Hatena::ブログ(Diary)

凹レンズ(旧館) RSSフィード Twitter

July 17(Sun), 2011

肩の力を抜いて デートを10倍楽しむ方法

付き合う前や、付き合いはじめのデートは難しいものです。テンパりにテンパって立てた計画が上手くいかずに落ち込んだり、後でクヨクヨと振り返ったり。せっかくの異性との楽しい時間はずなのに、もったいない・・・。。本エントリーでは、少し肩の力を抜いてデートを楽しむ方法を伊集院光、永六輔の考え方をもとに書いてみようと思います。


デートしよっ「とっておきデートプラン」
デートしよっ「とっておきデートプラン」



伊集院光のデートについてのトーク

深夜の馬鹿力の中で、「初めてのデートで気をつけること」というお題でのトークがとても面白かったです。映画デートで、映画がつまらなかった時を振り返って以下のように語っています。

  プランにおぼれるっていうか、ココとココとココにいくって決めてるから、途中でアクシデントがあったりしても遂行しなくちゃダメみたいになっちゃうとか。映画が違ったら、違う過ごし方が絶対あるはずじゃん。下手すりゃ『ラブーム2』もう1回見ちゃうみたいな。…

  今思えば、良いじゃん。…映画でデートするときにその映画がつまんなかったりしてくても全然いいじゃん!だけど、俺が選んだ映画がつまんねーと俺のせいみたいに(自分が)なるじゃん…それは、俺が悪いんじゃなくてフランシスコッポラのせいなのに。「コッポラいまいちわかんねーな」って言えばいいのに、それが恐怖だから。

  「つまんなかった」ってこと言えないから、「ココが面白かった」とか「あそこの演出が良かった」とか一生懸命言うと、この子自体はつまんなかったわけだから、敵じゃん。俺がコッポラと付き合いたいんならわかるよ。最終的にコッポラと付合うんだったら、ココではコッポラのフォローするのはわかるよ。…あのころは、映画がつまんなかったことを全部自分のせいにして。…

  今思えば、あの時「うまくいかないもんだね」って言えるのが良いんだろうね。…綿密な計画の相手はうまくいかないね。ほんとあいつら思い通りのリアクションしないね。

JUNK伊集院光深夜の馬鹿力|TBSラジオAM954+FM90.5?聞けば、見えてくる?2011/5/26日配信分

あー、こういうことあるなーっと過去を振り返ってしまいました。そつなくデートを完成させることがついつい目的になってしまって、相手との時間を楽しむことをおざなりにしてしまう事があります。


永六輔の言葉についての考え

これは、永六輔が小学生の質問に答えたものの引用です。

好きな人に告白する言葉を教えて (小6・女の子)

永先生:言葉は一番大切です。でも、好きな人に「あ、この子好きだな」とか「いい人だな」と思われるには、「おなべをいっしょに食べて同じものをおいしいと思う」、「夕やけを見て、両方が美しいなと思う」というような同じ感動を同じ時点で受け止めるのが一番効果があります。

例えば、「いただきます」とか元気な声で言っていると、それだけで「あの子いただきますって言ってるな。きっといい子なんだろうな」と思うじゃないですか。「あなたがすき」ですとか、「キミを僕のものにしたい」とか、「世界のどこかで待ってる」とか、そういうのはあんまり効果がありません。

「きれいだな、おいしいな、うれしいな」ということが同時に感じあえる環境が一番大事。だから、「好きです、嫌いです」という言葉ではなく、いい言葉を使っている子は好きになれる。「あの人ならこの言葉は好きだろうな」と思った言葉を何気なく使っているときの方がドキンとします。「あなたが好きです」というのは最悪な言葉です。

だから、いっしょの環境にいるときに同じ感動をする場面に出来るだけいっしょにいる。スポーツの応援でもいいです。そうすると、使いあっている同じ言葉にドキンとすることがあって、それが愛なんです。

全国こども電話相談室[その他]


まとめ

「相手を、ずっと楽しませないといけない」「嫌な思いをさせてはいけない」「相手が好きではないものがあってはいけない」などなど色々考えすぎると、自分自身がデートをあまり楽しめず、結果として、2人で過ごす時間を味わうことが出来なくなってしまいます。

「何を成功とみなすか?」というのは、人それぞれではありますが、デートで何処に行くか、何をするかというのは、あくまで材料に過ぎないのです。

面白いことも面白くないこともあっていいのです。一緒に怖がったり、怒ったり、あきれたり、「あっ、今おんなじ感覚だった」と思ったり、違いがあったり。だってそれが自然なことなのですから。そこで、一緒に笑って、感じ方が違うのであればそれが相手を知っていくチャンスになるのです。これから夏真っ盛りです。力を抜いてせっかくのデートを楽しんでいきましょう。