ヒーバハバ

2018-05-10 本当のことを言おうか?

満を持してこの俺がTwitterを始めたというのに何の反響もないだと? 俺だぞ? ヒーバハバの広芝だぞ?

「もうアイロニー通用しないから気をつけろ……ゼロ年代ネットとは違うんだ……」という話を聞いたので、いきなり本音を書いてみた。今のネットでうけるのはあられもない本音、これを本音主義と呼ぶ。

から好かれるため、本音を書いておこう。

金が欲しい。

女が欲しい。

地位が欲しい。

いや、これは本音とはとられないかもしれない。普遍的すぎる。この三つは全ての悪代官が欲しがってきたし、今の時代、金を欲しがらないやつは日本人ではない、そんな風潮がある。

おっと、これはサーカズムととられるのか? 政権批判

いや、そんな複雑な読み方をする知性を人類は失ったという話を聞いたことがある。続けよう。待てよ、なんの話をしていたんだっけ? ここのところ短期記憶が壊れてしまって……そうそう。金が欲しいという話をしてたんだった。

金が欲しい? ん。どこかでこの言葉を聞いたことがある。金が欲しい……む、デジャブだ。

ちょっとフラッシュバックしてくる。待っててくれ……。くっ……(頭痛。頭が真っ二つに割れたような最強の痛み)

真冬川原が見える。なんだあれは? 臼と杵を持った坊主頭の男が歩いてくる。クールポコなのか? 違う。クールポコでもないというのに、臼と杵を持ち歩いている男がいる。その傍らにはよく燃えそうなジャンパーを着た男がいるのだが、こいつも坊主だ。坊主坊主、ひょっとして……オフ会なのか?……みんなチラチラとお互いの顔を見てはいるが目をあわそうとはしない。顔立ちは観察したいが見つめ合うという関係は持ちたくないのだ。笑顔がない。む! この時代にはアイロニー通用したらしい。この集まりの名前は『お友だち会』……≫

ハッ! ここはどこだ? 2018年か? 2018年に無事戻ってこれたか? テレビをつけてみると、ちゃんと小便器の小便の的のシールになって欲しい顔が政治家になってる。よかった。

さて、デジャブスリップしていたのは2000年なのだが、そこで俺がこう書いていたのが見えた。

「金が欲しい」

ふむ。俺は昔と同じことを繰りかえしているのか? 5年ぶり3度目くらい? いや、もっと金が欲しい金が欲しい書いていた気がする。となるとこう言ったほうがいいのか。

俺は20年近く金が欲しいと書きつづけている。

しかしネットで金を稼げたことがない。

ということはだ、この「金が欲しい」はより純粋ものと言えるだろう。そんじょそこらの「金が欲しい」ではない。普通、金が欲しいのなら、金になることをする。仮想通貨とか、臓器売買とか、ブログハッピーメールを薦めたりするはずだ。

ただただ「金が欲しい」と呟く。これはうめき声とかに近い。

痛い……寒い……金が欲しい……。

(了)

いかがでしたでしたか。気に入っていただけたのならTwitterフォローしてください。「気に入る→Twitterフォローする」という流れです。よろしくお願いします。

https://twitter.com/hiroshibbq

2018-05-07 シュレディンガーの灯台守

「誰とも話さないで人は生きていくことはできない」と何かで読んだことがあって、しかしそんな話は認められない――人と話す「実力」が不足している身としては、現世が地獄だと言われたようなもの。「話せ、でなければ死ねだって? 世界ってそんな単純なものか? 生きるってのはもっと自由ものなんだよ。よし。俺が世界を変えてやる!

灯台守に、俺はなる!」

灯台に住み込んで、日がな一日海を照らし続ける。必要ものネットで買って宅配ポストに入れてもらう。誰とも会わない。人の気配がない。聞こえてくるのはポスト缶詰めが落ちる音だけ。見えるのは舟影だけ……実はすでに人類が滅亡していて、船型のトランスフォーマー地球を牛耳っているのだとしても気がつかない)

そんなライフスタイルに憧れていたのは十年前のことで、十年経ってみてようやくわかったのだけど、たしかに人と話さないで生きていくことは不可能だった。こう言うと「現世は地獄だ」と言われた気がするかもしれない。待って欲しい。それとは少し違う。私は孤独というものを侮っていた。というか、孤独孤独でも、もう一つ上の段階の孤独がある。

少し難しい話になる。シュレディンガーの猫は知っていると思う。猫を箱に入れる。50%の確率死ぬスイッチを入れると、箱を開けるまで猫は生きているのか死んでいるのかわからない。というと当たり前のようだけど、量子力学的にいえば、箱を開くまでの猫は、生きている状態と死んでいる状態が重なっている、らしい。

ではこれが猫ではなくておっさんだったとしたらどうだろう? おっさんは日々、心筋梗塞脳卒中リスクに晒されている。わざわざ死のスイッチなど入れなくても死ぬ確率がある。箱に閉じこめるのは難しいだろうが、おっさんが自ら人目を避けて灯台を守り始めたとしたら? 誰とも話さず、誰とも会わず、したがって誰からも観察されない。そんなシュレディンガー灯台守がいたとしたらどうだろう? 健全解決策としてネットで語りだすだろう。「誰とも話さない人は生きているとはいえない。なぜなら死んでいる自分と重なることになるからだ。説明しよう。少し難しい話になるが……」

ここまで書いて愕然としたのだが、どうやら私は生きようとしているらしい。(※鳥肌注意 https://twitter.com/hiroshibbq