achickcanaryの日記

2011-12-14

アリとキリギリスと文化 ちょっと追記した

| 22:49

昨日いろいろCAの人に言ってる中で気づいたこととか。たぶんより多くの人の注意をひくとか言うと、

「くだらないとか下世話だとか言いながらでもちょっと興味あるでしょ?」的な方向に必ずなるんで、

お客の心理を操れば売上があがる!26の心理サイトまとめ | お土産屋さんブログ お客の心理を操れば売上があがる!26の心理サイトまとめ | お土産屋さんブログ

こういうのばっかりになる。

着想は、どこから来るか?|インタラクリ 着想は、どこから来るか?|インタラクリ

モチベーション、それは、いつも、自分の頭の外からの刺激で、起動する。

刺激の種類にもよるっていうのもこの間書いたし。

まあでもそうすると飽きるのも早いんだよね。

昼間直接的にCAなのかどこの会社か知らないがのことで文句言ってたんだけどそもそもTGCとかもともとそういう文化だからね。書いてあることがそもそもリアルからウェブに「移植」ってことだけだったように思う。

追記:神戸のみたいだったんだけどTGCと一緒な感じのなんとなく皆でわーっと盛り上がるみたいな場の空気のもの。

一方で役に立つみたいなメリットがないと入ってこない人もいる。

なんかだけど、どこの時点でもアリとキリギリスみたいになるんだよね。


この近藤さんについて書かれた記事面白いんだけどさ、「はてな」の近藤淳也さんにお会いしてきました: 石井力重の活動報告 「はてな」の近藤淳也さんにお会いしてきました: 石井力重の活動報告

こういう時地道にやってきてる人がオープンソースの名のもとになんていうか損するみたいのはよくないと思うんだよね。

役に立つとか、ツールっていうのだと昨日書いた高広さんの本読みかえしてみてて、ああビーイング・デジタル - ビットの時代 新装版これので混ざるとか間違えたのか、それでもね西和彦先生もMSにいたし、As we may thinkとかやっぱりどこかツールなんだよね。id:umedamochioそろそろ出てきてもいいんじゃないかとかとかもう少しかなあとかとか。

なんかどうも前濱野さんが言ってたけどやっぱもろツールなんだよなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/achickcanary/20111214/1323870551
Connection: close