Hatena::ブログ(Diary)

葵プロジェクト公式ブログ  上賀茂の森歳時記〜神山を背景に古くから伝わる祭事・二葉葵や和の花・の季節の移ろいを上賀茂の森からお伝えします〜

2017年05月15日 葵祭

葵祭とフタバアオイ

5月15日葵祭には葵桂の飾りを行列や神社境内に飾ることから葵祭といわれるようになりました。
薫風の中、緑の飾りがとても美しいです。この葵桂の蔓についてはご存知のかたも多いと思います。
ところで、本殿、権殿の中にお供えする葵桂はどんな風に納められるのでしょう。
実は特別な編み方になっています。
本でみたことはあったのですが 祭の翌日特別にみせていただきました。
f:id:afuhiproject:20170516091410j:image:w360
f:id:afuhiproject:20160129130800j:image:w360
フタバアオイ8本を井桁に組み、その中央に桂の小枝をはさむ。
これを二つ重ねにし、本殿、権殿の中にお供えします。

2017年04月15日 斎王桜と競馬

桜の下にお馬さん


f:id:afuhiproject:20170415125615j:image
5月5日に行われる競馬練習上賀茂神社境内ではじまりました。

斎王桜も満開となり 
桜の木の下でお馬さんがかわいらしい。
とてものどかでぽかぽかした春の陽気につつまれました。

とおもいきや、走行練習となると凛々しく走るその御姿。

5月1日には 賀茂競馬足汰式(かもくらべうまあしそろえしき)
本番は5月5日です。

2017年04月01日 フタバアオイ

フタバアオイの花


フタバアオイフタバの真ん中に紫色の花を一つ咲かせます。
f:id:afuhiproject:20170403145615j:image
上賀茂神社の車祓いの裏側に白い花をさかせている馬酔木(あせび)の木があります。
(馬が酔ってしまうので馬酔木と書き、あせび読みます。林の中でもあせびは動物に食べられず残っています)
この木の下にはフタバアイオが集中して班をなしています。
フタバアオイが皆様をお待ちしています。
f:id:afuhiproject:20170403115610j:image

2017年03月22日 越冬芽

越冬芽 殻をやぶってでてきた葉

f:id:afuhiproject:20170322223618g:image

長い冬を越して、殻の中ではすでに葉や花が形成されています。

f:id:afuhiproject:20170322223617g:image

2017年03月20日 春分

フタバアオイが芽吹く


暦では春分。桜の開花ももうすぐですが、みなさんのフタバアオイもそろそろ芽吹き始めたでしょうか?

これは、2015年6月にエコロジカルネットワークの講習時に
1芽植えたものです。今年で2年目、6芽ほどに増えています。

f:id:afuhiproject:20170322090506j:image

すでに、フタバの真ん中に小さな丸いピンクの花を確認できます。
f:id:afuhiproject:20170322090757j:image

実生はスペード。8個の種から5芽。
f:id:afuhiproject:20170322223616g:image

2017年03月03日 雛祭り

桃花神事

f:id:afuhiproject:20170303104946j:image:left
桃の花と辛夷をかざりお祭りをします。

ひなまつり旧暦の3月3日。
古来中国において、西王母という仙人が「三千年に一度実る桃」を漢の武帝に献上した伝説に由来します。そこで桃は長寿や健康のしるしとなりました。
物語に、長寿や、健康、艶やかに美しくと夢を重ね、
季節感を楽しみ、草花を愛してきた美しい感性がそこにうかがわれます。

f:id:afuhiproject:20170303185312j:image:right
お祭りの後は草餅をいただきました。(草餅はハハコグサ春の七草))

2017年02月04日 立春

立春 梅に鶯

f:id:afuhiproject:20170211085034j:image:left
うぐいすの声をきかれたことはありますか?
葵の事務局長はいつもポータブル辞書をもっておられ、
なんとそこには鳥の鳴き声まではいっているのですよ。
https://www.youtube.com/watch?v=zfmraoicGKY
うぐいすは春にいち早く鳴くことから、春告鳥といわれています。
おなかのあたりがきみどりがかった褐色の鳥です。
f:id:afuhiproject:20170209111852j:image:right
季節は立春ですがこれからまだまだ寒い日がつづきそうです。
賀茂の斎院をつとめられた式子内親王の供養塔にも雪がつもっていました。(千本今出川般舟院陵)
まだ春は先のようです。

2017年01月20日 大寒

大寒 蕗の薹と葵の冬芽


今日から大寒です。寒さがいっそ厳しくなりました。
上賀茂にほど近いところで蕗の薹が芽をだしていました。
f:id:afuhiproject:20170120142029j:image:right


フタバアオイのほうも、しっかりとした新芽がみられます。(茶色い茎の先にペン先のようにみえるものが新芽です)
土の中では春に備えて準備がちゃくちゃくと進んでいるのですね。立春まであとわずか。
f:id:afuhiproject:20170123090414j:image:left

2017年01月16日 ロウバイ

ロウバイと小野小町

f:id:afuhiproject:20170112153839j:image:left
蝋梅(ロウバイ)の花が咲く季節になりました。
寒い時期、彩がないころ、梅に先駆けて花を咲かせます。
とても香しく透明にちかいロウのような美しい黄色です。
この花を見るといつもおもいだすのが小野小町の歌。
花の色は 移りにけりな いたづらに
わが身世にふる ながめせしまに
梅の様子を詠んだ歌なのでしょうが、(蝋梅は梅ではないのですが)花が枯れる様子はあまりにも残酷です。

f:id:afuhiproject:20170116084327j:image:right
そんなことを考えながらいい展覧会に出逢いました。
京都国立博物館で只今開催中の伊藤若冲展。六歌仙
真ん中が小野小町。後ろ姿がなんともかわいらしくいろっぱいのです。

2017年01月09日 一年の計

一年の計は元旦にあり


今年はどんなことをしようか。といろいろと楽しく計画をされていらっしゃるかたも多いでしょう。まだのかたも旧暦のお正月がくるまでにゆっくりと計画をたてられてはいかがでしょう。
f:id:afuhiproject:20170101121048j:image:left
今年は丁酉です。

天からふりそそぐエネルギーはおだやかで愛にあふれる気配をただよわせています。人間にとっても一層ありがたいと思う年になるでしょう。

地からのエネルギーは天のエネルギーと相まっていっそ暖かく秋には幸せがたわわに実ることでしょう。

あまり革新的にならずありのままの自分で気持ち良いエネルギーをかんじながら幸せにすごすのが賢明ともいえます。

皆様にたくさんの幸せがおとずれる一年になりますよう!