アダキの葉

 | 

2007-07-30 妹は思春期が休載だった

メモ系。先週発売のヤンマガの予告通り、妹は思春期が休載だった。

こないだ休載予告があった時は 次号で何事も無かったかのように載っていたけど、今回は普通に休載。

思いっきり単行本作業と重なっているだろうからなあ。妹はひまわり組とも被っていそうだし。


最近ネタ出すのもきつそうなので 休載は仕方ない事なのだろうなあとは思ったけれど、

それはそれとしても休載となるとさびしいな。


あとどうでもいいけど、先週の最後のアオリ文はマナカを腐女子って言ってるけど、そうなのか?

4コマ読んで、参加するのは3日目なのだとばかり思ったので。しかもサークル参加で。

2007-07-25 引用通告

・こないだ中国コンボサイトを見ていたところ、

トラックバックを 「引用通告」 と書いてあって、初めてその存在意義が分かった。


俺にはトラックバックは 「人様のブログにて自分のサイトやらを宣伝する行為」 に感じられていたのだけど、

「俺はあなたの記事をこのURLで話題に上げました」 という意味合いのものなら

トラックバックを出さない方が逆に無礼と感じられてくるものであって、

これが今のネットマナーならば俺の考えこそが善悪の悪なのでありましょうか? むむ、いつの間にやら拙者が悪者であり質問者


ともあれネットマナー関係無しに、

俺はどうもトラックバックを送るのは、他人が完成させたものに自分が蜂蜜をぶち撒けるような行為に思えて好きではなく、

出来るだけトラックバックを回避したリンクを常々張ろうと思っているのでありました。

が、

はてなワールドはそのような考えを許さないのでありましょうか、折角トラックバックURLを避けてリンクを貼ったのに、

今度はidトラックバックとかいうトラックバックとしてただ一人だけ晒し上げられる始末。なんてこった。

普通トラックバックに紛れているならまだしも、俺一人だけidトラックバック。なんだそれ。


各日付の日記id記法id:sample というように書くはてな記法のひとつ) で自動トラックバックを送ると、

同様に「idトラックバック」として表示される。


そんなことやってない気がするのですけども。わからん。

2007-07-22 覚悟のススメ完全版4,5巻の話

・やばい。面白すぎる。

つまり、ギャグ格好いいの極みである 『覚悟のススメ』 を読んだわけなんですけど、なんていうかもう熱すぎる。

1巻からして普通マンガを遥かに凌駕する煮えたぎり具合だったから、

「最後までこの熱度を続けられるのか?」 と不安になったりもしたけれど、

巻を進めるごとに一層熱さを増していくわで そのような不安は無用だった。


ここに来て簡単に内容説明をすれば、

人類を抹殺しようと目論む現人鬼・散 (はらら) と、

人類を守ろうとするヒーロー葉隠覚悟の闘いを描いた、バトルアクション物。

主人公ヒーローで熱血ものなら、どうせ人類愛とか説きまくる系だろ?」 と思うかもしれないけれど、それは無い。


とかく、覚悟のススメの面白さは人が信念を通そうとする姿にある。

こないだ何処かのブログブログ記事のコメントで、

「人の不幸話が面白いのは、幸せは没個性だけど、不幸は個性的だから」という発言を読んだけど、人の信念もまた個性的であるわけで。

人の信念や欲望、情熱をきっちり描ききったマンガは面白いと思うのですが、

覚悟のススメはその信念の塊のようなマンガです。

こういうわけで、「人にとって信念や情熱に勝るものはない」 という考えの俺が一層強化されたわけです。

まあ物理的にも、

つーかあらゆる方面から考えても無理がありすぎる散様の復活には 「それは流石に魂や信念の可能性を求めすぎだろ」 とは思った。

これがチャンピオンか。そりゃあ塩漬けの中からピクルも復活するわ。


別に主人公の夢が 「仲間を大切にしたい」 とか 「夢を追いかけたい」 とかでも、それは何でも良いのだけれど、

それを達成するのは、個人の欲望によってであって欲しいんですよ。

シグルイでも 検校が 「目明きの人に武芸の域でも勝りたいから」 というだけで伊良子清玄を保護するから良いのだし、

ビッグコミック連載中の『ダブルフェイス』にて 正義を実行する秘密結社に属する主人公の活躍理由は、

人間のあらゆる面を見たと豪語する上司に 「正義だけは見た事ないのでお前ちょっと正義してくれ」 と命令されたから」 だし。

綺麗事は言っても良いのだけれど、それがお前の欲望・信念であることは自覚してくれよな? 的な感じ。

何か話ずれてきたな。

まあ、そのような動機はジャンプとか真っ当な少年誌で描かれないし (少年のうちからそんな概念学ばせるなよ って話だよな) 、

それなのに公共の福祉とか綺麗事を超スルーして、堂々と個人の欲望の為の努力を描くチャンピオン漫画はやっぱ凄いなあと思いました。


そして名言のオンパレードっぷりが凄い。どのキャラも言う事言う事が心に残りすぎる。

「あたしだけグリコ…」 とかどうでもいいのに心に残るセリフもあるけど、

特に4巻収録 朧in雹 対 散in霞 の決戦は、発言8割がたが名台詞。

「私は兄上を信じています!」「知っている だが 散はもう人間を信じることはできぬ! 憎み切った!」 や、

「どうしても人の上に咲くのか! 野に咲く花に笑われようぞ!」「ご心配なく! そのような花などは一掃してしまいますゆえ!」、

「おまえのような莫迦はいらぬなり!」「その言葉待ち焦がれておりました!」 など、

名台詞が何故格好良いのかよく分かる。

「美しさは兵器」 とか ともすればありがちなセリフでも、

メインの 「散の燃える口づけを受けて 人間ではいられなくなったのだ!」 というセリフの締めに使われていて、非常に映える。

それと 「何という愚かな思想! 哀れな魂! 最 終 審 判 この掌が救済つかまつる!」 のリズム感の良さは異常。

声に出して読みたい覚悟のススメだ。

覚悟のススメは100話しかないけれど、名言の数はジョジョに匹敵するのではないかと思えるほど。密度でなら確実に並ぶ。


つーかこの日は積んでたマンガを読もうかとか思っていたのだけど、

覚悟のススメ読み終えた後には身体の火照りが止まらず、「こりゃ今日もう他のマンガ読めないな」とまで思ったほど。

読了後は部屋の中を意味も無くうろうろ20分以上も歩き回ってて、

「これは流石に休日無駄に使っているだろう。

でも、この読後感で今日一日を火照らせたまま過ごすのも良いなあ」 とか迷ったよ!

今まで読んだマンガの中でベスト3に入る面白さだった。残りの2つはまだ決めてません。

2007-07-21 過去の成功談や武勇伝をいつまでも自慢する人

・唐突に思い出したのだけど、次のような事を星新一氏か施川ユウキ氏のどちらかが言っていた。


おとぎ話の 「こうして王子様とお姫様末永く幸せに暮らしました」 という結末は常々胡散臭いと思っていたが、

ある時 「あの2人は何万人に一人だろうというドラマティックな冒険の末にハッピーエンドを迎えているのだから、

その劇的な体験が心の支えにあれば、老化も倦怠期も変わり映えしない生活も乗り越えていけるのだ」 と気付いた。


先日その話を唐突に思い出して唐突に思ったのだけれども、

過去の成功談や武勇伝をいつまでも自慢する人」 というのは、

この 「末永く幸せに暮らしました」 の状態にあるのではないだろうか。

昔の成功を語りたがる人と言うのは、「いつまでも過去の話にこだわっていてうざいなあ」 と思われるのだろうけれども、

当の本人にとっては、その成功が何よりも素晴らしい体験にして人生のピークだったのだろうから、

そりゃあどれだけ過去の話であろうとも、過去の成功にこだわるのも当然だよな。

そしておとぎ話王子様達も、「いつまでも過去の話にこだわっていてうざいなあ」 と思われているのかもしれないけれど。

ていうか王子様なら将来は治安を維持したり外交したり国を統治したりしなきゃならないし、一層そう思われがちだろうな。


まあ他人にどんな成功談や武勇伝があるにしても、うざくなければ何でも良いのだが。前段落超スルーだけどもさ。

ちなみに俺の周りには、幸いにしてその手の人はいないようです。

2007-07-20 世界は肘置き萌えを確立すべきだ、という話

・「マガジンGREATやマガジンZって最近見当たらないし、休刊したのかな」 と思ってたら、

よく探せば今も普通に刊行されているんだな。

つーか、それら以上に見当たらないマガジンSPECIALは何なんだ? って話だよ。

いや本当、準マガジン的な扱いの雑誌かと思ってたのに全然見付からなくて困る。

[]生徒会役員共「#4」感想

・そんな訳で生徒会役員共は第4話目。

少年ジャンプアンケート漫画に反映されるまで最速でも7,8週かかる」 みたいな話を目にしたことがあるけれど、

マガスペの場合は何号かかるのだろうか。

というか、この連載順位は新連載プッシュなのかアンケ結果が良くてなのか何なのか気になるー。雑誌空気がまだつかめない。


それはともかく、今月開幕いきなり自虐ネタアオリ文。

いやそれもさておき、今回は天然暴走系キャラ 三葉ムツミが登場。

想像10桁暗算や、「ふえた」 のオチのリアクションには笑った。

全体的には割と天草シノが多めの印象。っていうか実際多かった。


来月号は8月発売となるけれど、8月なのなら夏休みネタが来るはず。

これは5話目にして生徒会役員をしていない時の天草シノらを見れるのだろうか。

あと今月に無かったも同然の水着姿も見れたら良いじゃあないの。


そういえば今月の氏家ト全氏の巻末Q&Aはやる気無さ過ぎる。

「Q : 夏フェスシーズン到来! こんなお祭りがあったら行ってみたい!」

「A : 無いです。」

とは。

妹は思春期から見ても、今まで最もに適当な受け答えのQ&Aではなかろうか。


あとやる気無いと言えば、萩村スズのすげー適当なつむじに萌えた。

今まで低身長キャラかつ髪にベタスクリーントーンも何も無いキャラって氏家作品にいなかったしで、

氏家つむじが常時描かれるキャラは多分この生徒会役員共が初めてになるかと思うのですが、

萩村スズのつむじは萌えすぎる。

今見返してみれば、先々月はギザギザ線で、先月は 「く」 の字つむじ。

俺は今月のペケの字つむじが割と良いと思う。君はどうか!


つむじ萌え


このつむじは押したいな! 押したいじゃあないかッ!

つむじ萌えでぐぐったら20件しかヒットしなかったのですけど、

世界は間違ってると思う。

押したいと言うか、後ろから抱きかかえてつむじの辺りに顎を乗せたい。

あと全く関係無いのですけど、今週のチャンピオンの 『フルセット!』 というマンガ

身長ショタっ子の頭に肘を乗せて 「ひじおき」 っていうシーンがあったんですが、

まあ正直ショタ属性はどうでも良いのですけど、それは萌えた。


っていうか何か前に同じ事書いた気がするなあと思ったら、

女子大生家庭教師濱中アイ「062 文化祭の記憶」感想だー!!

中村に肘置きにされてるリンコがかわいい」 とか、昔から全く変わってませんでした俺。

「君はどう思う?」 の問いかけまで同じ。NO進歩。自分で驚いた。


まとめとしては、「新ジャンル:肘置き」 という事で。

2007-07-18 キャンセル

格ゲーキャンセル史に残すキャンセルを選べと言われたら、次の4つ (3つ) だと思う。



まずキャンセル。原点。

ここで、「通常技中に突如として必殺技を出せる」 という概念や、

「小足×n」 の連打キャンセルという概念が生まれました。


次に多分、スーパーキャンセル

多分というか、スーパーキャンセルではないかもしれないが、

ここで大事にしたい概念は 「キャンセルは通常技 → 必殺技だけではない」 と発想されたこと。

そのためここで挙げられるべきは、通常技 → 特殊技のキャンセルかもしれないし、

必殺技必殺技や、必殺技 → 特殊動作かもしれない。

突き詰めて言えば、連打キャンセルからもう別種のキャンセルと呼ぶべきかもしれない。

ともかくここらのキャンセルを、

「あらゆる動作から全ての行動へ移行可能」 という概念誕生とし、

必殺技 → 超必とか、超必 → 潜在とか、通常技 → 交代とか、

その他全てのキャンセルは ここから派生したキャンセルとしてまとめてみたい。


そしてロマンキャンセルキャンセルの終わり。

必殺技 → 超必とか、超必 → 潜在とか、通常技 → 交代とか、

つまりそれって前動作から一旦ニュートラルに戻って、次の動作してるのと同じだ」

という概念の元に誕生したかは知らないけれど、実装されたシステムは、それの通り。

あらゆるキャンセルは 「ニュートラルに戻る」 という動作からすれば、

これに制限をかけてバリエーションを増やしたものであると見れないか。

ここでキャンセル史は終焉を迎えたかと思われました。


しかし最後に、レベルキャンセル

一見超必を必殺技やらでキャンセル出来るだけに見えるけど、

ここで注目したい新しい概念は、「相手の喰らい状態を復活させる」 との発想だと思う。

どれほど有利フレームを得られる行動でも、木偶に喰らい判定が無ければ意味が無い。

そこをクリアしたのが凄い。


以上そんな感じ。

あと次点として、

「生で出した時とキャンセルから出した時で、必殺技の性能が変化する」

というキャンセルも挙げておきたい。

2007-07-17 書きたかった事は全く違う

ウェブサイトの事とか自意識の話とか書いてるうちに 思い付いた例え話の方が気になってしまったり

言葉探しをしているうちにWikipedia巡りになったり 目的が手段化したりとか紆余曲折あったのだけど、

どうにもまとめようがなくなったので、最後に残った事だけを書いておく。


「あなたがニコニコ動画アカウントを取ったから、1800001番の人が泣いています。

だから動画を見るだけでなく、アップロードもしなきゃだめだよ」

というのがキリスト教でいうとこの 「原罪」 の概念でOK?

2007-07-16 サイトについての日記

・3連休なので少しはサイト改善でも行うと思っていたのだけれど、気付いたら既に最終日。何をしていたんだ。

結局コンテンツ紹介にだけ微妙に手を加えた。

あきらかに改善する順番がおかしいけど、前から気になっていたので。


しかしあれ、WEBサイト開設前は

「どうして何処のサイト管理人も、作成コンテンツ中途半端な状態で放置してしまうのだろう」 などと思っていたけど、

お前あれ、それが自然摂理だからだよ! と過去の自分に言いたい。

いや、別に更新する気が無くなってしまった訳では無いんだよね。ただ、その他の事柄の優先順位があがってしまっただけで。

それにサイト運営し始めて分かったけど、サイト更新にはとても気力が要るのです。

リンクとか更新するのに1分かからないだろ!」 と思われるかもしれないし、まあ実際そうだけど、

しかし 「リンク更新する」 という行動に立ち向かう事自体に気力を要するのです。

たとえ時間も手間もリンク更新以上に要する、日記更新することなどに比べても。


そういったわけで話は変わるのだけど、

サイト更新するにあたって最も重要な要素とは、それは 「惰性」 だ! と このサイトらしく後ろ向きな教えを示したいね。

惰性があれば何でもできる。

一度ルーチンワークに組み込んでしまえば、よっぽど面倒くさい事でも無い限り、人は習慣化できるのよ。

まあ前段落と結びつけるなら、惰性でやる事に立ち向かうというのは気力消費ポイントゼロなので、

行動自体が相当に気力ポイントを消費しない限り、うだうだ続けられるのだ。リンク更新には気力を消費します。


・話は戻るけど、気力があったら堕落天使コンテンツをまず更新したいね。

最近秋葉原HEYに1人用で入荷していて、プレイできる環境にあるし。

あと濱中アイとかマンガ感想も書きたいとは常々思ってはいる。感想以外の部分も補強したいとも思う。

それにコンボ動画のページのレイアウトも変更したい。あと理想通りの編集を行える映像ソフトも探したい。

闘婚やKOF’96ネオジオコレクションのページも綺麗にしたいし、

ラミィの大冒険攻略は充実させたいし、EXREVUEのページもどうにかしたい。

もっと言えば新コンテンツとかも作りたいとは思ってはいる。いるのだけど、まあ多分無理な話なのだ。

2007-07-15 つまりどう動いても嫌われるなら、自由に生きれば良いじゃあない

人を傷付けるとはどういう事か、の記事は必読。

電車の中で読書や居眠りをしたり、自転車立ち漕ぎをする人間は 嘘つきで偽善者」 と、

人をカテゴライズする理由は何ぞや? という問題編。


解答編はこちらなのだけども、読んでいて実に気持ちが良いです。

ありえない謎発想に納得の行く解釈がつけられる様もそうだけれども、

人を傷付けないのは絶対に無理だとか、世界を認識するとはどういう事かを、凄く理解しやすくて素晴らしい。


その昔、自分で自分を納得させるためにネットに「名乗る資格」なんて無いという文章を書いたけど、

white_cakeさんの上記記事をもって、ようやく救われた感じがするよ。

昔は大嫌いだった下記のセリフも、今なら言える立場にある。


「誰にも嫌われないで生きていくことなんか、絶対にできないわ」

「生きていくってのは、他の人と触れあうってことよ。そのとき、相手を嫌でも傷つけてしまうときが必ず来る。

これはどうしようもないことだわ」

「賭けてもいいけど、もうすでにあなた、誰かの憎しみを買っているわよ。

それも、ものすごくね。

殺してやりたい、とか、絶対に思われたことがあるわ」

「誰にも嫌われないで生きていける、なんて思っている人は、それ自体イヤミだわ。

あなたにそんなつもりがなくても、嫌われたくないとしか思っていない人間は、他の人の“嫌いになる権利”を侵害してるのよ。

わかるかな? 侵害よ、シンガイ」


ブギーポップシリーズより。以下は「名乗る資格」なんて無いの文章から。

っていうかあれ、さっきの発言で、

ブギーポップシリーズに出て来たセリフ、」ではなく

「俺が好きなブギーポップシリーズに出て来たセリフ、」でもいいんだ!

俺はブギーポップシリーズを全巻読んだわけですらない、ファンと呼ぶにすら値しない存在だと思ってたんですが、

そもそもそんな事関係なしに、「俺が好きだから」って完全に自分のための理由でもってファンを名乗って良いんだ! スゲェ!


世界は実に自由だ。

2007-07-12 気付かなんだ

・ 「音楽ファンタジーゆめ」 は小学生時代に登校前かかさず見ていた番組なのだが、

ニコニコ動画コメント見て今更気付いた。音楽ファンタジーゆめ:くまばちの飛行(コルサコフ)は、飛行と非行をかけていたのか!

ちなみにニコニコ動画見てて1番笑ったコメントは、

アンサガ キャッシュ エンディングについてた 「280円!280円じゃないか!」


あとウメハラダイゴが倒せない Full ver.最近おすすめ。圧倒されるわあ。

白髭狂信者白髭狂信者 2007/07/16 21:05 アンリミテッド・サガは弁護のしようがないですからね。
説明書を熟読しても基本操作が分からないというのは…。
私は30分くらいで放棄しました。

adakiadaki 2007/07/17 20:07 あのゲームは攻略まとめサイトで、
「(まとめサイトを作ったのは) 作らないとFUCKなゲームだからです」
みたいに書かれていたのが一番面白かったです。

一応初めて選んだキャッシュはクリアしたのですけど、
まあ上記リンク先を見ての通りの あまりに酷すぎるエンディングや、
次に選んだルビィ編に出てきたイスカンダールにがっかりしたので
そこで中断となりました。
まあ、ニコニコ動画でルビィのエンディングも見たところ、
やっぱり酷かったので、再開する事は無いだろうと思いますが。

2007-07-08 SVC近況

・デミトリ。

稼動初期から噂されてた消えるダッシュ緊急停止のコマンドを見付けたは良いけど、

実はこれ、

通常技キャンセルから出した消えるダッシュは、

緊急停止してもスゲェ長い硬直があってコンボに使えないという、

嫌がらせ極まりない仕様だったと判明したよ! 意味ねえええ!


というか通常技のヒットストップ分が緊急停止の硬直に充てられているようなので、

ヒットストップが無い技をキャンセルして特殊移動を出せれば良いのだけれど、

ミトリにはヒットストップが無い通常技は存在しないため、どうしようもなかった。


そんなわけで、デミトリ完成。あとギースも。残り7キャラ

2007-07-06 不安の種3巻


お前は 3年後…


という訳で、不安の種3巻買っていたので紹介するの巻。

現在少年チャンピオンにて続編の 『不安の種+』 が連載されているわけですが、

3巻ともなると現在連載分のネタ・内容・雰囲気に近くなってきてた。


つまり 「突然怖い絵が出てびっくり」 的な話ではなく、一般的な怪談話に近くなってきていて、俺がっかり。

いやいや確かに 「何がいるのか分からないけど、これは確実に恐怖シチュエーションに陥っている!」 的な話もいいけど、

俺としては 「次のページをめくったら怖い化け物とコンニチハして、もうトラウマ」 な内容を望んでいたので。

なんと言うか、

「ページを開けばそこに確実に怖いものがある」 という性質を期待してるのだ。置いてるだけで呪われそうに思えて不安になるような。

「いつのまにか単行本が落ちて開いてて、ふと目をやったら 「お前は3年後…」 のページが開いてたらどうしよう!」

と思わせてくれるような話が見たいです。


そういうわけで不安の種3巻は、怖い絵よりもシチュエーションで怖がらせる話が大半を占めていたのですが、

3巻にはチャンピオンRED連載時代分で、最も怖いと思われる話が収録されておりました!

それが 『高橋君の理由』 。


ここに画像を貼ろうと思ったけどスキャンが嫌なので止めた。


内容としては、 望月峯太郎作 『座敷女』 を11ページでアレンジしたかのようなエピソードなんですが、

これがシチュ的と怖い絵的の両面から怖くて、不安の種では最もお薦めの一話。

個人的には 『大きさが…』『バイバイ』『しんがりの決まり』『スウィング』 並みの恐怖。やめてー。

画像のお前は3年後女どころじゃなかった。

現在連載分の不安の種プラスで興味を持った人は、1巻か3巻から読めば良いかと。

1巻には 『あそぼうおじさん』 や、他の人の評判が良い 『道に棲まう』 が収録されてるので。

まあそもそもあまり人には薦められないタイプマンガなので、まあ自己責任でどの巻からでも選べば良いじゃない。自己責任で。


そういったわけで本日は不安の種3巻の紹介をしましたが、

この7月6日には 『不安の種+』 の単行本が発売されました! という日記

表紙からいきなりオチョナンさんなので、

オチョナンさんだけが気になる人でも、買わずしてご対面できる親切仕様ブックカバーをかけておきたい表紙だな!

2007-07-03 どうでもいい話

横浜あおい書店マンガ雑誌がいつの間にか立ち読みできなくなってて参った。

これからは何処でプレイコミック立ち読みしよう。


・人の力で動かす車が人力車機械の力で動かすのが自動車だと、何の力で動くのがただの車なんだ?


・ずっと前に世界まる見えで観たのだけど、普通自動車の100台分くらいある大きなブルドーザー? の名前なんて言うのだっけ。


・今更だけども、↓ のコピペには感動。


817 :水先案名無い人:2006/08/30(水) 12:41:56 ID:lNHXgAgY0

795 :(゚Θ゚) チチクロサンバ ◆PmmFtSAMBA :sage :2006/08/30(水) 10:32:12 ID:VgHKJ8qi0

萌えるもの。濡れたスイカに映った幼女。呼んだら来るスズメの雛。2,3歳の幼女

走って来る途中に地面のゴミを見つけて、ちっちゃいおててで「はいっ」と見せるのモエス。

おかっぱの前髪をかき上げないで、首を斜めにして向こうを見ようとしてるのもアホカワイイ。

ちっちゃいお坊ちゃんスーツ着せられて歩いたり、幼女が遊んでいる打ちに腕の中で

くーくー寝るのもスゲェ萌える。しがみついてんだぜコンチクショー。


まぁ、ままごとの道具や水草の葉っぱとか、小さいものはみんなかわいいといえるな。

二歳くらいの子供が服の裾を引きずって部屋から出てくるのはタマラン。袖が長すぎて

指先だけちょっと出ているってのもピンポイント萌え。10歳前後の男の子が、

学校の授業で教科書読んでるのもけっこう萌えるシチュエーションだな。


人間以外で言えば、ヒヨコがぴよぴよと人の前や後ろに立ってついてきたり、親ニワトリ

くっついて歩くのは実にホホエマシス。

あと、カルガモの卵とか、ガラスの小瓶とか。

                                         by 清少納言枕草子


               <萌えは1000年を越える歴史を持つ>


820 :水先案名無い人:2006/08/30(水) 13:44:38 ID:34rjP4wy0

>>818

うつくしきもの瓜にかきたるちごの顔。雀の子の、ねず鳴きするにをどり来る。

二つ三つばかりなるちごの、急ぎてはひ来る道に、いとちひさき塵のありけるを目ざとに見つけて、

いとをかしげなるおよびにとらへて、大人などに見せたる、いとうつくし。

頭は尼そぎなるちごの、目に髪のおほえるをかきはやらで、うちかたぶきてものなど見たるも、うつくし。

大きにはあらぬ殿上童の、装束きたてられてありくもうつくし。

をかしげなるちごの、あからさまにいだきて遊ばしうつくしむほどに、かいつきて寝たる、いとらうたし。

雛の調度。蓮の浮葉のいとちひさきを、池より取りあげたる。葵のいとちひさき。

なにもなにも、ちひさきものはみなうつくし。

いみじう白く肥えたるちごの二つばかりなるが、二藍の薄物など、

衣長にてたすき結ひたるがはひ出でたるも、またみじかきが袖がちなる着てありくもみなうつくし。

八つ、九つ、十ばかりなどの男児の、声はをさなげにて書読みたる、いとうつくし。

にはとりの雛の足高に、白うをかしげに、衣みじかなるさまして、

ひよひよとかしかましう鳴きて、人のしりさきに立ちてありくもをかし

また親の、ともに連れて立ちて走るも、みなうつくし。かりのこ。瑠璃の壺。

2007-07-02 妹は思春期 250回

[]妹は思春期 250回

妹は思春期が、連載250回を迎えたよ! めでたい。


妹は思春期250回


カラーページカラーページ。記念の回だけあって面白いネタばかりで素敵。

マジに叶ミホの恋の手伝いする小宮山先生とか滅多に見れたものじゃない。ハッピーエンド風なネタで驚いた。

そして単行本9巻は、8月6日 (月) 発売予定とのこと。

みなみけも妹も思春期が、氏家ト全氏サイド単行本にも収録される事になった。しかも普段通り描きおろしマンガありで!

そして今に9巻が出るという事はあれ、単行本10巻が出るのも確定という話。素晴らしいね。

4コママンガで単行本10巻突入とか珍しい。食べれませんも10巻に入るようだけど。


あと今回の柱アンケート

「Q : 最近、恥ずかしかった瞬間は?」 「A : 字が汚くて、相手に間違えられてしまった。」 は、

七条アリア先輩の名前が間違ってた話か。写植の人がしっかりしてれば他の話が見れたのに。

 | 

2001 | 06 | 10 |
2002 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |