アダキの葉

 | 

2018-02-28 今週の 『生徒会役員共』 「#462」 感想

[]生徒会役員共 「#462」 感想

・今週の 『生徒会役員共』 で一番驚愕したのはこのコマ


f:id:adaki:20180304120829j:image


マジかよ!?

氏家ト全先生漫画で、登場人物自転車に乗っているシーンが来た!

レアじゃないですかこのカット

氏家ト全先生漫画で、自転車が置かれているシーンはあっても、誰かが自転車に乗っているシーンって今まで目にした記憶が無い。

これって 『妹は思春期から通して、氏家ト全先生漫画家歴約17年で初めてとなる自転車シーンではないか?


そんなわけで、今週の 『生徒会役員共感想

個人的には衝撃的な自転車シーンはあれども、今回 「#462」 は特別行事も無い日常エピソードだ。


開幕 【空耳コール】 は、七条アリア煩悩溢れすぎてることが原因っぽい聞き間違いネタである

いつものパターンと言えそうなほど繰り返されてきた状況ですが、聞き耳の立て方が正統派理不尽ギャグみたいな感じにインフレしてる。

津田タカトシツッコミ通り 一体どこにいて聞いてるのさ。


個人的には 『生徒会役員共』 の感想を書いててよく打ち間違いそうになるのが三葉ムツミ名前

【2人の呼び方】 どおり、津田ツミって間違えそうになる (知らんがな)

いやこの4コマは "三葉ムツミ津田タカトシ結婚したら苗字が変わって津田ツミ" という夢見る女子系のネタですが。

萩村スズは自分結婚したら津田スズだな……とか妄想したりすることあるのかしら。

ていうかこの4コマ、萩村スズは三葉ムツミ津田タカトシを好きだと気付いているから、すぐ何が起きた気付けたってことでは。


津田家飼い猫のムラサメ、まるで最初から津田家で飼われていましたよ、みたいな頻度でさりげなく登場してるなあ。

津田ネタで言えば、昔は津田コトミが家の中で全裸になるがたまにあったけれど、そういう場面にもムラサメがいたら何か笑いそう。

それはともかく 【バーチャル要素】 は、ムラサメより高い頻度で津田家にいそうな魚見チヒロのお話

この機能陰毛ON OFFを切り替える対象が魚見さん自身とは書かれていない! そこから妄想を広げられるのでは!?

パイパン津田コトミには生やしてあげたいし、天草シノにはオフにしてあげたい、みたいな考えがあるという説はどうか。


次の 【リトライ先生】 、小山リカ先生が妙に可愛らしいツッコミを入れてるの何か良いなあ。

あと 【ハーレムルート】 、下ネタでないのに五十嵐カエデビックリされてしまうの、"ザ・普段言動のせい" 〜って感じで良い。


冒頭で書いた自転車ネタがある 【私の道 この道】 、天草シノと七条アリアが2人きりなのが何故か気になる。

単にこの2人だけでのおでかけということであろうが……

やはり、氏家ト全先生漫画自転車こいでるシーンが今まで登場しなかったことが関係するのではないか?

萩村スズが自転車に乗る場合子供自転車なのかとかまだ考えていないため、みたいな理由が裏にあるのではと穿って見てしまう。


扉絵にもなっている萩村スズ母のネタラストの 【スズママ青春時代】 だけ。

まあこの1本が七条アリアなみのヤベェネタであるわけですけど!

そういうプレイしたことが、セリフで語られるだけでなく写真に残っちゃってますからね……!

七条アリアでもやったことがなさそう (出島さんはありそうだけど)

2コマ目とかマジで水着から肉がはみ出てしまっててヤバい

ていうか同じ位置同じ角度から見た写真を描いたコマなのに、コマコピーせず2度描くというこだわりが表れている。

2018-02-21 今週の 『生徒会役員共』 「#461」 感想

[]生徒会役員共 「#461」 感想

ちょっと変わった異色の展開にも思えたよ、今週の 『生徒会役員共』 は!

個人的には大勝利である

今回 「#461」 は、轟ネネが主役のエピソード

一応は全部の4コマに轟ネネが登場だー、まあ後ろ頭の影しか映っていないコマもありますけど。

そんなわけで、今週の 『生徒会役員共感想


ネネがメインゆえ、扉絵からし普段とは髪型ファッション変えてイメチェンした轟ネネ

この魅力的な格好でポーズ決めた全身像を見てみたいっすよ。

ロボット研究部の公的活動発表の場とかこういう格好で行ったりしてたら良いなーって思うのですけど!


開幕 【メカニック女子】 は、轟ネネと畑ランコの掛け合いっつーまた一風変わった下ネタだ。

氏家ト全先生漫画でついに "機械姦" のイメージ映像が登場した記念シーンとも言えるかもしれない。

つーかこのネタ、「今までの生徒会室で天草シノたちが話してるシーンにも実は畑ランコが隠れていた」 って可能性が生まれとる。


そういや今回の轟ネネは 「ロボット研究会 轟さん」 とか 「桜才ロボット研究会所属、轟ネネ」 とか紹介されてますね。

"ロボット研究会" から "ロボット研究部" に昇格したはずなのに……

実は描かれていないだけで、ロボット研究会に逆戻りしていた、とかあるのかな?

その場合、降格理由は轟ネネの素行しか思い当たらないぜ。


2本続けて轟ネネと畑ランコの下ネタ会話とか滅多に見られないレアパターンだ。

「轟ネネ×畑ランコ」 というより 「轟ネネ vs 畑ランコ」 って感じですけど (ハブマングースみたいな)

そんなわけで 【ミステリアス 畑さん】 では、そんな畑ランコの心の内が明らかにー。

ウソは暴かれずとも、畑ランコは自身性的嗜好を暴かれないよう立ち回るという行動を取っているわけですよ!

隠そうとする態度は隠せていない、みたいな。

ウソ発見機とあらば嘘をついたうえで見破らせないって形で勝利する」 という真正から勝負はしない感じなのか!

つーかウソ発見機の第1問で 「あなたはSですか?」 って聞いてくる轟ネネのエロリストっぷりもさすがだ。


3本目 【とりあえずごまかす】 では、天草シノたち生徒会ウソ発見機とご対面。

このオチにはめちゃ笑った。

4コマ漫画オチコマだというのに、予想外の角度から殴られた感じで、不意を突かれたわ。

同時に畑ランコにもウソ発見機は通用するという事実や、

またその機器性能をごまかしきる独自解釈テクニックを畑ランコは身に着けているという事実も読み取れる。


本当轟ネネ下ネタ観が気になる 【O型です】 、何気に津田タカトシ血液型O型であるとか判明。

それよりも、"A型B型" という言葉に対して血液型以外の解釈がここに爆誕してしまった。

C型だと判明 (誤解だけど) したのに、へぇーって程度にしか驚かない轟ネネのおおらかさもスゲェ。

ここの轟ネネ津田タカトシをどう思ったのだろう? 「やっぱりねー」 みたいに思ったのかしら。


七条アリアに轟ネネが聞いた質問の内容が 【そそる】 ではバッサリカット

ネネは一体どういう事を七条アリアに対して出題したのか?

コマコマの間にカットしてしまわざるを得ないレベルの下ネタだったと俺は思うのですが、皆はどうか?

それにしてもオチの畑ランコが何かエロいな……

【そそる】 のサブタイトルが指す対象は畑ランコである可能性もあるのかなとか思った (最低)

少しもニコリともせず津田タカトシにこの質問をできる態度が畑ランコの魅力だと思う。

ここで津田タカトシウソ発見機を装着してて 「顔に出したくなるね」 の回答が反応してしまったら、みたいな妄想が浮かんだ。


いくら鈍感な津田タカトシでも 【被験者 シノ】 のド直球さは気付くのでは、とか思っちゃう

いやでも 「気になる女子」 を好きな子意味に捉えなかった津田タカトシだしな…… (単行本10巻 「#251」 )

ここでもそういう意味解釈してノーイベントでフィニッシュか?


割と異色の展開が多かった印象だけど、ラストの 【エレクトロネネ】 は轟ネネのド安定ネタ鉄板だ。

いや普通に考えれば、このオチこそが最もありえない行為をやっちゃってる下ネタなのだけど。

何気に3コマ目の "轟ネネを自慢げに語る萩村スズ" という表情も地味だけど見逃せないポイントであろう。

2018-02-14 今週の 『生徒会役員共』 「#460」 感想

[]生徒会役員共 「#460」 感想

TVアニメ版生徒会役員共』 3期が来るのではと、今までで一番強く意識することになった記事が出た

その記事別に全然生徒会役員共』 と関係しないはずだったのだけど…記事ラストに注目だ。

こちらの記事です → 『ポプテピピック』須藤Pが語るアニメ化制作秘話│ファンから募った質問にも回答


読んだ? 記事読んだ?

アニメ版生徒会役員共』 のプロデューサーである須藤孝太郎さんへのインタビュー記事ですよ。

まあ読まなかった方や見落とした方向けに転載しちゃうと、次の通り。


Q.「上坂すみれのヤバい○○」に続いて今度はヤバいアニメ製作されているキングレコードさんですが、今後もヤバい作品提供してくれるのでしょうか?

須藤もうこれで終わりです。健全作品を目指して『生徒会役員共』の続編が作れたらいいなと思っています。


おいおいおいおい、何故か 『生徒会役員共』 の名前が出てきたぞ!

「いやどうせ冗談でしょ」 と捉える向きもあろう。

でもさ、記事全体を読んだ印象としてはさ、須藤孝太郎さんはふざけるとこはふざけるけど、きちんと計算して発言してる印象じゃない?

これ最後で 『生徒会役員共』 の名前を出してきたのも、実際に制作中や制作予定だからこそ名前を出してきたと思うんだよね!

効果的に宣伝できるタイミングでは機会を逸さず宣伝しておく!

そういうタイプの方ではないだろうか。


・まあマジに3期が来るとしても、今はそれより今週の 『生徒会役員共』 の感想だ!

今週の週刊少年マガジン2月14日バレンタインデーの発売となりましたが、特にそれらしいイベントは無し。

特に大きなイベントもない日常エピソード回ですよ。

そんなわけで、「#460」 感想


開幕 【タチ生徒会】 、意味深サブタイトルに気を惹かれますが 七条アリア天草シノの仲の良さがメインだった。

こういう状況での七条アリアは、常識的に小声で聞かれないように話すのねー。

普段通りの声の大きさで喋らず、天草シノの恥がモロバレにならないよう気遣いするのだな。

下ネタ以外のことでは本当に常識的なのが七条アリアの良さだし、氏家ト全先生作品の良さにも至る。

というか七条アリア普段から下ネタを言うのは、皆にもこの良さが分かってほしい!みたいな理由からなのだろうなと思った。


津田家で津田タカトシ津田コトミと飼い猫のムラサメと魚見さんがコタツぬくぬく家族団欒……いや、魚見さんは厳密には家族ではないけど。

ももう、コタツ大人数で入るときとか魚見さんが津田タカトシの隣に並んで入っててもおかしくなさそうな関係ではある。

次の 【転生したい】 、久しぶりにデフォルメではない姿でムラサメが描かれてるのを見た気がする。


4本目 【テノールくらい】 、五十嵐カエデ入浴シーンと書けばあれですが 見所は五十嵐家の浴室じゃない? 浴室に置かれた小物じゃない?

ていうか古谷サチコの浴室も五十嵐カエデの浴室も給湯リモコン式だな。

携帯電話こそある時期までガラケーからスマホへとなかなか切り替わらなかったけど、それ以外の家電では普通に最新化されていきますね。

あとネタそのものとは関係ないけど 【ギリセーフ】 3コマ目の古谷サチコはやたらと可愛い


ラストやんちゃ会長と私】 は、8コマ漫画

てっきり扉絵にもなってる古谷さんネタで来ると思ったけれども、津田タカトシ天草シノの微妙距離感が描かれるネタだったかー。

付き合いが長ければ繊細な一人きりの時間もあけすけに……とは行かないのが魅力だろう。

親しき中にも礼儀あり、ということでもあるか。

2018-02-07 『生徒会役員共』 「#459」 感想

[]生徒会役員共 「#459」 感想

・遅くとも土日に感想を書かないと、1週間以上遅れがほぼ確実になると分かってはいるのに……

そんなわけで、1週間以上遅れての 『生徒会役員共感想です。

この回 「#459」 は、1週間以上遅れにして良いの? ってくらいに濃密な萩村スズ特集エピソードだ。


そんなわけで 『生徒会役員共』 「#459」 感想

開幕 【うかつ】 は、一人メシでパスタを食べる萩村スズ。

世の中には一人でランチを食べるのを絶対に避けたいみたいな人もいるそうですが、萩村スズは一人で食べられる系女子であった。

そういう感想、萩村スズにとっては 「児童扱いしているのか?」 みたいに怒られそうですけど。

けれどもオチは、児童みたいな口元のまま歩き回らざるを得なくなっちゃう萩村スズであった。


それはそうと、1コマ目の萩村スズには何故か魅力を感じてしまうな……

ナポリタンうま」 とか普段は決して口に出して言わないセリフを 脳内では普通に考えているのだな、ということが分かるからかしら。


続く 【出会いイベント】 では、萩村スズが津田タカトシキスマークをぺたり。

唇接触によるガチキスマークですよ!

天草シノは下ネタ的な発想に繋げてましたが、素直に位置的にこれ萩村スズが第一容疑者にあがっていたのかどうか気になる。

あらぬ誤解がさらなる騒動を引き起こす展開にはならなかったけれど、畑ランコが妙な噂を尾ひれはひれ付けて流す未来もありえそう。


独占欲の強い横島ナルコ先生というのは、何らかのエロさよりも何らかの恐ろしさの方が強く感じられる気がする。

この 【マーキング】 、漫画ドラマである 「襟のキスマークが見つかってひと悶着」 みたいなことも横島ナルコ先生の手によって起こされてそう。


歯ブラシをもって迫ってくる天草シノ、という絵面は良さを感じられるのではとも思ったけれど掘り下げられなかった。

ラスト 【スズフル回転】 、このサブタイトルも相まって可愛さが秀逸じゃない?

8コマ漫画の後半4コマの短い時間でこれだけの流れがあろうとはー。

いやフル回転というならこの勢いの萩村スズがもう2,3コマあっても良さそうだが……いやそれは忙しくなりすぎかしら。

 | 

2001 | 06 | 10 |
2002 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |