Hatena::ブログ(Diary)

アセトアミノフェンの気ままな日常

2016-04-23

LuaTeX の入力ファイル名のトリビア

しばらく更新が滞ったのは、LuaTeX の動作テストや本業で時間がなかったからです…その成果物も読んでくれると幸いです。

さて:今日初めて気づいたので…

ほとんどの TeX (TeX, pTeX, upTeX, pdfTeX, XeTeX) は

% test0.tex
\input{test1.tex}\bye

とかくと

 $ tex test0
This is TeX, Version 3.14159265 (TeX Live 2015/W32TeX)
 encTeX v. Jun. 2004, reencoding enabled.
(./test0.tex
! I can't find file `{test1.tex}'.
l.1 \input{test1.tex}\bye

(Press Enter to retry, or Control-Z to exit)
Please type another input file name:

というふうに括弧 (brace) 付きの {test1.tex} というファイルを探す。

ところが、LuaTeX は

This is LuaTeX, Version beta-0.80.0 (TeX Live 2016/W32TeX/dev) (rev 5238)
 restricted \write18 enabled.
(./test0.tex
! I can't find file `test1.tex'.
l.1 \input{test1.tex}
                     \bye
(Press Enter to retry, or Control-Z to exit)
Please type another input file name:

のように括弧なしの test1.tex というファイルを探す。へえ…

ちゃんとマニュアルにも書いてあった。「1.16.1 File syntax」より:

LuaTeX will accept a braced argument as a file name:
\input {plain}
\openin 0 {plain}
This allows for embedded spaces, without the need for double quotes. Macro expansion takes place inside the argument.

Bの補集合Bの補集合 2016/08/21 10:14 うわー,そういうことでしたか.
探してましたこういう記事! コマンドラインで\include効かないのか...と有らぬ勘違いをしてましたわw

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/acetaminophen/20160423/1461432267