アダキの葉

 | 

2008-04-27 ニコニコ動画を見ている

・ここ半年以上もずっと毎日ニコニコ動画アクセスしていたというのに、

見てた動画は、コンボとcomboと連続技と 餓狼伝kofなど一部格ゲータイトルで検索してヒットした動画だけ!

「これは明らかに視聴スタイルを間違えている」 、

そのように感じた次第なので、最近ゲーム動画以外も見るようになりました。ゆっくりしていってね! とか。


そういった流れから続くのは、お約束ネタ。俺的おすすめ動画鉄板ですね。


格闘ゲーム・ラスボス集

古今東西、様々な格ゲー通算221タイトルラスボスを紹介。

見た事無い格ゲーは当たり前、名前すら聞いた事の無い格ゲーだって2,30本レベルのてんこ盛り!

ALLSTAR格闘祭まであるのにはたまげた。作者のソラユニさんは一体何者なんだ?


超必殺技

こちらは多種多様格ゲーの、超必殺技をひたすら集めたシリーズ

UP頻度がもっと高くてフレーム飛んでなければ最高なんだが。


以上。

おすすめとか書いといて2つだけ。何が鉄板なんだか。まあ結局格ゲー動画しか見てないし。

2008-04-26 ピーラス立ちスクリュー

山手線めぐりを半周ほどしたり。

19:00頃の田端で人気の無い方に降りたら、電車の音と自分の足音くらいしか聞こえない程 何も無くてびびる。

この日は23:30頃に帰宅したのだけど、帰宅した頃より田端訪れた時の方が暗くて静かで心細かった。


この日開店秋葉原ブックオフへも行ったりしたよ。開店日のせいか混雑しすぎだった。

店舗自体は6階建てで、かなりの大型店舗

おかげでゴルゴ13単行本が148巻まで全巻揃いました。最後になったのは52巻。


少女革命ウテナ決闘曲がJOYSOUNDにて一部配信されている

一部は4月27日配信予定となっていたけど、この日時点で既に歌えて大満足。投票システムとかあったのか。

今後も他の決闘曲の配信が決まっているとの事なので、楽しみだ。

2008-04-25 ほとんど別物

・今週のゴルゴ13 『傑作・アサルトライフル』 は、原作とは大きく違っていたよ。

「サビーヌ兄弟との対決」 「ゴルゴが罠にかけられる」 「新型アサルトライフル完成」 等、

個々の要素は同じだけれど、ストーリーはほとんど別物。


とはいえ今回は、アニメ版ならでは改良点も見受けられた感じ。

「サビーヌ弟を 車のライトを利用して倒す (原作ではいきなり飛び出したゴルゴに撃たれる) 」 とか

アサルトライフルをデイブが完成させる (原作では名も無い職人) 」 とか、

「敵側がゴルゴ襲撃に至る背景を簡略化 (ゴルゴの推察力の鋭さを表すシーンは他に沢山あるしな) 」 とか、

その辺はよろしく感じた。

特にデイブの出番が増えて、ゴルゴとの絡みを強化する方向に動いているのは嬉しいね。

職人デイブは かなり人気の高いサブキャラクターだろうし、よいファンサービス

テレビで初めてゴルゴ13を知った腐女子の方とかが、BL同人誌やらを制作してくれたなら万々歳です。


ただやっぱり、改悪点もあった。

ゴルゴ13は、愛用するM16の改良型のM16A2でさえも、

十年以上実戦で使用されているのを確認してから初めて自分が愛用するようにしているほど

仕事道具への信頼感を重視している」 というプロの心得を全くカット

この話の見所は、ゴルゴの戦闘能力プロとしての心構えだと思うから、こいつはよろしくないなあ。

また、タイトルにもなっている 『傑作アサルトライフル』 も、

8年かけて探したバレルを1週間かけて精密に加工した一品から、僅か4日で仕上げたものになってた。

「対決の後でゴルゴに新型アサルトライフル完成」 が 「新型アサルトライフルで対決」 になったのは別に。


他、先程は誉めたデイブの登場だけど、

なんでもかんでもデイブが担当すると、デイブがゴルゴの弱点に思われそう。

デイブを失ったら誰に銃を用意してもらうの? 銃職人についてリスク分散してるの? 的な。

まあその辺はほどよく登場回数割り振ってもらえるのだろうけど。


あと致命的な事として、やっぱこのアニメ 狙撃シーンや戦闘シーンがしょぼい。

今回だと 「車のライトを背に立つ → サビーヌ弟を狙撃 → 傾斜地にサビーヌ兄を誘い出す」 という

重要な流れまでも えらくゆっくりしているから、命がけの戦闘といった雰囲気がまるでない。

基本、アクションシーンこそ最高潮に達しなきゃいけないだろうマンガなのに、

迫力もスピード感も、原作の足元にも及ばないのは かなり頂けない。


次回の話は 『プリティウーマン』 。

ちなみに原作でのタイトルは、『レディ・ビッチ』 。初のタイトル変更回になるみたい。

ビッチって放送禁止用語だったのかー。最後のビッチセリフが切ないのに、そこも変更されてたら残念だなあ。

2008-04-24 ダメなオタク

・BS星新一感想を何気なく探していたら、

「ほとんど読んだからとはいえ、知ってる話ばかりだなあ」 と嘆いてるらしい感想が見受けられた。

そういう態度もあったのか! と目から鱗が落ちた。


俺はゴルゴ13とかBS星新一とか、「知らない話だったらどうしよう!」 と思いつつ観てるからね。

どっちも膨大な量のエピソードがあるのだから、どれもが初めて見る話であっても普通だし、

原作読者でも 「別に知らない話だからってどうもしないでしょ」 というのが正しい視聴スタイルだとは思うけど、

知らない話が来たら、ショックを受けそう。未読作品もあるというのに!

アニメゴルゴ13の次回予告は、タイトルが出るまでにどのエピソードか分からなかったら負けかなと思ってる。

何に対してだよ! っていうか全巻揃えてすらいない俺がかよ! 面倒くさいね。ダメオタクだ。


そもそもオタなら、アニメ雑誌とかで今後の放送予定を調べておくのが普通か。オタク以前だ。

今度やっと 『THE ゴルゴ学』 を読むところです。申し訳ない。


っていうかこの日の日記前に思いなおした時真逆の事を言ってるぞ。

自由に生きれば良いじゃあないとか書いた時とも違う。

「俺はブギーポップシリーズを全巻読んだわけですらない、ファンと呼ぶにすら値しない存在だと思ってたんですが」 だとか

言ってた頃まで戻ってしまっている考え方だな。まあいいか。

2008-04-23 生活維持省

星新一作品で一番好きなものは何か、と自分に問うた時に、

「『ああ祖国よ』 か 『処刑』 か、いやいや 『白い服の男』 も 『おみやげ』 もいいな。

タイトルは忘れたけれど、スパイと万能カメラを描いた話こそ正にショートショートと呼ぶべき傑作じゃあなかったか」

など 候補は挙がれど答えは出なかったわけだけれども、

この日に星新一 ショートショートを観ていて、いきなり決まった。『生活維持省』 だ。

その前までの 『さまよう犬』 『窓』 は ぬぼらーっとしながらテレビを見ていたと言うのに、

次の話が生活維持省だと気付いた瞬間、身体を電撃が走り抜けたかのように、血液が沸騰したかのように脳内が跳ねた。

「どこが好きか?」 と尋ねられれば自分でも分からないが、

笑顔になるよりも強烈なこの身体の反応こそ、最上級の 「好き」 の気持ち。

まったく 中身の無い話で申し訳ないが、理屈ではなかった。


どこが好きかは後で考えたい。観てしばらく経つというのに頭が震えているし。

ビクトリーマイケルビクトリーマイケル 2008/07/29 18:25 俺も
あれga
一番好きです!

adakiadaki 2008/07/30 22:10 どうもどうも。
俺もあれが一番好きです!
なんか多分こう、命の扱われ方あたりが心に来るものがありました。

2008-04-19 生徒会役員共の話ですよ

[]生徒会役員共「#13」感想

・いよいよ次回は連載1周年! そんな生徒会役員共のお話です。


まったく リアルタイム進行でない生徒会役員共ですが、月日は着実に積み重なっているものであり、

連載1周年目にしてようやく夏到来。夏きたりなば、海水浴イベントだとさ!

アオリ文でも 「一足先に夏本番!! 次号、イケイ生徒会ハーレムビーチ4コマをお楽しみに!!」 とのこと。

いやいやここらで一回、どどんと表紙に載ったりしてほしいものですね。何言ってんだ俺は。


まあ それはともかく来月より今月だ。

今月はかような海水浴に向けてのノリノリな天草シノの手描きイラストが見れたりしたわけですが、

『これが僕の仕事です』 でのタカトシに視線を向ける萩村スズが良いよねえ。

視線の意味としては 「会長ボケたから早くつっこんでよ」 以上のものはないのだろうけど、

「手ぶら姿を想像していそうだったら怒ろう」 的な、下的な意味が若干でも篭った確認の視線だったら良いなあと妄想

ほか 『恍惚なひととき』 の天草シノは実に良い。千草槙 分が補給された感じ。


そういえば、今回は新聞部の畑さんがタカトシインタビューをしていたけれど、

あれは校内新聞読者の需要にこたえたものだったのだろうか。

いやつまり、以前 「会長に手を出したら穴ブチぬきます」 なんて投書がタカトシに届くネタがあったけど、

インタビューが生徒からの要望だったなら、随分とタカトシのウケも変わったものだなあ、と。

そういや連載当初には、熱烈な天草シノファンの女子生徒とか登場するのではないか と想像してたのを思い出した。

2008-04-18 ゴルゴ、猫にびっくり

・正確には、ゴルゴの狙撃に驚いた猫が倒した鉢植えの物音にゴルゴがびっくり (分かりづらい) だけど。


そのような訳で アニメゴルゴ13第2話。『ROOM・No.909』 。

夕暮れ時のビル街で、高層ビルの相手をシュート! という お話


ゴルゴがヘマして空薬莢を警察官に拾われてしまうも、不可能と思われる条件下での狙撃だったため、

ゴルゴ逮捕されなかった。 → まあ空薬莢を拾われるミスはあったけどな!」 という原作に対し、

アニメ版はこれを、

ゴルゴがヘマして空薬莢を警察官に拾われてしまうも、不可能と思われる条件下での狙撃だったため、

ゴルゴ逮捕されなかった。 → せめて目撃者がいれば…… → 実は猫が見てましたー」 と

話の持っていき方が 良い感じに変更。


ただ何故か、ゴルゴが狙撃体制に入ってから1時間待つ という謎の演出がプラスされている。

原作では、構えてから狙撃までの具体的な時間は不明)

ビルベランダから狙撃するなら、下手したら目撃されそうだよなあ」 ってのは原作通りだからまだしも、

先述したように 「目撃者さえいれば……」 と展開させてるアニメ版なのに、

ライフル構えて1時間待機!」 とかゴルゴ自身が目撃される危険性高めているのはどうなのよ。


まあ、ダンボール被ったりしてカモフラージュされても何だし、

2度目に見て気付いた点なので、重箱の隅を突付くような話か。


ちなみに第3話は 『傑作・アサルトライフル』 とのこと。

アニメゴルゴ13は、狙撃や戦闘能力に焦点を絞って展開していくのだろうか。

2008-04-17 KOF96没必殺技集を見てた

・KOF96はロケテ段階でさえマチュアやバイスが未完成なほど 開発が遅れに遅れていたとの事だけど、

それと関係するのか何なのか 「大量の没技があるらしい」 とは よく耳にした噂話。

実際、CPU紅丸は紅丸コレダーから謎の専用技で追撃してきたりとか、

京のバックストーリーでは新技修得をほのめかしているのに ゲーム中には何も無かったりとか、

確かに没技の存在を窺わせる要素はある感じだ。


そしてこの動画の内容こそが、その没技らしい。KOF96 幻の没技集

別所で聞いたクラウザー大側転や、デッドリーレイブやバイス版ヘブンズゲイトもあるし、

スタッフが没技としてあげてる 「棒どつきスピニングちょっと対空」 らしき技もあるので本物っぽい。と思う。

まあデバッグネオジオすら持ってない俺には、確認の方法も無いけれど。

それより、普通に素敵な没技もあって 惜しい事したものだ、と思う。無式は97より良いよなあ。XIが一番だけど。

あとコメントでは不評だけども、リョウの虎煌拳連発も好きだ。


・他、ニコニコ動画と言えば海腹川背さんの長いロープは役に立たなかったには笑った。

本当、PSP版はひどいな……誰か気付かなかったのだろうか。

2008-04-11 「デイブ! ありがとう……」 が無いとは!

アニメゴルゴを見たけれど。という話。


という訳で、アニメ・ゴルゴ13第1話の感想系統。

全く私たちの予想を裏切らず、それが故に期待も裏切らない、

いやいや裏切られるほどの期待も無かったけれど、楽しみにはしていましたよ? めっちゃニヤニヤしながら観てた。

そのような俺世界語はさておき、

分かりやすく言えば、「まあ、そんなもんだろうなあ」 ってのが感想です。超微妙


全体的にはともかく、まず音響

OPからして、「ゴルゴ13に合った音楽用意するのは無理だろう」 と最初から諦めたかのようなジャンルで始まり、

本編のBGMだって、特別ゴルゴである必要も無く、ゴルゴ世界イメージさせるものでもなく。無難無難

舘ひろしは可もなく不可もなく。

EDもまた、まあOPよりかは合っているかな? といった程度でごくごく普通

ここは俺も 「ゴルゴ13に合った音楽用意するのは無理だろう」 と最初から諦めていたので良いのだけど、けど!


いやもう本編展開が 「何故原作をいじるのか?」 とな微妙具合!

「そのセリフを抜かしちゃまずいだろ」 って原作セリフを抜かしっぱなしだこりゃ!

職人デイブがゴルゴの注文を聞いて驚く 「おおっクレージー!!」 も、

ゴルゴがデイブから銃を受け取っての 「デイブ! ありがとう……」 も無し!

ハイジャック犯への時間引き延ばし要求や、3日かかると言ったら3時間でと言われてからのデイブの職人モードや、

1キロ先を狙撃するために必要な 風速や気温や湿度をゴルゴが確認するセリフカット


原作時間引き延ばしにぶち切れて自爆しかねないハイジャック犯のためによる、

1分を争う時間との戦いでの緊迫感こそが売りの傑作だと思うのだけど、その要素は面影すっかり無し。

狙撃シーンも スローモーションになったりするから もうぐだぐだ。銃弾視点で描いてるのはともかく。


アニメオリジナルで良かったのは、まぁマフィアの襲撃シーンがあったのは、

ゴルゴ13知らない人には第1話にして分かりやすかったのではないかと思った。

まあ アニメオリジナルダメなシーンの方が多かったけどな!

ゴルゴがデイブに狙撃対象・狙撃状況の資料を見せてしまったり

飛行機が移動して狙撃が一層困難になる展開はともかく、それが何も影響せず予定通りの狙撃で解決してしまったり

狙撃してからゴルゴが去るまでに夕方になっていたり!(ゴルゴは夕方になるまで何してたんだよ!)


あああと、ベッドシーンをもろに放送していたのには驚いた。

テレビ東京だしパンチラすらNGなんだろうなあと思っていたけど、OPから乳首! 本編で本番!! EDも本番!!!

最近テレビアニメ規制はどうなっているんだ! 深夜アニメなら解禁なのか?

どうせだったら 『ミステリー女王・2』 や 『VOODOO』 辺りを放送して、規正の限界に挑んでほしいものです。

ヨハネ伝第十一章十節』 でもいいや。個人的には 『バラと狼の倒錯』 に黄色いバラのベッドシーンを追加してもらえれば。


以上、今回のお話AT PIN−HOLE!』 の感想だったよ。

っていうかアニメゴルゴ13の全般の感想だったけど。

まあともあれ、人にお勧めできる出来ではなかった。

原作好きな人だけ楽しみましょう、ということで。次回も絶対見よう。

2008-04-06 フライトプラン一部ネタバレ

・この日に放映してた映画フライトプラン周辺の話。 .


フライトプラン自体は 

飛行機に搭乗したはずの娘が消えた。しかも乗客記録に娘の名前も無い! 娘は消えたのか、最初からいなかったのか?」 

という触れ込みのサスペンス映画。 

内容自体もまあその通りに進んでいくのだけど、最後の最後は 「爆発オチ」 。 「飛/行機が爆発」 する。

上記内容なのに、アクションシーンはあるし。主人公が格闘。

「機内で娘が消えた! 結局、娘は見付かった! そして最後は飛行/機が爆発!」

これだけだと何がどうしてそうなるのか意味が分からないけど、実際そうだから困る。


こないだメトロ・サヴァイブ感想を書いた時には、

「俺あまり映画見てないし、ハリウッド映画とは適切なたとえであっているのか不安だなあ」 などと思ったけれど、

この映画見たら、ああ あれで良かったんだな、と思った。

やっぱハリウッド映画は何が何でも爆発させないと気が済まない様子。


ちなみに本筋の娘が消えた云々は、映画フォーガットンばりに適当なオチだった。

適当というよりか、杜撰。まあドラマかまいたちの夜みたいな展開になられるよりかは良いけれど。

ほか、主人公の暴走シーンと狂人扱いされるシーンは良かった。

2008-04-04 404記念日か

・1枚のアニメDVDに4話くらいしか収録されていないのを、前々からけち臭いなあと思っていたのだけど、

なんか5話入れようとすると低画質にならざるを得ないらしい。そんなに容量あるものだったとは。


・以前、サイト全体をブログ移転したいなあ と書いた時に思ったこと。

一昔前には 「日記掲示板リンクしかないサイト」 なんて言ったらダメサイトの典型例だったけど、

それってブログだよね。今ではそれが、別に変じゃあない普通のことになるとは。

かつては上記コンテンツの他に、サイト独自の研究創作活動のコンテンツを持つのが普通だったと思う。


というか今は、活動報告を日記でやるようになっただけか。

普段は日記で報告して、そのまとめを独自コンテンツとして残せば良いのか。それで行こう。

問題は、うちのサイト最近活動していないって事なのだけども。


・そういや 東方シリーズプレイしたりとかガンダムOO見たりとかしていて感じたのだけど、

人の多いジャンルは本当に盛り上がっているものなのだねえ。

キャラ名でイメージ検索すると、本当にそのキャライラストだけで1ページ埋め尽くされたりしてびびる。

どうも俺の好むものは比較的マイナーなものばかりなので、

イメージ検索を最後のページまで見たり必死こいて探しても 画像10枚あるかも怪しいのが常だったから違和感強い。


しかもその画像10枚も、キャラごとではなくタイトルの括りで、画像の出来問わず集めて10枚って次元だよ!

これが東方なら、たとえば 「『ゆっくりしていってね!』 は嫌いだから集めません」 という収集態度でも、

充分すぎるほど東方画像を集められるわけじゃあないですか。

勿論その逆に、ゆっくりしていってね!だけ集めても充分集められる! いや本当羨ましい。なんなんだ? お前らは。

いや何が 「なんなんだ?」 なのかは分からないけどさあ。世界の違いを痛感せざるを得ないね。

2008-04-02 星新一ショートショート新番組化で良い

再放送で初めて気付いたのだけれど、星新一 ショートショート新番組で始まっていたとは!

 | 

2001 | 06 | 10 |
2002 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |