ブレーキをかけながらアクセルを踏み込む このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-09-19

[]バルドハート 戯画

BALDRHEART 初回限定生産版

BALDRHEART 初回限定生産版

バルドスカイシリーズの最新作でした。バルドスカイシリーズは兵装を変えながらストーリーをすすめるタイプの話でアクションゲームとノベルゲームが融合しています。僕はどっちのパートも期待していましたが、本作はどちらも面白かったと思います。

今回、熟練度に応じて使える兵装が増えては行くんですが、一つ残念だったのは熟練度が伸びず、ゲームクリアまでに全ての武器を登場させられなかったことです。基本的には面白かったんですけど、その点がひっかかりました。

D

関連記事

関連リンク

2016-09-17

[]乙女理論とその後の周辺 -Belle Époque- Navel

月に寄り添う乙女の作法のシリーズの最新作で、パリ編の人たちのファンディスクですね。それほどボリュームはありませんが、楽しみました。ただ、Navelはそろそろ完全な新作を出しても良いのでは?と思わなくもないです。月に寄り添う乙女の作法は2012年発売なのでそれほど古びてはないんですが、そろそろやりつくした感も。

D

関連記事

2016-09-11

[]異世界迷宮の最深部を目指そう 1-7 割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 2 (オーバーラップ文庫)異世界迷宮の最深部を目指そう 3 (オーバーラップ文庫)異世界迷宮の最深部を目指そう 4 (オーバーラップ文庫)異世界迷宮の最深部を目指そう 5 (オーバーラップ文庫)異世界迷宮の最深部を目指そう 6 (オーバーラップ文庫)異世界迷宮の最深部を目指そう 7 (オーバーラップ文庫)

凡庸なタイトルからは想像もつかない話になってます。

基本的には異世界に来た主人公がチート能力無双する話ではあるんですが、チート能力の代償もあって、結構深刻にひどい目に遭い続けます。あんまりお気楽な展開ではないです。設定もかなり凝っていて、シンプルな話ではないことが徐々に分かっていきます。

絵も綺麗でオススメです。

[]最果てのパラディン 柳野かなた, 輪くすさが

最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫)最果てのパラディンII 獣の森の射手 (オーバーラップ文庫)

異世界転生ものではあるんですが、アンデッドに育てられるというインパクトのほうがずっと強く、転生ものというジャンルからはかなりはみ出していると思います。魔法等の考え方がお手軽じゃないので、重厚なファンタジーの雰囲気を醸しだしています。続巻に期待です。

2016-09-04

[]世界樹の迷宮V 長き神話の果て アトラス

世界樹の迷宮V 長き神話の果て

世界樹の迷宮V 長き神話の果て

世界樹の迷宮、裏ボスまでクリアしました。地図とクエストとモンスターはコンプリートしたんですが、アイテム集めはめんどくさくなってとりあえず終わりにします。

今回はキャラメイクが種族×職業になっている部分が新しいですね。

今回は課金でお金と経験値がざっくり入るクエストをもらえるんですが、時間がない人には便利だと思います。普段それほど重要ではないんですけど、新しいキャラを育てたりするときに便利ですし、最後のほうは休養して(レベルが2下がる)スキルを振り直すってのを頻繁にやるんですけど、そのとき手間が省けます。

ストーリーというか世界観は今までとはちょっと違うかもしれません。そこも新鮮で良かったです。


なんにしろ、毎度のように面白いゲームでしたね。


関連記事

[]新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女 アトラス

ブログには書いてないですが、新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女もクリアーしてます。ストーリーモードは楽しかったです。リッキーことフレドリカが可愛いです。

迷宮自体はリメイクしてあるので初代の世界樹の迷宮で遊んだ人でも、新鮮かと。


新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士のほうは遊んでません。アマゾンで評判悪かったのをみて躊躇してしまいました。

新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女

新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女

[]世界樹の迷宮III 星海の来訪者 アトラス

世界樹の迷宮III 星海の来訪者 アトラス・ベストコレクション

世界樹の迷宮III 星海の来訪者 アトラス・ベストコレクション

IIIもやったんですけど、ブログには書きそびれていましたね。

2016-09-03

[][]ゴブリンスレイヤー 蝸牛くも 神奈月昇

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)

TRPG likeな世界観の(ほんとうに)中で繰り広げられるゴブリン討伐記。

TRPGで正面から戦わず、いろいろ工夫しちゃうような人には特にオススメ。

3巻はまだ発売していませんが、これから読みます。