Hatena::ブログ(Diary)

Awa Library Report

 | 

19710228  細菌学史 〜 十三人の狩人たち 〜  

 

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19710228

 

01 レーウェンフック 〜 微生物を追う狩人の最初の人 〜 ……………  5
 Leeuwenhoek, Antoni van 16321024 Olanda 17230826 91 /“微生物学の父”
 
02 スパランツァーニ 〜 微生物には親がなければならぬ! 〜 ……… 40
 Spallanzani, Lazzaro  17290110 Italy 17990212 70 /
 
03 パストゥール 〜 微生物は危険なものだ! 〜 ……………………… 90
 Pasteur, Louis     18221227 France 18950928 72 /《自然発生説の検討,1861》
 
04 ローベルト・コッホ 〜 死との闘士 〜 ……………………………… 166
 Koch, Heinrich Hermann Robert 18431211 Duitch19100527 57 /“近代細菌学の開祖”
 
05 パスツール 〜 彼と狂犬 〜 …………………………………………… 227
「科学には国境はないが、科学者には祖国がある」“近代細菌学の開祖”
 
06 ルー&ベーリング 〜 モルモットを殺戮する 〜 ……………………  5
 Roux, Pierre-Paul-Emile 18531217 France 19331103 79 /
 Behring, Emil Adolf von 18540315 Duich 19170331 53 /実業
 
07 メチニコフ 〜 すばらしい食細胞 〜 ………………………………… 42
 Mechnikov, Ilya Ilyich 18450516 Russia Paris 19160716 71 /
(Илья Ильич Мечников)「5月15日=明治乳業ヨーグルトの日」
 
08 セオボールド・スミス 〜 ダニとテキサス熱 〜 …………………… 85
 Smith, Theobald      18590731 America 19341210 75 /(セオバルド)
 
09 ディヴィッド・ブルース 〜 ツェツェバエの追跡 〜 ……………… 112
 Bruce, David  18550529 Melbourne England 19311127 76 /睡眠病(Darvid)
http://micro.fhw.oka-pu.ac.jp/microbiology/history/rekisi.html#Bruce
 
10 ロス対グラッシ 〜 マラリア 〜 ……………………………………… 153
 Ross, Ronald       18570513 England 19320916 75 /
 Grassi, Giovanni Battista 1854‥‥ Italy  19250504 71 /(バッチスタ or バチスタ)
 
11 ウォルター・リード 〜 科学のために、そして人類愛のために 〜 204
 Reed, Walter M.D.,    18510913 America 19021123 51 /Major of U.S. Army physician 
 
12 パウル・エールリヒ 〜 魔法の弾丸 〜 ……………………………… 242
 Ehrlich, Paul       18540314 Duich  19150820 59 /
 
13 解説………………………………………………………………………… 283
 秋元 寿恵夫(壽恵夫)血清医学 19080313 長野 19940204 85 /波留夫の弟/誤=74
 秋元 波留夫   精神神経科医 19060129 長野 20070425 101 /寿恵夫の兄/元東大病院長
http://www.ntv.co.jp/shitteru/next_oa/000305.html 731部隊と医学者たち
 
 Kruif, Paul de 18900302 Zeeland, Holland Michigan 19710228 80 /《Microbe hunters 1926》
  
── ド・クライフ/秋元 寿恵夫・訳《微生物の狩人(上)19801117 岩波文庫http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000J82T66
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000J81SU4(下)

 

 ◇ 

 

http://q.hatena.ne.jp/1179414842#a718591

 脈絡 〜 連続しない論理は反復しない 〜

 

http://q.hatena.ne.jp/1179414842#a718725

 省略 〜 承認された論理は立証しない 〜

 

 親が死に、子が死に、孫が死ぬ。

http://q.hatena.ne.jp/1131199260

── Kruif, Paul de《微生物の狩人(上)19801117 岩波文庫》P40

 

── 彼は、令嬢が自分をどう思っているかは知らなかったが、ともか

く腰をおろし、かならず自分を愛するように仕向けねばおかぬという意

気ごみで一通の手紙を書いた。

 「わたしには若い娘の気まぐれをそそるようなところは何一つありま

せん。しかし、今までの記憶をたどってみますと、わたしと懇意になっ

た人々は皆わたしを非常にすいてくれました。」

 こうして、彼女は彼と結婚した。そして史上でもっとも有名な、長く

苦難の道を歩いた妻、それでいながら多くの点でもっとも幸福だった妻

の一人となった──

── ド・クライフ/秋元 寿恵夫・訳《微生物の狩人(上)19801117 岩波文庫》P97-98

 

 Pasteur, Louis 18221227 France 18950928 72 /《自然発生説の検討,1861》

 

 妻に口述させるパストゥール(画像)

http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/tep024.html

―― 池田 光穂《パスツールの妻の肖像》

 

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3040539.html

 

 ◆ 平時の平和論者

 

── 訳者の秋元寿恵夫さんは、ローザについてこう書いています。

「戦争がないとき、漠然と戦争に反対するのは誰にでもできる。また、

ある種の戦争を予想し、それについての反対として明確な見解をもつ事

は、必ずしも至難ではない。だが、すでに戦争が始まってしまってから

でもなお、自らの見解に誤りがないと信じ続けるものの数はだいぶ減っ

てくる。しかし、少しは、ある。

 けれども、この意見を公然と表明し、できることならその戦争をやめ

させようと働きかけるものに至っては、もはや希有の存在に属するので

ある。ローザルクセンブルクというひとこそは、正しくそのひとりなの

であった。」と。── ローザルクセンブルクの時代(20070727)

http://plaza.rakuten.co.jp/articlenine/5010

 

(20080811-1219)

 

…… このように、今回新装をこらして復刊されたこの《微生物の狩人》

については、時代の制約そのほか、あらかじめ知っておいていただきた

い数々の事柄があるのだが、それと同じく原著がはじめてわが国に紹介

されてから今日に至るまでには、半世紀以上にわたった幾変遷があるの

で、この解説を終えるに当って少しくそのことにもふれておかねばなる

まい。

 まずその最初は、昭和のはじめ頃、したがって原著がアメリカで大評判

になって間もなくの時期に当るのだが、《時事新報》という日刊紙に

《細菌の猟人》と題されて連載され、当時の読書界に大きな反響をもたらした

和田 日出吉氏の翻訳であって、これをわたくしが改訳して第一書房から

《微生物を追う人々》という題名で出版したのが昭和十七(一九四三)

年四月であった。この第一書房版は、幸いにして好評を博し版を重ねる

ことができたが、戦争も末期に近づいた頃出版元が廃業すると一緒に

絶版になってしまった。

 しかし戦後になって、出版界が次第に落ち着きをとり戻してきた機運

に乗って、昭和二十八(一九五三)年には創元文庫版、昭和三十五

(一九六〇)年にはその一部が筑摩書房版《世界ノンフィクション全集》

にとり入れられ、昭和三十八(一九六三)年になって、こんどは全章が

平凡社版《世界教養全集》に収められて出版された。

 そして、今回改めて新版を出すに際して、底本としたのは昭和四十九

(一九七四)年十月発行になる平凡社版《世界教養全集》第三十二巻の

第二版であったが、今回の新版は、それのたんなる引き写しではなくて、

文字通り改訂版といってよい。というのも、こんどは古くは第一書房版

にまで遡り、各章にわたって訳文の再検討が綿密に行なわれたからである。

 しかも、それらはすべて、昭和十七年以来すでにわたくしの手元から

は離れていた原本と、いちいち照合しての上のことであって、こういう

作業が今回可能になったのは、好運にも岩波書店編集部の鈴木 稔さん

がこの原本を持参してこられたからであった。そして鈴木さんは、用意

周到にも、平凡社版の全文を読んでから Microbe Hunters の原本に直接

当って、不審の個所を克明に探し出し、それらをすべて校正刷の中で

チェックしておき、それをもとにひとつひとつ原文と照合しながら、

二人で意見を出し合ったのであった。

 岩波文庫版《微生物の狩人》はともかくもこういういきさつで陽の目

をみるに至った。わたくしとしては、この書物が少しでも多くの読者に、

また永く読みつがれることを願っている。   一九八〇年九月

 

 ※要約 『』→《》

 

…… 和田 日出吉・訳《細菌の猟人 194105‥ 時事新報》日刊紙連載

https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA30527170

── 秋元 寿恵夫・改訳《微生物を追う人々 194304‥ 第一書房》絶版

 

http://booklog.jp/item/1/B000JBA528(上)

── 秋元 寿恵夫・改訳《微生物を追う人々 1953‥‥ 創元文庫》一部再版

http://booklog.jp/item/1/B000JB86PG(下)

 

── 《世界ノンフィクション全集〈第2〉微生物の狩人 1960‥‥ 筑摩書房》

http://booklog.jp/item/1/B000JBC2ME

 

── 《世界教養全集 微生物を追う人々(32)技術のあけぼの 1963‥‥ 平凡社》全章

http://booklog.jp/item/1/B000JBC6XO

── 《世界教養全集(第32巻)197410‥ 平凡社》第二版(底本)

 

── クライフ/秋元 寿恵夫・訳《微生物の狩人(下)19801216-19890415 岩波文庫》P290-291

 

 秋元 寿恵夫(壽恵夫)血清医学 19080313 長野 19940204 85 /波留夫の弟, Sueo/筆名=室田 有/誤=74

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19710228

 細菌学史 〜 十三人の狩人たち 〜

 

(20180104)

   

adlibadlib 2017/08/14 15:17  
…… 平和な時の平和論(内村 鑑三)。P138
── 山本 伊吾《夏彦の影法師 〜 手帳50冊の置土産 20030925-20070928 新潮文庫》
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4104624012

 | 
     
プロフィール

adlib

adlib はてなダイアリープラス利用中

http://d.hatena.ne.jp/adlib/00000000 紀元前の日付表記

      Index ↓http://d.hatena.ne.jp/adlib/archive"
     ↑人名検索は、姓と名の間にスペースを入れ「日記」をクリックします。
     「上下段に <前の日> があれば、その日付にも(同人名が)存在します」
     Mail →http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/list?id=87518&pg=000000
0000 | 00 | 01 | 12 |
0001 | 01 |
0005 | 07 |
0067 | 06 |
0200 | 03 |
0325 | 05 |
0646 | 01 |
0728 | 09 |
0861 | 05 |
0960 | 07 |
0999 | 12 |
1000 | 01 |
1008 | 12 |
1265 | 05 |
1476 | 03 |
1504 | 09 |
1537 | 10 |
1546 | 12 |
1721 | 04 |
1751 | 07 |
1752 | 09 |
1771 | 04 |
1781 | 11 |
1792 | 10 |
1794 | 05 |
1797 | 02 |
1810 | 06 |
1824 | 02 |
1828 | 01 |
1831 | 12 |
1844 | 09 |
1860 | 07 |
1868 | 03 |
1869 | 02 |
1870 | 03 |
1871 | 12 |
1873 | 10 |
1883 | 03 | 07 |
1884 | 08 |
1888 | 11 | 12 |
1890 | 07 |
1894 | 09 |
1898 | 04 | 08 |
1901 | 12 |
1902 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1903 | 03 | 05 | 07 |
1904 | 02 | 04 | 08 | 11 |
1905 | 01 |
1906 | 01 | 04 | 06 | 07 |
1907 | 01 | 07 | 10 |
1908 | 06 | 08 |
1909 | 02 | 05 | 12 |
1910 | 08 | 09 | 10 | 12 |
1911 | 01 | 10 |
1912 | 02 | 04 | 12 |
1913 | 04 | 06 |
1915 | 10 | 12 |
1916 | 01 | 03 | 12 |
1917 | 01 | 03 | 10 | 11 |
1918 | 03 | 07 | 11 | 12 |
1919 | 01 | 08 | 09 |
1920 | 01 | 06 | 09 |
1921 | 02 | 10 | 12 |
1922 | 02 | 03 | 06 | 07 | 09 | 10 |
1923 | 05 | 06 | 08 | 11 |
1924 | 01 | 05 | 07 | 10 |
1925 | 06 | 11 |
1926 | 01 | 04 | 06 | 08 | 09 | 10 | 12 |
1927 | 03 | 05 | 07 | 11 |
1928 | 01 | 04 | 05 | 06 | 10 | 11 |
1929 | 01 | 02 | 04 |
1930 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1931 | 01 | 03 | 04 | 09 | 10 | 11 |
1932 | 02 | 03 | 05 | 09 | 10 |
1933 | 03 | 11 |
1934 | 01 | 06 | 10 |
1935 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 12 |
1936 | 02 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 |
1937 | 03 | 07 | 12 |
1938 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
1939 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1940 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 10 | 11 |
1941 | 01 | 04 | 06 | 08 | 12 |
1942 | 01 | 03 | 05 | 07 | 09 |
1943 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 |
1944 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 |
1945 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 10 | 12 |
1946 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1947 | 01 | 02 | 04 | 05 | 11 | 12 |
1948 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1949 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
1950 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 10 |
1951 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
1952 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
1953 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1954 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 01 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
1956 | 01 | 04 | 05 | 06 | 08 | 10 | 11 |
1957 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
1958 | 01 | 04 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1959 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
1960 | 02 | 03 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1961 | 03 | 04 | 06 | 11 |
1962 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
1963 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1964 | 01 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1965 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 |
1966 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
1967 | 01 | 02 | 04 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1968 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1969 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1970 | 01 | 03 | 04 | 08 | 10 | 11 | 12 |
1971 | 01 | 02 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1972 | 01 | 03 | 04 | 05 | 09 | 10 |
1973 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1974 | 01 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 | 12 |
1975 | 01 | 05 | 08 | 09 |
1976 | 01 | 04 | 07 |
1977 | 01 | 03 | 05 | 07 | 09 | 10 | 12 |
1978 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1979 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1980 | 01 | 02 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1981 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 10 | 12 |
1982 | 01 | 06 | 10 | 11 |
1983 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1984 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
1985 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
1986 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 |
1987 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1988 | 02 | 04 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1989 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 |
1990 | 02 | 05 | 06 | 09 | 11 |
1991 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1992 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1993 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 08 | 10 | 12 |
1994 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
1995 | 01 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 12 |
1996 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 |
1999 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |