achickcanaryの日記

2012-08-01

何のバランスを見てるの?

| 20:10

何かくだらないしプロ意識がないなあと思うんだけど、ウェブ界隈で働く女性がぎすぎすし始める時がある。

それってだけど、単純にうかがえる範囲での(別に何もないけど)伊藤とあたしの仲の良さとかだったり(可笑しいけど関係あるの)。それに付随する携帯小説とかゲーム、後マンガとか、まとめて言うと刺激優先の消費財で、そういうのが多くなるとわたしに対する批判とか猜疑心を煽るものなどわたしがあまり見ない方でも1日50件当たりあって、結果として、AKBの選挙は村の嫁候補みたいな感じにどんどん当たり障りない方向になって女性は息苦しい感じがする。(なのでいらいらするなら秋元康に不満はぶつけろ)。今はだいぶ他の情報があるにしても見てしまう子はそういうものをどんどん見るとか、仕事の都合でどんどん書くとか見なくてはならなくなったり。

それから、前にCAの小越君が軸とバランスの話をしていたけれども、情報価値基準がここのところ意味不明な会社同士のただの勢力争いとかになってて、質が問われていない気がする。

女性誌を見るとわりとよくわかる気がするのだけれども、今月号を久しぶりに見たら面白くなかった。

VoCE (ヴォーチェ) 2012年 09月号 [雑誌]

VoCE (ヴォーチェ) 2012年 09月号 [雑誌]

美容評論家の斉藤薫氏は男女、女性同士の仲の取り持ちかたみたいなことを今月は書いている。男女の場合は小さい幸せの積み重ね、女性同士の場合は否定と肯定があるにしても疲れないことが大事というふうにものすごく大雑把に言うとなっている。

なんでこうなったかというと、年齢の問題とフェイスブック周辺の40代の人の消費意欲からわたしから出て行くものやはてなの社員の人にもいるけれども、何がいいかに鼻が効く人の情報がこちらを見るとわかるが、この何か三つだったっけ実は恥ずかしながら全部持っている。 

2012年上半期、美容賢者50人の「私を変えた! ベストコスメ」 - BEAUTY - X BRAND 2012年上半期、美容賢者50人の「私を変えた! ベストコスメ」 - BEAUTY - X BRAND

値段の問題ではなく、そもそもズボラなのでそうなって行った気がする。損もしたくないし、元から勘もよいので。特に美容というジャンルだと、何だみたいなことになるが、まともに内省ができないともしかすると無理な面があるのだ。

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/achickcanary/20120801/1343819427