Hatena::ブログ(Diary)

ライフスキルで本当の自分を動かす このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2008-03-02 ライフスキルってなんだ

ライフスキルってなんだ


じぶんぢから再生プロジェクト ゲンキポリタン

株式会社マートワン



ブログ 愛ピDIRECT「ライフスキルで自分を動かす」は、ひとが健全に生きて行くために世界保健機構が定めた「ライフスキル」を仕事を通して身につける方法についてレポートしています。

ライフスキルは、生きる力であり、技術です。


人は基本的な生きる構えの影響を受けていて、ひとによって不足、アンバランスがあるものです。ブログ 愛ピDIRECT「ライフスキルで自分を動かす」は、「ライフスキル」の不足を補いバランスを調整するために仕事、学業、人生の大事な場面などの機会を通して身につけることをめざしています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MART ONE DIRECT【仕事が楽しくなるサプリ・シリーズ】

  ライフスキルで本当の自分を動かす

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はじめに   ライフスキルってなんだ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


努力家で、とっても性格のいい、やさしい人が、人生の大事な場面、たとえば恋愛、仕事、試験などで失敗してしまって、「自分なんか」と思うことも少なくありません。

ビジネス研修を受けて、お客さまの会社を訪問、用意した資料、プレゼンの段取りも万全。

なのに・・・・本番になると準備した50%の力しか出せない。

自分の話すことを本当になって聴いてくれるのだろうか、話を聴くより、コイツになにができるのだろう。

そんな目で観られているような気がして、なんとか平静を繕うものの内心は不安とあせりの洪水状態。

どうして、そんなふうに考えてしまうと思いますか?


誰だって不安になることはあるのですから、「自分なんか」と思う必要はありませんよ。

あなたの能力が人と比べて劣っているわけでもない。

ただライフスキルが少しだけ不足しているのです。


ライフスキルとは、分りやすく言うと「生き方の技術」のこと。

世界保健機構(WHO)が必要として定めたライフスキルには以下の10項目があります。

・自己認識 Self-awarenessr


・共感性 Empathy


・効果的コミュニケーションスキル Effective Comunication Skills


・対人関係スキル Interpersonal relationship Skills


意志決定スキル Decision Making Skills


・問題解決スキル Problem Solving Skills


・創造的思考 Creative Thinking


・批判的思考(クリティカル思考) Criticai Thinking


・感情対処 Copingwith Emotions


ストレス対処 Copingwith Stress

以上10の技術のことです。

自分の願望を実現したり、自分らしく生きるには、スキル(技術)が必要なのは、車の運転には車の運転技術が必要なのと同じ。

車を運転できるようになったのは、車を運転しようと意識してトレーニングを受けたからです。

ライフスキルも同じです。

ライフスキルは車の運転よりも大事な技術です。

それなのに意識されることもないのは、生きる技術ってあまりにも当たり前すぎるから。

不足が生じているのも、能力不足より意識することがなかったからです。

ライフスキルを身につけていないと、どうなるのでしょう。

自分の気持ちをうまく伝えられなかったり、問題を解決できなかったり、周囲に流されてしまったりします。

つらいときにどうしていいかわからなかったりします。

努力家で、とっても性格のいい、やさしい人が、人生の大事な場面、たとえば恋愛、仕事、試験などで失敗してしまうことが少なくないのは、そういうことなのです。

これは、性格や頭のよさの問題ではありません。

「生き方の技術」は、みんなどこで身につけているのでしょうか?

学校や家庭などで、学んでいくのですが、ほとんどは知らない間に無意識に学んでいます。

性格や頭のよさとして片付けられてしまうので、「私なんか」というように自信喪失につながってしまいます。

原因は努力できない性格にあるんだとか、頭が良くないのだと思ってしまうからです。

でも、そうではありません。

意識しなかったために、ライフスキルの身につけ方を間違えているだけなのです。

クルマでいうなら、間違ったドライビング・テクニックで、運転しているようなものにすぎないのです。

クルマの運転と同じく、コツがあるのです。

誰でも分る技術ですので、練習すれば身につけることもできます。

そして、コツは、いったん身につけると他のことにも応用できます。

身につけたライフスキルは、いったん身につけると他のことにもどんどん使えますから、早ければ早いほど、後々影響力が違います。

恋愛で失敗したことから、リスタートしてライフスキルを身につけると、仕事に役立ちます。

仕事で失敗したことから、リスタートしてライフスキルを身につけると、恋愛に役立ちます。

仕事、健康、恋愛・結婚、習い事やスクール、子育て介護ケア、海外留学・移住、日常のあれこれから、エンターティンメントまで、すべての場面で役に立ちます。

ライフスキルはこどもから大人まで、すべての人に必要なスキルです。

特に、これからお母さん、お父さんになる方は早く身につけrることをおすすめします。

子育てにも強力な力を発揮するからです。

いじめが社会問題になっていますが、いじめられた時、あるいは、いじめたいと思ったときに、どうすればいいかを選択し、行動する力になります。

思春期のこどもさんを持った方にも、大きな支援となります。

だからこそ、これから自己実現に向かって歩んでいこうとする人には、なにがなんでも身につけてほしい。

そしてしあわせをがっちりつかんでほしい。

ひとりの人がしあわせになることは、少なくとも数人は幸福になるのですから。ライフスキルを磨くチャンスがなかったために苦しい生き方をしている人がいっぱいいます。

新しいスキルを身につけるのは、いつからでも遅すぎることはありません。

スキルを身につけていくことは、自分の生き方を最大限、自分にひきよせ、自己実現していくことを容易します。


ライフスキルの定義


WHO が1993年に定めた「ライフスキル」の定義では、個人が日常生活の欲求や難しい問題に対して効果的に対処できるように、適応的、前向きに行動するために必要な能力としています。

ライフスキル教育は、先進国などで社会問題化している青少年の薬物乱用、飲酒喫煙、無防備な性行為、学校中退、退学などの危機的状況を未然に防ぐ方法として、発達段階に応じたライフスキルを身につけさせるべきだと世界保健機構(WHO)がライフスキル教育プログラム1993年に公表、紹介したのが始まりです。

ライフスキル」とは、ストレスに対して「ストレスちゃんこんにちは。また来たの、久しぶりだね」の感覚で上手につきあうことができる力と考えると分りやすいと思います。

つまり人が日常暮らしていくと、「なにを、どうするのか」という課題が頻繁にふりかかってきます。

その都度、自分と対人、社会、環境と調和することが必要になりますが、どうしていいのか分らないとなると、ストレスが生じるものです。


「なにを、どうするのか」のかが、迅速に考えることができて、適切な判断ができればストレスも最小限度にすることができますが、神様ではない凡人には現実には不可能です。

しかし 「なにを、どうするのか」選択する以前に、苛立ちやストレスにつきあえる力があれば、落ち着いてベストは判断も可能になります。

ストレスにつきあう力は、個人本人の身体的健康、精神的健康、社会的健康が重要な役割を果たします。

ライフスキルの使い方で、これまでと違う自分に出会うことが出来ます。

ライフスキルは先にあげたように10のスキルで構成されていますが、分かりやすくするために5つのスキルに集約されます。


集約した5つのスキル



1.自己肯定スキルセルフエスティームスキル

セルフエスティームとは、自尊感情、健全な自尊心などの意味です。


自分のよいところを発見し、好きになり、自分を大切にできる自己肯定能力で、そのスキルにより他者(まわりの人)を肯定するのも可能にしますので、対人関係スキルによい影響を与えます。


2.意志決定スキル

私たちは毎日頻繁に選択作業の繰り返しを行っています。

いくつかの選択肢の中から最も望ましいと考えられるものを1つ選択できる能力。

3.コミュニケーションスキル

人間関係を損なうことなく上手に自己主張(アサーティブ)できる能力

4.目標設定スキル

自分がしたいことを達成するために実行可能な計画を立てることができる能力モチベーションとも強く関連したスキルです。

5.ストレスマネジメントスキル

有害なストレスを引き起こさないようなライフスタイルを実践できる能力


それでは、ライフスキルモチベーションを高めて、本当の自分を動かしてみましょう。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aip2008/20080302/1204509736