世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2009-01-18 ライフスキル強化の10ヵ条

ライフスキル強化の10ヵ条

f:id:aip2009:20090116145900j:image


ライフスキルを強化するには、どうすればいいのか?

ライフスキルアサーティブなどとは違い、「はい、これがライフスキルです。」と差し出せるものでもないし、身体のように体重や身長、あるいは体脂肪のように測定できることもない。筋肉のように見えない。抽象的すぎて分からない。

そこで、まずライフスキル強化の10ヵ条に注目してほしい。

・感情的な行動をしない

・スイッチチェンジできるようになる

・GIVE&GIVEを心がける

・小さな成功体験を重ねる

危機管理をイメージし、必要な手を打つ習慣を身につける

アサーティブな考えを持ち実行する

・上手なストレス処理ができるようになる

・時間を意識する

・読書などで得る知識を実際の行動で体験に変換して確認する

アサーティブを心がけアサーションを実現する

                          各々内容は後述


この「ライフスキル強化の10か条」を感情と時間という2大テーマに落とし込むようにする。それが基本。それが出来るように「ライフスキル強化の10か条」を理解し、行動出来るようにする。  

それでなにがどうか変わるか。「ライフスキル強化の10か条」は根性論ではなく。ライフスキルというようにスキル、つまり技術そのもの。根性は気分なので、同じことを再現しようとしてもできない。しかし技術はなんども繰り返し使えるし、使うほど技術は高まるし、難なく使えるようになる。

ゴールデンルールも同じだ。

● 自分と周囲の人を尊重し励ます

プロセスに注目する

● 決めたことは責任をとる

● できるまでやる

● いまこの瞬間に集中する

● 理想と現実の差をうめる目標を選ぶ

● 感情的な行動をしない                           

ゴールデンルールというのも、一見根性論に思えるかも知れないけれど、実はそうではない。ゴールデンルールはスキルなのだ。たとえば「 できるまでやる」というのは歯を食いしばって頑張るというイメージかも知れないけれど、それでは長続きしない。

「できるまでやる」を実践しようとしたら。実際は技術の積み重ねなんだ。ただその技術を前面に出していないだけで、やろうとするひとは技術の追求をしなかればならない。


では、なぜそのことを前面に出さないかと言えばアサーティブ・トレーニングだからだ。マニュアル的にこういうようにやりなさいと言うと、その段階でアサーティブにならないからなんだよ。アサーティブは、自律性、自主性を尊重することが基本だからだ。

ライフスキル

・何度も繰り返して使うことでどんどん良くなる

・だから間違った「フォーム」(やり方)は早期に修正する

そういう代物だが、実際にみんなどうしているかというと

・気にしていないので

ライフスキルを強化しようと考えていない人が多い

・身についた悪い「フォーム」(やり方)を「癖」「性格」「人間性」として扱っているため修正が捗らない。


ライフスキルの集合体が人間性になっていることは事実だけど、それは事実と認識しているだけのことで、それは事実でないと認識すれば事実ではない。人間性と呼んでいるものは単なる技術の集合体にすぎないと認識すればそういうもので、ここでは単なる技術の集合体と認識する。そしてバラバラにしてひとつずつカイゼンしていくことで、強化する。


・何度も繰り返して使うことでどんどん良くなるようにする

・だから間違った「フォーム」(やり方)は早期に修正するようにする


そうすると間違いなく効果が出る。そうだよね、当たり前だと分かるよね。行動習慣として変化が表れるようになる。継続すればますます効果が出る。

その変化を、具体的な目標を媒体にして感情と時間に落とし込む。つまり目標=ゴールに到達するためのプロセスに落とし込むことで、感情と時間をコントロールできるようにするのだ。

逆のいい方をすれば、プロセスがなければ、感情と時間をコントロールできない。プロセスを得ようとしたら目標がいる。

料理にたとえたら、食卓に出すという目標がなければ、料理するプロセスがない。プロセスがなければ料理する気持ちも技術も磨けない。

つまり、食べさせているのか。食べていただいているのか、前提となる心構えが違う。茶道なんかも同じでしょ。心構えが違うというのは生き様。つまりTHEWAY が違うということで、この段階で進化するひとと進化しないひとに分類されている。

ここでは「ライフスキルを強化する」という前提だから、学びの姿勢を通して自分の生を楽しむ心構えが適正なのは分かるはず。結婚や育児で自分の生活がないに等しいと思うこともあるかも知れないが、そんなことはない。結婚や育児は犠牲ではなく、自分の生をよりよくするためにしたことなんだから。


f:id:aip2009:20090116145839j:image


f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

マートワンのビジネス・アサーション

ライフスキルで自分を動かす

世界で一番大切な君に話すこと。

沈黙を抱きしめて。

やり直しサブカルチャー


セミナー&eラーニング

ビジネスアサ−ション・セミナー

ビジネス・アサーション Eラーニングのお申し込みはこちらから



Copyright (C) GENKIPOLITAN | MARTONE Inc.All rights reserved

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aip2009/20090118/1232211462
Connection: close