アダキの葉

 | 

2008-11-14 今週のアニメゴルゴ13が珍しく原作より良かったなあ、という話

アニメゴルゴ13の話。『殺意の交差』 。

実はゴルゴが間一髪で助かっている話。『アメリカ異邦人』 の次くらいにピンチだったと思う。


やっている事は原作と大して変わらないのに、不思議な事にアニメ版の方が面白かった。

面白く感じたのは、小物の存在感が増していたからだろうか。

しょうもない小物の爆殺計画だけが淡白に成功していた原作と違って、

アニメ版は、爆発へのカウントダウンを挟んだり 最後に始末されるオチもついており、

タイトルの通り、殺意が交差する様子が表現されていたかと。

乱気流シーン追加も良かった。


原作は、どうも 『激怒の大地』 のように、なんというかデウスエクスマキナな読後感が拭えない。

「そもそも爆弾のエピソード自体必要なかったのでは」 とも思える内容。

空中狙撃に手間取る場面が無いし、小物が爆弾を落としかける場面もないし。


次回放送予定は 『誇り高き葡萄酒』 とのこと。

残り話数は あと20話も無いはずなのだし、どうせなら 『神の滴』 にしてほしかった。

GKGK 2008/11/19 17:37 ご無沙汰しております。
原作の場合、爆殺犯側の展開描写が弱すぎたので、最後に出オチというかとってつけた感がありましたが、アニメは確かに緊迫感が増していましたね。普段どちらかというと「削る」方向に注力している印象があるので、カウントダウンの強調具合などを見ると、アニメスタッフもアダキ様と同じような思いを持っていたのかも思いました。
間一髪とか命拾い系の話もけっこうありますよね。「異邦人」はターゲットに自分がやられる話で、今回は別の人間に向けられた殺意の巻き添えになりそうになるタイプですね。自身に思い当たるふしがないからか普段の戦闘モード移行ではなく一般人のように驚き立ちすくむゴルゴが印象的でした。原作では確か「俺の知らない所で何かが…」みたいな台詞があったように記憶していますが(あやふや)それはそれで間抜けですがアニメの射殺したのも驚いた描写の後だけに個人的に「ビビらせんじゃねーよ(怒)」というイメージがわいてしまいました。
ゴルゴはプロの条件の中で「40%の運」と述べていますが、さいとう氏は「超人的能力と用心深さ」という一見完璧で魅力的なゴルゴを強調しつつ一方で「運に恵まれるのも一流の証」のような所もゴルゴシリーズの柱に位置づけようとしているのかも、と思います(勝手に)。

adakiadaki 2008/11/21 23:46 どうもです。
普段は30分の尺に収まらない原作を削って微妙な出来栄えになりがちですが、
30分に足りない原作にエピソードを追加するパターンの回は面白い傾向にあるようですね。
そう考えると、次回の『誇り高き葡萄酒』も期待できるかもしれません。

実はゴルゴが大ピンチなのに、危機を招いた原因が全くゴルゴに無いというのは珍しいなあと思いました。
また、原作ではそういったセリフがありましたよね。
あのセリフは実際ゴルゴの考えた通りであるものの、確かになんともいえないしょぼさがあって、
同じく間の抜けた印象を受けましたよ(笑)
もしアニメが、爆弾男を射殺→「俺の知らないところで(略)」という流れを採用していたなら、
「これはギャグ展開なのだ」と受け止める人も多そうです。

 | 

2001 | 06 | 10 |
2002 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |