Hatena::ブログ(Diary)

コップ水の日記 このページをアンテナに追加

◆人気記事
.7z圧縮  ロボモップ  Google+Rainlendar   ダーウィンが来た!  SETUNA2  エンチオール  要約
◆おすすめ
-SETUNA- デスクトップの一部を付箋化 -NavePlayer- 音程一定で動画再生を高速化 -UWSC- 簡単マクロ
◆スポンサード リンク

2007年07月01日

ウミショウブ 花!海を走る

|

今日放送してたクロソラスズメダイもものすごかったけど、過去在庫分から徐々に放出

順番がめちゃくちゃでスンマソン。


ウミショウブは、フィリピンインドネシアなどの亜熱帯の海に広く分布している。

かなり大きくなり、高いものは2mほどになる。

昆布わかめといった「海藻」とは異なる「海草」。

もともと陸地にで生息していた植物が海中で生息するようになったもの。

1億年前に花を咲かせるタイプの植物が誕生し、

植物の種が爆発的に増え、激しい生存競争が起きた。

ほかの植物に邪魔されずに光と水を手に入れられる場所を求め、

ウミショウブの祖先(サトイモに近い仲間)は海に適応した。

陸上の植物が空気を取り入れる気孔という穴は閉じてしまっており、

二酸化炭素などは、葉の表面から直接取り込んでいるそうだ。

f:id:aglassofwater:20070701231831p:image


取材されたのは、沖縄西表島のウミショウブ。

海岸沿いに黒っぽく見えるところに群生している。

浜辺とさんご礁の間の帯状の地帯の、

水深数メートルのところに生えている。

亜熱帯の強い太陽の光が海の底にまで降り注いでいる。

沖縄ではスクと呼ばれているアイゴの仲間の稚魚に、

葉の表面についた藻を掃除してもらう。


大潮の日にウミショウブは一斉に開花する。

f:id:aglassofwater:20070701231932p:image

f:id:aglassofwater:20070701231958p:image

ウミショウブの根元にある莢には雄花が500個ほど入っている。

ふくらみの中からは盛んに泡が出ており、

雄花は泡の中に取り込まれ、水面まで上昇し、はじける。

花びらとがくが反り返り、おしべを上にして立ち上がる。

f:id:aglassofwater:20070701232052p:image

f:id:aglassofwater:20070701232110p:image

f:id:aglassofwater:20070701232129p:image

f:id:aglassofwater:20070701232149p:image

f:id:aglassofwater:20070701232213p:image

反り返った花びらには水がはさまれているため、

雄花が風で吹き飛ばされるということはない。

水をはさんでいない側の花びらは疎水性が高く、

立ち上がった花が大きく傾いても倒れることはない。

雌花は花の外側は親水的で水に引っ張られて

水位にあわせて花を開いたり閉じたりする。

花の内側は疎水的になっており、

雄花がくっつきやすいようになっている。

なんちゅうか親水性と疎水性のコントロールがものすごいですね。


ウミショウブがどうやって大潮の日を特定しているのかは謎に包まれているが、

受粉が行えるのは、大潮の日の3時間のみ。

しかし、水面という2次元平面上で水媒受粉を行っているため、

受粉確率は98%にも上る。

f:id:aglassofwater:20070701232307p:image

2次元すごいおw


ダーウィンニュースでは、山崎久勝さんという、

水中の生き物が出す音を録音している方が紹介されていました。

特殊な水中マイクで、ミジンコメダカの音を収録してました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aglassofwater/20070701/p1
カスタム検索
Error : RSSが取得できませんでした。 なかのひと プライバシーポリシー