馬車馬デイズ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-02-14

スマイルプリキュア!第2話「燃えろ!熱血キュアサニーやで!!」

先週からはじまったスマイルプリキュアもあっという間に2週目に突入。

早くも感想書くのも遅れてますが、個人的に興味深いポイントをまとめてみました。

バッドエンド王国

2話にして早くもバッドエンド王国の様子が出ましたね。

ウルフルンさんの後ろに不気味に目を光らす影が見えたりしましたが、あれは残りの幹部なのでしょうか、それとも王国民なのでしょうか?


一応、1話のキャンディの説明ではメルヘンランドから、お伽話の悪役たちが独立して作った王国らしいですし、鬼ヶ島の様なお城や、西洋的な魔女の城などがありましたので、結構な人が居そうですね。マイナーランドの様に国王と部下だけしかいないって事はなさそうです。


MHからここまで、大ボスとその部下以外はせいぜい洗脳されたり、管理された自由のない住民たちがいるだけで国民全員が敵になるということは殆ど無かったのですが、今度はもしかしたら?って思わせる描写です。

プリキュアが大勢の相手を敵に回すってシーンをちょっと見てみたいので少しだけ期待したい所かな。

来ました!日野ちゃん、あかねちゃん!

日野ちゃんスペシャルアタック!なる必殺技が印象的なバレー少女!

アタックに名前つけちゃうノリの良さ、一人だけ半袖をまくってたりする所、歯を見せてニカって笑うところなどカワイイ所だらけです。


それと、バレー部でコテンパンになった後で特訓している時も、歯が立たなかった悔しさや、必死さというものはあまり見せず、前向きに努力しているあたり、すべてをプラス方向に捉えるいい意味での軽さがある子だなって思えました。

だからみゆきも一番苦しい所でガシっと助けるんじゃなくて、非力かもしれないけど背中を後押しする…そんな感じがしましたね。


あんまり比較するのもどうかと思いますし、幼馴染の関係とは違ってて当然なんですが、お互い手を取って支え合ったのぞみとりんちゃんみたいな関係とは一味違う感じがします。


ちなみに5人もいると単体でどうこうじゃなくて、お互いの関係性が微笑ましいのですが、みゆきに続いてあかねちゃんも、一人で周りを巻き込んでかき回せそうな気がします。

もしかしてスマイルは全員が全員ガッツリキャラ立ちしてそう?それはそれでまとめるのが大変そうですが、うまくやってほしいですね!

変身!熱血!キュアサニー!

プリキュア2度目のバトルですが、まだまだ慣れてない感じがいいですね!

がに股で着地したり、ハッピーシャワーを外したり、力をちゃんとコントロールできてないところが、良い意味で見ててモヤモヤさせられます。

スイートからの世代交代をしたばかりという事もあり、この話だけじゃなくて、この子たちこれから1年ちゃんとやってけるんだろうか?って所までハラハラさせてくれますね。

そして2発目のハッピーシャワーが不発!

気合という発動条件は満たしてても、MPが足りないと出せないみたいね!このやりとりは1話のハッピーシャワー失敗の時と同じくすごい笑いましたw

「もしかして、変身一回につき一回しか出せないクル?」ってなんともゲーム的発想!

後になって2回出せたりするんだろうか?

あと余談になっちゃうんですが、フレッシュでかなり印象深いシーンに、ノーザクライン相手だったかな?「みんな…グランドフィナーレ、もう1回いくよ!! 」ってピーチさんが背中で語っていたシーンがあったのですが、最大レベルの大技を2回連続で出す時点で無茶なレベルですよね…HP消費してMPに充てる…みたいに身を削る決意がないと言えないセリフだったんじゃないかなぁ


それはさておき、キュアサニーですよ!キュアサニーがカッコイイのなんのって!

変身はパフをポンポンするかと思いきや、一気に燃やして体に叩きつけたり!

落下してくるアカンベェをがっしり両手で受け止めて、ブンブン振り回したり!

その時のBGMがヒーロー調だったり!(これってサニー専用BGM?)

がに股で気合をためたり!

マイティ!プリティ!


こういうかっこ良さって小さい女の子たちにもウケるのかな?ウケるといいな〜!

まあ、あかねちゃんのボケはウケると思うけどね!(ドヤッ


ちなみにあかねちゃんの変身の動機ですが、アカンベェに敵わなくても友達が困っているなら助けてあげたいっていう気持ちが元となりましたが、これはバレーに対するみゆきの応援が、同じように例え力になれなくても何か後押ししてあげたい、協力してあげたいっていうスタンスだったので、あかねちゃんがそれに応えたカタチだったのかな?って思います。

最後にキャンディが「友達を大切にする子がなれるのかもしれないクル」ってセリフもありますが、みゆきそういう所を引き出すのがうまい子なのかもしれませんね!


そのなこんなでスマイルプリキュア第2話、大変おもしろしゅうございました。

次週はぴかぴかピカリンジャンケンポンに大期待です!

あと、赤鬼の髪型がアフロっぽいのも期待だ!(そこかよ!)

2012-02-06

スマイルプリキュア!第1話 「誕生!笑顔まんてんキュアハッピー!!」

Twitterで感想だらだら書いてるとそれでガス抜きできちゃってあまりブログ更新欲がわかないのですが、ちょっと気合を入れてブログにも感想書いてみたいと思います。


まずはアバンなんですが、最初見た時はポーズを決めた5人を見せて「これは5人の物語なんだ!」ってのを印象づけて来たのがいいですね。おそらく毎週1人ずつ変身していくので、全員揃うまで1ヶ月以上かかる計算ですがその前に引きこんでおく感じがします。

あと、これは私見なんですが、プリキュアの5人が本に描かれて羽ばたいてくってシーンが、「プリキュアが本の中で伝説として語り継がれていく」って思わせる描かれ方で、なんか最終回でも同じ構図で描かれるんじゃないか…って思ったら寂しくなっちゃって…


(´;ω;`)ウッウッ…


大丈夫だ、落ち着こう…まだスマイルは始まったばかり!


そんなこんなでアバンがはじまるんですが、走っているみゆきがすごくかわいい。

モノローグに合わせて焦って走ったり、転びそうになったり、ダッシュしたり、チョウチョに気を取られたり、スキップしたり…と感情に合わせて走り方も変えてすっごくアニメーションしてくれてます。

そういえばハートキャッチでは登校中につぼみが前作のフレッシュプリキュアのモチーフである四つ葉のクローバーにお祈りするシーンがあったりしたんですが、ここでプリキュア5のモチーフであるチョウチョに気を取られてるのは…同じ5人のプリキュア5を意識?と勘ぐってしまいます。


仮に思い込みかもしれないですけど、こういう小さなバトンタッチ、過去シリーズの小さな応援を込めていて欲しいなぁ〜って思いますね。

あ、ちなみにチョウチョを見て目線が泳ぐのは「5人いるから一瞬プリキュア5意識に見えちゃうかもしれないけど、そーじゃねえぞ!覚悟しとけよ!」って大塚監督からのメッセージだと思ってます。


ちなみにTwitterで見た意見なのですが、放課後、図書室に行く前に音楽室、理科室…と行ってましたが、単に色々回る理由付けなのか、それとも音楽室=スイートプリキュアという意味と取っていいのか迷うところです。

理科室は…なんだろ?家庭科室ならスイーツ部で間違いないけど、ほのかさんの科学部って事もないだろうし、これはちょっと謎ですね。


そしてプリキュアパートなんですが、変身はかわいいし、バトルはコミカルだし、すっごい楽しい。「テレビのスーパーヒーローね♪」「そんなんじゃないクル〜!」とかメタ表現を使ってきたり、ハッピーシャワーが唱えるだけじゃ出なかったり、必殺技を出したら疲れたり、そういう細かい部分に現実的な表現を使ってくると、プリキュアがテレビのスーパーヒーローじゃない、本当にいる現実の身近な存在に思えてくる不思議!

これは大塚監督の味なのか、それとも米村脚本の味なのか…


丁寧に描かれた日常、コミカルなバトル、そして「ハッピー!」「スマイル!」と分かりやすいテーマ!今年のニチアサも勝ったも同然ですね!



ちなみに最後にちょっとした考察。


今回は「スマイル!」「ハッピー!」がテーマって感じがするのですが、幸せや笑顔をつかもう、守ろうとしてきたプリキュアっていっぱいいると思うのですね。

じゃあスマイルプリキュアがつかもうとしている、守ろうとしている幸せってなんなんだろうか?


例えばフレッシュプリキュアはダンスをきっかけとしたキャラの変化がありましたが、ハートキャッチだとファッション、スイートは音楽といったモチーフがあるんですね。

特にフレッシュとハートキャッチは「チェンジ」って言う要素が強かったと思います。(変身の掛け声、OPの歌詞など)

ハートキャッチは変身アイテムも香水型で、人間のイメージをがらっと変える道具ですね。こういうアイテムからも変わることで新しい幸せをつかもうってイメージが伝わってくると思います。


そんな中、同じくお化粧をモチーフにした変身アイテムスマイルパクトはパフでお化粧するわけですが、これは香水とは違って、ガラっとイメージを変えるのではなく、お肌のつやを際立たせるものです。なのでガラっと変わるのではなく、いつもどおりの日常を彩ってそこから幸せを掴む、そんな気持ちがこもった変身アイテムなんじゃないかなぁ…と思います。

(お化粧のこととか全然分からない野郎が語ってるので見当違いな事言ってる感もある)


また、最後にTwitterでも書いたのですが、スマイルプリキュアはダンスやファッション、お花や音楽、お菓子といった柱となるような具体的なモチーフがありません。

主人公が絵本が好きって言っても児童文学部に入ってるわけでもない、単にそういう趣味があるってだけに留まってるだけだと思います。

その代わり、キャラクターの属性をちゃんと定めて、自然の日常を精一杯生きるキャラクター達を丁寧に描こうって意気込みがオープニングや劇中の自己紹介などからも伝わってきます。


以前、エキレビのインタビューで梅澤プロデューサーが「もうモチーフになるようなものがない」とおっしゃってたのが印象深いのですが、だったら逆にモチーフを無くしてしまおうっていう徒手空拳の戦い方がプリキュアの原点にに立ち返ってる感じがするんですよね。

そういうモチーフを設けないのは大変な事だろうとは思うんですが、もしやりきったとしたら素敵な作品になると思います。

2012-01-17

劇場での感動を再び!プリキュアオールスターズ&劇場版ハートキャッチ再上映のお知らせ

全国のワーナーマイカルシネマズでなんとプリキュアオールスターズDX2、DX3、そして劇場版ハートキャッチプリキュアが再度上映されるイベントが来月から始まります。


ワーナーマイカルシネマズ こども祭り


料金はなんと子供は500円、大人も1000円で映画が楽しめます。

家でDVDやブルーレイで見るより、劇場の大スクリーン、迫力のあるスピーカーに囲まれて見る方が迫力が段違いです。


DXシリーズの監督である大塚監督自ら今回のリバイバルについてこうコメントされています。

f:id:afromiya:20120117004205p:image


ぜひぜひ!映画館で見たことがない人はこれを機に!見たことある人は再び感動を味わいに!

劇場に足を運んでみるのはいかがでしょうか。



ちなみに、どの劇場でどの作品がやっているのかわかりづらいって人いませんか?いますよね?

そんな悩みを解決するページがこちらに!

プリキュアファンで知られる声優 烏田裕志さん(ぽん吉さんと呼んだほうがプリキュアファン的には通りが良いかな?)がバッチリまとめてくれました。



ワーナーマイカルシネマズ こども祭り 2012 プリキュア リバイバル上映館 早見表


北は北海道から南は九州まで、ネットで分かるところはほぼ網羅!

これを参考に行ける映画館を探してみてください。

「第4回まゆラボ祭 2012年もフルスロットルにGo!〜まゆ友*新年会〜」

1月15日に開催された「第4回まゆラボ祭 2012年もフルスロットルにGo!〜まゆ友*新年会〜」に行って来ました。


2時間という短い時間で、ビュッフェスタイルの食事をしながらトークを聞いたり、くどまゆさんと集合写真を撮ったり、クイズゲームをやったり、抽選大会をやったり、そして最後にミニライブっていうそんな感じ。くどまゆさんとの距離がすごく近く感じられるひとときでしたー!


工藤真由さん公式ブログの方に色々写真があるので、まずはこっちを御覧くださいー!


まゆ友最高☆〃 : 工藤真由公式ブログ『くどうまゆのフルスロットルでGo!』



見ましたか? じゃあ少し自分も感想を…


まずは集合写真の話。くどまゆさん中心に5、6人が一緒になって撮影だったのですが、自分とたすくさんでフェアリートーンを7種持っていてたのと、撮影人数がくどまゆさん入れて7人だったので、みんなで1個ずつトーンを持っての撮影が出来たのが嬉しかったですね。


また、抽選大会でサイン入りプリキュアカレンダーだったり、くどまゆオススメDVD、私物のぬいぐるみなどが当たるってのがあったんですが、渡りに船くんが、抽選に当たってくどまゆさん愛用(と同じ品の)「ゲルマニウムネックレス」を貰っていたり、だん吉さんがくどまゆさんからケーキを「あ〜ん♪」って食べさせてもらってたり、たすくさんがツーショットチェキ撮ってもらったりしてました。


自分は当たりませんでした。悔しいのう!悔しいのう!


そして最後にミニライブがあったのですが、おなじみキラキラkawaiiやプリキュアメドレーといった定番曲だけじゃなく、参加者のリクエストに答えてカラオケを2曲ほど歌ってくれました。

ちなみにその内の1曲は自分がリクエストしたプリキュアのご先祖様的なバトルヒロインのオープニングを歌ってくれて良い思い出になりましたねー!


それとトークなのですが、昨年ツイッターの方でも少しネガティブなツイートをされている時期があって少々気になっていたのですが、実はスランプがあって色々落ち込むことがあったとの話が…

それから完全に立ち直ったのかはわからないのですが、ブログでも今年の新しい抱負として「挑む!」という言葉を上げていた通り、やる気に満ちあふれた表情と言葉で意気込みを語ってくれて、新しい世界に飛び出そうって気持ちをビンビン感じましたね。


次回作であるスマイルプリキュアでは主題歌から外れており、言い方が悪いかもしれませんがプリキュアに束縛されない1年間が有るわけですよ。

まあ、実際にはプリキュア関連のお仕事もまだまだ有るとは思うのですが、もしそこから離れたら新たにどんな道に向かって歩き出すのか、それをすごく楽しみにしている所もあるのですよ。


ちなみに会場ではじめてお会いして少しお話させてもらった人から聞いた話なのですが、その人はプリキュア自体は見ていても特に歌自体には特別なものを感じてなかったんですね。ですが、たまたま何かで聞いたハートキャッチプリキュアのイメージソング「ひまわり」を聞いたら正にハートキャッチされちゃって、それから工藤真由さんのファンになったとおっしゃってました。


「ひまわり」って曲はいままで歌ってきた主題歌やパワーのあるイメージソングとは違って、落ち着いたおとなしい曲なんですよね。でも背中を優しく押してくれる…そんな温かみのある曲で、パワーのある曲と同じように誰かの心をつかむ…そんな事が起きていたんだなぁって思いましたね。


話は戻りますが工藤真由さんが「挑む!」って目標を掲げて新しい世界に飛び込んで、新しい工藤真由さんを表に出していったとしたら、自分たちも新しい魅力を発見できるだろうし、その魅力に惹かれて新しいファンも増えていくんじゃないかなーって思うわけですよ。

なので、そういう姿を見てみたいので、これからもガンガン応援していきたいー!頑張って欲しい!って思える新年会だったなー!って思いました。



以上!新年会レポ終わり!


ちなみに以下は頂いたおみやげー!

特性マグカップに、直筆サイン&個別コメント入り年賀状!そしてミニステッカー!

f:id:afromiya:20120117001420j:image

2011-11-29

Yes!プリキュア5 東京MXテレビ再々放送記念 考察・夢原のぞみ

東京MXテレビにて本日11月29日、2回目のYes!プリキュア5の再放送がはじまりました。

実にめでたい!

そして、たまたま1ヶ月くらいかけてプリキュア5を再び見返してたんですが、その上ちょっと色々考えてたのを再放送を記念してまとめてみました。


のぞみの口癖で「なんとかなるなる〜♪」ってのがあるけど、コレ最初は脳天気ゆえに言っているセリフだと思ってたんですよ。

そういった印象がずーっと続いた後、23,24話辺りでちょっと印象変わるものの、やっぱり脳天気な印象はぬぐえなかったんですね。


ただ、プリキュア5の後半でカワリーノにコレットを奪われた時、みんなが落ち込む中、1人笑顔で「まだ空はこんなに青い」と言ってのけたり、DX1でどこに居るかも分からない人を探す時に「同じ空の下に居る」と言って周りを励ましてるのを見てると、最初は脳天気で言ってたかもしれないけど、これはなんか違うぞ!って思うわけですよ。

何かアテがある訳でもなく、「絶対に諦めない!」と感情的に奮い立たせてる訳でもない、この自然な立ち振る舞いはなんだろうか?って疑問を抱くわけですよ。


これについては考えるのを放棄して「まあ、のぞみだからな」って盲信していたのですが、プリキュア5を見返しながらのぞみの成長過程をじっくり追った所、「なんでこんなに笑っていられるの?」って疑問に答えが出せた気がしました。


基本的にあの子、小さい頃から何も出来なかったんですよ。勉強もダメ、スポーツもダメ、寝坊してバスに乗り遅れる、どの部活をやってもうまくいかない。


でも自分はもちろん、周りの人ができないことをさらっとやり遂げる人がいる。

そしてそういうすごい人でもやっぱり出来ないことがある。

(いつも助けてくれて励ましてくれるりんちゃんも、お化けが怖かったり、運動会で転んでくじけちゃったり)


そしてプリキュアになって、みんなと出会って、プリキュア活動や日常の問題を一つ一つ乗り越えていく内に、お互いがお互いを理科しあって協力すれば、どんなに優秀な個人が成し遂げられない事も乗り越えられるってことに、のぞみは気づけたと思います。


でも、その中でのぞみが物理的にできたことは、それほど多くないんですよね。

元々何か特定の能力の能力があった子じゃないですし。

ただ、何も出来ないからこそ、誰かの能力を認め、心から信じることが出来る。

そしてのぞみの心をを受けて、周りもいままで以上の力を発揮する。

(もちろんこれはのぞみの力だけじゃなくて各人の成長もあります)


ちょっと話がそれましたが、絶望的な状況でのぞみが落ち込むことはないんですよ。元々自分に出来ることは限られているんですし。

自分がどうあがいても出来なかった事が、仲間の助けでうまくいったり、各人がうまくいかなかった事が、お互いの協力で乗り越えることが出来たり、無理に思えることも工夫や努力、協力を重ねることでうまくいったり…

そんな様々な経験から最期まで手を尽くしても居ないのに諦める必要なんてこれっぽちも無いことを知っているんですね。


それ故に、「本当は同じくらいヤバイ」と思っても、みんなで協力すれば絶対に活路が開ける事を信じてるから「笑っていられる」し、周りの人を落ち込ませないために前向きでいられるんじゃないかと思うんです。


「足りないときは足せばいいんだよ」ってのぞみの言葉がありますが、自分自身が何か足せない代わりに、いくら足されても崩れない土台になる、いつのまにかそんな子にのぞみは成長してたんですよね。

まあ、アニメの主人公としては当たり前の姿ではあるのですが、底に至るまでの経緯を1年間通してじっくり描いてくれたこの作品の素晴らしさが本当に愛おしいです。


ちなみに余談ですが「まあ、のぞみだからな」って盲信すること自体は別に悪いことでもないです。いきなりあの姿を見せられたら「ご都合主義だな」って不自然に思うところを納得してるってことは、のぞみの成長を見守ってきて、あの子の事を無意識に理解できてるってことですからね!

2011-11-25

プリキュアクラスタ全選手入場!!

プリキュアクラスタ全選手入場!!


食材殺しは生きていた!! 更なる研鑚を積み凶器の料理が甦った!!!

狂犬!! けるべろのJだァ――――!!!


リゾットはすでに我々が完成している!!

八王子からの使者アルティだァ――――!!!


公開されしだい踊りまくってやる!!

ニコニコ動画代表 ぽん吉だァッ!!!


UST配信ならキュアインデックスの歴史がものを言う!!

素手のDJ キュアトロニカ カナブン!!!


真の尻を知らしめたい!! 世界の獅子王 獅子王丸だァ!!!


エキレビは3記事寄稿だがTwitterなら全POSTオレのものだ!!

八王子の鉄拳 芹沢・たすくだ!!!


娘ちゃん対策は完璧だ!! 林檎信者 kurtのおっちゃん!!!!


ファミチキのベスト・トッピングは私の中にある!!

奥州の弾丸姫が来たッ 豆!!!


打ち合いなら絶対に敗けん!!

パッション部のヲタ芸見せたる パッション部末席 TOMだ!!!


バーリ・トゥード(なんでもあり)ならこいつが怖い!!

おっぱい好きのピュア・ファイター 渡りに船だ!!!


照英実況隊からひらかちどっこいしょが上陸だ!! yahooogle ももいろ!!!


めい土の土産にスパッツとはよく言ったもの!!

王子の奥義が今 実戦でバクハツする!! スパッツ王国 暗○河○王子だ―――!!!


蜃気楼の魔女こそが地上最強の代名詞だ!!

まさかこの女性がきてくれるとはッッ ショコリエール!!!


二郎が食べたいからここまできたッ 身長一切不明!!!!

関西が生んだ二郎戦士(ジロリアン) ひかりんだ!!!


オレたちは立ち技最強ではないコンビで最強なのだ!!

御存知detakoko KOJI&ビアマン!!!


プリキュア映画の本場は今や京都にある!! オレを驚かせる奴はいないのか!!

Tジョイ京都支配人だ!!!


デカァァァァァいッ説明不要!!プリクラ最大!!!70人オフ!!!

アイルトン・モアだ!!!


ツイートは手癖でふぁぼってナンボのモン!!! 超実戦ふぁぼ!!

本家マリンクラスタからかしすたんの登場だ!!!


んまこしはオレのもの 邪魔するやつは思いきり殴り思いきり蹴るだけ!!

道産子ボクシング統一王者 二着!


自分を試しに日本へきたッ!!

百合萌え全ロシアチャンプ ゆきしろ碧!!!


SSに更なる磨きをかけ ”クズリ”生駒が帰ってきたァ!!!


今の自分に素顔はないッッ!! マスク・ついったらークロヲク!!!


退職後四千年の無職が今ベールを脱ぐ!! 余裕の よんゆぅだ!!!


BGMの名前ならオレはいつでも全暗記だ!!

燃える劇伴 桧垣祥太 本名で登場だ!!!


パルミエ国王の仕事はどーしたッ 拝金の心 未だ消えずッ!!

たかるもむしるも思いのまま!! 平野光流だ!!!


特に理由はないッ 雨が嫌いなのは当たりまえ!!

源さんにはないしょだ!!! バーボンハウス!

土井タバスコがきてくれた―――!!!


海の底で磨いた実戦幹事!!

東海クラスタのデンジャラス・ライオン しんかいだ!!!


百合萌えだったらこの人を外せない!! 超A級なぎほの伝道師 はなだ!!!


超一流同人作家の超一流の企画だ!! 生で拝んでオドロキやがれッ

週間ジャアクキング!! ていお亭ていお!!!


いろものやはこの男が完成させた!!

プリキュアシール界の切り札!! ヌカリ堂だ!!!


若き王者が帰ってきたッ

どこへ行っていたンだッ キラキラおしゃれ飲み会ッッ

俺達は君を待っていたッッップリキュアおじさんの登場だ――――――――ッ



全選手入場の元ネタはこちらを参照