gobbledygook このページをアンテナに追加 RSSフィード

ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設
  • 今日の早川さん
  • 晩酌レシピ―飲み屋の「お母さん」が作る、体にやさしいおそうざい (ORANGE PAGE BOOKS)
  • Get Firefox

2007-01-26

| 07:16 | ■を含むブックマーク

  • 『新訳Zガンダム』の3部*1を観た。ラスト違うのか、知らなかった。そんな事より、エマさんが妙に可愛く見えたのは、錯覚か?
  • 予報では今日は暖かいハズだが、今朝は寒い。
  • 山本屋に行く予定が合わない……。今週は無理か。来週にしよう。
  • 明日公開の映画は、観る予定のモノが多いな。キッチリタイムスケジュールを組もう。
  • 今日は京葉線が遅れてる。まあ、各駅停車で座って行くから遅れる事は遅れるが、気持ち的にはあまり関係無い。
  • で、今日呑みに行くの?>【誰?】

PABにゴーストは宿らない?

| 15:15 | PABにゴーストは宿らない?を含むブックマーク

昼休みにSACのタチコマ最後の闘い*2を観て、思わず目頭が熱くなってしまっている時にふと思った事なのだが、『帝王の殻』*3に出てくるPABに攻殻でいう所の"ゴースト"は宿らないのではないか、と。

PAB*4というモノは、個人にいつもついてまわり同じモノを見聞きし、更に所有者と会話する事によって、やがて所有者と同等の擬似人格を持つ。PABと会話することによって所有者は精神的安定を保つ。そんな世界の情報端末みたいなもの。

で、物語中で所有者が死んでしまったPABが、あたかも本人が生きているかのように振舞うのだが、それが自然で人の代替物になれるのなら、それには「心」のコピーようなモノが宿っているのではないか?と思っていた。

が、作中でかつて地球と戦った機械人のアミシャダイの台詞で

人間はわれわれを造った。彼らが造ったのはしかしハードウエアと心だけだ。魂はわれわれ自身のものだ。魂とは存在するための、無に対抗する存在駆動プロセッサであり、心は魂の働きの一部を投影するワークエリアにすぎない。われわの魂は人間に創られたものではない。人間は、それを認めようとしない。自動機械としてしか見ようとしない。われらがそうなら、人間もまた同じだ。

というモノがある。これが不意に思い出された。そして、全てが繋がった。

アミシャダイの様な機械人が自ら獲得したモノが"魂"なら、全てがコピーに過ぎないPABに"魂"は存在しない。"魂"が無ければ、"心"はない。11年かけてようやく違う着地点に降りれた。

神林の機械に宿る魂の物語たちの見方が私の中でまた変わるな。とりあえず『あなたの魂に安らぎあれ』*5から読み返そう。

| 15:26 | ■を含むブックマーク

2/10(土) Open18:00/Start19:00

宇宙作家クラブpresents ロケットまつりスペシャル 「はやぶさは見た」
2005年の9月から10月にかけて、小惑星イトカワに到着した「はやぶさ」は、様々な科学観測を行った。イトカワはどんな場所だったのか、何が分かり、どんな謎が残されたのか。「はやぶさライブ」第三弾は、惑星科学者達が解説する「はやぶさ」の科学観測成果です。

ロフトプラスワンのスケジュールに出てた。一週間早くなった模様。

| 22:57 | ■を含むブックマーク

終了。

*1機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- [DVD]

*2 D

*3ISBN:4150305242

*4:Personal Artificial Brain = パーソナル人工脳

*5ASIN:4150302154

tool

comment & Trackback

コメント
?D内コメント履歴

calendar

2000|01|
2002|01|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|06|08|09|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|09|
2015|01|07|09|11|12|
2016|01|02|07|
Since 2003.02.03 Copyright ©2003-2009 adramine  All rights reserved
Japanese fonts required to view this site
Connection: close