Hatena::ブログ(Diary)

アセトアミノフェンの気ままな日常

2015-07-18

gs の -dUse****Box はいつからか

昨日とりあげた gs の -dUse****Box オプションについて。本題からそれるが、これらのオプションがいつ実装されたか気になる方へ。結論から言うと、

  • -dUseCropBox というオプションは2002年の時点で実装済み
  • -dUseTrimBox は2009年に実装
  • -dArtBox は2013年に実装
  • -dUseBleedBox は2014年に実装

のようである。以下で詳細に調べる。

-dUseCropBox オプション

gs7.21 (2002-07-08)で実装されたようだ。これは gs7.xx のChangeLog あるいは WebArchive に残された ChangeLog を見ればわかる*1

2002-06-28T10:55:43.000000Z Russell Lang

Fix: Add the option -dUseCropBox to set the page size from
the CropBox rather than the MediaBox. This is appropriate
when using ghostscript to view PDF files or convert to
bitmaps. It probably isn't appropriate for printing.
Fixes SourceForge bugs #522486, "Wromg size EPS generated from PDF"
and #538267 "Problems with Media Box in PDF and PS interpreter".

[lib/pdf_main.ps doc/Use.htm]

ちなみに、ドキュメントでは -dUseCropBox オプションの解説に途中で変化がみられる。
古いもの(2013年8月14日)

-dUseCropBox
Sets the page size to the CropBox rather than the MediaBox. Some files have a CropBox that is smaller than the MediaBox and may include white space, registration or cutting marks outside the CropBox. Using this option will set the page size appropriately for a viewer.

新しいもの(2013年9月22日)

-dUseCropBox
Sets the page size to the CropBox rather than the MediaBox. Unlike the other "page boundary" boxes, CropBox does not have a defined meaning, it simply provides a rectangle to which the page contents will be clipped (cropped). By convention, it is often, but not exclusively, used to aid the positioning of content on the (usually larger, in these cases) media.


-dUseTrimBox オプション

gs8.70 で実装されたようだ。これは gs8.xx の ChangeLog を見ればわかる。

2009-06-20T17:29:39.375319Z Alex Cherepanov

Add TrimBox support and a corresponding -dUseTrimBox option. Bug 690547.

[Resource/Init/pdf_main.ps doc/Use.htm]

ドキュメントでは2009年4月18日には見当たらず、2009年9月17日には登場する。

-dUseTrimBox
Sets the page size to the TrimBox rather than the MediaBox. The trim box defines the intended dimensions of the finished page after trimming. Some files have a TrimBox that is smaller than the MediaBox and may include white space, registration or cutting marks outside the CropBox. Using this option simulates appearance of the finished printed page.


-dUseArtBox オプション

gs9.07 で実装されたようだ。これは gs9.xx の ChangeLog を見ればわかる。

2013-01-04 20:34:47 -0500 Alex Cherepanov <alex.cherepanov@artifex.com>

Bug 93512: Add -dUseArtBox option.

ArtBox is often the smallest of all boxes. This option can be useful
when the file should be cropped to the smallest box without loss of
the contemt. Thanks to Marcos for the patch.

gs/Resource/Init/pdf_main.ps
gs/doc/Use.htm

ドキュメントでは2013年1月20日には見当たらず、2013年5月15日には登場する。

-dUseArtBox
Sets the page size to the ArtBox rather than the MediaBox. The art box defines the extent of the page's meaningful content (including potential white space) as intended by the page's creator. The art box is likely to be the smallest box. It can be useful when one wants to crop the page as much as possible without losing the content.


-dUseBleedBox オプション

gs9.14 で実装されたようである。こちらも gs9.xx の ChangeLog を見ればわかる。

2014-01-31 09:42:38 +0000 Ken Sharp <ken.sharp@artifex.com>

PDF interpreter - add -dUseBleedBox to complete the quartet of Boxes

Bug #694977 "please provide -dUseBleedBox in analogy to crop- and trimbox"

gs/Resource/Init/pdf_main.ps
gs/doc/Use.htm

ドキュメントでは2014年3月22日には見当たらず、2014年3月30日には登場する。

-dUseBleedBox
Sets the page size to the BleedBox rather than the MediaBox. defines the region to which the contents of the page should be clipped when output in a production environment. This may include any extra bleed area needed to accommodate the physical limitations of cutting, folding, and trimming equipment. The actual printed page may include printing marks that fall outside the bleed box.

*1:Ghostscript のドキュメントは、重要な旧バージョンについては現在も WebArchive に行かなくても参照できる。現在 WebArchive 以外で参照できるページとしては gs6.53 のドキュメント(-dUseCropBox の記述あり)と gs5.50 のドキュメント(-dUseCropBox の記述なし)があり、一見するとこの間に変更があったものとみえる。しかし、これらのドキュメントがリリース当初から改変されていないとは言い切れないので、試しに WebArchive をたどってみると2008年時点で同じ URL のドキュメントには -dUseCropBox の記述が見当たらない。これはドキュメントが何度か改変されていることを意味し、信憑性が薄くなる。