Hatena::ブログ(Diary)

アセトアミノフェンの気ままな日常

2015-11-10

国文研古典籍データセットなるものを知った

なんだか凄いものがあるそうだ。

f:id:acetaminophen:20151110202926p:image

えっ、日本文学「約26GB」!!!


一部だけダウンロードしてみた

しっかりライセンスが明記されていて

国文学研究資料館 作『古典籍データセット(第0.1版)』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-SA)で提供されています。

中身がなんなのかよくわからないので、とりあえず日本文学の 4.「十六夜日記」をダウンロードしてみた(比較的軽いわりに名前は知っていたので)。

f:id:acetaminophen:20151110202927j:image

あー、そういうことね。ちなみにカラフルな棒が置いてあるが、あれはスケールと色見本を兼ねたものなのだろう(と思う)。上に添付した画像は2枚目で、1枚目(表紙)とともに定規が置かれているので実寸がわかる。

2015-10-02

縮退マップが完成したそうだ

以前かいた「モジラボ」のコンテンツである縮退マップが完成したという情報が出た。

長年の懸案だった“外字問題”が解決へ、6万字を1万字に対応付ける「縮退マップ」が完成 (IT Leaders)
戸籍名などで使用するマイナーな文字を、JIS X 0213で規定される 1万1233字にマッピングできるようになる。氏名を正確に表記する必要がある自治体などの業務において国際標準に基づく6万字を使い続けつつ、並行して日常的に氏名を表記する場合には市販の情報機器で使える文字にするイメージだ。

ほうほう。

2015-09-12

IPA のモジラボ

IPA 文字情報基盤整備事業が7月31日に公開したらしい。

こんなの公開されていたとは知らなかった。Twitter でも告知を拾った覚えがない(最近 Twitter 全然追いかける余裕がないからか?)

文字の関係性をグラフ化するツールというのがあった。

  • UCS 関連文字マップ
  • 戸籍統一文字情報 親字・正字

の2種類。下は UCS 関連文字マップ。

f:id:acetaminophen:20150912230735p:image

それぞれの文字をクリックすると、文字番号や IVS などの情報が表示される。

f:id:acetaminophen:20150912231129p:image

で、ワタ「ナベ」さんは大したことない*1ようだけど、「サイ」トウさんやばい。収まり切れない様子。

f:id:acetaminophen:20150912232400p:image

MJ 縮退マップは、戸籍統一文字と住民基本台帳ネットワークシステム統一文字から成る約6万字(MJ 文字集合)と、JIS X 0213(JIS 第1水準〜第4水準)約1万字との対応関係を見出すためのもの。MJ 文字集合は IPAmj 明朝に収録されている。zip 圧縮された json 形式で配布されていて、扱いやすそうである(扱いに慣れている人にとっては…)。

IPAmj 明朝フォント 非漢字情報一覧表というのもあった。モジラボ、今後もいろいろ増えていきそうな気配。
追記 (2015-10-02):ついに縮退マップが完成したという情報が

*1:どうやら MJ026190 で検索しても MJ026191 で検索しても結果が同じように見える…全部の文字は網羅していない?

2015-07-07

ひまわり8号リアルタイム画像

今日から公開された「ひまわり8号」のリアルタイム画像が話題である。

f:id:acetaminophen:20150707235334p:image

今日7月7日から運用開始され、従来の「ひまわり7号」に比べて解像度は2倍にアップ。しかもカラー撮影が可能になったことで、まさに「見て楽しむ」にもってこいである。

ハフィントンポストでも解説されているとおり、トリプル台風がくっきり写っている。
f:id:acetaminophen:20150707235431p:image

地球に光が当たっている部分が徐々に変化していく様子がみてとれる。
f:id:acetaminophen:20150707235439p:image
f:id:acetaminophen:20150707235438p:image
f:id:acetaminophen:20150707235436p:image
f:id:acetaminophen:20150707235435p:image
f:id:acetaminophen:20150707235433p:image

10分ごとの更新が20:30で止まっている(23:30現在)のは、もう日本が見えなくなって面白くないからだろうか?

2015-01-09

地理院地図 3D

早速使ってみた。

f:id:acetaminophen:20150109202242p:image

適当な地域の範囲を表示した状態で右上の「機能」から地理院地図 3D にいけば

  • STL ファイル(グレースケール)
  • VRML ファイル(フルカラーのテクスチャ付)
  • WebGL 用ファイル(ブラウザでぐるぐる回す)

の3通りの形式でダウンロードできる。このうち MeshLab で開くことができるのが、STL と VRML である。そこで、今回は STL と VRML でダウンロードしてみた。

f:id:acetaminophen:20150109202237p:image

以前メインブログに書いた記事

をもとに、3D モデルを PDF に埋め込むことを考えてみたが…

ただし、STL はカラーでないのであまり面白みがない。そこで、VRML をダウンロードして試してみる。MeshLab で表示することはできたが…

というわけで…

地理院地図の他にも、結晶構造を描画する VESTA や、分子模型表示の Jmol が VRML 出力に対応している。他の分野でもよく VRML は利用されているはずなので何か方法がありそうなものだが、今のところ見当たらない…