馬車馬デイズ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-10-29

「映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス!」 感想日記

「映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス!」を見てきました。

すごい映画だったのでまだ気持ちが新鮮なウチに簡単に感想を書いておきます。

タイトルを聞いて映画を見る前の印象が、ウエディングドレスへのあこがれ…みたいな、もっとふわふわしてキラキラした感じだったんですが、実際見たら重くって、苦しくって、見てて辛くなりました。


命が失われることを、ふとした瞬間に、なにもカタルシスもなしに描いてくるなんて…これ、人生の経験値に応じてダメージが多く加算される映画だなって思います。

具体的に描かれていたのは飼っていたペットとの突然の別れ、そして最近怪我が多くなっている祖母、そのくらいなんですけど、ペットを亡くした事がある人には本当に辛い表現ですし、マナたちが実際に生きている時間軸では祖母は居なくなっている関係上、否が応でも祖母との別れも想像させます。


こういうテーマを扱っている関係上、これまでのプリキュアと違うっていうか…

基本的にプリキュア映画はタメと開放っていうか、重いプレッシャーがのしかかってきてそれを一気に押し返すっていう姿に清々しさを得られるんだけど、今回はそういうのはなく、じわっじわって締め付けてくる責めをなんとか持ちこたえる…みたいな、せめぎあいの映画って感じがしました。

スカッとするカタルシスを得られるような映画じゃないなって思います。


基本的にマナって未来を見ている子で、どんな困難も、いつかできる、きっと達成できるって思って前進する子だと思うんですね。


そして、そんなマナが唯一(かどうかは分からないけど)弱いのはきっともう取り戻せない、将来頑張れば取り戻せるものではない、失われた命なんじゃないかって思います。

祖母や愛犬と過ごした楽しい日々を見せられて、そしてそれが失われるビジョンを見せられたら「こんなのってずるいよ」って言いたくもなります。


そんなマナが抜け出すキッカケはなんだったのか。

それが未来につなぐ希望のドレスであり、マナが使っていたハートのおまじないであり、モチのロンでもあるんじゃないかって思いました。

※TVシリーズ7話で、ベール相手に「モチのロン!」って言い放ったマナでしたが、あれって元々はいすずお祖母ちゃんの口癖だったんですね。


一緒に過ごした相手から受け継いだ形見や仕草、言葉や記憶、そういったものがあれば、例え身体は失われても、心はずっと一緒にいられる。

「もう居ないんだな」じゃなくて「ここに居たんだな」って思えるのだと思います。


映像的には死んだ後も妖精となってずっと見守っているという描かれ方をしてましたが、これは象徴的なものでしょうね。


なお、今回、プリキュアの敵として立ちふさがるのが、捨てられ忘れ去られたモノたちの集うオモイデの国の住民たち。

人に長く使われたモノには命が宿るってやつですね。そして命が宿るが故に、捨てられ、忘れ去られては恨みを持つモノもあります。このテーマだとおもちゃの国を思い出します。


そしてこのテーマって難しいテーマだと思うんですよね。おもちゃの国のラストも、フリマで別の女の子に譲られるって解決策も一時しのぎでしかないですし、どこを救いにするか悩むところです。

いすずお祖母ちゃんは受け継がれていく限りずっと一緒に居られるって事がわかってますし、マシュマロも大好きなマナの気持ちが届いて救われましたけども、持ち主不在のオモイデの国の住民たちは救われる先がなさそうです。


その辺りについて明確なアンサーがなく、少々モヤっとしましたが、そもそも黒幕のクラリネット氏の出処も、人を恨む理由も何も描かれてない時点で、そこはあまり深く考えない方がいいのかもしれません。


さて、細かい部分で映画で楽しかった点をちょこちょこ書き記して置きます。

もっといっぱいあるのですが、


・結婚観についての話し合い

 序盤のガールズトーク、ここが良かったですねぇ

 ドキドキチームは力関係が本当にいい感じで、最初は恋愛とか気にしてなかったのが、ありすのお見合い話を聞いて焦りだしたり、ニヤニヤしながら見ちゃってました。

 また、ちょっと戻りますけど、少なからず気がありそうな二階堂くんの手をとってハートのおまじないをしちゃったり、マナの無意識のたらしっぷりが出てましたね。彼、しばらく手を洗えなかったりしたんじゃなかろうか?w


・カーアクション

 ピンクのリムジンを駆って、マシューが操るカメラを破壊したり、煙幕を撒いたり、セバスチャンの派手な活躍や、高速道路で浮遊物を華麗にかわすDBさんのテクニックなど、ヘタするとプリキュアの闘いより見応えあったかもしれません。


・妖精大活躍

 DBさんの(たぶん四葉製の)ムササビスーツみたいなヤツで空を飛んだり、マリオネットをけちらして「これくらいはね!」って言い放ったり、妖精形態に変わって縄脱けしたり、大活躍でしたね。また、DBさんの胸元に入るときのシャルルがちょっと照れくさそうに「お邪魔しますシャル」って言ってたのがかわいかったです。

そしてシャルルといえば、クジラに潜り込んでからマナのフィルムを探すときの真剣な声!オモイデの中に囚われたマナを説得する言葉!「亡くなった人の分まで一生懸命に生きようと思わないシャルかー!!」、マナの為に全力なんですよ。

普段からシャルルはいい子だなぁって思ってましたけど、映画でもいい子具合が存分に発揮されててよかったです。


・ありすの子供時代

 楽しいオモイデに閉じ込めてるとおもったのですが、ありすはあのクマのぬいぐるみが友達代わりの様で寂しく思いました。クマってことでランスの身代わりなのかもしれませんが、あれなら簡単に抜け出せるんじゃ?

マナみたいに記憶がないから無理なんかな?うーん…


あぐりの呼びかけ

 ミラクルライトのシーン、あぐりが映画を見ている観客に向かって話しかけているのが新鮮でした。これなら「どのシーンでライト振ればいいかわからない!」ってなりませんね。役どころ的にあぐり以外には出来ない役だなって思います。


他にもポリゴンモデルでのバトルシーンが長かったなとか、序盤の夢の中の結婚式と、本当の結婚式では六花たちの髪型が違う(つまり妄想ではなく本当の結婚式)ってととか、岡田どこいきやがった!とか、いろいろ書きたいことありますけど、取り留めがなくなるのでこのへんにしておきます。

2013-06-27

鷲尾天&本名陽子トークイベント 「みらくる みにくる!?プリキュアのきせき」 イベントレポート

企画集団便利舎6月企画「みらくる みにくる!?プリキュアのきせき」を見にいって来ました。


概要はこちらにあるのですが、目の痛くなるような色のページなんで簡単に説明すると、企画集団便利舎っていう、著名人を呼んでのトークイベントの企画、運営を行う大学のサークルさんが、今回プリキュアシリーズ初代プロデューサー鷲尾天さんと、ふたりはプリキュア キュアブラック美墨なぎさ)役の本名陽子さんを呼んでのイベントを開催されたのですね。

続きを読む

2012-07-02

山内重保×細田守オールナイトイベント

オールナイト上映イベント「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 28 山内重保×細田守 デジモンアドベンチャー・プラス」に行ってまいりました。


映画の上映前に、山内重保さん、アニメーター相澤昌弘さん、色彩設計の辻田邦夫さん、小黒祐一郎さんの4人のトークイベントがあったのですが、軽くそれを載せておきます。なお、話の前後などはまとめやすいように書き換えてますし、記憶とメモを頼りに書いてあるので、言い回しなどは書きやすいようにだいぶ改変してます。


あくまでこんな話があったというメモ書き程度ですね。


・山内さんはデジモン自体はテレビで見ていたが映画の依頼はずっと断っていた。02の映画も何度も断っていたのだけど、断りきれずに受けてしまった。


・当初、山内さんが作ろうと思っていた話があり、ある程度まとまった所でバンダイから「バンダイ創立50周年記念作品がこんな暗い話じゃだめだ」と言われて作りなおさせられた。

・当時の企画部長から電話で「次があるから…」とずっと言われ続けて結局折れる形に。

・結局次はなかったですが(「あいつに作らせるな」と言われてたとのこと)

・その時にやろうとした話はCDドラマに入っている。


・とにかくスケジュールが無く、相澤さんを総作監に立てて、東映としては初めてパート作監を立てて進めるという作り方をした。


・山内さんはコンテを切る時、頭から切らず印象的なシーンを先に切って、中をつないでいく手法を取るのだけど、今回はスケジュールがなさすぎてコンテを切ったら、すぐそれを作打ちして作画に入っていった。その為、作打ちして作画に入っているのに全体の構成をいじった際に没になったコンテもあった。


・02のラストのバトルはしかけを作る時間がなく、ただただ戦うだけになってしまったからつまらなくなってしまった(と山内さんの談)


・スケジュールが無いので、各パート作監が知ってる原画マンを連れてきて作業させたが、それでも足りないので、アニメージュに載ってるアニメーターさんで有名な人に、見てもいないのに「〜〜見ました!すばらしかったです!」って言って作画マンになってもらった。


・演出方針についての簡単な説明が山内さんからあったのですが、「手を差し伸べられて、ただその手を取るのじゃつまらない。嬉しくて手を取るのか、あえて手を取らないならどんなことを考えてるのかって点を描いている」とのこと。自分は少々理解しがたかったのですが、言葉や動きだけを単純に見るのではわからない心の動きを描こうとしてるんじゃないかと思います。


聖闘士星矢シャイアンに紗織が連れて行かれるシーンがセリフ無しで話が進み、山内さんらしさが描かれてると小黒さんの談


・最近の仕事だとピンドラ自分らしさを出せた。ちなみに、セリフばかり延々と続く回で、色彩設計の辻田さんが幾原さんに「この話を山内さんにやってもらっていいかな?」って相談があって辻田さんが「この話ならピッタリ」って答えて決まったとの事。

・山内さん自身は「この回、セリフばっかりじゃねえか」と愚痴りながら作ってたとのこと。


・細かい言い回しを忘れてしまったのですが、セリフと表情をそのままリンクさせないで、あえて逆に描くことで内面を描くようにしているといった話もあり、前述のセリフの多い回というのはそういう描き方を期待して幾原さんが任せてきたんじゃないかって思いました。



以上、最初のトークイベントはこんな感じです。


その後、劇場版デジモンアドベンチャー、ウォーゲームをそれぞれ上映、そしてその後デジモンアドベンチャー02の上映が行われたのですが…対極的すぎる映画に驚きました。


最初の2作は「あーおもしろかった!」で〆られるのに、02の方は「え?なにがおこったの?」って驚きながら見てて、最終的に映画が終わっても「何が起きたかわからないけど、とにかくすごい作品をみたぞ」っていう謎の爪痕を残してくれるんです。


また、その後、トークイベント第2部と称し、山内重保さんと小黒祐一郎さんの2人のトークが続くのですが、だいぶ眠くてメモが蔑ろになってしまいましたので、あんまり書くことはないです。

おジャ魔女どれみカエル石のひみつについて、どのキャラクターも全員の見せ場を出せるように苦労したとの事でした。


あんまり覚えていないのでこの辺で…


でもってカエル石ひみつ…なんですが、背景は綺麗だし、音楽の使い方は秀逸だし、どれみたちは生き生きしてて本当にかわいいし、あの映像は何を物語っていたんだろう?あの子はあのシーンで何を考えていたんだろう?という事を考えながら再度みたくなる映画でした。おジャ魔女が、第1シーズンしかまともに見てないのですが、他のシリーズも見終えたらまたカエル石を見返したいですね。


そして最後の上映は時をかける少女

これはもう自分が何か言うことがない作品だと思うので飛ばします。

ちなみに映画の途中途中で謎のタイムリープが起きて映画のシーンが飛んでたのはなぜだろう?w


まあ、そんなこんなでオールナイト上映イベントのレポ&感想を残しておきます。

2012-06-09

『4人でSUPER TEUCHI MIX!!』感想!

日程:2012年6月2日(土)

場所:原宿アストロホール

時間:一部 開場12:30 開演13:00 二部 開場17:00 開演17:30

出演:五條真由美/うちやえゆか/榎本温子樹元オリエ(敬称略)


もう一週間経っちゃったけど、『4人でSUPER TEUCHI MIX!!』の感想を…

セットリストについてはよんゆぅ氏のツイートを参考にさせて頂きました。


第一部セットリスト

1.Friend×Friend

2.ガンバランスdeダンス(咲&舞ver)

3.海が見えたら

4.KissからはじまるMiracle

5.青空の果て

6.きらきらキララ☆彡

7.Sing For Future

トークタイム

8.ウキ☆ノリBoom!!

9.ST STARS☆彡

10.ひまわり

11.Be My Angel -memorial wing-

12.DANZEN!ふたりはプリキュアver.MaxHeart

13.まかせて★スプラッシュ☆スター★

14.Girl's power,forever

15.ガンバランスdeダンス(アンコール)


第二部セットリスト

1.Friend×Friend

2.海に月、心に光、キラキラと。

3.My Sweet Miracle

4.Be My Angel -memorial wing-

5.JUSTICE of LIGHT

6.Girl's power,forever

トークタイム

7.Woo Yeah Woo Ah

8.ひまわり

9.SingForFuture

10.まかせて★スプラッシュ☆スター★

11.DANZEN!ふたりはプリキュアver.MaxHeart

12.ウキ☆ノリBoom!!

13.ガンバランスdeダンス 

14.ST STARS☆彡 

15.まかせて★スプラッシュ☆スター★(アンコール)


イベント感想

2年ぶりのTEUCHIと言うことでしたが、過去に行ったのが、2年前のゲスト盛りだくさんのTEUCHIと、その前のクリスマス緒方恵美さんゲストの「Magical☆Voice☆Party」だけでしたので、純粋なTEUCHIはこれがはじめてだったのですよね。

S☆S放送終了からだいぶ経ってしまったし、ゲストもいないってことになると、ちょっと落ち着いた感じのライブになるんじゃ?などと最初考えておりました。


ですが蓋を開けてみればそんな馬鹿な考えも吹き飛ばすようなめっちゃめっちゃ楽しいイベントで、歌自体の良さだけじゃなくて、五條さん、やえさん、あっちゃん、オリエさんの4人がいるから、この4人の関係性を楽しむのがTEUCHIなんだなって事に気付かされました。


歌う姿がかっこよく、そして番長キャラでデーンと腕を組んで4人の柱になっている五條さん

ボケたり突っ込まれたり、意味不明なトークで引っ掻き回しながらも、ムードメーカーとして欠かせないやえさん

エンジンの様にみんなを引っ張っていくあっちゃん

精一杯頑張る姿が印象的でマスコット役としてみんなに(中でも特にあっちゃんに)可愛がられてるオリエさん


自分のイメージですが、こんな感じの4人がワイワイ、ガヤガヤ、イチャイチャ、ドタバタしながら楽しんでる姿を見ながら自分たちも楽しい気持ちになってくるユニットだと思います。

今回は歌だけでなく会場で集めたアンケートを元にしたトークの時間もたっぷりあり、更に関係性を楽しめる機会が多かったのも良かったですね。

さて、印象に残った曲の感想を…1部と2部でかぶってる曲もあるのでまとめて書いていきます。


ハプニング

まず1部の2曲目のガンバランス中の出来事なのですが、ダンス中、オリエさんが腕につけていたアクセサリーを壊してしまうというハプニング!

その後にくる歌詞が「でもねマジ落ち込んで、ため息出ちゃう日もある」の所だったのですが、オリエさんがものすごい感情を込めて、肩を落とされて歌われてたのが印象的でした。

また、その後の「海が見えたら」も落ち込んでから立ち直る感じの曲だったので同じように感情込めて歌っていらして、オリエさんかわいいな〜!って思いましたね。

この辺のハプニングがライブの華だなって思います。


懐かしのアニソン

KissからはじまるMiracle、Be My Angelの2曲を歌われるあっちゃん。

プリキュアイベントに行きすぎて、それ以外のアニソンに結構飢えてる所があったのですが、自分が学生時代に見ていたアニメの曲を歌ってくれるのは実に嬉しい。

\あるよねー!/とか\あっちゃーん!/って叫んだり、Be My Angelの最後のサビの所、「夢はここにあるよ、どんなときでもすぐそばにあるよ」って所であっちゃんが会場にマイクを向けてくれて、観客みんなで歌ったり、楽しくてしかたなかったです。


HGOの元祖「Sing For Future」

明るく楽しい感じのTEUCHIオリジナルソングの中で異彩を放つかっこよさのSingForFutureですが、五條さんとやえさんがCDの1.3倍増しくらいにかっこ良く歌われてて、すげーーー!!って思いました。プリキュアシンガーのコラボソングにHEART GOES ONがありますが、それの五條さん、やえさんバージョンがこの曲じゃないかっていうかっこ良さ。

特にやえさんが普段のやわらかい歌声から打って変わってのハイテンションな歌い方を披露してくれて、やえさんってやっぱりすごい人なんだってのを実感させてくれます。


やっぱりカッコイイ五條さん

DANZENにJUSTICE of LIGHTの2曲がとてつもなくカッコイイ!TEUCHIのライブ中、この2曲が一番大声で叫んだり、サイリウムを振り回してたと思います。

元々プリキュアにハマった要因の一つにOPテーマのかっこ良さもあったので、その歌が何年も経った今、スタンディングの観客が満員となった会場でこうやって聞けるのは嬉しかったですね。

JUSTICE of LIGHTもプリキュアより更に輪をかけてかっこよくて大人っぽい曲なので、五條さんの持ち味が存分に生きてて、コール入れるのが楽しかったです。

なお、1部では「Sing For Future」「DANZEN」「まかせて」を続けて歌う選曲をしてきたのですが、どうやらこれは五條さんの選曲で観客に対する愛のムチだったらしいです(笑)

案の定、叫びまくって、喉が死にそうになりました…


歌って踊れる新曲!ウキ☆ノリBoom!!

今回のTEUCHIの新曲なのですが、サビの部分でかなりダイナミックな振りが用意されてて、ステージの上の4人と一緒に踊りながら歌いのがすごい楽しい曲でした。

腕をぐるぐる振り回したり、たけのこニョッキしたり、腕を振り上げたり、会場全体が一体となっていた感じがします。

オリジナル曲ということで、まだどのCD音源もないのですが、こういう曲はライブで楽しむのが一番楽しめる曲なので、また別の機会で聞きたいなって思いました。

早く次回のTEUCHIが開催されないかな〜!


以上、こんな感じ。

ソロライブでは味わえないパワーと、仲良しユニットだからこそ出せる一体感、そんなTEUCHIライブに参加することができて非常に幸せでした。

さっきも言いましたが、次回の開催が楽しみで仕方ないです!また2年も待つのは嫌だよ〜〜!!出来れば半年、遅くても1年くらいで開催して欲しいと願うところです。

2012-03-27

デキる男のビジネスガジェット!プリートフォンを使いこなせ!

変身アイテムやキュアドール、ぬいぐるみにキャラリートなど、定番グッズが出揃ってきたスマイルプリキュア!関連商品ですが、そんな中、一風変わった面白い玩具が登場しました!


その名もプリートフォン!

f:id:afromiya:20120327215420j:image


スマートフォンを模した電子玩具なのですが、公式サイトから引用すると「プリキュアオールスターズ達とおともだちになれる!超楽しいプリキュアのスマートフォンタイプのおもちゃが登場!! その名も「プリートフォン!」」


っとあります。

おともだちになれるってのがどういう意味かといいますと…


こんな感じで、色々なプリキュアや妖精同士がお話ししてるのを見れるんですね。

f:id:afromiya:20120327215421j:image:w400

まあ、早い説明が、プリキュアと妖精がTwitterやってるのを見れるって感じです。

※ちなみにTwitter同様、会話は下から上に流れます。


また、話しているのを見るだけじゃなくて、いくつかの選択肢から、あいさつや、今の気持ちをつぶやくと、こんな感じで返答を返してくれるんです。

f:id:afromiya:20120327215422j:image:w400


他にもこんな感じでプリキュアが質問してくれることもあります。

f:id:afromiya:20120327215423j:image:w400

これはクイズですが、食べ物の好き嫌いや、こんな時どうする?みたいな質問もあり、回答によって異なる反応を楽しめます。


例えば、怖い目をした猫を見つけたアコちゃんに「怯えてるのかも?撫でてあげようよ」などとうかつに答えると…

f:id:afromiya:20120327215425j:image

こんな感じでドエスっぷりを発揮してくれます!(;´Д`)ハァハァ…

とまあ、この画面でプリキュアたちと交流するのが基本的な楽しみ方ですね。

なお、最初はみゆきや響など、最近のプリキュアの主人公しか会話してないのですが、会話ずっと見ていると新しいプリキュアが出てきてどんどん賑やかになっていきます。


また、会話中に敵が現れてプリキュアとバトルになる事があるのですが、変身シーンではゲームボーイを彷彿とさせる様なドット絵ムービー&BGMが流れたりして、子供心をくすぐられます。

他にもたまにプリキュアから写メールが届いたりして、こんな感じのイラストが閲覧出来るようになったりします。会話→イベントでイラストって流れを見ると、ギャルゲーちっくな感じもしますね。

f:id:afromiya:20120327223729j:image

※どんな写真が届くかはプレイしてみてのお楽しみ。


さて、基本の説明はこの辺にしておいて、プリートフォンで出てくる面白いコメントをピックアップしてみましょう。


肉球禁断症状に陥る奏さん… コロネ逃げて〜〜!!!

f:id:afromiya:20120327223212j:image


孤独のグルメ愛読しているつぼみさん「イチゴあじってオンナのこですよね」

f:id:afromiya:20120327223728j:image


えりかと一緒に…///

f:id:afromiya:20120327223213j:image



っとまあ、しょうもないのばかりピックアップしてしまいましたが、他にもプリキュアシリーズをよく知っていればニヤリとするセリフが盛りだくさん。

半ば二次創作に近いんじゃないか?ってくらいのレベルで色々使われております。

また、ネタだったり、公式引用のセリフじゃなくても、プリキュアオールスターズ全員が、他愛のない会話を繰り広げているだけでも本当に楽しめる玩具です。


疲れて誰もいない家に一人寂しく帰ってきた時に

「ただいま」ってつぶやいたら「おかえり」って返してくれるプリキュアがいる…

それだけでもうれしいじゃあありませんか?

f:id:afromiya:20120327223730j:image



<おまけ>

まぐあしさんによる素敵プリキュアツイート画像集リンク。

おまわりさんこっちです…

「りんさんは何人いるんです?(ニヤッ)」って腹の中の声が聞こえそうな切り返し

ハムッ ハフハフ、ハフッ!!

海原雄山ネタwww