Hatena::ブログ(Diary)

カンタンな答 - 難しい問題には常に簡単な、しかし間違った答が存在する

2011-06-05

「消費税増税」の意味

消費税増税が現実味を帯びてきたことで、消費税の是非についての議論が再び活発化しているようである。


どのような税負担が公平か?という問題については価値観の問題と密接に絡んでおり、議論して答が出る話では無い気がするが、その様な価値観の違いがあったとしても、消費税増税すること自体が本質的には再分配を強化するものである事については議論の余地はあまり無いのではないだろうか? 


それが成立するには以下の二つの単純な条件さえ満たされていればよい

条件1: 金持ち(所得or資産が多い人間)がより多く消費する

条件2: 税金による公共サービスが国民に対して平等に提供される


例えば、消費税を欧米並みの20%にし、その税収増分をベーシックインカムのような形で全国民に均等に分配するケースを考えれば分かりやすい。 国民の平均よりも多く消費している人から平均より少なく消費している人への富の移動が起こることは明白である。 そして消費税率が上がれば上がるほどこの再分配は強化される。

もちろん消費税よりも再分配機能が強い税制は存在するし、恐らく消費税は主要な税金の中では再分配機能が低い方であろう。 但し、その消費税であっても増税には再分配を強化する側面が存在するのは上記の通りである。


ネットで見る限り消費税増税に反対する人々が同時に再分配の強化を主張しているケースが多いように感じる。 しかしながら再分配の強化を志向するなら、むしろ消費税の20−30%台への大幅引き上げを主張すべきである。税率が高ければ高いほど再分配は強化される。

又、これは消費税より所得税を上げろ!と言う主張と矛盾するわけでは無い。所得税が何%であっても、その上に更に消費税もあげれば2重に再分配が進むというだけの話である。


消費税が上がれば、消費が平均より少ない人は増税額分以上の分配を(社会保障等の形で)受け取ることができるにも関わらず、それでもやはり消費税上げは嫌だというのであれば、それは自分は税金を納めたくないが社会保障はしっかり受けたいからなんとかしろと言っているに過ぎないのではないだろうか?



(追記)

条件3として「政府が無駄遣いせずにきちんと税金を国民の役に立つように使ってくれること」というのも必要かもしれないが、政府が受け取った税金に見合う公共サービスを提供しないというのは消費税の是非とは次元の違う話であるし、政府が無駄遣いするから消費税による再分配は嫌だという人が所得税による再分配を支持するのは、他人のお金(税金)だったら政府が無駄遣いしても良いといっているようなものである。


(追記2)

現状は政府の歳出が歳入を大幅に超過している状態である為、上記の考察は一見無意味に見えるかもしれない。しかし、現状の赤字財政が維持できるかどうか(プライマリーバランスを達成すべきかどうか)も本来は別の次元の話である。

これ以上の赤字財政の維持が困難と判断した場合、プライマリーバランスを達成するために、社会保障(or 公共サービス)を削れば政府による再分配機能は小さくなり、増税で賄えば再分配機能は相対的に見ればキープされる。 そして、赤字財政が維持可能な場合も、その赤字財政に加えて増税による社会保障の拡充が行われれば更に再分配は強化される。

但し、増税による再分配の強化が経済に与える影響については慎重に考える必要がある。再分配が強化されても経済がそれ以上に後退すれば貧困層はますます生活が苦しくなる可能性が高い。

yasuyasu 2011/06/15 22:01 長期的に最適な税収(国債残高GDP比が発散せず、効率的水準まで公共投資が行える税収のパス)という制約の下で、再分配がどの程度行われるべきかという嗜好の問題なので、消費税を高くすれば他のより再分配効果の高い税を増やす余地は狭まる。税を取り過ぎれば不要な景気悪化を招き、パレート効率的とはならないので、安易にどっちの増税もやればいい、とは言えない。

なので、消費税増税を再分配規模の小ささを以てして批判することは正しいし、その人たちにどっちもやれるじゃないか、と言ったら考え足らずとして扱われることになる。

abz2010abz2010 2011/06/17 09:32 コメントありがとうございます。

ただ、「再分配がどの程度行われるべきかという嗜好」と「パレート効率性」は両立されないのではないでしょうか? 基本的に再分配は殆どの場合パレート効率的ではないと思います。

全体最適を例えば日本全体での経済成長という視点で考えるなら、どの税がよいかというのは再分配への「嗜好」を無視した視点で考える必要がでてくるでしょうし、その視点で考えれればやはり所得税・法人税より消費税だという結論が出やすいと思います。

いずれにしても税体系を再分配への嗜好だけで判断するのは弊害が大きいですし、まして消費税ですら再分配を高める働きがあるのに、それを無視してとにかく金持ちからお金をよりたくさん税金を取って、多くの人は税金を納めなくても良い所得税だけが再分配に寄与するんだ、という主張はやはりおかしいと思います。

只、一方で税金の問題は納得感やどのような社会が望ましいかといった主観的な評価が重要な問題でもありますので、経済成長が最大化される政策がかならずしも取るべき政策では無いとは思います。 但し、その場合でも「消費税に再分配機能は無い]というような誤解が根底にあることは誰にとっても得にはならないでしょう。

yasuyasu 2011/06/18 21:05 パレート効率的の意味を勘違いされているようですが、再分配そのものは殆どの場合パレート効率的です。また、「消費税に再分配機能は無い」話は寡聞にして聞いたことがありません。「消費税には累進性がない」や「だから、消費税の再分配機能は弱い」ならばありますが。

abz2010abz2010 2011/06/19 01:09 一般的な意味では勘違いしていないと思っていますが、どういう意味で税金による「再分配そのものは殆どの場合パレート効率的」と仰っているのでしょうか??

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/abz2010/20110605/1307315125