Hatena::ブログ(Diary)

AGRIひばり通信

2015-11-19

フォルクローレ WAYNOのライブ in 八尾 AGRIひばりで開催 2015.11.29 (日) 

今年のおわら風の盆本祭の3日間、東北エイドの皆さんがチャリティーカレー食堂「ネパランカレーのお店」を越中八尾駅前郵便局 隣の古民家であるAGRIひばりで開きました。その際に、WAYNOのメンバーである谷中さんの奥さんがピアノを生演奏されたのが今回のライブのきっかけです。なお、八尾町福島(ふくじま)地区では女将さん方がWAYNOのコンサートを開催しておられ、先輩になります。12時からペルー料理の昼食、13時からコンサート開始、終演は15時の予定です。入場が遅れるお客様には、食事を召し上がりながらアンデス音楽を楽しんでいただきたいと、主催者の話です。アンデス民謡ペルー料理を気軽に楽しんでいただければ最高ですね。皆さんお越し下さい。

f:id:agri-hibari:20151119082330j:image:w360:left

2014-09-05

黒ニンニクは作った方が得か、買った方が得か。

 生のニンニクは、アメリカ国立ガン研究所が発表した「デザイナーフーズ計画」の中で、127種類の野菜・果物の中でガン予防機能性フーズのトップに選ばれまし た。そして、その生ニンニクを高温・高湿度雰囲気中で熟成(:私は、発酵化学反応などにより、元の食品がその食味と栄養分を大きく増す変化であると理解しています)して作られる「黒ニンニク」は機能成分が元のニンニクの数倍以上に高まり、味は果物のプルーンのような甘酸っぱいものになります。また、あの嫌われもののニンニク臭さも消失する優れものです。黒ニンニクの効能を知って味わうとやみつきになる人が多いのも特徴的な事実です。しかし、黒ニンニクを事業生産する設備は高額なために、商品としても高価であり、日常的に食べ続けることは大変です。それでは、、熟成過程で発生する強烈な臭いを我慢し、隣家や家族の苦情を覚悟して作るのであれば、保温機能付きの家庭用炊飯器ニンニクを入れて、保温スイッチをONにするだけで15日後には黒ニンニクを味わうことができることを知ったならばどうでしょうか。つまり、作ってでも食べたいですかということです。

 私は3年前から、源流の限界集落越中八尾桐谷に目立つ放棄田を有機栽培による稲圃場に再生するNPO法人アイ・フィール・ファインの活動に加わり、野菜と果物の有機栽培に取り組んできました。栽培するものは、イノシシやタヌキなどによる獣害が少なく、豪雪地帯であるこの山里栽培条件に合った玉葱ニンニク農薬と化学肥料は使わず栽培しています。手前味噌ではありますが、この土地の自然条件はニンニク栽培に適しており、青森のブランドものに見劣りしないものを育てることができると自信を持っています。そのニンニクの一部を使い、黒ニンニクの自家加工も始めました。しかし、財務に疎く、今まではコスト計算もいい加減にやっていたから驚きです。ほぼ自家消費だから済んだのですが・・・。

 そこで、今後は定期的に販売する予定もあり、1個当たりの作成コストがどれ位になるか概算してみようと思います。ただし、ここではニンニクは購入するものとします。

 炊飯器には強烈な臭いが付着するので、専用のものを用意する必要があります。容量1L程度の中古の炊飯器を6000円で購入しましょう。

 中国産ニンニクは敬遠して、国産ニンニクの最高品種「福地ホワイト六片」で作ることにします。その黒ニンニクを毎日1片食べるとして、Mサイズ60玉(360片分)を9000円で購入します。

 炊飯器の容量1Lですから、最大20玉ずつ3回に分けて熟成加工しましょう。その場合の1玉当たりの加工費用は、保温時の消費電力量を1時間当たり25wh,1kwhの電気料金を30円として、((25w×24h×15÷1000)×30)÷20=13.5 円 が見込めます。予想外の低コストです。本当かな? 信じられない方は、ご自分で検証をお願いします。

 そこで炊飯器減価償却期間を1年として、黒ニンニク1玉のコストを計算すると

(6,000円÷60玉)+13.5円/玉+(9,000円÷60玉)=263.5円/玉 になります。

 自分で食べるのですから、プロが作るものと同じ味は求めませんし、係わる労賃は0円とします。

 また、販売されている黒ニンニクの価格はネットで調べると大半が1玉500円強のようです。

 さあ、あなたならば、黒ニンニクは作って食べますか、それとも購入して召し上がりますか。

 

 (デザイナーフーズ計画関連サイト  http://kenkou.happippi.com/pyramid/

2014-09-03

AGRIひばり再活動 : 栽培・から加工販売 安全で安心できる美味しい保存食の開発を目指して、夢を一歩ずつ実現します。

 冬の寒さを防ぐことが出来ず、悔しい思いでカフェコーナーを閉じてから3年が経ちました。

 結果として、当初のビジョンは縮小し、原点に回帰して再出発です。

 私とパートナーの妻に残された時間も体力も、そして精神力と財力も僅かです。

 商いプラザ<AGRIひばり>は、当面、自家栽培する有機野菜や果物(JASに従えば「栽培期間の前,中、後を通して農薬と化学肥料を使わない栽培による野菜と果実」と長々しく表記しなければなりませんが)の保存食材の加工と直売そして研究・開発に使います。

 昨年の12月から今年の1月中はカリン、今年の6月から7月は桑の実、現在は、桑の葉ニンニク(収穫:6月下旬、品種:福地ホワイト六片)、食用ホオズキ、自然栽培ミョウガ、人参、トウキの加工実験を行っています。

f:id:agri-hibari:20140731112032j:image

f:id:agri-hibari:20140621091455j:image

f:id:agri-hibari:20140613134703j:image

f:id:agri-hibari:20140610064004j:image

f:id:agri-hibari:20140620165121j:image

f:id:agri-hibari:20140622162945j:image

2013-11-12

AGRIひばりの夢と痛み

久しぶりに、身の回りに起こる出来事を,素直に率直に書こう。

困難に見舞われてはいるが、AGRIひばりの夢を捨ててはいない。

開業時に受けた大きなダメージによる心の落ち込みを回復するのに3年もの時間がかかってしまった。

自分を見直すために、この間にあったこと、こうなった原因、これから目指すこと、私を襲っている病「脊柱管狭窄症」 などについても書こう。(2014.5.14一部改変)

2012-02-03

雪の合間

降り続いた雪空が裂け、久しぶりの晴天を得た。

f:id:agri-hibari:20120203232555j:image

f:id:agri-hibari:20120203232648j:image

陽光を乱反射する純白の結晶雪と空の青みがなす輪郭ほど

明瞭で美しいコントラストは他にあろうか。

f:id:agri-hibari:20120203233054j:image

f:id:agri-hibari:20120203233337j:image

この精気あふれる大気の中で、やっかいものになった雪を

退かす作業をすることは疲れるが苦痛ではない。

幸いなことに、我が家の裏手は谷であり、そこへ雪を運び

落とせばよいのだから、気楽なものである。

f:id:agri-hibari:20120203234437j:image

f:id:agri-hibari:20120203234531j:image

間もなく64歳になるが、あと26年くらいは雪遊びは

愉しみと思える健康と体力を保ちたいものだ。

f:id:agri-hibari:20120203234824j:image

 立山剣岳(この写真は、1月27日撮影)