Hatena::ブログ(Diary)

アクチュアリー試験数学の研究



 アクチュアリー試験
 (社団法人日本アクチュアリー会資格試験、アク試験)
 に関して、一定の基礎力を有する方を対象に、
 より合格を確実にするための
 効率的な解法
 の追究を主目的としたブログです。
 なお、メールアドレスは
 actuary_math@yahoo.co.jp(半角)
 です。
 また、質問のメール等を出される場合は、
 http://d.hatena.ne.jp/actuary_math/20090510
 を御一読ください。
 詳細は
 プロフィール
 をご覧ください。

2010-07-04 CERA(Chartered Enterprise Risk Actuary/Analyst)について

今回は @ (Yosuke Fujisawa)さんがReTweetされた

英国アクチュアリー会が「CERA」資格付与を認められた)

というTweetを契機に(前から取り上げようとおもっていたのですが)、各国共通のERM(Enterprise Risk Management)資格になりつつある

CERA(Chartered Enterprise Risk Actuary/Analyst)

をとりあげます。


まず、 @actuaryjp さんが過去にCERAについてTweetsを残されていますのでそれを引用します。


以下上記のTweetsに何点か補足し、日本におけるCERAに関して私の「予測」を述べます。

なお、CERAは日本ではERM委員会

http://www.actuaries.jp/comm/erm.html

が準備を進めている模様ですが、私はERM委員会とは無縁です。

以下は、純粋に私見及びそれに基づく「予測」であり、日本アクチュアリー会及びSOA(Society of Actuaries:米国生保アクチュアリー会)並びにその所属法人各社等の見解を表わすものではないことを念のためにお断りしておきます。


(1)

CERAはもとともとはSOAで認定していた資格で、Chartered Enterprise Risk Analyst の略でした。

「8. APC:準会員」(Associateship Professionalism Course)とあることから、レベルとしては準会員相当のものであると考えられます。*1

ただし、リスクマネジメントに関する独自の科目が存在するので、例えSOAの正会員であっても即CERAとなれるわけではありません


(2)

上記Tweetsでも引用されている

http://www.actuaries.jp/info/091125_Global_CERA_credential.pdf

にあるように、この資格を

Chartered Enterprise Risk Actuary

として各国共通のものにしようというのが今回の動きです。

英国アクチュアリー会はそれに(SOA以外では)一番乗りしたことになります。



(3)

さて日本では、2011年度にもCERA資格を付与できるよう動いているとのことですが、どのようなものになるかを考えてみます。


(a)まず、SOAのCERAの各カリキュラムのうち

1. Exam P(確率)

2. Exam FM(金融数学

3. Exam MFE(金融モデル)

4. Exam C(モデリング

6. VEE Economics(経済

の各科目については、現行の1次試験の各科目で(ほぼ)カバーできていると考えます。*2


(b)また

「8. APC:準会員(Associate)になる為の研修」についても、現在のプロフェショナリズム研修でカバーされていると考えます。

(今のプロフェッショナリズム研修は、準会員の段階で(2次試験に受かっていなくても)受講可能)


(c)となると残りは、

5. Exam AFE(ファイナンスリスク管理

7. Operational Risk Module(オペリスク

になります。SOAでは、前者が試験、後者がe-Learningとなっていますが、日本で、もし、これらの1科目でも試験にするとなると、受験資格は最低でも準会員以上になると思いますが、特に初回に受験者が殺到することが予測されます。(もちろん試験であれば私も受験しに行きます。)

正会員が試験監督を分担している状態で、こちらの方に受験者が取られると12月の試験開催が支障が出る可能性も懸念されます。

http://d.hatena.ne.jp/actuary_math/20091116 もご参照)

また、この試験を通常の資格試験(12月)とは分離開催ということも考えられますが、その場合でも年間スケジュールの面から相当の調整が必要と予想されます。


(4)

以上のことから、

日本のCERAは

1次試験5科目合格(準会員)+ファイナンスリスク管理・オペレーショナルリスクの講習会(研修)

のような形になるのではないかと「予測」しています。

また、http://www.actuaries.jp/info/091125_Global_CERA_credential.pdf

では、「早ければ2011年度」とあるので、当然ながら2012年度以降にずれ込む可能性も十二分に含んでいます。


なお、繰り返しになりますが、以上はERM委員会とは何の関係もない一会員の「予測」ですのでその点は十分ご注意ください。


<参考URL>

A. CERA - The Chartered Enterprise Risk Analyst Credential

http://www.ceranalyst.org/

B. SOA sites

(a) CERA Designation

http://www.soa.org/library/newsletters/expanding-horizons/2007/april/pub-cera-designation.aspx

(b) Chartered Enterprise Risk Analyst - Requirements

http://www.soa.org/education/exam-req/edu-cera-req.aspx

*1SOAではもちろん正会員向けプロフェッショナル研修も存在します。正会員になるためには(試験と)準会員向けの研修を受けて準会員になった後、(試験と)正会員向けの研修を受けることが必須です。

*2:3. Exam MFE(金融モデル)については少し怪しい部分もありますが、必要ならば会計・経済投資理論の範囲を拡充すれば対応可能だと考えます。