Hatena::ブログ(Diary)

カンタンな答 - 難しい問題には常に簡単な、しかし間違った答が存在する

2011-07-30

チーターとガゼルの話

チーターは地上最速の短距離ランナーとしての名声を不動のものとしているが、その獲物であるガゼルも又短距離ランナーとしては動物界屈指のスピードの持ち主である。 もちろんこのことは偶然ではなく、自然淘汰によって両者の足が遅い固体が淘汰されていったために生まれたバランスであると考えられる。

エリート集団の中でも更に足が速いチーターは、他のチーターよりも多くの獲物にありつき、より多くの子孫を残すことができる。 そして群れの中で他のガゼルよりも足が遅いガゼルは優先的にチーターの餌食となって子孫を残すことができなくなる。 かくしてこの軍拡競争はどちらかがなんらかの物理的な制約に達するまで、両者の足の速さを増していく方向に進み続けることとなる。


しかしながら、ある種の人間的価値観から考えるとこの軍拡競争はどちらの利益にもなっていないように見える。結果としては互いに相手を補強してエスカレーションしていくだけであり、しかも足を速くするためには身体的リソースを集中しなければならない。チーターは最速のランナーたるために華奢な体格となっており、せっかく捕まえた獲物をハイエナなど他の肉食獣に奪われることや、さらには子供を他の肉食獣に襲われることも多いらしい。


もしチーター

「足の速いやつだけが獲物を独り占めするのは不公平だ。それにそいつらが子ガゼルやまだ繁殖能力のある若いガゼルまで狩っちまうからガゼルの数も増えない。 これから狩るのは繁殖を終えた年寄りガゼルだけにすべきだ!」

みたいなことを言い出し、何らかの合意によってこれが守られたらどうなるだろう?


ガゼルには足の遅い固体を淘汰する圧力は働かなくなる。もちろん繁殖を終えた年寄の中でみれば足の遅い固体から狩られていくことになるだろうが、これらの固体は既に繁殖を終えているわけであるから、どの順番で狩られようと次世代に影響しない。

ガゼルの個体数は増えるだろう。繁殖を終えるまでチーターに狩られることがないわけであるし、足の速さという淘汰圧がなくなれば、足を速くすることに廻していたリソースを他に振り分けることも可能となる。足は遅いが繁殖能力の高い固体が子孫を増やす確率も高まる(注1)。


ガゼルが増えれば、チーターも個体数を増やすことができる。加えて、チーターの方も足を速くすることにこれまで程リソースを集中せずにすむようになる。 その結果、孔雀のような性淘汰に重点がおかれるのか、或いは他の淘汰圧に対応するようになるかは状況次第だろうが、これはチーターの「厚生」にリソースを廻すことができるようになると見ることも可能だろう。


本来、自然淘汰価値判断は存在しない。しかし、ある種の価値基準から見れば、このチーターとガゼルの世界はより望ましいもである。チーターもガゼルも単純な「生き残り」以外の部分にリソースを廻せるようになるし、繁栄の基準の一つでもある固体数も増やすことが出来るのだから、


ところがある日、、、、


(参照) 「進化の存在証明」 リチャード・ドーキンス

(注1) もちろん食糧供給の制約や他の肉食獣の存在はとりあえず無視するとして、という条件付であるが。

通公認通公認 2011/07/31 13:12 現在は、生物学の世界ではダーウィンの進化論はあんまり相手にされていない罠。

中立進化と、大規模な自然環境の変化の後で生じた大きなニッチに対する適応放散なわけで。
というか、タイムスケールによって、ものの見方がかなり変わるって事で。

ダーウィンのお話は、キリスト教と戦ったという聖戦の記憶にこだわっている人が別分野でも
振り回しているだけじゃないかなと。そして、余談ではありますが、人為が入り込む社会現象の
世界でおきる現象を説明するならば、むしろ用不用説の方が都合が良いのではないかと。

abz2010abz2010 2011/08/01 16:08 コメントありがとうございます。

ご指摘の意図は分かりますが、ダーウィンの進化論(の発展系としての総合説)があまり相手にされていないというのはどうでしょうか?

中立進化は非常に興味深いものですが、総合説を覆すというよりは共存する仮説であると思います。そうでなければ、このエントリーで書いたチーターとガゼルのような組み合わせが存在するのも偶然という事になってしまいますし。

又、大規模な自然環境の変化と適応放散についても別に総合説を否定するものでもないはずです。

まあ、それらをひっくるめて通公認様が仰るようにタイムスケールによるものの見方ということでしたら確かにそういう言い方もできるような気もします。 (つまり「種の起源」という意味での進化論に限れば、ということですが、)


社会現象の説明する場合はラマルク流の用不用説の方が都合が良いと言う指摘はもっともだと思いますが、そもそもアナロジーとしては変異がいかに起こるかの部分ではなく、自然選択がいかに機能するかの部分に焦点が当てられることが多く、そういう意味では進化論ではなく自然淘汰をアナロジーとして使っていることになるので、わざわざ用不用説をひっぱってくる意味は余りないような気もします

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/abz2010/20110730/1312042668