ堂開きました。

ビラ配りなどをして頑張っているみたいです。

f:id:aburauri:20090723164504j:image

シブヤミライ堂のブログに様子が書かれています。ぜひご覧下さい。

http://miraido.blogspot.com/2009/07/nd.html

2009.07.13.月

野方祭 IN アブラウリ

広場でおこなわれてきた野方ルネッサンスフェスタ!今月は商店街のイベントで広場が使えないので、アブラウリで開くことになりました。イベント終了後北原小で毎年行われている盆踊りに皆で行こうと思います。ぜひぜひ遊びに来て下さい。


野方祭 IN アブラウリ】

日時:7月25日(土)12:00~18:00(※イベント終了後、野方北小にて盆踊りもやっています!)

場所:アブラウリ

出演バンド

ヨヨ

●SEEDSTONE

AMI

●“MINI ”KORAKORA

●石井明夫

映像上映

●眠れないジル/岡田辰哉

アートフィルムなど、、


f:id:aburauri:20090713182832j:image

平面図オープンアートスタジオ

平面図オープンアートスタジオを開きました。今回は絵本作りです。

f:id:aburauri:20090712223418j:image

おおきな木のページ、なんだか元気が湧いてきます。

f:id:aburauri:20090712234825j:image

スイミー!??

f:id:aburauri:20090712235528j:image

夜な夜なだらだら作品制作。

次回は7月19日18:00~から始めます。ページの余白がまだいっぱいありますので、皆様のお越しをお待ちしております。

2009.07.10.金

シブヤミライ堂

今回が正式オープン!シブヤミライ堂、手作りのポストカードやたわし、スリッパ、鍋掴みなどを販売しております。なかなか良いスタートが切れたそうです。これかも月2回のペース(次回は23日(木)12:00〜)で活動しています。ぜひまた遊びに来て下さい。

ミライ堂ブログ

http://miraido.blogspot.com/

f:id:aburauri:20090709132540j:image

J氏の書斎から J-EX=LIBRIS

福田末度加による企画展「J氏の書斎から J-EX=LIBRIS」は無事終了しました。皆様ありがとうございます。

f:id:aburauri:20090704180502j:image

J氏の写真や録音、雑誌の記事、デッサン、著書など、いろいろな資料が断片的に飾られていました。しかし、これらを総合してみると、J氏とはいったい何者なのか?ライターなのか表現者なのか、あるいは父親なのか?とてもミステリアスでした。またそのJ氏の生きた時代みたいなのが色濃く残されていて、その時代を知る上でも貴重な資料となっておりました。

f:id:aburauri:20090704175643j:image

f:id:aburauri:20090704174219j:image

f:id:aburauri:20090704180340j:image

ノスタルジックな感じがアブラウリの空間ととても合っていました。