Hatena::ブログ(Diary)

Awa Library Report

 | 

20030510  Birth of ENYA 19610517

 

■ENYA(1)

 

 教えてください。

 Mail'20030318

 荒木 國臣 様

 

 下記のBGMに使われている曲の題名、歌詞の大意を知りたいのです。

http://www.takahashi-oa.com/takaoa/index.html

 

 サイト管理人に問いあわせたところ、つぎのような回答でした。

> この曲は、昨年末NHK総合テレビの深夜に画像と共に流れていたもの

> を感じの良い曲だったので、ビデオキャプチャーを使用し取り込んだ

> ものです。

> 「作曲者・作詞《曲名・発売年月日》歌手名」は良く分かりませんが、

> この曲をお聞きに成った方々は「エンヤだろう」と言っています。

 

 その後、もっとも信頼できる情報を検索したところ、先生のページに

たどりつきましたので、何卒ご教示ください。あるいは、先生ご推奨の

ページをご紹介ください。

 また、お差支えなければ、ご返信のメッセージを、わたしのページに

追記・引用させてください。

                   与太郎 こと 阿波 雅敏

 

→ 《与太郎文庫》■2003/03/18 (火) 音声と画像の著作権

http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/list?id=87518&pg=000000

────────────────────────────────

710-0016 *返信なし。

 

■ENYA(2)

 

 入力検索サイト“はてな?”質問登録

 ようこそadlibさん 90ポイント

(トップ・質問する 質問一覧 Myはてな ログアウト ヘルプ)

 

 下記のBGMに使われている曲の題名、歌詞の大意を知りたいのです。

歌手はエンヤです。 http://www.takahashi-oa.com/takaoa/index.html  

 

質問者:adlib (1) 回答ポイント:90ポイント

質問日時:2003/05/09 19:04:39

質問ID:1052474679 終了 閲覧済み:3

現在の状況:この質問は終了しています 回答件数:3

カテゴリ:芸能・芸術/生活・その他

 

*質問ウィンドウが自動的に開かない方はこちらから開いてください。

── http://www.hatena.ne.jp/help/

質問者の閲覧済み回答一覧 1.回答者:kumatsubu (1) 

2003/05/09 20:20:22 この回答で満足! 30ポイント

http://a.hatena.ne.jp/kumatsubu/

はてなアンテナ - kumatsubuのアンテナ

 

暗闇が支配するなかに

深い夜の歌が聞こえるかしら

眠っているあなたに語りかけているのよ

涙はきっと消え去ると

あなたと私が夜に別れをつげるときの

輝く朝の光を夢に見て

願い事をするのよ そして目を閉じたなら

私はあなたのもとに行くから

あなたと私が夜に別れをつげるときの

輝く朝の光を夢に見て

願い事をするのよ そして目を閉じたなら

私はあなたのもとに行くから

あなたと私が夜に別れをつげるときの

輝く朝の光を夢に見て

願い事をするのよ そして目を閉じたなら

私はあなたのもとに行くから

 

のようですよ。

 

└ 質問者のコメント adlib (1) 2003/05/09 22:17:10

 ありがとうございました。

 すばらしい詩ですね。できれば題名も知りたいのですが。

 

■ENYA(3)

2.回答者:iser (25) 

2003/05/09 20:32:14 この回答で満足! 30ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005OOH6/iser-22

Amazon.co.jp: : 同じテーマの商品を探す

 

 このアルバムに収められている「Evening Falls...」という曲だと思

います。

 

└ 質問者のコメント adlib (1) 2003/05/09 22:20:42

 ありがとうございました。

「朝になれば」という意味でしょうか。

3.回答者:opponent (1003) 

2003/05/09 20:53:20 この回答で満足! 30ポイント

http://www.enya.org/lyrics/xs12.htm

Song of the Sandman

 

 サンドマンの歌

 

夜の深い歌は聞こえてる?

すべての闇が

眠るあなたに語りかけ

涙はじきに消えるはず

 

輝く朝の光を夢に見て

あなたと私が夜に別れを告げるとき....

 

そして月が高く登り輝くときになれば

星はあなたを照らすでしょう

 

輝く朝の光を夢に見て

あなたと私が夜に別れを告げるとき....

 

願い事をしなさい。そしてあなたが目を閉じたら

わたしはあなたのもとに行くわ

 

朝の黄金の光の夢

あなたとわたしが夜に別れを告げるとき……

 

願い事をしなさい。そしてあなたが目を閉じたら

わたしはあなたのもとに行くわ 

 

└ 質問者のコメント adlib (1) 2003/05/09 22:50:39

 ありがとうございました。

 sandman=眠りの妖精、睡魔。子守唄だったのですね。

 

(質問を終了する (80ポイント〜)各30ポイント=90ポイント)

 

■ENYA(4)

 

 この質問・回答についてのコメント

 

■ーLyrics: ”Song of the Sandman” 投稿者:opponent 投稿日:

2003/05/09 22:55:04

Copyright (C) 2003 hatena. All Rights Reserved.

Enya Masic & Melody       Lyrics & Translations

Music: Eithne N・Bhraon疂n - Lyrics: Roma Ryan (*疂=)

 

Song of the Sandman           Песня дремоты

 

Can you hear the night's deep song?   Слышишь ли ты глубокую песню ночи?

All the shadows say           Все тени говорят

Telling you when you're asleep,     Рассказывают тебе что когда ты спишь

Tears will fade away           Твою слезы исчезнут

 

Dream of morning's golden light     Мечтая о золотом свете утра

When you and I will leave the night …  Когда ты и я будем покидеть ночь

 

And when the moon is high and bright,  И когда луна ярка и высока

Stars will shine on you         Звездя будут свететь на тебя

 

Dream of morning's golden light     Мечтая о золотом свете утра

When you and I will leave the night …  Когда ты и я будем покидеть ночь

 

Make a wish and when you close your eyes Если ты захочешь, то закрой глаза,

I will come to you            и я приду к тебе

 

Dream of morning's golden light     Мечтая о золотом свете утра

When you and I will leave the night …  Когда ты и я будем покидеть ночь

 

Make a wish and when you close your eyes Если ты захочешь, то закрой глаза,

I will come to you            и я приду к тебе

────────────────────────────────

── http://www.enya.org/lyrics/xs12.htm

 

■ENYA(5)

 

 ようこそadlibさん 90ポイント(ツリー表示 全件表示) 

 はてなに対するご意見・ご質問をお寄せください。

 

 題名 

 

ひとこと >http://www.enya.com/lyrics/song/08/11.asp

>

>http://www.absolutelyric.com/a/print/Enya/Song%20of%20the%20Sandman/

>http://www.ebudae.net/lyrics/singles/songof.html

>http://es.enya.org/lyrics/xs12.htm

>http://www.enya.terramail.pl/lyr/s7.htm

>http://enya.terramail.pl/lyr/s7.htm

>http://www.enyafans.hpg.ig.com.br/LetrasLyrics/lyrics07d.htm

>http://www.geocities.com/mustplayallday/SongoftheSandman.html

>http://home20.inet.tele.dk/ssu/enya/lyrics/xx-09.htm

>http://lyrics.exo-designs.com/lyrics.php?letter=e&song=Song+of+the+Sandman&name=Enya

>http://www.lyricsdownload.com/data/e/enya/enya_song_of_the_sandman.php4

>http://www.lunaestas.com/enya/lyrics/ly_single.html#Sand

>http://www.poplyrics.net/waiguo/enya/054.htm

>http://www.rootsreview.co.uk/~agategs/enya/singles.htm#songsandman

>http://yeyuju.nease.net/enya/lyrics/xs12.htm

 

1485 Lyrics: ”Song of the Sandman” [ ツリー ]

投稿者:opponent 投稿日:2003/05/09 22:55:04

 

 

■ENYA(6)

 

Mail'20030517

 

 

 高梁OAシステム“Q&A”御中

 荒木 国臣 様

 谷本 岩夫 様

 アイルランドのヒット・チャートだそうです。かなり暗い曲なので、

シベリウス《トオネラの白鳥》のように、何度も聴いていると厭世観に

陥ってしまいそうです。しかし、一方で勇気が湧いてくる、ふしぎな作

品なので、おすすめします(ただし、この曲が有名なことは、私だけが

知らなかったらしいのですが)。

 

→ 《与太郎文庫》■2003/05/17 (土) ENYA

http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/list?id=87518&pg=000000

────────────────────────────────

Enya 歌手 19610517 Ireland

── 《Evening Falls…/Song of the Sandman》

── http://www.takahashi-oa.com/takaoa/index.html  

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓=Non-display><↑=Non-display

────────────────────────────────

20030510 

 | 
     
プロフィール

adlib

adlib はてなダイアリープラス利用中

http://d.hatena.ne.jp/adlib/00000000 紀元前の日付表記

      Index ↓http://d.hatena.ne.jp/adlib/archive"
     ↑人名検索は、姓と名の間にスペースを入れ「日記」をクリックします。
     「上下段に <前の日> があれば、その日付にも(同人名が)存在します」
     Mail →http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/list?id=87518&pg=000000
0000 | 00 | 01 | 12 |
0001 | 01 |
0005 | 07 |
0067 | 06 |
0200 | 03 |
0325 | 05 |
0646 | 01 |
0728 | 09 |
0861 | 05 |
0960 | 07 |
0999 | 12 |
1000 | 01 |
1008 | 12 |
1265 | 05 |
1476 | 03 |
1504 | 09 |
1537 | 10 |
1546 | 12 |
1721 | 04 |
1751 | 07 |
1752 | 09 |
1771 | 04 |
1781 | 11 |
1792 | 10 |
1794 | 05 |
1797 | 02 |
1810 | 06 |
1824 | 02 |
1828 | 01 |
1831 | 12 |
1844 | 09 |
1860 | 07 |
1868 | 03 |
1869 | 02 |
1870 | 03 |
1871 | 12 |
1873 | 10 |
1883 | 03 | 07 |
1884 | 08 |
1888 | 11 | 12 |
1890 | 07 |
1894 | 09 |
1898 | 04 | 08 |
1901 | 12 |
1902 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1903 | 03 | 05 | 07 |
1904 | 02 | 04 | 08 | 11 |
1905 | 01 |
1906 | 01 | 04 | 06 | 07 |
1907 | 01 | 07 | 10 |
1908 | 06 | 08 |
1909 | 02 | 05 | 12 |
1910 | 08 | 09 | 10 | 12 |
1911 | 01 | 10 |
1912 | 02 | 04 | 12 |
1913 | 04 | 06 |
1915 | 10 | 12 |
1916 | 01 | 03 | 12 |
1917 | 01 | 03 | 10 | 11 |
1918 | 03 | 07 | 11 | 12 |
1919 | 01 | 08 | 09 |
1920 | 01 | 06 | 09 |
1921 | 02 | 10 | 12 |
1922 | 02 | 03 | 06 | 07 | 09 | 10 |
1923 | 05 | 06 | 08 | 11 |
1924 | 01 | 05 | 07 | 10 |
1925 | 06 | 11 |
1926 | 01 | 04 | 06 | 08 | 09 | 10 | 12 |
1927 | 03 | 05 | 07 | 11 |
1928 | 01 | 04 | 05 | 06 | 10 | 11 |
1929 | 01 | 02 | 04 |
1930 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1931 | 01 | 03 | 04 | 09 | 10 | 11 |
1932 | 02 | 03 | 05 | 09 | 10 |
1933 | 03 | 11 |
1934 | 01 | 06 | 10 |
1935 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 12 |
1936 | 02 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 |
1937 | 03 | 07 | 12 |
1938 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
1939 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1940 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 10 | 11 |
1941 | 01 | 04 | 06 | 08 | 12 |
1942 | 01 | 03 | 05 | 07 | 09 |
1943 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 |
1944 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 |
1945 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 10 | 12 |
1946 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1947 | 01 | 02 | 04 | 05 | 11 | 12 |
1948 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1949 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
1950 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 10 |
1951 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
1952 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
1953 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1954 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 01 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
1956 | 01 | 04 | 05 | 06 | 08 | 10 | 11 |
1957 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
1958 | 01 | 04 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1959 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
1960 | 02 | 03 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1961 | 03 | 04 | 06 | 11 |
1962 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
1963 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1964 | 01 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1965 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 |
1966 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
1967 | 01 | 02 | 04 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1968 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1969 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1970 | 01 | 03 | 04 | 08 | 10 | 11 | 12 |
1971 | 01 | 02 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1972 | 01 | 03 | 04 | 05 | 09 | 10 |
1973 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1974 | 01 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1975 | 01 | 05 | 08 | 09 |
1976 | 01 | 04 | 07 |
1977 | 01 | 03 | 05 | 07 | 09 | 10 | 12 |
1978 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1979 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1980 | 01 | 02 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1981 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 10 | 12 |
1982 | 01 | 06 | 10 | 11 |
1983 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1984 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
1985 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
1986 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 |
1987 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1988 | 02 | 04 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
1989 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 |
1990 | 02 | 05 | 06 | 09 | 11 |
1991 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1992 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1993 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 08 | 10 | 12 |
1994 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
1995 | 01 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 12 |
1996 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 |
1999 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |