achickcanaryの日記

2011-03-06

畜産型ソーシャルメディアから脱却はできるのか

| 23:11

f:id:LooGoGo:20070127131804j:image

Photo by LooGoGo

そらのちゃんのてきとうな配信を問題視している人がいるんだけれどもはてブでメガネ王やそらの氏に罵詈雑言を投げかけている人に言いたいこと はてブでメガネ王やそらの氏に罵詈雑言を投げかけている人に言いたいこと以前よりひどくなくてもまあなんだか言ってしまう人はいるのだろうけど、疑問や問題に思うことについてどう書いて行くかで批判だけしてもめがねだか何だかの人と変わらなくなっちゃうよという話。

そこから

自分の運の良さを「正しさ」だと勘違いしている人たちへ - 琥珀色の戯言 自分の運の良さを「正しさ」だと勘違いしている人たちへ - 琥珀色の戯言

こういう話題になっていくのだけれども、正直によく書かれていると思う。イクメンとかいうけれども、たぶん大体で私と同世代だとして、この方のことじゃなくてなんとなく感じることがある。というのも子育てと女性キャリアの育成 - achickcanaryの日記ここで書いたことのようなことを正直に弟に言ったら相当ムッとされて10代だったら大喧嘩になっただろうし姉でなければ殴られてただろう。「時間がない」とか「姑の前では怒れない」*1とかだった。けれども今日子どもも一緒に食事をしたらおとなしくなっていた。義妹が何か話していたのは何かについて姪に説明していると「そんな内容理解できるの?」と特に男の子の母親からは言われるのだと。成長にもよるのだろうけれども。というか気になったのも同じように一緒に食事を外でしてその時は個室だったので相当子どもがハイテンションになり、その後お店の外に出て車にひかれそうになったというのもある。衝動的になる性格とかそういったことについては運が良かったからではなく、他人の分まで常日頃から考えられるような日々の努力の強制と押し付けにより人一倍わかっているので*2こう書いて相当感じ悪いと思われてもいいと思っている。聞く耳を持たないということでなくて。そもそも何を書いても、何か言われる時はいわれるし、同世代の男性を中心としたプレッシャーへの弱さは重々わかっているので。

何できつく書いてるかって?あるところから、こういったプレッシャーへの弱さにつけこまれて、ファッションまたは息抜きとしての社会主義にうまく乗られている事の危機感が強いので。(わたしは右派だけれども右翼ではないしファシストでもない。いちいちうるさい。だめにしてんのはどっちだよ。)

自分の生き方がよかったのかと思いがちなところでどうしたらいいのかとりあえず奥様方の正直な意見というのがはてなにはあまりないというかミクシコミュと小町でおかしなかたちになったものしか見当たらないんじゃないのかなあ。

たぶん元々男性の場合は社会化されていて、主婦の方はそうではないところがある。ウェブでどんどん社会化されていく人と家族など身近な人とのある物事についての理解差についてはわたしもどうしようかなと思うところもある。一方主婦同士の生活面での交流は非常に盛んだ。だからめがねの人のフランチェスカさん批判はまずい。

id:umedamochioウェブ時代をゆくだっただろうか?梅田夫妻がアメリカに渡ってからよく話すようになったという話が載っていたのは。

*1:母は子どもを叱る場面に遭遇して嫌な顔をすることはないのでそういったマニュアルでもあるの?と聞いてしまった。都市伝説なのか本当なのか。山口智子の昔やってたドラマかなんかか?野際陽子の一連のシリーズ。

*2:それでもこのシリーズは結構もう辞めてほしい。ちょっとずうずうしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/achickcanary/20110306/1299420678