アダキの葉

 | 

2015-06-20 『プチプチたんたんプチたんたん』 第40話感想

[]プチプチたんたんプチたんたん 「第40話」 感想

おおっと久しぶりにプチが主役のエピソードが来た!

プチが話の中心となるのは……第36話 【偶然の産物集】 以来かな。別にそこまで久しぶりでもないか。

朝宮マミさんの出番と比べたら充分主役と言えるレベルだった。


そんな訳で、今月の 『プチプチたんたんプチたんたん感想

今回の第40話 【ハナ×プチ】 は、花園ハナとプチのエピソード


『プチたん』 1話目では入学したばかりだった花園ハナたちも、もう高校3年生の2学期で。

受験生としての忙しさが、お世話できないという形でプチにも及んでいたとか。犬もすねるものなのだなあ。


そして今月は下ネタひとつで、花園ハナ・片岡ヒカリ山田コンスタンツが犬の全身着ぐるみに着替える展開が来た。

露出している部分は顔しかないタイプのコスプレですが、まぁイイネボタンは連打したいよね。

片岡ヒカリ花園ハナが唖然とした感じで着てるのも良いし、コンスたんが魅力的なポーズ取っているのも良い。

青少年ケモノ娘というジャンルの道を拓く道標である氏家ト全先生は新たな時代への礎なのでは (意味不明) 。


眠さにかまけて変な感想になりつつあるけど、プチと花園ハナ (着ぐるみ着用) の新たなコミュニケーションが今ここに。

そう思いきや場面は一転。

気付けば花園ハナは、風吹きぬける草原に白いワンピース姿で立っていた。

おおっと氏家ト全先生マンガでこういう場面を拝めるとはね。花園ハナの片目が髪で隠れているのも普段と違ってそれっぽい。


そしてよもやの、あの人 (?) が再登場だ。

第31話 【プチ擬人化】 にだけ登場したあいつ、そう、プチ太こと擬人化プチが再登場!

マジかよ! 1話限りのネタとばかり思っていた。

花園ハナにとって、プチが人間だったらのイメージはいつの間にやらこれで固定されていたのか。

しかし今回のプチ太はイケメンながらに着ぐるみ姿なのでシュールだw


そして繰り広げられるプチ×ハナ展開はメインの見所なわけだけど、花園ハナが本気100%で驚いてるのも見所だと思う。

こんな風にも驚くのか! つーかこういういかにも漫画的に驚く表現が入る漫画だったのか。

今月の後半4ページは、氏家ト全先生漫画でこういうことあるのかー、って感じの面白さだ。

最後オチまで花園ハナとプチが仲良くしてる展開で、ほのぼのする終わり方なのも良いなあ。


それにしても展開からすると、タイトルは 【ハナ×プチ】 でなく 【プチ×ハナ】 じゃあないの? って気もする。

これはあれか。やっぱ夢はあくまで夢を見ている当人脳内での出来事で、

平安時代だかの考えみたく "相手が自分を想うから夢で会いに来ている" ということは無く、

今回の話は花園ハナの妄想しかないですよ みたいな科学的背景を込めたタイトル付けだろうか? (深読みしすぎ)


今月の感想終了。

そして今月もまた、次号予告が無い。むしろ次号予告が無いのが当たり前になってきたな。

そればかりか最終ページの柱アオリ文句は、一行に収まらないわけでもないだろうに、

何故なのか途中で折れ曲がってページ下のスペースまで使っている。謎の個性だ。

 | 

2001 | 06 | 10 |
2002 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |