REV-MEMO

 

2015-06-26

[][][][]   劇場版ラブライブ!」〜創発物語08:38

概要

結論から述べよう。

ラブライブ!」とは、極めてシンプル企画要素から生まれ映画創発的に完成した青春物語ではないだろうか。

具体的には、TV版の間では少なくとも表層的には迷走することもあったテーマ、分断されていた要素が、映画版によって遡及的に(=過去評価を上書きしながら)一つのテーマにまとめ上げられるという見方ができる。即ち、映画版を見ることで、TV版を最初からまっすぐに一つのテーマを貫きつづけた物語であると見て取ることが可能になる。そして、そのように見て取ったTV版を無意識下で担保とすることで、省略・分断・現実イメージの融合表現が多く「難解ではないが強引」な映画版を単体でも傑作であると感じることが可能になる。

また、もう一つの興味深い点として、この作品は、各所で指摘されているので詳細には述べないが、企画の成長と作品内でのキャラクターの成長が共鳴しているメタフィクション的な特徴を持つ。この特徴は、作品に関する印象がフィードバック的に変化するという効果をもたらす。


以上の創発性とメタフィクション性の二つの特徴は、同じものを見ても、作品に「はまりながら」視聴範囲を広げたり繰り返したりすることでさらにはまっていく場合と、「はまれないまま」見ることで全く共感できずに終わってしま場合とをもたらす。

この特徴はまた、劇場版ラブライブ!」に対する評論を書く際に、「物語テーマがない、萌えデータベース」と「物語テーマがある、優れた作品」との正反対結論を持ついずれの評論をも説得力を持って論理的記述することを可能にしてしまい、基本は単純明解であるはずのこの映画評価を困難とさせてしまう。

注意

言うまでもないが、本論は作品内部を深く分析したものであるため、所謂ネタバレ」になりうることには注意されたい。

ただし、必要ない限りネタバレには十分注意するようにしており、また、この作品は、プロットを先に知ってしまうことで魅力が損なわれる影響が少ないという特徴を持つと思われるので、それを過度に心配する必要はないだろうとも補足しておく。

そもそも、例えばTV版を見ずにいきなりこの映画を「試し見」してしまうような行為自然TV版のネタバレになってしまうわけだが、実はそういう鑑賞にも耐えられる作品になっているのではないか、むしろ、「手っ取り早く楽しむ」ためには映画版TV版の順で見ることもありうるのではないかというのが、本論が導く仮説の一つである


TV版の成立経緯

この節で述べる成立経緯とは、「構成要素を分析し、このように成立したとモデル化すると作品を説明しうる」という程度のものである

そのため、製作者の実際の創作過程の詳細とは異なっている可能性は当然ある、むしろまずは異なっているだろうが、それはここでの考察範囲限定すれば問題ないとみなすことにする。

この考察方法自体が正しいのか、厳密に守れているかは別途検討必要かもしれないが、取りあえず、ここで行うのは、あくまで、作品構造についての考察である表現してみておく。

まず、企画根本から、追加される順に要素を並べてみる

 ここで主張したいのは、実際の経緯は多少異なっていたとしても、TV版1期の段階では、「スクールアイドル」というのが極めて単純な定義であり、「何でもいいが」という偶然といい加減さを含みながら企画という作品から要請されて成立しただけのもので、「テーマ」「物語」と言えるようなものではなかった(としか思えない表現であった)ということである

 本当にそうであるかは別途検討必要そうだが、取りあえず直感のままに話を進めていく。


 ストーリーを進めるために追加が必要な要素は次の通りである

 ここで「何でもいいが」を強調したのには、多少は根拠がある。

 それは、その目標TV版1期で達成されてしまい、にも関わらずその後も物語が続くことである


 それゆえ、TV版2期に移るにあたって、((7)を除去した後で)要素の追加が必要となる。

 ここの「何でもいいが」には、更に強い根拠がある。

 それは、目標達成までの経緯(達成できた理由・達成の瞬間) の描写がばっさり省略されていることである


 それはなぜか? それはここに来てようやく「主役」であるテーマ」が登場するからである

 …まあ素朴な印象として「ちょっとひどい」。

 ここまでを全体として見ると、方向性ぶれすぎ、テーマがない、物語がないと言われても仕方ないかもしれない。

 しかし弁護すると、思い切りよく(8)を捨てたおかげで、(9)については終盤中心であるとは言え、しっかり描かれていたと言える。

 そのおかげで、それまでの右往左往に目をつぶれば、良作としてTV2期は終了したと言う評価も十分可能ではある。

映画版の成立経緯

ここにおいても、企画成立の流れは単純であると見立てることができる。

ここの安易さ、そして他の要素との繋がりの悪さは、いろいろと突っ込みを受けてもやむを得ないところだと思う。例え、安易であるということは王道であるということでもあり、それをいかに料理するかだけが問題だと弁護しておいたとしても。

しかし…

そして物語創発

 さて、ここから劇場版ラブライブ!」の面白いところである

 なんと、映画では、(9)の「9人であることが大切だから」の前提を破らないまま、「μ'sを活動停止する」

ことを不要とすることを仕掛けて来るのである

 これは主人公も悩むところだろうが、メタフィクション的には、製作者もピンチである

 せっかく感動を引き起こした(9)のテーマ台無しになってしまうのだから

 …まあ、自分でやっているのだけれど。

 とにかく、ここで引っかかってしまい、これ以降の部分が納得できなかった場合は「2期はよかったけど映画は駄目だった」という感想になってしまうだろう。

 実際、そういう感想も見かけはするが、筆者としては、この後で逆転の奇跡が行われたのだと解釈したい。

 それは…(9)の理由部分に(最初のものを残したまま)

「限られた時間の中で仲間と一緒に精一杯頑張り楽しむことが素敵だから

ということを追加することで達成されたのである

(以後、この文は「限られた時間が素敵だから」と省略表記する。)

 このことにより、(9)のテーマは次のように改変され、(一応) 無事、防衛成立となる。


 そして、ここから重要ことなのだが、この「限られた時間が素敵だから」が与えられた瞬間に、オセロコマがまとめて引っくり返る瞬間のように、過去の様々な要素から「何でもいいが」が抜けて「必然」となり、迷走し分断されていた要素が一つの大きな流れの中に結合するのである

 そして、映画の一番最後に、冒頭の

「The School Idol Movie」

を僅かに修正した

「LoveLive! School Idol Project」

タイトルが表示された瞬間、映画としてすべての(展開上の) 物語が終わると同時に、作品としてすべての(テーマとしての) 物語が生まれるのである企画根本たる(6)を次のように改変して。

 そう、「ラブライブ!」とはそれをテーマと「し続けていた」物語「だった」ことになったのである


 物語創発である


終りに

 実は、前節の文章の流れ自体が、物語内の始まりから終わりまでの流れ、そして、企画の成立から作品の完成までの流れ、に似た形になっているような気がする。

 この作品の魅力は、かようにメタフィクション的な構造にあるところにあり、それゆえ、誰もが同じように評価することが困難になるのではないだろうか。

 素朴には、例えば、最初から(6)ではなく(6')を用いて企画を開始していたのなら、より洗練された作品になっていたようにも思え、現在この作品に不満を持っていた人も納得できていたかのようにも思える。実際、テーマ自体は単純で普遍的であるため(だからこそ強度があるのだが) 、それをある程度意図していたが、わかりやすく表現できていなかっただけの可能性もある。

 だが、本当にそうなのだろうか? テーマ曖昧なまま、時に方向性を変えながら走り続けて映画に到達してついにテーマを見つけた作品の成立過程こそが、作品内の登場人物生き方共鳴し、感動を引き起こしているのではないだろうか?

 十分に整理しきれていない部分もあるかと思うが、この評論が「なぜ素晴らしい物語があると言われるのか納得できない人」「なぜ物語がないと言われるのか納得できない人」双方の方のために少しでもお役にできたら幸いである

 なお、この論では、話を明快にするために、テーマ構造の要であるメイン一つに絞り、並列して存在するサブテーマについては意図的に省略させて頂いた。

 後日、長いものもあれば短いものもあるが、大よそ下記のような論題で別途分析を進めて行くことを予定している。

 予定は予定なので変更する場合もあるが、とにかく、まずはここで筆を置かせて頂こうかと思う。


 アイディアの元を与えて下さったすべての人に感謝します。

ttytty 2015/07/06 06:48 件の記事のコメントのリンクからきたものですが、記事見させていただきました。非常に納得のいく論理展開がまとめられてて感想と企画そのもの全体像の把握の確認の役に立たせることができました。とても面白かったです。

acrmacrm 2015/07/09 04:28 コメントありがとうございます、大変励みになります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/acrm/20150626

2015-06-25

[]作品評論時に採用を迷う3つの要素 23:57


あなた美術館で絵を鑑賞するときにタイトルを読むだろうか。

読んで作品への印象に影響を受けるとすれば、それはおかしくないだろうか?

作品タイトルを除いて作品単体で評価すべきではないだろうか。

逆に、読まないとすれば、それもおかしくないだろうか?

そこにあるものには必ず意味がある、意味がないもの存在するはずがない、タイトルを含めて一つの作品として評価すべきではないだろうか。

いや、美術作品にはしばしば「無題」というタイトル作品がある。

これは、やはり、作品単体を評価して欲しいということではないだろうか。

いやいや、それこそまさにタイトル重要な好例である

見ていなければ、作者の強い主張の一つを見逃すことになる…


タイトル一つ取ってもこれである

いったい何をもって作品評価すべきかは、よくよく考えてみると、極めて難しい問題である

この文では、その問題について、問題の簡単な整理程度まで行ってみようと思う。

まず、要素としてどのようなものがあるかを順に上げてみる。

(0)は必須自明なので考察対象から除く。

番号を0から始めているのも、タイトルが「3つの要素」となっているのも、それが理由である

(3)は通常は除かれる場合が多いので説明は簡単に済ませる。

これを考慮して面白い評論になる場合もあるが、考慮しない方が偏向を避けられるとも言えるかも知れない。


問題は(1)と(2)である

(1)は、次のようなもの構成されるものだと暫定的である定義する。

  • (1-1)どのような順序で鑑賞するか
    • (1-1-1)(通常)作品構成要素の提供
    • (1-1-2)(特殊)すべての提供が終わった後などでの視聴者の鑑賞順
    • (1-1-3)(特殊)繰り返し視聴も考慮した視聴全体の回数・順番
  • (1-2)どのような視聴効果を持ちうる要素で構成されているか
  • (1-3)鑑賞メディア、鑑賞場所他(他にもいろいろありそうだが現時点ではここまでだけ注目する)

まず、(1)について、単純に考えると、これも除いて(0)のみで評論した方が、より正しく評論できそうであるが、これを除いて評論することが難しい場合もあるではないだろうか。

逆に(2)については、一見、(1)まで許すのであれば採用すべきであるかのようにも思えるが、実は、採用については慎重にならなければならないのではないだろうか。

例えば、インタビューで「これはこういう意図で入れたんですよ」などの言及があったとしても、それが記憶違いであったり、作品単体で見たときは全くそうは見えなかったりする場合もありうる。

作品内で登場人物が死んだときに、作者が「人の命は尊いものだという意味を込めました」と説明したか、「人の命に意味などないという意味を込めました」と説明したかで、同じ作品でも評価を変えるべきなのだろうか。

(1)の定義、それを採用する論拠など自分でも整理できてなく不十分なところもあるので、取りあえずは以上までの問題提起に止めておくが、この後の筆者の評論を読む際の参考にして頂けると幸いである

[]評論の楽しみ方 23:50

評論は、時に、敵意や警戒をもって見られることがある気がする。

その理由は、評論を「真実を暴くもの」と買い被ることにあるのではないだろうか。

もしそうであるならば、確かにその真実自分と相いれないものであるときには脅威である

しかし、そうであるならば、むしろ評論は無力である

評論は何物をも変革も創造もできないということになるのだから


評論もっと面白いのは、「新たな視点を与える」ときではないかと思う。

から評論もっと気楽に読み飛ばし、楽しんでいいものだと思う。

[][]映画評論 23:42

8年ぶりにブログを立ち上げて見て、過去の文に眩暈しました。

とても自分が書いたものとは思えない…。

恥書きついでに警句めいたものでも書いて流してみます。


いい映画とは、その映画を語る者に自分を語らせてしま映画である

いい評論家とは、自分について語ることなく真摯にその映画について語る評論家である

つまり、評論とは、映画評論家の行う勝負のようなものである


ぼんやりと思いついただけですが。


あとなんかこのページは広告が出るみたいなのでごめんなさい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/acrm/20150625

2007-05-20

[][]電脳コイル伺か 00:53

電脳コイル」が面白い。

しかし真っ先に頭に浮かんだのは「伺か」でやれないかなあということだったりして。

これ伺かで実現するとすれば、必要な技術はなんだろう?

取りあえずHMDって買えるぐら安いのかな? と調べてみたら、

意外とシースルーのウェアラブルディスプレイって発展途上なんですね。

一番進んでるのはここでしようか。

http://www.fc-lab.jp/jp/activities/050513j.html

しかしまだ開発中だからして諦めて非シースルーを探すと、

http://www.mikimoto-japan.com/beans/shopping_lineup/itheater.htm

三万弱ですね。シースルーだったら思い切って投資する価値があると思いますが、

実世界と重ねられないんじゃ本末転倒か…。

人工無能的発想で「いまここにある」技術で達成目標を大胆に置き換えていくと、

ですかね。

とにかくシースルー(つまり実世界映像上への重ね合わせ)優先で、ウェアラブルは将来課題としてばっさり切ってしまう。

キャラクタの3Dモデル化、三次元位置の把握もばっさり切る。

これなら必要なハード

だけになります。

更に、

にすると、ノートをちょいと手で動かしてみて、同期して画像が変わるように出来るかな。

ノートディスプレイに開いた穴から見た現実世界にゴーストがいる、という感じに見えて面白いかも。

ソフト的に必要な技術

というところでしょうか。

ゴーストデベロッパーに必要な作業は特にないですね。

表示・非表示の切り替わりのときにイベントがあってもいいかもしれないけど。


うーん、時間さえあれば可能そうにも思えるけど、

流石にすぐには厳しいかなあ…。


そう言えば個人で買える加速度センサーってどれくらい精度があるのでしょうか?

これでカメラ向きを検出できるなら、

目標発見画像認識処理が相当手抜きできるけど…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/acrm/20070520

2007-03-08

[][] 00:57

今日漢字変換していてなんかおかしいと気が付いた。

あれ?と思って調べてみて愕然。

http://blog.goo.ne.jp/yaraonn/d/20061211

こりゃ、あずまん環境管理型権力の典型例じゃないか。

怖いところをまとめてみると、

  • 問題があるということ自体に気付けない
  • 自由への道は開かれ続けている
  • しかし利益も少ないし面倒なので大多数は行かない
  • 道が開かれ続けてるゆえに危機感が起こらない

というところか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/acrm/20070308

2006-01-03

[]しぶんぎ座流星群 19:18

明けましておめでとうございます。

今夜はしぶんぎ座流星群です。

http://www.nms.gr.jp/sh01qua0.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/acrm/20060103
 
by acrm(=アクラム=安倉椋)
ページビュー
1267