Hatena::ブログ(Diary)

aikoku_senseiの日記

2016-05-19

東京ガーデンテラス紀尾井町完成について思う

 東京ガーデンテラス紀尾井町の一部施設が先行オープンをした。ここはかつては赤プリこと赤坂プリンスホテルが建っていたが、2011年に解体されて新しいビルができたのである。実は私はこの旧赤坂プリンスホテルを何回も使っていたヘビーユーザーであった。今日はその思い出を書こうと思う。

 私が赤プリを何回も愛用してきたのは乱交のためである。赤プリは乱交の聖地と呼ばれるほど乱交サークルに愛用されてきたからのだ。私は乱交パーティの常連として何回も赤プリでSEXをしてきたのである。

 舞台は20階以上の高さにある高級スイートルームである。約30人もの男女がシャワーを浴びて神聖な戦いが開始される。裸という乱交のユニフォームに身をまとい、1人の女性に男が複数で襲い掛かり前戯を行う。盛り上がってきたところで戦闘開始となる。男は連続で女を攻撃し、自らの武器の威力を誇示し激しく腰を揺さぶる。女はそれに大声をだし応戦し、強い力で男の武器を締め付けて逆襲する。そんな女の真剣な表情に男は喜びますます波長を合わせていく。体を合わせて肌を触れ合う格闘技を通じて心を一体化させるのである。

 男がさらに激しく動いてきたらフィナーレだ。必死で応対してきた女はここまで来ると耐えきれなくなり体を自らの意志で動かせなくなってくる。そして声もさらに大きくなってくる。だが、表情は苦しみではなく喜びに満ち溢れているのだ。そして男から試合終了を告げる合図が女の体内に注入される。女は自らの体に注入された液体の温もりでそれを知り、男とやった喜びを改めて感じたのである。

 このようなことが毎日のように赤プリでは繰り返されてきた。まさに乱交界の総本山だったのである。赤プリはもうないが、乱交はこれからも永遠である。東京ガーデンテラス紀尾井町が新たな「性地」となるのかが注目されるだろう。

2016-04-25

ゴールデンウィークはハメ倒します

 待ちに待ったゴールデンウィークが来た。毎回恒例だが長期休暇にはたくさんセックスをすることにしている。年齢も50になりつつあるが、性欲は島耕作のようにますます盛んになって聞いている。

 今回も軽井沢の別荘で彼女を連れてハメ倒します。過去にも書いたように1日で何回発射できるかなどたくさん楽しませてもらいます。セックスこそ私の生きがいなのですから。軽井沢に別荘をもってセックス三昧という私は本当に幸せ者だと思う。

 これからも性欲が続く限りたくさんセックスをして少しでも多くの女性を幸せにしていきたいと思う。それが私の使命だと確信している。早くセックスがしたい。

2016-03-27

カトパン似の美女に中出しをする

 3月も最終週になってついに2015年度も終わる。まるで年末の気分になるのだが、この時期は入社と退社の時期でもある。めざましテレビの司会であるカトパンこと加藤綾子アナウンサーも番組を降板し、フジテレビを退職する。

 そのカトパンだが実は私は彼女そっくりの女の子とセックスをした。それも中出しで。それはひな祭り頃のことだった。たまには中出しをしたいということで行きつけの中出しOKの風俗店に行くことにした。しかし普段指名していたお気に入りの女の子は退職をしていたのでとりあえずお店オススメの娘を指名した。

 そしたら大当たり、顔は見事カトパンだったのだ。もちろん本人ではない。だが本人以上にカトパンという顔立ちにまず驚いたのだ。しかしSEXが良くなければ意味はない。とりあえず「お淑やかな女の子」ということで彼女を指名したのだからそれにこたえてくれなければ意味はない。

 しかしその心配は無用であった。彼女はとても礼儀正しく、声もとてもかわいらしかった。声質はカトパンとはやや異なったが、カトパン本人とSEXをしたらこのような感じになるのかな?と思えたのである。もちろん最後は私の精子を注ぎ込んで終了。彼女は私の激しいSEXをとても堪能してくれた。

 偶然の出会いだったが、本当に幸せな時間を過ごすことができた。これからは彼女を頻繁に指名していこうと思った。

2016-02-25

周防ゆきこちゃんありがとう

 私はとても悲しい気持ちである。なぜならば私が大好きなAV女優である周防ゆきこちゃんが引退を発表したからだ。AV女優としてデビューしてから6年半、これまで多くの作品でお世話になってきた。作品の中だけではなく、直にお手合わせをしてみたかった女優である。しかしそれももうかなわない。

 ただ、あなたのおかげで私はとても幸せな人生をs語すことができたことだけは間違いない。もしもゆきこちゃんがこのブログを見ていたら私に連絡をしてほしい。引退ということで下半身が寂しい思いをきっとするはず。そのさみしさを私が埋めてあげたい。

 本当にあなたの笑顔、そしてセックスで幸せになることができました。ありがとうございました。今後ゆきこちゃんのベスト盤が発売されるでしょうから絶対に買います!それがあなたに対する私の思いです。

2016-01-21

女子高生と乱交パーティーをしたい!

 私はセックスが大好きだ。特に乱交パーティーは燃える。ほかの男に対して自分のセックスのすごさを見せつけることができるからだ。毎年クリスマスには乱交パーティーを行っているが、本当に何回やっても飽きないぐらいの快感なのだ。

 しかし私は悲しいことに女子高生と乱交パーティーをしたこともない。セックス自体もないのだ。10代の女子大生とはセックスを何回もしているし、乱交でもやったことがあるし、中出しもしたことがる。だが女子高生と流行ったことはない。

 だから女子高生を乱交パーティーに呼び込んだこの記事を見て大変うらやましいと思ったものだ。私も一度でいいから参加してみたいと思う。法律違反であるが、ばれないように1度でいいから体験したいものだ。