Hatena::ブログ(Diary)

葵プロジェクト公式ブログ  上賀茂の森歳時記〜神山を背景に古くから伝わる祭事・二葉葵や和の花・の季節の移ろいを上賀茂の森からお伝えします〜

2018年10月21日 葵の森の一年

 苗植えから越冬へ〜めぐり逢う日を願う草〜

今年も多くのかたに葵を育ていただき 葵の森へと苗植えをしていただき有難うございました。
あれから約半年。季節は秋となり、上賀茂の葵の森では葵は今から冬芽をたくわえ、来春の芽吹きに備えます。また、春に皆様とめぐり逢う日を願いながら。
f:id:afuhiproject:20181022101413j:image:w360:left
f:id:afuhiproject:20180426103508j:image:w360:left

2018年10月14日 賀茂献灯祭

上賀茂の神秘の森に鈴の音が響く

夜の上賀茂神社 提灯の丁に導かれ本殿
静かな森に巫女舞の鈴が響く
f:id:afuhiproject:20181014184633j:image:w360:left
f:id:afuhiproject:20181014181256j:image:w360:left
f:id:afuhiproject:20181014183641j:image:w360:left

2018年06月13日 葵の教室

 葵の教室

葵のことをおしりいただこうと浜松の県居小学校と双葉小学校におじゃましました。
f:id:afuhiproject:20180613111632j:image:w360:left
f:id:afuhiproject:20180613142129j:image:w360:left

2018年05月27日 京都文化講座

2018年05月26日 上賀茂神社にカモの夫婦

上賀茂神社ならの小川にカモの夫婦

風そよぐ ならの小川の 昼下がり・・・鴨の夫婦の カフェタイムカモ
f:id:afuhiproject:20180526121047j:image:w360

2018年05月14日 葵祭にかざる葵

葵祭を飾る葵桂の飾り作り(葵の奉製)

葵祭には葵桂の飾りを飾ります。
わたしたちはみなさまが育ててくださった葵を使わせていただき近隣の児童たちと
飾りを作るお手伝いをしています。
f:id:afuhiproject:20170514101653j:image:w360:left

2018年05月04日 斎王代 御禊の儀

斎王代の禊に飾る葵

本日は斎王代のみそぎの日。
子供たちから斎王代はじめ童女たちに葵桂の飾りが胸元につけられました。
緊張する様子で斎王代に手渡してくれたのは日頃から葵を育ててくれている紫竹小児童
f:id:afuhiproject:20180504102517j:image:w360
f:id:afuhiproject:20180504103014j:image:w360

2018年03月05日 葵の芽吹き2018年

本日2018年3月5日葵がかすかに芽吹きました。

f:id:afuhiproject:20180305095854j:image:w360
かすかにひろがりかけた二葉の間には1mmぐらいのピンクの花が収まっています。
みんさんの二葉葵はいかがでしょう?
KESの2015年の講習の時に株分けして植えたものです。
f:id:afuhiproject:20180305095737j:image:w360

2018年01月01日 迎春

迎春

f:id:afuhiproject:20180105090321j:image
新年あけましておめでとうございます。

越冬芽の葵です。まだ固くつぼんでいます。
寒い冬の間に芽の中で葉や花を作っています。

春一早く皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
f:id:afuhiproject:20180103095726j:image
上賀茂では
清らかな水のせせらぎがここち良いお正月を迎えました。

f:id:afuhiproject:20180103100300j:image
ご参拝のかたも例年の2倍ぐらいでしょうか。
地域のかたをはじめ全国からお越しくださいました。
ありがとうございました。

皆様にとって良き年となりますように!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年10月01日 檜の皮はぎ

檜皮 木の文化伝承

f:id:afuhiproject:20171001145513j:image:left
上賀茂神社の屋根材となるヒノキの皮はぎ体験が境内の林で行われました。
楼門の屋根の葺き替えも今日で完成。次の葺き替えは42年後となります。

樹齢70〜80年以上の立木から採取し、
一度採取すると、樹皮がもとのように生成されるまでに8〜10年かかるそうです。


*全国で重要文化財に指定されている檜皮葺の建物は約700棟(重要文化財以外も含めると1,650棟)あり、700棟の維持に年間約3,500屬良き 替えが必要だそうです。