アダキの葉

 | 

2006-07-29 人生2度目の表紙買い

・それは このマンガ。『それでも町は廻っている』 。


表紙の感想を俺世界語で語るなら、


「僕はもうお前に負けた僕じゃない! なぜなら、それは、見たからだ!」

「見た?」

「そうだ!」

「何を見たって言うんだ!」

「世界をだ……!」


なんだけれども、

さすがに全力で説明放棄するのはどうかと思うので以下説明。

いやすまん、そりゃ嘘だな。説明メンドクサイネ。

俺の俺による出来事として完結すれば良い話なんだから、説明は以上。

そうだね、表紙の彼女の、世界を見通しているかのような純粋に自信に満ち溢れたポーズ・表情や、

世界の全てが彼女にあるかのような背景に心奪われたのだ。と。


しかしさすがにそれはアレなので、『それでも町は廻っている』 について軽く。


表紙を見ての通り、メイド喫茶マンガだが、それは無関係。

メイド喫茶なんて行きたいと思ったことすら無いんだけど」 とかそんな俺も大丈夫。

普通喫茶店メイドコスした店員さんがいるだけなわけだし、

入店時の挨拶なんてこれ。


ハートフルメイド喫茶


とてもハートフルだな。


マンガ主人公女子高生嵐山歩鳥を中心として、メイド喫茶付近を舞台にノット超展開。

どう見ても普通な日常生活の青春がつづられた絵巻。

補習を受ける話とか、好きな人を映画に誘おうとする話とか、八百屋に買い物にいく話とかが見受けられる。

舞台舞台でも、メイドメイドした萌え萌えしい話が出たりもしない。

大体なんでメイド喫茶なのかって言うと、


ハートフルメイド喫茶


とてもハートフルだな。


俺的一押しキャラが、数学教師の森秋夏彦。

合理主義大好きで 理にかなわないことは大嫌いなキャラ

こういうタイプは往々にして 空気を読まない正論主人公を苦しめる悪役にしかならないんだが、

この森秋先生は違っていて、普通人間らしい側面も見せるわけですよ。

  「こうなった以上 アルバイトの許可をもらうしかないわね」

  「そうだとも 僕だって別にやめさせに来たわけじゃない」

のやり取りとか。

数学教師になるに至った過去も作中で説明されていて、それが普通に読者にだってあり得る理由だし共感できる。


特にオススメなのが第4話でね、

この話は、森秋先生の祖父が残した 不可解な芸術品の制作背景解明を 探偵志望の嵐山歩鳥に依頼する話。

  「知っての通り 僕は数学教師

  『この絵を描いた時の画家の気持ち』? ハッ ナンセンス!!

  当事者本人でもないのに そんな事わかってたまるか!! ハハ

  しかし正しい推察のもとに答を仮定する事くらいは可能な筈だ」

セリフとかいいよいいよー。

芸術品とは 「4つ眼の自画像」 なんだけれども、

このトリックが見事に解明される様はスカッとするね。ハッピーエンドに終わるし。


また、作品世界の創造が上手なのも読んでいて安心する。

マンガには描かれないだけで、それ町世界が実在するのだと思わせる造りになっていて素敵。

たとえば 「辰野トシ子」 っていうキャラがいるのだけど、

彼女は下の名前が本当にカタカナ交じりなのではなく、その漢字名は作中にこっそり描かれていたりするのとか良い。

他に 新キャラが登場の数話前に1コマだけ姿を見せている仕掛けや、嵐山歩鳥の両親の存在比重もテクニカル


そんな訳で大当たりなマンガでした。たまには表紙買いもしてみるもんだな。

好みの超偏った俺ですが、普段の各種紹介と違って、これは万人にオススメできるタイプ漫画です。おすすめ


ちなみに初めて表紙買いした本は、『ブギーポップは笑わない』 です。

書店で初めて目にした時は、全身に電流が走ったような衝撃を覚えたよ。

2006-07-28 No Music, No Music.

・ここ数ヶ月間、毎日 少女革命ウテナ決闘曲を脳内再生していて気付いたのだけど、

俺が好きなのは決闘曲自体ではなくて、決闘シーン全てだ。

脳内再生していたのはウテナ世界観であって、決闘曲はそのきっかけに過ぎないっていうか。


実際 ウテナ視聴前にサントラ借りた時は、好きじゃない決闘曲が何曲もあったんだけど、

ウテナ視聴後の今では 好きじゃない決闘曲って1曲しかないしね。

しかもその1曲だって他と比べれば微妙ってだけで、「あと一歩頑張ってくれれば」 って程度だし。

2006-07-27 この日のことじゃあないですけれど

妹は思春期ストラップ来たわああああ! いいじゃないかいいじゃないか。

It is very wonderful. それはとても素敵です。

これで運使って濱中アイストラップは当たらないんだろうなぁ、と思ったが、

むしろ運が来ているから濱中アイストラップも当たると考えた方が前向きか。うん。俺ポジティブで行くんで。


今日の話。

セカンの放尿顔があり得なさすぎてかなり笑った。夜王アミバばりに表情が不一致だ!

そしてラーフラさんは普通萌えキャラだな。涅槃新聞で特集して欲しいってマジで。

ネタマンガの宝庫っていうか、チャンピオン自体がネタ雑誌なんだなと改めて認識した。

貴夫貴夫 2006/07/31 23:09 始めまして、
自分も二年前にふとマガジンの『濱中アイ』を読んでハマり…そのままト全ワールドにハマった者です。

そしてこちらのブログや感想等も読ませて頂いております

…これは推測なんですが…濱中アイストラップは確実に貰えそうな気がするのです。
何故ならコミックの帯によると…濱中アイ最終6巻の携帯ストラップ懸賞の締め切りが7/14(消印有効)だったですよね…
でも、その締め切り後に発売されたマガジンのあかほん(#6及び#7掲載)のアオリ文が…
『激レア携帯ストラッププレゼント付き『女子大生 家庭教師 濱中アイ』最終第6巻発売中!!』
…となっています。締め切りすぎたのに募集しいてる…という事は…

自分も応募しているのでお互いにあたる事をお祈りします。

でも…ある意味で考えると何故か悲しくなるのはなんでだろう…

adakiadaki 2006/08/04 00:07 なるほど、そういう考え方は無かったです。
編集さんが締切日を勘違いしていたとか、何かのミスであるものとばかり。

さすがに600通の応募が無かったとは思いたくないし、
連載続くくらい売れて、ストラップが当選したらとても幸いです。

2006-07-26 柏木社長のあどけなさにぎにゃー

[]アイドルのあかほん「#7 かんで何が悪い」感想

・第7話で この扱いなら、レイプリンセス芸能事務所メンバーがメインの話もそう遠くない、といいなあ。

そんな訳で、柏木レイコ社長が良い感じの アイドルのあかほん 「#7 かんで何が悪い」 感想


「トリプルブッキングに取材が来たので、飯田シホの噛み癖を直そう!」

というのが 「#7」 なんだけど、

今回は割と出番があった、柏木レイコ社長が良いと思うんだ!


天然入ってるっぽくてよろしい話だ


ポジティブなのか、天然なのか!

噛み癖そのままに笑いに変えろ との大胆発想! むしろ無謀!

その結果の如何たるやはこちらの画像

日記にそのまま貼るのは さすがに躊躇われたよ!


っていうか子供っぽいのだろうか? ともかく良い


アイス食べてる柏木社長も良い。幼さ・あどけなさ を感じさせてたまらないよ! 

あと このアイスが本編には絡んでこない、無くても大丈夫なアイテムだってのがいいよね。

直接にネタとは関わらない 日常的な仕草でこそ、キャラの魅力が引き出たりするんだってば。


もろちん 今回主役の飯田シホも見るべきですよ。

糸田ヒロキを 「ヒロ君」 と呼んでいたり、「取材の練習つきあって――」 のだるそうな様子がいいじゃあないですか。

まぁ、今回は大オチが全部持って行った感じだが!


次回のアイドルのあかほんは 「#8 女子高生家庭教師」 !

今まで無かった組み合わせ 「如月カルナ & 有銘ユーリ」 なネタを見れるっぽいな! 楽しみだ!

三瀬さん一押し三瀬さん一押し 2006/07/26 19:59 三瀬さん禁断症状から脱出できた。台詞なしは残念だけど、レイコ社長が登場したし、コマは小さいけど眼鏡カルナ+笑顔(舌出し)もあったので万事OK。大オチのカルナの表情もイイ。

adakiadaki 2006/07/29 01:52 飯田シホの百面相も素敵でしたが、今週はやっぱ柏木レイコ社長に尽きました。
レイプリンセスの他メンバーにもどんどん焦点当ててほしいです。

2006-07-21 金曜日なら意味は真逆か……

・「#5」 のアイドルのあかほんにあった以下のやり取り、

井戸田ヒロキ 「でもカルナちゃんの笑顔すごくよかったよ 普段からその顔見せてくれると嬉しいな」

如月カルナ 「え‥‥ そうですか? わかりました」

これを持って、なんぞ 「これは恋愛フラグなんだ」 と見るひとがあるそうだ。


で、だ。

↑ の会話を恋愛フラグに捉えた人には、

今週の範馬刃牙は 「セカン×マイケルフラグが立ったように見えるんだろうかね?

っていうか セカン×マウス×マイケル でいいじゃあないですか。茜姫よりマイケル姫のが良いじゃんねえ。

マウスはぬふぅだよ ぬふぅ。相手を務めたマイケルの体はいくつもの痣が残ってるし。

アリゾナ刑務所の唇歯舌はその日も同時に達した、って お話。そしてセカンが全員喰う。

マイケル 「突っ込んでくる」

リップ  「突っ込んでくる」

トゥース 「突っ込んでくる」

タング  「そう突っ込んでくる!!」

セカン  「そこをガツンだ!!」

これぞキング・オブ・コンビネーションです。


あぁあと、アイドルのあかほんフラグとかは要らないっす。

成立するにしても、ずっと後にしてほしいなあ。成立するのなら カルナ×シホ あたりでお願いします。

強気受けって言うんですか? よく分からないけど。それで。


・ついで濱秋子ぐぐると この日記がトップなので笑った。意味が分からない。

金田一少年シリーズ犯人と言えば 動機告白に際しての人格豹変がお約束だけど、

今回は、ふっつーにテンション低いまま淡々と語ってくれたら良いなあと思う。

2006-07-20 川崎大師の風鈴市

川崎大師風鈴市に行ってきたよ、と。


通常 18:00までなんだけど、この日に限っては 21:00まで開催していたので寄り道。

風鈴が数百・数千と飾られている光景は綺麗でした。

あまり風が出ていなかったのは残念です。風鈴が一斉に鳴った音を聞きたかったなあ。


とりあえず音で選んで、信楽焼風鈴を買いました。お値段お手頃630円。

4,5000円する風鈴もあってびっくりしたよ。

2006-07-19 どこまでがアオリ文なのかわからねえ

[]アイドルのあかほん「#6 アイドルサイン感想

・全部がアオリ文句だけれども、どれが劇中誌のアオリ文で どれがアイドルのあかほんのアオリ文なのかッ。

新生アイドル!! まったり3人組トリプルブッキング」 は劇中誌のものだよな?

それはともかく、アイドルのあかほん 「#6 アイドルサイン感想


「○○的××」 というタイトル濱中アイの頃からよく見かけたタイトルなわけだけど、

「#6」 は 内容も濱中アイの頃同様に、まったり安定系の お話ですよ。


ムッチーたち


飯田シホがサインを頼まれる」 って事で登場した友人たち。

左の子だけ名前があって、その名は 「ムッチー」 !

村内さん って可能性もあるが、「鞭捌きが上手いからムッチー」 かもしれないな! もちろん 乗馬部って事だが!


「χリ」 で ユーリ


有銘ユーリサイン

これは上手いデザインだなぁと素で感服。「χリ」 で ユーリ かぁ。

それを 「見事なミミズ文字」 呼ばわりする 飯田シホ。

如月カルナに至っては 「アレって字に自信がないからわざと下手に書いてるみたいで嫌だわ」 って、酷ェ!


ちなみに氏家ト全氏自身のサインは、ウジイエトゼンとそのままカタカナらしい。如月カルナの意見が一番近いのか?


その他「Mai Koike」 は 小池マイだと判明したり、

小田さんはやっぱりいいひとらしかったり、

いろいろあった後に出来上がった 飯田シホのサインが ↓ これ。


「女のコっぽくて 見る人のハートを射止めるような‥‥‥‥」


♂♀シホ


どう見てもアレです。本当にありがとうございました


アレ


このサインを紙ヒコーキにして飛ばす ムッチーが素敵過ぎてぎにゃー。

青春っていうか いかにも中学生らしい仕草だな!(*゚∀゚)=3 こりゃいいな!


まぁそれはさておき、飯田シホって サムズアップが癖なんだな。

「#1」「#3」「#4」 でもサムズアップしてて、「#6」 では5回目のサムズアップを見れるですよ!

サムズアップしながら 「イケてるわ」 と言えば 一部の層のハートを射止めることが出来ると思うけど、

多分そういう層は アイドルのあかほん読んでないと思った。


次回のアイドルのあかほんは 「#7 噛んで何が悪い」 !

飯田シホの噛み癖が存分に発揮されそうな回だ!

きっと昔は芸能人だっただろう、柏木レイコ社長の直々の特訓が見れたら良いなと期待するよ!

2006-07-17 気が向いたので

・去年9月に観た ルパン映画2本の感想。もはや細かいところは覚えてません。


『バイバイリバティー危機一髪

教祖の描写がやばい。複製人間やワルサーのボスより人間離れしすぎ。

息で部下を吹き飛ばすシーンは 「息が臭いんじゃねーの」 とかアホなこと思いつつ見てたけど、

不二子を洗脳するシーンとかは無駄に狂気。

なんで口から吐き出た煙や液体が剣に変化する必要があるんですか。

直後に見た 『くたばれ〜』 の、ノストラダムス教団 教祖人間臭さに安堵しちゃったよ。

あとパスワードを解読するシーンだったかも狂ってた。

全く必要無いのに、悪夢とか幻覚とか そんな感じの映像が1,2分続くからびびる。


『くたばれ!ノストラダムス

前に見た時は もっと面白かったんだけどなぁ。あっちに行ったりこっちに行ったりし過ぎ。

つーかセルジオのくだり要らないと思うんだけど。安達祐実ボートから水を除去しただけじゃん。

あと銃撃戦やりすぎ。

いくらドンパチやっても イベントでなきゃ怪我しないって分かってるんだから、もっと抑えてくれ。

それとアースビルっていう 折角面白い大ギミックがあったのに、

ほとんど活用されてなくて残念だ。脱出シーンでもっと活用してほしかった。

2006-07-16 スゲェどうでもいい話だけどそういう事を書くのが日記だと思ったんだ

・こないだゲーセン行ったんですけどね、初めて旋光の輪舞のデモ画面を見た訳ですよ。

デモ画面では公式ストーリーが流れてて、それを読んだ俺は

「『あーん。あーん』 のバッドエンドみたいなストーリーだな」 とか思ったよ。


そう思ったことをしばらくぶりに思い出したので、

旋光の輪舞 あーん。あーん」 で検索したら全然ヒットしませんでしたー、という お話。

っていうかその泣いてた赤ちゃんの名前、フォルトナで検索しても全然出ない。

旋光の輪舞 フォルトナ」 の検索結果が5件って何よ。


・あと 「おんみょうだんをくらえ〜」 が今更何かを理解したので笑ったりした。

MUSASHI -GUN道-ってそんなアニメだったのか。

2006-07-12 金田一少年 獄門塾殺人事件の犯人バレ日記

アイドルのあかほん感想の後に 獄門塾殺人事件の犯人について書いてるんで、単行本派の人は要注意だ!

[]アイドルのあかほん「#5 初仕事感想

・という訳で、アイドルのあかほん 「#5 初仕事感想

と、その前に こないだ俺が返したレスを見てくれ。


(前略)

カルナには今のキャラを通してほしいです。

そのうちテンション上がって 普通にシホたちと笑顔で談笑するようなキャラにはならないでほしいっていうか、

むしろ嬉しくって笑っても やっぱ眠そうな顔してるよねーとか そんなキャラであってほしいなあー、と!

(中略)

そうですね、とりあえず方向性としては 「笑顔は見せない」 で進んでもらいたい次第です。


そして今回。


トリプルブッキング


っていうか誰だよ!

 


笑顔如月カルナ


 

ものの見事に裏目った!


しかも 糸田ヒロキ は 井戸田ヒロキ っぽいし! 今週号で また変わってた。どっちだよ!

井戸田 → 糸田 に修正があったのは確実かあ」 とか書くんじゃなかった!


そんな俺のアチャーっぷりはさておいて、「#5」 の見所が如月カルナである事は言うまでもないわけだが!

そうだねえ、俺としては上にも書いたように、満面の笑みは見せないでほしかったよ!


っていうか メイド服が来た時点で、めどいネタが来ると思ったんだけどなあ。

「ローテンションメイド服めどいさん」 じゃあないかとね。

それなんてエロゲー?」 言わせてたくらいだし、

めどいって言わせれば良かったんじゃあないのかと。

……

っていうか、むしろ言ってくれ!!

俺はメイドの良さが分からない人間なんだけれども、

チンする食事に、しあわせを。 とか めどいさん は凄く良いと思うンだッ!( ´∀`)

もうあれ、頼むから 「そこが売りなのよ」 って言いつつに両手を回転させて欲しいじゃないかッ! 歪んでるけど気にしないよ俺!

そうだねえ、

結論としては 「カゴメデリの東野翠れんは最高だ」 ということになると思うんですけどいかがだろう!!


ああそうだ、飯田シホにも触れとこう。

如月カルナと有銘ユーリメイドコスが 「かわいー」 とか 「本物のメイドさんみたいー」 とかアイドルっぽいのに対して、

飯田シホのメイド姿は 「馬子にも衣装だよね」 って感じで、微妙に似合ってなかったのが超萌えた。エロくは無かったけど。

いかにも 「コスプレで着せられてます」 的で、絶妙だ。


また 「ご主人様」 から連想したものが、

飯田シホは 「SM女王様」 で、有銘ユーリが 「ギャルゲー主人公」 だったのが印象に残ったかな。

10歳児がギャルゲー主人公を連想するのは不自然だし、逆ではないかとも思ったが、

ここでギャルゲー主人公を思い浮かべるのは 城島カナミ・中村リョーコみたいな下ネタ完璧染まったキャラだろうので、

飯田シホは下ネタキャラだけど、カナミ達ほどに染まりきったキャラではない」 との意図が透けて出ているのではないかと思った。


あと久しぶりに出て来た小田さんはそうだね、

とりあえず今のところキャラが全然注入されて無いんでどうにも言えないっす。

現時点では 「その出番、三瀬さんに渡せよ!」 ってのが正直なところだ!


次週のアイドルのあかほんは 「#6 アイドルサイン」 !

駆け出しのトリプルブッキング事務所で練習するとも思えないし、

3人だけで集まるような、プライベートの話が展開するんじゃあないかと思うよ! こりゃ期待だ!

[]氏家先生 in 金田一少年

・はいはい。そしてタイトル金田一少年の事件簿話。

アイドルのあかほんとも微妙に関係あるよ!


あらすじ。

金田一が富士樹海でとりあえず連続殺人事件に巻き込まれたんだけど、

その中の登場人物に こんな2人がおりました。


氏家貴之、濱秋子


氏家貴之 に 濱秋子 かぁ。何か 氏家ト全先生濱中アイっぽいなぁ」 。そんな感想を抱いた俺。


濱秋子は 濱中アイと顔や名前が似ているだけでなく、髪留めも 髪留めの位置も また共通点。

氏家貴之は 塾講師としての登場なので、

氏家ト全氏と同じく 「氏家先生」 と呼ばれていたのでありました。

加えて トリビアな話ですが、

掲載初回の読み切り版 『妹は思春期』 では、氏家ト全氏は氏家邦貴という名前だったのです。


「じゃあ氏家ト全氏は 氏家貴之とそっくりなんじゃねーの?」

そんなバカげた妄想も交えつつ、ニヤニヤしながら読んでた訳ですよ。


そして犯人が判明したわけですが。


2012.05.13:画像削除&追記

この2人がダブル犯人でした。

2012.05.13:画像削除&追記終了


ええええええええ!


いや、よりによってその2人を犯人にするなんて!

「何があったかは知らないけれど、氏家ト全先生濱中アイ元ネタの可能性は高くなったよねー」 とか それはともかく、

結論としてはこれ。


氏家ト全先生の旧ペンネームとは1文字違いのキャラと、先生の代表作の主人公にそっくりなキャラ犯人


どう見ても意図的だ!

氏家ト全氏とさとうふみや氏の間で 何かあったのかと疑っちまうよ!

三瀬さん一押し三瀬さん一押し 2006/07/12 22:05 なんというか、色々な意味で今週話は微妙でした。下ネタ薄めだし、カルナは眼鏡はずして笑顔だし、三瀬さん出てないし。眼鏡分が足らない!

adakiadaki 2006/07/16 10:41 カルナが笑顔なの自体はともかく、
笑顔になるのは メガネかけたままでも出来るネタですよねえ。何故に外してしまうのか!

あとやっぱ小田さんが最低限程度にしかキャラ立てされてないし、
「今回は小田さんがいたから良いか」 みたいな感覚って、まだ無いんですよね。
7月8月中には 1度小田さんメインの話をやってほしいです。
現状では、小田さんが出る場面は全部三瀬さんでいいじゃあないですかと思いますし。

三瀬さん一押し三瀬さん一押し 2006/07/16 11:17 小田さんメイン話はさらに微妙な気がします。三瀬さんは数コマ登場のみでキャラ立ちして、2ch本スレでも大人気ですから。サブキャラは使い処が肝心ですね。カルナの眼鏡はずしは「誰だよコレ」というインパクトを狙ったものなので、眼鏡フェチとしては残念ですが、漫画としては理解できます。眼鏡かけたままでインパクトのある画になればベストですが、氏家先生の画力(キャラの書き分け)を考えると厳しいかなと。

adakiadaki 2006/07/17 18:33 一回ドカンとメイン話をやってもらわないと、小田さんはずっとこの扱いだと思うのです。
同じ少ない登場回数でも、三瀬さんや柏木社長はキャラ見えてきましたが、
小田さんは何かもう、自分からアクション起こさないし、仕事でTBと絡む場面も少なそうだし。
下手したら、ずっと人となりが見えてこないままになりそうだなあ と。
小田さんメイン話でも、カルナをスカウトした時の話とかなら 華もありそうに思えます。
もちろん三瀬さん・柏木社長メインの話もやってほしい訳ですが。

カルナの眼鏡はそれですそれ。眼鏡のままに笑顔インパクトが理想でした。

2006-07-10 懐かしい弊害

アイドルのあかほん妹は思春期で もうネタが被ってた。不安だ。


・あと今週のヤンマガアンケートに 「一番笑ったギャグ漫画を教えてください」 って項目があった。

これは 『妹は思春期』 とか回答すべきなんだろうなあと思ったけれど、さすがにアレ過ぎるので止めておいた。


っていうか 一番好きなマンガジャンルギャグマンガなんだが、一番と言われると迷うなあ とか。

『へそで茶をわかす』 か 『魔法陣グルグル』 かなぁ?

前者は鬼熊さんネタ後者は 「俺様の強力な水中バレエを見て〜」 のセリフでマジに腹筋痛めるくらいに笑ったよ。

ただ もう10年くらい前の時の話だっていうか、1,2年前に読み直したら当時ほどは笑わなかった。悲しいな。


ここ数年だと 『ハトのおよめさん』 『がんばれ酢めし疑獄!!』 なんだけれども、

前者はアフタヌーン講談社マンガだし、まかり間違ってハグキ氏にヤンマガへ来られてもアレなので止めておいた。

という訳で 『がんばれ酢めし疑獄!!』 にしておいたよ。色々と安全だと思ったので。


あとギャグマンガじゃあないけれど、

さんまのスーパーからくりTV』 の ご長寿早押しクイズ回答をまとめたの読んだ時もお腹痛くなるくらい笑った。

2006-07-05 アイドルのあかほんは6ページマンガ

[]アイドルのあかほん「#4 売り込み」感想

・8ページなのは第2話だけだったっぽい、アイドルのあかほん 「#4 売り込み」 感想

つまりは今週も6ページ進行だったよ。

けれども 4人のメインキャラをしっかり活用していて、氏家ト全先生の進化の程を見れるのでありました。

その話ごとに きちんとキャラの持ち場を設けてきているぞ! 良い傾向だ!


あと 井戸田ヒロキ は、糸田ヒロキ で確定っぽいよ。

「#3」 では、飯田シホの年齢と井戸田の苗字が違っていたのだけど、「#4」 では、飯田シホの年齢だけが修正されてたー。

こりゃ、井戸田 → 糸田 に修正があったのは確実かあ。


今週のアイドルのあかほんタイトル通り、トリプルブッキングの3人が 売り込みに行くお話の巻。

いよいよアイドルへの第一歩 来たわぁああ!


ちなみに売り込みとは



 


枕営業



なお 「#4」のアオリ文は 「わかるよね? 子どもじゃ ないんだから♡」 。どう読んでも枕営業です、本当に(ry


そんな今回は、上記画像と裏腹に 有銘ユーリの主役回。

どんどん下ネタ洗脳されていく 有銘ユーリがみどころですよ!

大オチ 5ページ目の、やっちまった感はとても良し!

移籍前時代の有銘ユーリも見れるので、有銘ユーリファンは今回のアイドルのあかほん必見だ!


まぁ俺は 1コマしか登場しなかった三瀬エリコさんや、

相変わらず八の字眉で 自己紹介の時もテンション低めな如月カルナを見てたけどな!

真面目に不機嫌な表情 ↓ も、また素敵じゃあないかッ。



っていうか 「だから私は若者の性が乱れてる今の世でもバージンよ」 って。

お前、13歳で経験済みが普通だったら あれだ、どれだけ乱れた世界だよ!

ちなみに 東京都幼小中高心障性教育研究会の資料によると、

中学1,2年生の初交経験率は ここ20年で約3パーセントだそうですよ。スゲェどうでもいい知識だ!


次回アイドルのあかほんは 「#5 初仕事」 。

差込チラシの商品モデルとか、テレビ番組エキストラとかだろうか。

いよいよ芸能マンガっぽい側面も見せてくれそうなので こりゃ楽しみだ。

三瀬さん一押し三瀬さん一押し 2006/07/05 20:30 「まくら→」という描き文字に噴いた。ここ笑うトコ、と親切設計。背景がシンプルに白いのも好感度高いです。あと、カルナの不機嫌キャラはいままでの氏家作品になくて新鮮。氏家先生が、カルナをどう動かしていくのか興味深々です。

adakiadaki 2006/07/08 16:48 あぁ 日記の3コマだけ見たら、背景が全く無いマンガに思えますね。
実際 氏家マンガの背景は白っぽいですが、
背景のあるコマや 人物配置に気を使って、白さを実感させない作りになっているよう思えます。
俺としては、その人物配置のせいで バストアップ気味の構図が多くなりすぎなければ何でも構いません。
「キャラの腰から下が全く描かれない回」 とか 少なくなっていくと嬉しいです。

カルナのローテンションぶりは、キャラ造形が理由の1つかも とか思ってしまいます。
どう見てもアヤナなのは承知の上だから、表情を変えて印象は違うものにしよう とか考えたのではないだろうか、とか。
あと全く関係無い話ですけど、カルナには今のキャラを通してほしいです。
そのうちテンション上がって 普通にシホたちと笑顔で談笑するようなキャラにはならないでほしいっていうか、
むしろ嬉しくって笑っても やっぱ眠そうな顔してるよねーとか そんなキャラであってほしいなあー、と!
「#1」 のタレントになれると分かったコマでも不安そうな顔をしているのとかたまりません。
「#4」 の編集部到着後のコマの 相手を見ていない目線なのとかとても素敵です。
もし 「営業スマイルで精一杯笑っても なんか不自然で、すぐまた眠そうな顔に戻ってしまう」 とか
そんなカルナが見れたらとても良さそうに思えます。
そうですね、とりあえず方向性としては 「笑顔は見せない」 で進んでもらいたい次第です。

あと まくらの文字は親切さんだと俺も思います。まあ開幕から掴めなかったらあれですしね。

2006-07-01 何が基準なんだろう

・実写版Q見てた。

なんていうか、もし仮に濱中アイ映像化されるとしても アニメ化じゃなくて実写ドラマ化を選びそうな勢いだな。

何故Qがドラマ化したんだろう。涼風アニメ化も謎だったけど。

 | 

2001 | 06 | 10 |
2002 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |