世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2009-03-03 世界で一番、大切な君には。

世界で一番、大切な君には。

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/umi_koi.jpg


過去の体験によってじぶんができあがっていて、

過去の眼鏡で世界を観ていると、

過去の再現を認めるという意識の分裂が当たり前のようになる。


これまでと違う自分を求めながら、

一方では、過去の眼鏡で世界を観て、

過去の再現を認めるという意識の分裂は、

身動きできなくする。

前に向かう者と後ろに向かう者がひとつの身体を使うなんて、

なんという歩き方だ。

とんでものなさは

停滞させ、自分の暮らしを自分で叩き潰すことを意味する。


過去にこだわることは自分の思い込みを現実だと錯覚すること、

錯覚を確信に変えてしまうことで、

過去をひきずって歩くことを許してしまう。


君には、おかしな世界を歩いてほしくない。

だから、いまを生きるようにしてほしい。

いまを生きるとは、瞬間、瞬間に生きる事で、

そこでは考えて仕方のないことは考えない。

考えて仕方のあることとは、いま目の前にあること。

いましていること。


問題にするべきことは、過去ではなく、いまいる場所から

どこに行きたいのか、心の声に集中すること。


考えてみてみたい、

病人の場合、選択肢はふたつしかない。

病に向かい合ったときに、人間にできることは、治そうとするか、治そうとしないか、そのどちらかしかない。


病気を治したい人は「よし、やるぞ」、「少しでもよくなるぞ。」と思うから治せる。

治せない人は、発病の瞬間に目を向け続けて、あきらめを繰り返すだけ。


人生も同じ。

「観る→なぜ→どうする」で人は行動を選択する。

自分が立てた仮定をもとに行動している。

思い込み・・・つまり自分が立てた仮定をテストすることもなく、それが真理であるかのように使えばどうなるか?


思い込みという間違った仮定は、自ら「観る→なぜ→どうする」の機能を停止させ、間違った判断を導く。

その結果、「わたしの現実」が作られる。

作ったのはもちろん「わたし」だが、それに気がつかない。


海が恋している、世界で一番、大切な君には、おかしな世界を歩いてほしくない。


http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/ygpEDB5.jpg


f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

マートワンのビジネス・アサーション

ライフスキルで自分を動かす

世界で一番大切な君に話すこと。

沈黙を抱きしめて。


セミナー&eラーニング

ビジネスアサ−ション・セミナー

ビジネス・アサーション Eラーニングのお申し込みはこちらから



ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aip2009/20090303/1236009735