アダキの葉

 | 

2016-01-20 『生徒会役員共』 と 『プチプチたんたんプチたんたん』 感想

[]生徒会役員共 「#359」 感想

2016年1月の20日は水曜日

まり週刊少年マガジンマガジンSPECIALが同日に発売する日であり、

生徒会役員共』 と 『プチプチたんたんプチたんたん』 が同日に読める日である次第。やったね。


そんな訳で、今週の 『生徒会役員共感想

今週 「#359」 は普段通りに桜才学園などが舞台日常回。

ちなみに扉絵はトッキーこと時さんだ。

マフラーしながらも身体の線が出る格好でビューティフルスレンダーをアピールだー。

"その格好は暑いのか寒いのか?" と考えてしまうのは年寄りの発想なのだよな (年寄り


開幕 【あざとかわいい】 は天草シノのターン。

あざとい仕草をやりなれていない仕草こそが男心をくすぐる! ……のかもしれない。

完全真顔で実行している天草シノが何かおかしくて良いなぁ。つーか、これで男心くすぐられる津田タカトシを罰したいのかも。


桜才バカップルのヨシ君ナオちゃんが、開幕と 【ボディタチング】 に2本続けて登場。

ディープ下ネタを学園内でやっちゃう仲ながら、ちょっとつまむ仕草や手を繋いだりみたいな行為でもラブラブなのね。

この程度では満足できない、みたいな事を言い出して、

氏家ト全先生過去作 『妹は思春期』 でいう岩瀬ショーコみたいなポジションになるかとも思ったが。


今回の扉絵のトッキーは 【年上の人】 のネタで登場。トッキーと横島ナルコ先生という組み合わせは新鮮だな。

横島ナルコ先生は 【男のふところ】 でもボケており、このネタは好きだな。横島ナルコ先生らしさを感じられる習性だわぁ。


七条アリアの頬にまつたけ模型スリスリこすりつける 【なかよし】 はサービスシーンかもしれませんね。

よくよく考えたら、週刊少年マガジンは他の少年誌や号によっては青年誌よりお色気シーンの多いマンガ雑誌ですが、

色々なプレイがぼかされたり抽象的にでも描かれるのは氏家ト全先生漫画だけですし。


ネネ女子力は高いのか低いのか? 【メイクアップ】 にはそういう疑問を抱いてしまうけれども、

場合によっては轟ネネが三葉ムツミ中里チリ普通女子トークをして下ネタを挟まず成功している例もあるのだろうな、

などと考えられるから何か怖い。

下ネタを挟んでも破綻せず三葉ムツミ中里チリも感心したまま終わるパターンとかあるのだろうし。


ラストの 【ノーノック】 は非常に津田コトミを堪能できる4コマだ (卑猥意味ではありません) 。

理不尽なのに勢いや迫力があるから説得力があるってやつだこれ。これが津田コトミなのだよな。スゲェ良い。

[]プチプチたんたんプチたんたん 「第47話」 感想

・続いては今月の 『プチプチたんたんプチたんたん感想

今回の第47話 【冬の熱帯夜】 は、真冬に我慢大会を催す話だ。それも暑さの我慢大会

生徒会役員共』 には真夏に寒さの我慢大会を校内行事として開催した回もあったねえ (単行本5巻 「#102」 ) 。

今回はその逆パターンと言えるか。


開幕舞台はお風呂場なので入浴シーンですが、温泉の素でも入っているのかなと思えるほどに水面下は不透明だ。

これが氏家ト全先生入浴シーンである! という印象は最終ページのオチへの伏線なのかしら。

"片岡ヒカリは冬の間もムダ毛処理を欠かさない" とも読み取れるような描写もあるぞ。


おぉっと朝宮マミさんが田隈サトリの料理シーンに登場だー。

しかしてこのシーンは本題のがまん大会への導入部によりジャブのような小ネタ会話で終了。

まぁ、田隈サトリが先輩方の我慢大会のための準備をしてくれる優しさを拾い取っておきたいシーンではある。


田隈サトリが我慢大会会場こと、花園ハナか山田コンスタンツ片岡ヒカリの部屋を訪れたシーンのセリフ、

コタツ暖房などを紹介するためにだけあるのでなくて、きちんと最後の展開への伏線になっていたのね。

読み直して気付いた。


我慢大会名物激辛料理は、花園ハナが鼻をやられたりとか前フリが効いてるなぁと思った。

そして "誰のために我慢大会しているのか" というか、"食べたくない一心しょうもない姑息手段を取る" という行為に、

コンスたんの意外なようで納得できる性格が出てたと思った。


作中に登場する架空雑誌ゲームソフト元ネタがあるのだろうか? と気にする自分ですが、

今回登場した 『Super JK』 なるゲームソフトは何かのパロディなのかそうでないのか。

まぁ、氏家ト全先生は滅多にパロディを盛り込まないタイプの漫画家さんであるわけですけど。時々やるから迷うところだ。


そして大オチ山田コンスタンツの裸な後ろ姿。裸の見えない風呂場という始まりから裸の見える室内という対比だ。多分。

何か今回は、いつもよりかストーリー構成とかそういうものが綺麗だな、という感想を抱く回でした。

 | 

2001 | 06 | 10 |
2002 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 |