世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2009-02-28 「そんなこと、ごめんだね」と舌を出せ。

「そんなこと、ごめんだね」と舌を出せ。


http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/IMG_0024.jpg


過去は過去のこと。

良かったことも、つらかったことも、過去の記憶。

落ち着いて考えてみると分かることだ。

それぞれに特別な意味があるわけではない。


意味があるというのなら意味を与えているのは自分。

過去に特別な意味づけをするなら、それも自由。


自分が特別な意味づけをした、

その意識を

現在と未来に対する礼儀として

過去は過去として認識しておきたい。


たとえば、ボクの部屋には、

過去の想い出が飾ってあるけれど、

仏壇と同じ役目をしている。

そして、ここまで導いてくれた感謝をしている。


自分を大事にしたいなら、

自分をよりよく生きたいと願うなら、

過去の出来事によって作ったフレームを通して

自分と世の中を観ない事がとても大事だ。

もしも、過去をものさしにして、いまと未来を観るのなら

過去に自分を支配させるようなものだ。

世界で一番、大切な君よ、

「そんなこと、ごめんだね」と舌を出せ。


f:id:aip2009:20090116144713j:image



f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

マートワンのビジネス・アサーション

ライフスキルで自分を動かす

世界で一番大切な君に話すこと。

沈黙を抱きしめて。


セミナー&eラーニング

ビジネスアサ−ション・セミナー

ビジネス・アサーション Eラーニングのお申し込みはこちらから



ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト