Hatena::ブログ(Diary)

アクチュアリー志望者のための就職活動攻略

2109-04-11

もくじ

12:05

選考プロセス
<生命保険会社>
日本生命、第一生命、明治安田生命、住友生命、大同生命、太陽生命、ソニー生命

<損害保険会社>
東京海上日動火災保険、日本興亜損害保険

<信託銀行>
りそな信託銀行

<その他>
JA共済


試験問題
<生命保険会社>
日本生命、第一生命、明治安田生命(1)、明治安田生命(2)、住友生命、三井生命(1)、三井生命(2)、大同生命(1)、大同生命(2)、東京海上日動あんしん生命(1)、東京海上日動あんしん生命(2)、T&Dフィナンシャル生命、ソニー生命

<損害保険会社>
東京海上日動火災保険、日本興亜損害保険(アクチュアリー模擬試験)

<信託銀行>
中央三井信託銀行、りそな信託銀行

<番外編>
任天堂(理工その他)


エアコンクリーニング フロアコーティング

twin_paradoxtwin_paradox 2010/02/11 16:09 はじめまして!アクチュアリーに興味を持っている就活生です。
「任天堂」ってどういう意味でしょうか??

actuary2actuary2 2010/02/18 09:57 初めまして…
書き込みに気づかなくて、返信が遅くなってすいません…
「任天堂」ですが、プログラマー採用で数学の問題が出た…というわけで、アクチュアリー採用をしているわけではないです…
紛らわしくてすいません…

2010-02-02

東京海上日動火災保険(Specコース アクチュアリー・金融工学)の選考プロセス

15:33

本日は、東京海上日動火災保険(Specコース アクチュアリー金融工学)の選考プロセスです

後ほど、また更新します

2009-05-01

東京海上日動火災保険の試験問題

04:13

問題1 60点

(1)¥frac{x-y}{x+y}の全微分を計算せよ。

(2)¥frac{x}{x^2+y^2}の、(0 ¥leq x ¥leq 1x^2 ¥leq y ¥leq x)の範囲での重積分を計算せよ。

(3)A=¥(¥array{-5 & 6 & 2 ¥¥ -7 & 8 & 3 ¥¥ -4 & 4 & 3 ¥)固有値¥lambda_1¥lambda_2¥lambda_3を求めよ。

(4)x軸に接する、半径rの円が、x軸にそって1回転するとき、x軸に接していた点の動いた長さlを求めよ。

(5)次の微分方程式

¥frac{d^2y}{dx^2}-4¥frac{dy}{dx}+4y=4x^2+4x-2

と解きなさい。

(6)0から9までの整数の中から、任意にn個選んで積を作るとき、1の位の数について、次の値になる確率を求めよ。

 (i)1,3,7,9のいずれかになる確率p_1

 (ii)0,5のいずれかになる確率p_2

 (iii)2,4,6,8のいずれかになる確率p_3

 (iv)0になる確率p_4

(7)確率変数X,Yは、それぞれ¥[-1,1¥]での一様分布に従うものとする。確率変数Z=X+Yを考えるとき、Zの従う確率密度関数g(z)を求めよ。


問題2 10点

y=e^xx=0のまわりのn次のテイラー展開T(x,n)を求めるプログラムを書きなさい。ただし、f(x)x=x_0のまわりのn次のテイラー展開とは、

 f(x_0)+¥sum_{k=1}^{n}¥frac{(x-x_0)^n}{k!}

を表すものとする。また、プログラミング言語は、

C(C++を含む)、JAVABASICVisual Basicを含む)、FORTRANのいずれかを選び、明記すること。


問題3 30点

次のA,Bいずれかを選択し、解答しなさい。

A:損保数理(複合ポアソン分布)

B:金融工学(確率微分方程式

でしたが、放棄したので問題は忘れました(^^;

2009-04-21

りそな信託銀行の試験問題

20:03

問1

(1)ある病院では、患者に番号をつけるとき、1,2,3,5,...11,12,13,15,...のように、縁起の悪い4を含む数字は除いて番号をつけている。このとき、500人目の患者の番号は何番になるか。

(2)(1)からさらに、縁起の悪い9も除いて番号をつけるとき、5000番目の患者の番号は何番になるか。


問2

2008年のように、4で割り切れる年はうるう年です。ただし、2100年のように100で割り切れる年はうるう年にはなりませんが、2000年のように400で割り切れる年にはうるう年になります。また、2001年1月1日は月曜日です。このとき、次の問に答えなさい。

(1)2101年1月1日は何曜日か。

(2)2001年から2400年までの任意の1年を選ぶとき、1月1日が日曜日である確率を求めよ。


問3

(1)(1+x)^nを二項定理を用いて展開しなさい。

(2)(1+x)^{2n}を2通りに展開することで、

{}_{2n}¥mathrm_{C}_n=({}_n¥mathrm_{C}_0)^2+({}_n¥mathrm_{C}_1)^2+¥dots+({}_n¥mathrm_{C}_n)^2

であることを示しなさい。