Hatena::ブログ(Diary)

愛京住宅のブログ

2017-11-23

紅葉&ツーリング

昨日、紅葉を見に行きました


勿論、バイクです( ^^)

今回は、右京区愛宕(おたぎ)念仏寺と言うお寺に行ってきました。http://www.otagiji.com/f:id:aikyo-kyoto:20171123101113j:image:w360

今回、初めて伺いましたが静かにたたずむお寺は心が癒されますね

紅葉が色鮮やかでお寺の雰囲気と抜群のに有っていて、とても美しかったです。

入館料も300円と安いです。

f:id:aikyo-kyoto:20171122141516j:image:medium:left

f:id:aikyo-kyoto:20171122141451j:image:medium:right

お寺の由来です☟

f:id:aikyo-kyoto:20171122140744j:image:w360:right

今の京都四条西院から東山方面にかけて、

f:id:aikyo-kyoto:20171123135032j:image:medium:left

昔は愛宕郡と言いました。奈良時代の末、今から約1250年前に、

聖武天皇の娘の称徳天皇がここに寺を建てます。

愛宕(おたぎ)の地に建てられたので愛宕寺と言いました。

ところが平安時代の初めに、鴨川の洪水で全て流れて

廃寺となってしまいます。その復興を命じられたのが

天台宗の僧 千観 (918〜984) です。千観さんは、

f:id:aikyo-kyoto:20171122140808j:image:w360:right

f:id:aikyo-kyoto:20171122140732j:image:w360:right

いつも念仏を唱えていたので、民衆から念仏聖人とよばれ、

このことから寺名を愛宕念仏寺とよばれるようになりました。

これは三宝の鐘と言うものです自分で鐘を突くのですが真ん中に入ると

3つとも音程が違い何とも良い響きで、何度も鳴らしてしまいました。

f:id:aikyo-kyoto:20171122141241j:image:w360:left

f:id:aikyo-kyoto:20171122141153j:image:w360:right

f:id:aikyo-kyoto:20171122141402j:image:w360:left

是非、皆さんも一度訪れてみては如何でしょうか。  




2017-11-12

11月10日 祝 上棟

11月10日は松尾にあるM様邸の上棟でした。

雲一つない青空が広がり、まさに上棟日和でした。

f:id:aikyo-kyoto:20171110145456j:image:w360

M様の土地は少し高い位置にあり、2階からは西京区を一望できるほどです。

最高のロケーションでした!

f:id:aikyo-kyoto:20171110162317j:image:w640

棟があがり、ようやくお家の形がわかるようになり、M様も感動しておられました。

f:id:aikyo-kyoto:20171110163047j:image


工事に関わった職人の方々、ありがとうございました。

そして引き続きお怪我の無いようにお気を付けください。


11月10日 祝 上棟

f:id:aikyo-kyoto:20171110162927j:image:w640

2017-10-12

F様の住所から歩いて1分の好立地での上棟

F様ご家族は今年の3月20日に愛京住宅に初来店頂いた5人家族のお客様です。

当日は不動産の繁忙期で営業マンが全員外出中で、ショップで数十分お待ち頂きました。

私が現場待機を離れ、ショップに帰り、ご対応をさせて頂きました。

現在お住みの住所から歩いて1分の場所で水面下物件をご紹介させて頂くと、

トントン拍子で契約まで至りました。

私も長いこと不動産業をさせて頂いていますが、

初回ですぐに手書きの買い付け申込書を頂きました。

あれから半年が過ぎて、本日上棟を迎えることができて、本当に喜んでいらっしゃるのを見て、

よかったと思っています。

大工さんこれから3か月ケガのないようしっかりと頑張って下さい。

f:id:aikyo-kyoto:20171011160527j:image:w360

f:id:aikyo-kyoto:20171011163534j:image:w360

f:id:aikyo-kyoto:20171011163839j:image:w360

f:id:aikyo-kyoto:20171011163652j:image:w360

f:id:aikyo-kyoto:20171011165004j:image:w360

 F様、本日の上棟本当におめでとうございます。

   担当 赤松

祝 上棟!!

この度、W様邸の上棟が行われました。

天気も雨が降らず、幸運でした。

当日は大工さんも頑張って頂き、予定通りの時間には上棟していました。

f:id:aikyo-kyoto:20171012112309j:image:w360

合わせてお施主様のご要望で上棟式も行い、

棟梁・監督・お施主様、皆に集まって頂いて、貴重な経験をして頂く事が出来ました。

今回は、ご両家の親御様もお越し頂けましたので、ご家族一同が

新居の上棟に立ち会えた事は、一生思い出に残るだろうと思います。

そして、その場にご一緒出来た事が、とても嬉しかったですし、

今後も最後まで、気を引き締めてサポートしなければと、再度決意した日でした。

f:id:aikyo-kyoto:20171012112249j:image:w360:right

また、今回の上棟では

お施主様の御要望で

地震に対する補強を兼ねて、

【制震ダンパー】という商品を導入した建物でした。

施工するのはそれほど多くは無いため、ダンパー設置の状態を写真におさめたり、

実際に完成すると見えない

部分の補強になるため、

この上棟で現場の施工状態を

お施主様が確認できるのは

本当に貴重でした。

お施主様にとっても、

より安心して完成した新居での

お住まいになれるはずです。

今回親御様も同席での上棟式を行えましたが、

ご一緒に参加させて頂いた事で、人生にそう何度もない新居の上棟をご夫婦、お子様、親御様等の皆さんで参加・経験し、喜んでいる姿を眺めた際に、とても幸せそうで、

こんな経験をこれからもたくさんお客様と一緒にしていけたらなとしみじみと感じました。

f:id:aikyo-kyoto:20170930171013j:image:w360

本当にこの度は、上棟おめでとうございます。

これからも、宜しくお願い致します。

桑山

2017-10-02

亀岡市での上棟♪

こんにちは。

9月27日、建築吉日に、3人でお住まいになるお客様(N様一家)の棟上げが無事行われました。

大工さんもたくさん現場に入って頂き、すごい手際でどんどん作業が行われていきました。

f:id:aikyo-kyoto:20171002185117j:image

高い場所での作業、、、すごいです。

怪我がないように気を付けてください。


f:id:aikyo-kyoto:20171002185216j:image

夕方16時ごろには無事、上棟されました。

雨が降るかと心配されましたが、無事終わったので、

ほっとしました。

本日の上棟、おめでとうございます。

そして、良い「家」を建てるために

この先の工事も気を引き締めていきたいと思います。

改めて上棟おめでとうございました!

2017-09-29

向日市物集女町での上棟

9月27日、午後からは雨という天気予報の中、雨が心配されましたが、3人でお住みになるお客様(M様一家)の棟上げが無事行われました。

f:id:aikyo-kyoto:20170927092634j:image:w360:left

今回は5件の分譲地の中の2号地ということもあって、

クレーン車が大活躍。

高さは15m位まで釣り上げて、

木材を吊り運びました。

大工さん達は地上から10mもある部分まで、

登って柱を組んでいました。

正直、こちらは見ているだけですが、

めまいがしそうな高さで、大変な仕事です。

f:id:aikyo-kyoto:20170927092809j:image:w360

f:id:aikyo-kyoto:20170927093030j:image:w360

夕方4時半位には無事に上棟されました。雨対策も万全に終了し、安心です。

これから3か月、ケガの無いようお仕事頑張って下さい。

f:id:aikyo-kyoto:20170927155910j:image:w360

f:id:aikyo-kyoto:20170927160243j:image:w360

物集女城跡という遺跡から100mという場所柄で、遺跡調査を行ってからの建築となったため、

いつもよりは2カ月も時間を費やし、心待ちの上棟でした。

  本日の上棟、本当におめでとうございます。

       担当/赤松

祝☆地鎮祭

9月26日

西京区の松尾でM様邸の地鎮祭が開催されました。

天気は快晴で清々しい1日となり、気持ちの良い祭事となりました。

ご主人様の親御様にも参列頂きました。

この日はお施主様にとって一生の思い出となるでしょう。



f:id:aikyo-kyoto:20170929095938j:image:left

f:id:aikyo-kyoto:20170929095935j:image:right

M様とは

間取りから色決めまで、

一緒にお打合せをさせて頂き、

とても充実した楽しい時間を過ごしました。

ご主人様・奥様が安全に、幸せに暮らして頂けるよう引渡しの時が来るまで

気を引き締めていきます。


f:id:aikyo-kyoto:20170929095931j:image:left


最後に、これからの工事に携わる方々の安全を心からお祈り申し上げます。

f:id:aikyo-kyoto:20170929095927j:image:left


地鎮祭とは

地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とは、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式と仏式がある。一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いとも言う。