Hatena::ブログ(Diary)

まさしのにっき

2017-03-20

7号食はなぜ

| 18:37

“ 食べ物 ” と “ 神経 ”

7号食がなぜ運命を変えると言われているのか?

その前に…
私たちの身体がどうして 「 できたのか? 」を考えてみましょう。


まずは、受精卵が着床するのに約7日間かかります。

その後、基礎工事が始まります。
基礎工事では、おおまか全身に神経を張り巡らせます。
これが約21日間。

次に約63日間かけて血液循環システムをつくります。

インフラ整備ができ、残りの出産までの期間ようやく臓腑それぞれに必要な細胞をつくり組織をつくっていきます。

ここに答えがありました。
優先順位が高い部分、重要な部分から身体がつくられていました。

身体の不調があった時に、血行不良が原因。と言われることがあると思いますが、突然、原因もなく血行不良が生じることはないといいます。血行不良になった原因に 『 気が付かない 』 原因があります。

それは、『 神経が鈍る 』 ということです。
判断が鈍ってしまい『 気が付かない 』といことが生じるということです。


身体の不調に気付くタイミングの多くは、「 自律神経が乱れた 」と感じるときよりも、「 胃が痛い 」「血圧が高い 」「 目眩がする 」など、何か症状となって感じるときだと思います。

神経が鈍る

血行不良となる

臓器の組織が病変に侵される

このような流れで身体に異変が生じていきます。
身体がつくられる工程と同じ順を踏みます。
ということは、改善するときも、根本的なところをテコ入れすることで良くなっていきます。

それが神経を鋭敏にすることです。


そして神経を鋭敏にするために、短期間でできる方法が “ 7号食 ” となります。
7号食の16日間で
神経の改善 → 血行改善 につながります。

16日間後、基本食を続けることで病の改善につながっていくと食養で学ばせていただきました。

身体の成り立ちを知ることが自分自身を豊かにし続ける考えになると冨田先生の話を聞いて感じました。

7号食は自分自身と向き合うことができ、身体を認証するきっかけとなるイベント的な食事方法です。
気になる方は、下記をご覧ください。




「 7号食のやり方 」
http://www.itadakimasu-jp.net/essay/7gosyoku.html

「 7号食セット 」
http://www.aaumai.jp/products/list.php?category_id=9